コンテンツへスキップ

最近の気づき

Spread the love

スピリチュアルの道のりで、私たちは数々の気付きを得ますよね。

その気づきを記録しておく人もいるでしょうし、ただ心の中に留めておくだけの人もいるでしょう。

でも、せっかく得た気づきなら、みんなでシェアしたら楽しいと思います。

このページには、みなさんの毎日の気づきや学び、そして教えを投稿してください。

特別なことでなくても、日記代わりに使っていただいても構いません。

誰かの学びが、誰かのインスピレーションになります。

みなさんの声は、コメント欄からお願いします。

「最近の気づき」への2,717件のフィードバック

  1. 夫の出勤時間がとても早いので、お弁当と朝食を作り、夫を送り出してから二度寝をします。

    今朝、二度寝の時に、メタさんの夢を見ました。

    『 メタさんが私たちのために寝泊まり出来るコミュニティのような場所を作っていて下さっていたんですけど、ある日、その場所で目を覚ますと、建物がたくさん立ち並び、コミュニティが小さな街のように様変わりしていました。

    寝ぼけ眼で隣りを見るとメタさんがいらしたので、「 これなら、これから、もっと多くの人を収容できますね。」と話しました。

    メタさんの隣りには、小さな可愛い女の子がいて、私に無邪気な質問をしてきたので、思わず微笑んでしまいました。

    その後、コミュニティの中の大きなお風呂に入りました。』

    そこで、目が覚めました。

    それで、忘れないうちに、『 最近の気づき 』に書き込ませていただきました。

    なんか、とても不思議な気がしています。

    メタさん。

    いつも、いつも、ありがとうございます。

  2. 昔に読んだ中国の古典で、うろ覚えなんですけど、ある男性が国を守ろうと単身で国王の所に乗り込んで行く。話し合いで決着がついた帰り道、雨が降ってきて民家の軒先で雨宿りをしていたら、そこの主人が彼のみすぼらしい姿を見て他所に行ってくれと言った。

    たった、今、自分の身を顧みず国を守った英雄に軒下さえ貸さない。。
    古典に限らず、この世って、そういう側面もあるんですね。。。

    けれども、魂が繋がった者同士はちゃんと分かっています。

    宇宙もシンクロニシティを頻繁に起こして、あなたにメッセージを送り続けています。

    今晩の夕食は、カレーではなく、ハンバーグにしました。

    では、また。

  3. 7月15日、私はとある仕事を終え、その瞬間、11:11のメッセージを受け取りました。
    そこで、私は電車に飛び乗って、私を宇宙人の仕事に就かせた剛腕プロデューサーの元を訪れました。

    同日、11:12に、我が父母がそろって現れました。
    魂の繋がりとは、こんなにも確かなものなのですね。

    私は国を守ったのに軒先きも貸されなかった男の姿と、まったく同じ役割を演じました。
    なぜなら「差別」「排斥」「強制追放」について学ぶ機会が必要だったためです。

    「差別」や「戦争」について真から乗り越える方法、「愛と平和」を学ぼうとしたら
    一見、非人間的とすら思われる、超越地球的な概念を獲得しないといけないからなんですねえ。
    それが「宇宙人的な意識」であると同時に、次元上昇ってやつでもあったんですね。
    対極を融合させ、アウフヘーベンしないと、次のステージの景色は見えないようになっていますね。

    「矛盾するものを更に高い段階で統一し解決する」ですね。
    「道徳的」「人道的」「善良」なだけでは、超越地球的概念までアウフヘーベンし得ないのです。

    すべては、やがて到来する統一的未来のために「プロセスとしてのストーリー」が必要であるために起きています。
    結果だけじゃダメなんですね。
    プロセスがないと、経験が味わえないし、素晴らしいアートにもなりませんから。
    伝承することのできる「神話=ストーリー」が生まれませんから。

    芸術家は、苦闘も涙も歓喜も憤怒も優しさも味わうからこそ、超越的な愛を目撃し、それを形にすることができます。
    そして、そのようなプロセスのない芸術には、他を感動させる力は宿りませんから、プロセスこそ大事なのですね。

    ドタバタがないと、ユーモアも生まれませんもの(笑)

  4. 私はもともと、夏前に一度外される予定でした。

    そして夏至の日に、宇宙人が迎えに来て、宇宙船に乗せられ、大量の情報を渡されました。

    その情報は、時期が来れば解答され、私はそれを元に本を書くことになっています。
    ただし、私はスピリチュアルリーダーのような役割はしません。
    なにせ生粋のユーモリスト、道化師、旅芸人、河原者なのですから、見世物小屋の人たちこそ私の家族なんです。

    そしてしばらく先の未来に、再びみなさんと「共創」することになっています。
    そのときは、ビックリするような大きな舞台になっています。
    私たちは、自分が想像できる最高レベルまで大きなことを、やってのけられるほどの魂だったんですね。
    本当の最高レベルです。

    もちろん「慢心」は危険ですけど、「自分は大したことない」と思うのも、同じだけ危険だったんですね。

    いや〜、楽しみだなあ。

    「まさか、こんなことになるなんてねえ!!」

    目をまんまるにして顔を見合わせあいながら

    「傑作だ!!」

    と、それはそれは、お腹をかかえてバカ笑いすることになりますね。

    ほんと楽しみ。
    ワックワクです。くっはぁ〜〜〜。

    リラックスして、プロセスを味わいましょうね。

    まあ、リラックスしたくても、どうせ忘れちゃってカチコチになっちゃうんですけどね(笑)

    それこそが、「プロセス」ってものの真骨頂ですねえ。

  5. 私は、駅、列車。学校、さまざまな街並みの中にいる夢をしょっちゅう見ます。

    最近は、英語や物理。無意識領域に関することの情報はネット検索をしますが、それ以外はメタ通の記事を読むか、日記を書くことにしか機器を使わなくなりました。

    家事が生業になっていて、それ以外の時間は私の自由時間で、その時々にやりたいことを楽しみながらやっていると、すぐに就寝時間になってしまいます。

    だけど、どうやら、充実した心地良い疲れの後、眠りにつくと夢の中で、私に必要な情報がダウンロードされ必要なエネルギーがチャージされているようなんです。

    最近、大きな学校の中にいる夢を見ました。

    その夢を見た後に、朝、起きると、何故だか、

    ・ 人や物事をジャッジしない。
    ・ 人や物事にラベルを貼らない。
    ・ 人や物事を変えようとしない。
    ・ 人と自分を比較しない。

    そう思いました。
    そうすれば、この先、のんびり、まったり、ゆったり暮らしていけるから。。。と、そう思いました。

    この4つのことは、本やネットの中で何度も読んできていて、私の中では当たり前のことだったのに、何かそれとは違う、そう思った瞬間に、身体がポカポカ暖かくなって頭の中に気持ちよい電気信号が駆け巡るような感覚がありました。

    自分の中から湧き上がってくる思い。。。

    自分自身の核と繋がる感覚。
    宇宙と繋がる感覚を、
    私はこの時、体感出来たような気がしました。

  6. 宇宙人や宇宙船にもいろいろな系統があるようですが。
    メタさんの宇宙船は、徹底して各種アーティストを支援する宇宙船だったんですね。

    宇宙船でたくさん情報もらって、だからバシャールでもあったわけかあ、と思いました。

    わたしたちの巻き起こしたユーモアが、やがて世界中をかけめぐりますね。

    「小さくまとまろうとするな。あなたはできる。ただ、できるということを忘れているだけだ」
    「自分の限界を決めているのは、自分自身だけだ」
    「この人生で、自分が想像できる最高レベルまで、必ず達成する」

    たっくさんの自信と勇気を育ててもらいました。

    ありがとうございます。

  7. 一つ前のコメントを送信したら、貴女のコメントが浮かび上がってきました。

    私たちは本当に愉快な物語を体験していますね。

    このコメントを書いてる最中には、Channeling Erik からの通知が画面に表示されました。(笑)

    2020年7月15日。11時12分。

    のシンクロニシティについては、貴女のお父さんには、LINEで報告済みです。

    彼も、「 楽しいことですね。 」と言われていましたよ。

    メタさんが創って下さったコミュニティの中で、貴女と貴女のお父さんと出会えて、私の世界が色鮮やかになりました。

    刺激的で心おどる時間が私のもとにやってきました。

    ありがとうございます。♡♡♡

  8. Channeling Erik から通知が来たので、YouTubeのサイトに行ってみたら、

    『 Welcome to my Collabration wIth Gaia 』

    だって。

    もう、本当にすごいなーって思います。

    まったく。

    ハーフもクォーターも、森羅万象。。。

    宇宙人もアストラル界もごちゃ混ぜ〜ですね。

    楽しいですね。

    これから、家事、がんばりま〜す。♡♡♡

    ┣︎凹ヘ(‘▽︎’*)┫︎ パンパン♪︎

  9. 「また湧きやがったなこのウジムシめが」
    みたいな視線、、、、、す、、、き、、、。

    お母さん、だいじょうぶです。
    私はすばらしい世界の天才的なアホの子ですから
    3と3の倍数のときは、ちゃんとアホになれます(けいれい!)

    剛腕プロデューサーによると
    (この方はみんなのびょーきを治すためにおシンシンちょん切るようなへんたい大先生なんですが)
    (そこまでせんでええやろ、先生! 笑 笑 笑)

    あるところにびょうきで苦しむ少女がいるんですね。
    でも、この少女のびょうきも治してくれるそうです。

    あ!!!
    この少女、お父さんとおなじだ。

    そっか!!!
    お父さん、びょうきも治せるようになったのね。

    すごいなあああああ
    サービス満点ですやん

    メタさんの宇宙船学校は保険室もあるのですね。

    いや、ほんとすごいなーーーーー。

  10. 分かりました。

    安心して見ていますね。

    けれども、貴女はウジ虫ではないですよ。

    かわいい悪戯っ子の天使さんですよ。

    湧きやがった。。なんて思っていませんよ。

    また、こんなに早く再会出来て嬉しかったです。

    けれども、口やかましい母親は嫌われてしまいますから、安心して見守っていますね。

    私は頭の右の上の方と右手にアンテナがあるような感覚があります。

    いつも、このあたりで宇宙からのメッセージを受信します。
    そして、右手で、自動書記が始まります。

    ハイヤーセルフからのメッセージは、身体から湧き上がってくるような感覚です。

    もう、最近は頭は空っぽで時々、大丈夫かな〜?って心配になりますが、何事もオート状態です。

    すべて、大きな力に委ねていれば、大丈夫な感じです。

    メタさんが、『最近の気づき』という場所を作って下さいましたから、また、自然に手が動いた時には書き込ませてもらおうと思っています。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ じゃあまたね。♡♡♡

  11. 2020年7月16日 本日の新しい気づき

    なるほど〜、意図的に「◯◯◯」が起きていることに気づきました。
    なんらかの意図があって起きていることなんだなと思っています。
    「守る」という意味もあるみたいですね。
    そういえば、一度退席したとき「プライベートは守られる」という意味の夢も見ました。

    だからずっと名前を変えることができなかったのかなあ。

    宇宙船はどこかへ向かっていて、素晴らしい場所を目指しているのは理解していますが
    途中でどこに寄港するか分からない上に
    地球で生きている人間の想像をはるかにはるかに超えるすごい場所に連れていってくれるのが常みたいですね。

    無為自然。
    オートメーションで、そのときやる必要のあることをしたら
    自動的に素晴らしい場所にたどり着くようになっているのですね。

  12. 朝投稿をしたところ、強烈な眠気で眠らされました(昨夜めっちゃ寝たのに)

    ・別教室のおコタにいるおねーさん方に人気のお土産お菓子について教えてもらいました。
    ・たこ焼きみたいな外側のスナック菓子だけど中のクリームの調合が絶妙で美味しく大人気になったそうな。
    ・岡山あたりのご当地名物らしい。

    それで、メタ先生の学校のテーマソングのひとつが
    今田耕司KOJI1200「ナウ・ロマンティック」であると知りました。

    そして、岡山ご当地お菓子は「きっびだーん」だったと知りました。
    https://www.youtube.com/watch?v=AVPgxn3xohM

    イージーモードの夏休みのはずだったのに
    ダンゴで命投げ出して鬼退治行かされるとか正気じゃない!(泣笑)
    魂の十六連射〜〜〜

  13. 2020年7月17日 本日の新しい気づき

    メタ先生の宇宙船教室に時空の歪みを発見しました。
    https://metaphysicstsushin.tokyo/2018/09/05/アセンションの後に来る「黄金時代」に実現する/

    なるほどなあ。
    メタ先生の宇宙船、メタフィジックス通信号は、やっぱり2020年6月21日の夏至の日に次元上昇して
    6月22日から「黄金時代」に入ったのですね。

    「古いバイブレーションは光に変容する」とあるように、私の古いバイブレーションも光に溶かしてもらいました。
    そのおかげで、秘密とプライバシーが守られることになりました。
    いやはや、ほんとすごいなあーーーー。
    ありがとうございます。

    そして、古い時代の自分を発見しました。
    「黄金時代ってまるで死後みたい」
    「浄土がどういうものか分からないから、現世は懐かしく離れがたいんだよ」と。

    確かに5次元に移行する前、「これまでの次元の人間のごちゃごちゃした感情や生き方を失ってしまうのかなあ。それもさびしいような」と思っていました。
    鎌倉時代の親鸞上人と、2020年の人、まったく同じ体験して、同じ感想を持ってたんですね(笑)

    そして今やほんと、「黄金時代」に入ったんですねえ。。
    こうやって読み返してみると、当時のみなさんのコメントにヒントがぎゅっと詰まっているのを感じます。
    私もちょっと乱視が入ってるのですが、乱視パワーは星とお話ができるんですね。
    2018年の時点の自分だと、こういう話は素直に受け止めてなかっただろうなあというのが分かります。

    別教室のおねーさんに教えてもらったきびだんご話によると「昔の友だちはみんないなくなっちゃった」そうですが(笑)
    みんなリア充なんだそうです。
    ええなあ〜、リア充。

    6月21日に宇宙船が私を迎えに来ました。
    ひょっとしたら、そのときに「朝になったら私が死んでいた」みたいな世界もパラレル宇宙のどこかにできたのかもしれません。

    メタ先生は、ご自身がこんなにも宇宙人だったなんて、知っていたのでしょうか?
    私は、ぜんぜん、ぜーんぜん、知らずに生きてきました。
    「魂のブループリント」に記入してきたのかもしれないけど、ぜんぜん知らんにもほどがあるよね(笑)
    「生まれて数十年たったら、そこからは宇宙人人生をやりますよ」なんてさあ〜。
    意外すぎてぶっ飛んだし、笑い転げました。

    これからは、乱視パワーで星とお話しようと思います。
    新しいルールもつかめてきたと思います。

    では、どうぞよい一日をお過ごしくださいませ。

  14. 本日の気づき②

    「光の銀河連邦」の教室で主に時空の歪みが発生していることに気づきました。
    https://metaphysicstsushin.tokyo/tag/光の銀河連邦/

    宇宙船で迎えにきてくれた宇宙人がまさにETみたいだったので、笑ってしまいました。
    https://metaphysicstsushin.tokyo/2017/06/06/ゆうべ光の銀河連邦に聞いたこと/

    フォーラムデザインの「△」は光の銀河連邦のサインなのですね。
    私は宇宙人から「あなたのパートナーは▽の宇宙人だ」と教えられました。
    つまり、二人合わせて六芒星ということだそうです。
    確かにパートナーは地に足がついています。

    きっびだーん的にいうと「ろっかく、へーいへーいほー」ってことだそうです(笑)

    そしてわたくしはこのミュージックも宇宙船メタフィジックス号のテーマソングなんだと思いました。

    TOKAKUKA
    https://www.youtube.com/watch?v=Oh9oXxG08D8

    メタ先生が鹿の姿で出演されています。

  15. 古い地球にいた時も、悪人や意地悪な人など居なくて、私も含めて、ただ傷ついた人がいただけだったんだな。。と思います。

    けれども、傷を抱えながら、みんな一生懸命、その時々に自分の出来ることをやっている。その状況の中で、みんなベストを尽くしていたんだな。。と思います。

    そんなゲーム設定だったからこそ、たくさんのことを学び合えたし、大きくJUMPも出来たんだな。。と思います。

    つくづく、この世は美しいと感じます。

  16. 今朝の書き込みの後、家事をしていたら、突然に、『 母の人生も大変だったんだろうな。。今は幸せで良かったな。。』と、清々しい気持ちの中で素直にそう思いました。

    母は、ずいぶんと私に辛く当たり続けましたが、あまりに過酷な人生の中で唯一それが彼女の心身を守る方法だったんだろうな。。と思います。

    今、母は認知症になり施設に入っていますが、もう私のことは完全に分からなくなっています。けれども、母が私にしたことを彼女自身がまともに向き合ってしまうと罪悪感で彼女自身が壊れてしまうんだろうな。。と思います。

    私のことをすっかり忘れてしまい、弟に優しくされ施設から通うデイサービスのお絵かきや折り紙の時間を穢れのない童女に戻って愉しむ母。。。

    私自身も、母がいつまでも過去にこだわり私のことを引きずって晩年を過ごすよりも、私のことなど綺麗さっぱり忘れて心豊かな晩年を過ごしてもらう方がよっぽど良かったです。

    そして、不思議なことに、私がそう思えば思うほど、私自身の今の生活が物心両面で、どんどん豊かに変化していきます。

    不思議だな。。と思います。
    楽しいなぁ。。と思います。
    幸せだな。。。と思います。

    そして、それこそが母の愛だったんだな。。と思います。

    母は、こんな姿になって、私に愛情をくれたのだと思いました。

    お母さん。ありがとう ! !

  17. 以前にTwitterのDMで、大学で物理を勉強していたという男性が私に『僕たちは心象世界を旅していて現実世界はそれを映し出しているだけなんだよ。』と教えてくれたことがありました。

    そっか。

    だから、心の中のわだかまりが解放されると、人間関係やうちの中がスッキリとし、心の中が優しく豊かになっていくと、現実生活も優しさが溢れ出し豊かになっていくんだ。

    このことを習ったのはいつだっただろう?

    去年の暮れだったかな?

    私の魂に種を撒いてくれた人がいて、その種が成長して花が咲き、実を結ぶのには、時間が必要なんだね。

    けれども、その時、時間が直線的でないことも同時に教えてもらったんだった。

    その時、物理のことをたくさん教えてもらった。

    以前に、たったかたさんが、『 知っている知識を必要な人にプレゼントして、知らないことを知っている人から教えてもらったら、知識は無限に広がっていきます。』って言っていたな。

    たったかたさんお勧めの本の中には、勉強は楽しみながら脳にインプットしていくプレアデスの星のことが書かれていたな。

    どんどん、いろんなことが繋がりだした。

    そういえば、たったかたさんが教えてくれた岡本せつ子さんのチャネリングの最後の方に、縁ある人同士が繋がっていきなさい。。というようなことも言っていたな。

    しん兄。たったかたさん。

    ありがとう ! !

  18. そして、たったかたさんは、その書き込みの中で何度も何度も、『個人の努力のみ』で、情報は開示され、魂の向上がある。。と言われていました。

    お経や聖書。ノストラダムスの予言書なども、メタファー、暗喩を使って描かれていますから、とても分かりにくい。

    けれども、頭の中のお喋りをやめて、頭を空っぽにした途端、要らない枝葉はパッパっと削ぎ落とされ、森羅万象、すべてのものから宇宙からのメッセージが聴こえてきます。

    その音色たちは重なりあって、溶け合って、生かし合って、とても心地よく柔らかだ。

    つくづく、この世は美しい。

    この宇宙は美しいと思います。

    たとえ、肉体の目は悪くとも、心の眼が、さまざまな景色の美しさを感じとってくれるのだと思います。

    私は、肉体的なハンディキャップがありますが、言葉はとても悪いのですが、自分には、『めくらの勘』というものがあるのだな。。と常々、思ってきました。

    見えないからこそ、見える世界がある。

    過酷な人生の中にしか味わえない人生。世界がある。

    たった一人の孤独な旅の途中で、巡り合い、理解し合える、魂の友がいる。

    やはり、この宇宙は、甘美で、不思議で、とても美しいと思います。♡♡♡

  19. 2020年7月18日 本日の気づき

    宇宙船メタフィジックス号では、宇宙人の項目に限らず、いたるところで「時空超え」が起きていることがわかりました。
    https://metaphysicstsushin.tokyo/2018/09/02/あなたが変なのではなく、実は目覚めていたこと/

    こういうのが見えてるのって、もしかして私だけ? 
    かどうかは、ひとまず置いておくとして、おかげで「今この時」に読むといい記事が分かるようになっています。
    こうしてみると、昔からいろんなことがあったのですね。
    当時の自分のコメントが、本当に自分が書いたのやら記憶喪失状態ですが、こんなことを書いています(笑)

    「今とは全く異なる地球生活を送っているんだろうな」
    「そもそも地球じゃないところで生活している可能性も大かな?」

    人間には、「自分で自分のことを予言する」という機能が誰にでもちゃんと備わっているんだなあと思いました。
    実際私は、あと15年くらい地球人生を十分堪能したら、その後は他の惑星もあちこち飛び回るようです。
    もちろん地球にも居るし、来ますけれど、もっともっと自由に他の惑星でも学べるようになるし、してもらえるようです。
    こちらでお会いした方々とは、きっと他の惑星でも一緒に、おおいに学ぶことになるのでしょうね。

    あと10〜15年くらいで地球人生における夢の最高レベルまでを達成して堪能し、
    そのあとはもっともっと縦横無尽に惑星間移動もして、これまでの概念をもっと飛びこえて学んでいくのですね。
    「これまで的な地球」の価値観では、まるで「死んだ人」と思われる状態かのようですが
    地球人の肉体も維持しつつ、もっと多次元的に生きるようになる、というのがポイントなのでしょうね。
    明晰夢よりも、もっとリアルなものとしての多次元生活ということなのでしょうね。

    以前は「多次元生活といっても、意識の世界のことなんだろう」と思っていましたが、
    今は、ほんの少し先には、もっともっとリアルな体験になっていくということが、分かってきました。

    メタ先生の宇宙船メタフィジックス通信学校には、「芸術家が集う」という特徴もありましたが、同時に「学ぶことがなにより大好きな人が集う」という場所でもあったんだなと思います。
    「人生の最大の歓び=学ぶこと」という人たちですね。

    私はなぜ自分が「青花」という名前になったのか、いろいろな意味で理解しました。
    メタ先生のもとに訪れていた宇宙人は「青いエネルギー」だったんですね。
    夏至の日に私を宇宙船で迎えに来た宇宙人は、とても綺麗な青い瞳でした。

    「だまされる」ということも含めて、宇宙と真我からのプレゼントなのですね。
    それによってプロセスが堪能でき、インスピレーションの泉が満ちることになるからなんですね。

    他にもいろんなことが見えてきましたが、流れのままに、ひとつずつ書かせていただこうと思います。

  20. 私は夏の前に、宇宙船メタ通号から切り離されることを知っていました。
    切り離されている間は、Googleでメタ通をいくら検索しても出てこないようになっていました(笑)
    そして、意識の上でもまったく「見よう」という気が起きない状態になっていて、まったくアクセスしませんでした。

    ところが、7月15日に「11:11」の「召集令状」が届きました。
    それで、私を宇宙人計画に就かせた剛腕プロデューサーの元(国内某所)を訪れました。
    すると、同日の「11:12」にお父さんとお母さんが同時に私を呼びに来ていました。
    お父さんが「まだ解決してないぞ」「鬼退治に行け」と呼びつけてくれたのです(笑)
    その日から、Googleでもメタ通がトップに出てくるようになりました。
    (あの謎のサカサ言葉の人たちが現れないと、コメントを書けることにも気づきませんでした。ほんと手とり足とり、、、。彼らは宇宙人だったんでしょうか?)

    これらのことについては、6月8日にもろもろお知らせがありました。
    その時点ですでに決まっていた路線なのでしょうね。

    その後7月16日の夢で、別教室のおコタのおねーさん2人から「きびだんご」について教えてもらいました。
    https://www.youtube.com/watch?v=AVPgxn3xohM

    「召集令状 立ち上がれ太郎」
    だらだらゲームしてばっかりのイジーモードの夏休みのはずだったのに、鬼退治に行くことになりました(笑)
    もう、昔の友だちはどこかに行ってしまっているので、きびだんごとペットだけで鬼退治に行かないといけません。

    こんなにドンピシャの歌がチョイスされるの、本当に宇宙の創造力はすごいなと感心しました(笑)
    (実際にイージーモードでだらだらしてたし、魂の十六連射もドンピシャすぎてビビリました)
    宇宙の創造とシンクロニシティは、ミラクルで、実にアクロバティックですね。

    退治する必要のある鬼の正体について、宇宙船メタ通教室をいろいろ回ったおかげでわかってきました。
    タロットカードのコーナーができた理由も、「そうだったのか」となりました。
    オラクルカードは優しいけれど、タロットは忠告や警告などネガティブな側面も教えてくれるからだったんですね。

    私には、まだ奥深くに残る「恐れ」が、現在分かっているもので、ふたつあります。
    そのひとつは、時間や責任感についての過剰なまでの、得体の知れない恐怖心です。
    (きっと過去世由来)
    もうひとつは「現在の自分が想定できる器をはるかに越える成功や成果の訪れを恐れない」ということです。
    (ふたつ目のほうは、いろんな方にとって共通の課題みたいですね)

    鬼退治が終わったら、また報告にうかがうのかもしれません。
    あるいは宇宙船メタ通信教室からは、このまま消えるのかもしれません。
    どちらにせよ、宇宙船メタフィジックス通信教室と、宇宙船スピリットフォーラム号が、自動的に分かるようにしてくれるのだと思います。

    それでは、現実の世界で、「鬼退治」してきます。

    ありがとうございました!

  21. 私は、幼い頃から、目も身体もとても弱い。

    だから、人並みに出来ないことがたくさんある。

    母はそんな私が恥ずかしいらしく、表では、よく他人のフリをされた。
    そんな母の行為は、私を深く傷つけ、幼かった私は母に捨てられないように、絶えず母の顔色をうかがい、母に気に入られるように努力し続けた。

    ありのままの姿で母の愛情を独り占め出来る弟が羨ましかった。。。

    長年の筋肉の病気のせいで運動神経がほとんどゼロで、免許は持っているが車の運転が出来ない。

    地方都市で車の運転が出来ない子育ては大変だった。おまけに人付き合いが下手だったので、息子にはずいぶんと肩身の狭い思いをさせたんだろうな。。と思う。

    去年の市のお祭りの時の町内の踊町の踊り子では、踊りのお師匠さんから沢山の人の前で人格否定のような罵倒を受けて大泣きして、踊り子をおろさせてもらった。

    去年の夏の頃のことだ。

    いじめを受ける子供の気持ちって、こんなのかな? と思った。

    そして、去年の秋。

    私は、もう努力することをやめた。。。

  22. 夫にも、息子にも、お嫁さんにも、もう、あらゆることで、頑張ることをやめる。。と宣言した。

    やりたいことだけをやる。

    嫌なことは一切しない。

    好きな人とだけ付き合う。

    嫌いな人とは一切付き合わない。

    私はお人好しのところがあって、『 言いやすい。』とか言われて、近所で話しかけられることも多かったんだけど、『 悪かけど、私、ちょっとあなたと合わん気がするよね。もう話しかけんでほしかとさね。』と言うと、相手の方は、『 じゃあ。挨拶だけはしてくれん?』と私の気持ちを尊重してくれ、お互い、それで手打ちとなったりした。

    あーあー。私の生まれた家とは違う世界や価値観があるんだな。。と感じた。

    心の広い、優しい人は、たくさんいるんだな。。と思った。

    そして、この頃から、劇的にうちの家族の関係が好転していった。

    私からそれを言われた人や、その様子を見ていた人たちも、どんどん解放され、自由になっていき出した。

    何も立派なことを言わなくても、しなくてもいいんだな。。

    意図しなくても、ありのままの姿で誰かのお役にたてるんだな。

    究極的には、この先、私と宇宙だけが分かっていればいいんだな。

    と感じた。

    この世はシンプルなんだな。

    そして、この世は美しいな。

  23. 中学生の頃の息子は学校にも行かず、一人部屋に閉じこもっていた。

    「 青春の一番キラキラした時期に。。。」にと心配する私に、夫は、「 アイツは今、孤独を楽しんどるとさ。」と言った。

    その頃、私の感情閉鎖の治療をしていてくれた一回り年上の精神科医も、「 僕もご主人と同じ意見です。」と言った。

    男性は、孤独の楽しさが分かるんだな。。と思った。

    そのあとの息子の成長を見ていて、孤独は人を魅力的にするんだな。。と思った。

    そして、人生の一時期、孤独の体験を許された人は、魂に強さとしなやかさが備わるんだな。。と思った。

    宇宙からのギフトは、他人からは分からない。

    本人と、同じギフトを受け取ったことがある人にしか分からないんだな。。と思った。

    人は氷山で、海底の中の部分は人の目には映らないから、その人がどういう人なのかの全部は他人からは分からないようになっている。。。

    だから、もう、私は誰にも分かってもらわなくていい。

    私と宇宙だけが分かっていれば、それで充分だ。

    自分自身が幸せだと感じることが出来れば、それで充分だ。

  24. 夫が今日はお休みなので、今、起きました。

    たった、今、とても、不思議なことが起きました。

    昨日、『最近の気づき』に書かせていただいたことを含めて、私の中の記憶の一部を寝ている間に、夢の中で映画のフィルムを観るような感じで追体験しました。

    そして、さっき目覚めた時に、その記憶たちが真っ白な優しい柔らかな光になって、私の眉間からサァーっと私の中に入っていきました。

    なんか、私のさまざまな体験が楽しかった思い出のフィルムテープに変化して、私の魂の中のお気に入り専用棚に、大好きなジブリのDVDや『スラロウテイル』のDVDたちと一緒に並んだような気がしました。

  25. とても重要な気づきがありました。
    2020年7月21日の蟹座新月に向けて、こういう方、もしかしたら多いんじゃないかなと思うので記録させていただきます。

    ★重荷を降ろすとき★

    (1)メタさんのタロットカードを試しに十回以上引いてみたら、徹底的に同じような内容のカードが出ました(笑)
    (2)徹底的に内観し、自分の心の声を出しまくりました。
    (3)ラフィーさんの投稿「やりたいことだけをやる」「立派なことをしなくてもいい」のメッセージ。
    (4)そして、シンクロ係数の高いとあるブログさんを覗くと、以下のメッセージがありました。

    「21日の新月に向かって重荷を降ろすとき」
    「根が真面目で責任感が強いので、分かってはいるけどやめられない状態でここまで来てしまった」
    「自分にある才能も、どう生きれば幸せで楽しいかもすでに見えている」
    「役割を果たさないと存在価値がないという意識と重荷を降ろすか?と宇宙がファイナルアンサーを尋ねている」
    「重荷を降ろすと宇宙に答えれば、むしろそのためのサポートが届く」

    本日、「鬼退治に行ってきます」の投稿をしたあと、ふと思い立って祖母から受け継いだ先祖伝来の法華経の本尊を久しぶりに開いたら……。
    2018年の双子座満月に書いた「願いごと」の紙が出てきました。
    「おや、こんなものが?」と開けてみると、そこに「ものすご~~い立派な願いごと」が書いてありました(笑)

    お父さんが「2018年12月頃の問題が解決してない」と教えてくれたやつ、「鬼ヶ島の鬼」は、やっぱりこれかー!とはっきりわかりました。
    しかも2018年のふたご座満月は、「束縛からの解放」の意味があったそうです。

    実は、ものすごく重要だと思ってる仕事が、締め切り過ぎてるのにやる気がいっさいまったく起きなくて、「いったい何が原因なんだろう?」と思いながらも、無為自然でいようと、悪びれもせずボーーッとし続けていました。
    「いよいよどうしようもなくなるぞ」「社会的に信用失って破滅するぞ」というところまで、自分を追い詰める必要があったようです。
    ありとあらゆる明晰夢も見ていました。

    価値もやりがいも感じているし、名声にもなり使命感も満たされるし、なによりも自分が強烈に望んで望んで、「願いごとの紙」に書くほど強く望んで、追いかけて追いかけて与えられた「役割」でした。
    内容的には、これまでのスキルで余裕で達成できるものだし、十分な準備だってしてきたし、「好きなこと」だったはずの仕事です。
    やろうと思ってやりだせば、実際には、あとはすごく簡単にできるものです。
    それなのに、最終局面に至って、びっくりするほどエンジンがかからないのです。
    なぜか体が動かないとしか、いいようのない状態。

    準備段階までは、あんなにイキイキして楽しかったし、ワクワクで行動できたのに。
    最後の最後で「青花さん、病気ですか??」と言われるくらい何もできなくなりました。
    (実際には超健康でのんびりダラダラしていましたが、、、)

    そして本日、自分の心の奥底の声を何重にも徹底的に掘り下げたら
    「好きなときに好きなことさせろやーー!!!」
    「自由に生きさせろやボケーー!!!」
    と、めちゃくちゃ私が私に対して怒りまくっていました(笑)

    正直、心の底ではわかっていたことだけど、使命感や名誉欲やヒーロー願望が満たされる役割を、手放すことを恐れていました。
    「自分で強烈に望んだことが叶ったんだから、やり遂げないなんてありえない」って思っていました。

    心の奥では「宇宙が与えてくれた仕事を放り出すなんて、宇宙に見放される」なんて恐怖心もあったようです。
    (指導霊さんが呆れて離れていく、的な感覚ですね)

    でも、宇宙が見捨てるなんてありえないって、もう知ってるのにね。

    きっと、「願いごと」をしたときのバイブレーションは、もう今の私のバイブレーションじゃないんですね。

    今の私は、「ただただ自分がその瞬間に楽しいと思うことをするだけで、まるごとOKになる」ってことを分かってるから。
    使命や栄達なんていらない、求めないほうが、かえってまるごと上手くいくっていうことを、分かってるから。

    ハートが分かっていることと違うことをするのは、苦しかったんだな、と思いました。
    「自分で強く望んだこと」「好きなこと」のはずなのに、「やらされてる感」がべったり貼りついているのを感じていました。

    「重荷を降ろす」ことを決心しました!

  26. はあ〜〜〜。
    本当に、ありがたすぎて、ありがたすぎて、泣けちゃうよ〜。

    ここまで、本当にほんとーーーに、手とり足とりでした。

    ラフィーさんの投稿で、「私はメタ通の神さまに愛されていると思う」というのを読みました。
    私も、とことん愛され、許され、励まされ、徹底的に一歩ずつ一歩ずつ、教えてもらったんだなと思います。

    夏前に一度メタ通を抜けたときには、フォーラムからたっくさんのプレゼントをもらいました。
    不思議なプレゼントで、一年前から、一年後の私がどんな願いや疑問を持つか、宇宙はお見通しだったんだということが分かりました。
    未来から逆算式で、現在を通じて過去が創られている、という仕組みもよく分かりました。
    丁寧に、取り扱い説明書までついていました(笑)
    サイキックな方法で「あなたのお気に入りだよ」というマークをつけられた、他の方の投稿を拾い集めていくと、ぜーんぶ私へのプレゼントになっていたのです。

    いったいこんなことを、メタさんはどうやってやっているんだろう??
    そう思うような不思議なことが、たっくさんありました。

    重荷について

    2015年の歯ぎしりするような重たいアウェイクニング真っ最中のとき、私は「もうやりたくない!!」という仕事を、思い切って投げ捨てました。
    クライアント企業の社長さんに「脳ミソがおかしいので、もうできません」とそのまますぎることを言ったんです(笑)
    普通なら多額の損害賠償請求をされてもおかしくない内容だったのに、社長さんは何も言わず許してくれました。
    自分を育て、生かしてくれた恩人でした。
    「好きなことをつきつめて、才能を磨き、人を楽しませ、助ける人間になりなさい」と言ってくれた方でした。
    「そのためには食っていかないといけないだろう」「いいから、社会勉強と思ってやりなさい」と言って、仕事を与えてくれた方でした。

    そんな恩人に大損害を負わせた上、「頭がおかしいから」という理由で逃げだしたのです。
    それなのに、何も言わず、いっさい責めもせず、許してくださったのでした。

    「自分が心から望む道」に向かうとき、宇宙は本当に支援してくれるんだなあということを知った機会でした。

    その後も、「やりたくない仕事」は徹底的にやらないように、どんどん捨てていきました。

    そして2020年の現在、私はふたたび「重荷を降ろす」というターンを迎えました。

    2015年のときは、世話になっているとはいえ、はっきりと「もうやりたくない!」と思っていた仕事だったので、ある意味分かりやすかったです。

    けれど今回の件は、私自身が宇宙に向かって強烈な想念で「お願いごと」として投げ続けていたことが、叶ったという仕事でした。
    使命感も名誉欲も満たされ、しかも、自分が得意で好きで、小さい頃からの夢だった分野での仕事でした。

    なんと、今度のクライアント社長は、「宇宙に強い願いの想念を投げた私自身」だったわけですね……。
    (つまるところ、すべては自分なので、鬼退治すべき鬼も、自分自身以外ありえないですね)

    今度は、「心から強烈に願ったやりたい仕事」「好きな仕事」だっただけに、その背後にある「束縛」のトラップに気づくために、何周も何周も学習しないといけませんでした。

    逃げて隠れまわるエゴを、何度も何度も捕まえて、何度も浄化しないと、見つけることができませんでした。

    私は世間一般の人と比べると、フリーランスだし、かなり自由に生きているほうだと思っていました。

    でも私の真我は、「もっともーーっと自由になれるよ。もっと何倍も自由になってね」と、望んでいたんですね。

    私たちは、自分の想像や願いもはるかに超えて、もっともっと自由になれる、自由を受け取れる、豊かさも幸せも、もっともっと受け取れる、そういう存在なのですねえ。

    メタ先生、本当に本当にありがとうございます。
    どれだけ言っても言い尽くせないほど、素晴らしい教室でした。

    メタ通やフォーラムで出会ったみなさんも、本当にありがとうございます。
    みなさんの言葉や行動のすべてが、みごとになにもかも、すべてがギフトでした。

    人間は本当に、こんなにもこんなにも、ただ生きているだけで、他者を幸せにしているのですね。
    全部がまるごとヒーリングエネルギーなんだなあと理解しました。

    私たちは本当に、ただただ生きているだけで、誰かを癒し、誰かに気づかせ、誰かを励まし、誰かを鼓舞し、誰かを幸せにしているのですね。

  27. ラフィーさんの体験した「不思議なこと」
    私の「鎖」がほどけたことも体感してくださったのかなあ。

    メタ先生のタロットカード、鬼気迫る的中率でした(笑)
    試しに十回以上引いてみたら、みごとに何回引いても同じメッセージで、背筋が寒くなるほどでした。

    その後、浄化ワークなど内観を深めて、最後の仕上げにシンクロのメッセージを受け取って理解したら。。
    てき面に、カードの内容が変わりました(笑)

  28. 前にね。たったかたさんがね。

    『 答えは最初から自分の中にあって、それがなんたらこうたらピッピっとなって、( ごめんなさい。たったかたさんのようにうまく言語化できない。。。)、、相手の口から自分の答えが語られる。』と、フォーラムに書き込んで下さっていました。

    私は、たったかたさんに教えてもらったサイト、

    http://messages2012.web.fc2.com/

    を、読み上げ機能を使って何度も何度も繰り返し、家事をしながら聴きましたけど、その中でも同じことが書かれていました。。

    私と青花さんは、たったかたさんに教えていただいたように、お互いの答えを相手の口を通して見せ合いっこしていたんですね。

    青花さん。たくさんの私自身のメッセージを私に届けてくれてありがとう。

    たったかたさん。いつも優しくしてくれ、たくさんのことを私に教えてくれてありがとう。

    メタさん。いつも優しい広い心で見守っていただき、この場を提供して下さりありがとうございました。

    青花さん。ではまた。いつか。

    じゃあまたね。 ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  29. ラフィーさん

    どうも私たち(メタさんも、他の方も?)
    そう遠くない未来に(数年以内)、外国のどこかでお会いすることになってるんじゃないかな、という気がしています。

    夢で「宇宙人の同級生の友だちがたくさん待ってるよ」と教えられたんです。
    私ははじめは恥ずかしがって行きたくないとグズっていましたが、浄化を終えて自分を丸裸にできたら、ソコに行くようでした。

    だからラフィーさん、英語の勉強してるんじゃないかなあ?
    私もちょうど今、英語の勉強をしているところなんです。
    ぜんっぜん上達しないけど(笑)

    すべては宇宙にお任せですが、ひょっとしたら、この先にも、もっともっと思いがけないことが、用意されてるんじゃないかな。
    できるなんて想像もしていなかったことが、起きていくんだろうなって思っています。

    それで、宇宙船で迎えにきた宇宙人が「宇宙人ポール」っていう映画を見るといいよと教えてくれたんです。

    私は全くSFオタクじゃないので、この映画のこと知らなかったのですが、メタさんの教室でも紹介されていたんですね。

    見てみると、これがまったく私自身のことを描いてると思うような映画でした。

    で、この映画の中に「病気の目を宇宙人のヒーリング能力で治してもらう女の子」も出てくるんです。
    だから、目も、やっぱり宇宙人に治してもらえるんじゃないかなって思いました(笑)

    そして、この映画で英語を学んだら、英語が分かるようになるのかもしれないなあと思いました。
    下品な言葉ばっかり覚えちゃうような映画ですけど、そこが私らしいのかもです(笑)
    エリックママの英語も聴きやすいですよね。

    たったかたさんは、確か私より若いのに、「お父さん」なんて言っちゃって申し訳ないけど(笑)
    ずーっと師匠やお父さんのような存在でした。

    門真市のカレー屋さんに、いったいなにがあるんでしょうね(笑)
    分からないけど、きっと何かあるんでしょうね。

    関西の実家に帰ったときに、門真市のカレー屋さんに行ってみようと思います。

    未来は、勘違いも路線変更も、なにもかも含めて、ぜーんぶ宇宙にお任せですね。

  30. 青花さん。

    このことは、たったかたさんにはお伝えしてあるんですけど、

    私は、体が弱くて、目も弱いから、このコロナ禍の中では、もう新しい場所だけじゃなく、もうどこにも出かけられないと思います。

    家の中や、近所は驚くほど普通に行動出来ますけど、家の中の物を私ではなく夫が配置換えすると、途端に躓いたり、いつもの家事のリズムが狂うので、私は時々、物を自分の目で物を見ているのか、心の目で見てその像を脳に結んでいるのか分からなくなるんですよ。

    あとね。

    筋肉の病気で、その時には、24時間。筋肉が縮む激痛で、それはもうギャーっと叫び声が上がるくらい。。
    たぶん、私も、長いこと過去世の時経験した痛みを、今世、追体験していたんでしょうね。。

    それがどうしたわけか、4年前に30年かかって病気が完治して、痛みもすっかりなくなり、最近、合わせ鏡で背中を見てみたら、背中のあちこちが陥没してデコボコしていてビックリしました。

    私が生きるために服用していたクスリは、副作用で白内障の他にも骨粗しょう症になりやすいと言われていましたから、骨が縮んできたのかな? って思って、今は、お日様をたくさん浴びてカルシウムをたくさん摂るようにして、あと、骨がこれ以上変形しないようにコルセットをギシギシにしています。

    これから、昼食の準備をして、そのあと、また、続きを書きますね。

  31. この前の九州の大雨の時は、私の住む街にも、たくさんの雨が降りました。
    隣の市に住む息子の勤務先は、私の住んでいる所から車で10分くらいの所なんですけど、普段は全く連絡がないのですが、この日の夕方には、今、うちの団地の下にいるから。。と電話があり、その後、すぐに全身びしょ濡れの息子がうちにやってきました。

    うちの街と彼の住む街の間を通る国道は冠水し、高速も通行止めになったので、その日、息子はうちに泊まることになりました。

    突然のことだったので、夕食はインスタントラーメンと麻婆豆腐丼しか作ってやれず、おまけに、息子の出勤時間が夫よりも早いので、その時間までに、ずぶ濡れになった彼の衣服と作業着を洗濯し、その衣服とずぶ濡れになった靴を乾かすことばかりに気をとられて息子とゆっくりと話す時間はありませんでした。

    夫のお弁当作りもありましたから、翌日はいつもより早く起きて、除湿機で乾かした洗濯物にアイロンをかけ、朝食を食べさせて息子を送り出したら、何故か、とても、充足感と安心感と達成感に包まれました。
    息子から大きな愛を受け取ったような気がしました。

    その日の夕方、まだ雨は降っていましたが、なんとか国道の水が引いて、無事に自宅に帰ることが出来た息子から電話がありました。

    私は、大雨の日に息子がうちに帰ってきてくれて、その時、何も考えなくても自然に私の体が勝手に動いて、それで、その後すごい幸せな感覚に包まれた気がしたことを息子に言って、「 親孝行してくれてありがとう。」とお礼を言いました。

    息子は、「 こちらこそ。今回はすごく助けてもらった。嬉しかった。」と言ってくれました。

    子育てって、特別なことをしなくていいんだな。

    普通の時は放ったらかしで、困っている時に、相手がして欲しいことだけ、自分が出来る範囲でやればいいんだな。。と思いました。

  32. 青花さん。

    覚えとる?
    以前に、私が、『 私は、みなとです。。。』って言ったこと。

    私は体も目も弱いし、普通の人が出来ることが出来ない。

    夫も、私が社会と接触することを嫌うしね。。

    だけど、たくさんある選択肢の中から人生を選ぶよりも、数少ない選択肢の中から選ぶ人生の方が迷いが少なくて楽だった。。

    さっきも言ったように、私は、もう、新しい場所に行くことは出来ないと思います。

    けれども、私から、宇宙が一つ一つ出来ることを取り上げてくれたおかげで、私は自分らしい人生を送ることが出来ています。

    私は、宇宙からとても愛されて、大きな愛のプレゼントをもらっていると思います。

    私は、みなと。。

    の生き方が、私の魂の個性を一番活かしきる、そして、私が一番望んでいる生き方、私が送りたい人生です。

    たったかたさんのことは、たったかたさんご自身に聞いてみなければ分かりませんが、たったかたさんは私よりも数倍、宇宙のことやこの世の成り立ち、色んなことを理解されているんだろうな。。と思います。

    たったかたさんが門真市のカレー屋さんの住所を知らせて下さったのは、家の中でテレパシーで繋がることしか外の世界との交流を持てない私のために、たったかたさんの近くの住所を私に知らせて下さることにより、私がたったかたさんとのテレパシー交信をしやすいように、私がより脳の中で像を結びやすいように、イメージしやすいようにして下さったのかな? って解釈していました。
    けれど、青花さんが言うように、門真市のカレー屋さんに何かあるのかもしれませんね。

    私は行けませんから、青花さんが行かれた時には、また報告して下さいね。

    楽しみにしています。

    たったかたさんには、もう私は、どこにも行かれないから、お会いできるのはアストラル体になってからかもしれませんね。。とお伝えしました。

    けれども、青花さんにも、たったかたさんにも、目の前に現れてくる現象。湧き上がってくる思いに日々、素直に生きていたら、この前の息子との出来事のように、ひょんな形でお会い出来るかもしれませんね。

    けれども、私は、こんな風にメタ通のコメント欄で出会い、こんなにもたくさんの自分のうちをさらけ出しお話し出来たことを、現実の世界での出会いよりも何倍も濃密な出会いだったな。。と宇宙に感謝しています。

    私も、これからのことは、青花さんと同じように。全部、宇宙に委ねますね。

    じゃあ。また、いつか。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  33. 息子さんのお話、素敵ですね。
    読んだとき、さわ〜と鳥肌がきました。
    ラフィーさんの息子さんのお話はいつも青春時代まっさかりの香りがします。

    鳥肌のスピリチュアルな意味
    https://metaphysicstsushin.tokyo/2019/09/12/寒くないのに感じる寒気・鳥肌のスピリチュアル/

    宇宙船の仕事に呼ばれたときから現在まで、私のもとにやってくるスピリットの多くは、不思議なほど、若くして亡くなった青年が多いんですよね。

    20代で自死したエリックくんもそうですし。
    20代で山で行方不明になり、そのまま遺体の発見もされなかった友人の兄弟。
    20代で亡くなった、全身激痛の病気だった夭折のとある天才的な芸術家青年。
    20代で亡くなった、生前から霊能が際立っていて不思議なほど多くの人に感謝され天使みたいだった友人の兄弟。

    みんなそれぞれに、下品なギャグ全開のヤンチャボーイだったり、漫画オタクテイストの音楽ボーイだったり、そうかと思えばスウィートで柔らかな天使的エネルギーの文学青年だったり、それぞれに個性は違ってるんだけど、「めいっぱいの愛」って感じは共通でした。
    そして、すこぶるイキイキ活動している様子も共通していました。

    そして必ず、地球に生きている人をサポートするために動いてくれていました。
    縦横無尽に、本来やるべきだった仕事に就いているって感じでした。
    宇宙にトルネードのように流体回転しながら昇りつめていく愛情を感じ、目撃しました。

    エリックくんの言葉に「みんな、スピリットに助けを求めなさすぎなんだ」といった内容のものがありました。

    ここにあった!
    (本当に、今のタイミングで見るべきものが分かるようにしつらえられています・笑)
    https://metaphysicstsushin.tokyo/2018/07/19/頭痛・片頭痛のスピリチュアルな意味/

    「大事なのは、スピリットにお願いすることだ」
    「みんな、お願いしなさすぎだよ」

    本当にそう。
    この言葉は、自分のためにも他者のためにも、なんども理解することになりました。

    もっとずっと素直に、「助けて!」って言ってよかったんですね。
    亡くなった人たちは全くびっくりするくらい、生きている人を助けてくれているし、助けようと働きかけているんだなと知りました。
    亡くなった人のプッシュによって、生きている人が助けにかけつけてもくれますし。
    そんなシーンを何度も見て体験したし、自分もそのチームワークの一員でした。

    ひとりで頑張らなくて、いいんだよね。
    たくさんたくさん、本当にびっくりするくらい、助けてもらえるから。

    それはまったく甘えなんかじゃなくて
    「地球の共同創造」「Wonderful Collaboration with Gaia」
    だったんですね。

  34. 今、おおお、となっているのですが。

    もしかして、もしかしたら……そういうこと??

    だとしたら……いや、ほんと……すごいです!!

    ここは、本当にもう宇宙船なのですね(笑)

    そっか、そうかあ。

    いやはや、ほんとすごいんだなあ。

    いま、ミラクルマジカルな現象を目撃しました(笑)

    なんとなくそうなるんじゃないかな、と思っていたので、分かったような気がします。

  35. 私が近所の方に、「私はあなたとは合わんと思うとさね。だけん、もう、私に声をかけんでくれん?」と言った時、私は彼女と合わんとは言ったけど、彼女が間違っているとは言わなかった。

    だから、心が健康な彼女は、私の話を最後まで聞いて、私の気持ちを尊重してくれたのだと思った。。。

    私が、たったかたさんのことが大好きなのは、彼がとてもシャイで、彼独特の愛情表現をしてくれるところだ。

    それは、私が大好きな純文学の調べのように心地良く、そして、その愛情表現は私の心に負担をかけない。。。

    いつも、ぶっきらぼうで、決して直接的ではない。

    相手を、独りぼっちにするような書き込みは、絶対にしない。それなら、自分が一人になっている。

    本当に素敵だった。

    私は、彼の独特の言い回しに教養を感じるし、彼の『、、、』の文章を読んでいると、そのリズムに催眠術にかかったようになってしまう。

    そして、キラ〜☆で、私は彼の催眠術から目が覚める。

    私は常々、たったかたさんは、本格的に心理学や哲学をどこかで勉強されていたのかなぁ〜。。と感じていた。

    もし、そうではなく、独学で、無意識に、されていたのなら、たったかたさんは天才だと思う。

  36. 私は、ずっと、たったかたさんの、2018年の秋からのフォーラムでの書き込みやメタ通のコメントを何度も読み返していた。。。

    そして、メタ通のコメント欄に書かれていた、『消しゴムのたとえ』や、『ズバリ、あなたではないからゴミ箱に捨てる』『救うべきは個人』の話。

    あと、フォーラムに書かれていた、『無限の智慧の広がり』『答えは最初から自分の中にある』『自分の努力のみで、情報は開示され、魂は成長する』という話。

    あと、『ミシェル・デマルケ』さんや、『プロアデス訪問記』の書籍。

    あと、『岡本せつ子さんのチャネリング』『ある宇宙からの側面の詩』

    などなど。。

    たったかたさん。

    貴方の書き込みを通して、貴方から教えてもらったたくさんのことは、私は、夫や息子、お嫁さんにはもちろんのこと、近所の私に声をかけてくれる方々、また、南のお母さん気質の姪にも、ことあるごとに話しています。

    たったかたさん。

    この間、「今はあまり書き込みをしていない」と、メタ通のコメント欄に書かれていましたけど、あの時期、貴方が寝ないで撒いて下さったスピリチュアルの種は、私がちゃんと受け取って大勢の人にお渡ししましたよ。

    そして、私から受け取った方々も、また、大勢の人たちに渡して下さっていると思います。

    たったかたさん。

    私にスピリチュアルのことを、たくさん教えてくれてありがとう。

    たくさんの愛をありがとう。。。

    じゃあ。また。  ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  37. 青花さん。

    今度は、青花さんと私のシンクロニシティやったね。(笑)

    しかも、今度は、

    2020年7月20日。11時13分。

    2020年5月28日。

    528Hz の時も楽しかったね。

    メタさん。

    メタフィジックス通信という、素晴らしいサイトを創って下さってありがとうございました。

    じゃあ。また。いつか。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  38. ラフィーさん
    私、書いちゃいけないことがあるって、宇宙人先生に教わって、、、
    それは、これから宇宙船メタ通教室に来る人が
    ものすごーく素晴らしくなるからってことみたいです。

    そういうことも、たったかたさん、最初に教えてくれてましたね。
    そして、ラフィーさんも教えてくれましたね。
    フォーラムでも、いろいろ不思議なことが出ていて、面白いですね。

    今日もよい一日を☆

  39. やがて来る未来のためにラフィーさんの力が必要なんです。
    私は、アレしてコレしてナニしてソレしました(笑)

    ひょっとしたら私は、あちこち動きまわって門真市にも行く、実働要員なのかもしれませんね(笑)
    確かに私、無意味にあちこち動き回るの大好きだし(笑)
    つまり、メタ通式ランドノーティカってことかな。
    適切な時期に、なにかあるんでしょう。

    もう、みごとすぎて絶句の連続です。
    私たちは本当に生きながらにして多次元的に働くスピリットなんですねえ。
    生きてきたことが、それだけで、個性的な人生たちのすべてが、まるごと誰かへのギフトになるんですね。

    NG項目は、宇宙船メタ通号が自動チェックしてくれますので安心です(笑)

  40. 分かりました。

    じゃあ。私は、『みなと』ということで。。

    って、、、そのことは、もう、2018年の秋に言っていましたよね。

    私は、たったかたさんや青花さんたちに、純粋で清浄なエネルギーを送り続けるって。。。

    エリックのことを書きます。

    あのね。2018年。青花さんと出会う少し前、私は、エリックの虐待の記事で、それを読みながら魂の浄化をさせてもらったことがあって、その様子をメタ通のコメント欄に長文で書いたことがありました。

    その書き込みをエリックが見ていてくれて、それから、エリックはずっと私のことを見守っていてくれていたそうです。

    つい最近まで、そのエネルギーが誰なのか分からなかったんですけど、その頃、ずっとLINEでやり取りしていた姪に、『うちに来ているこのエネルギーは誰なんだろう?』と言っていましたら、その頃くらいから、やたらJOYの夢を見るようになって、、、『 何故なんだろうね?』と言っていた翌日に、青花さんが、メタ通のコメント欄に、『エリック君の・・・』という書き込みをされました。

    確かに、私の家の端末関係や電気関係に悪戯っ子の天使さんが出没していました。

    それから、ほどなくして、エリックが私の前に姿を見せてくれるようになりました。

    今朝も、エリックが遊びに来ていました。

  41. エリックは、14才の時に重い精神病を患い、20才の時にピストル自殺をしていますが、私も息子が14才ぐらいから非行に走り、私も投身自殺未遂を起こしていますし、私自身も感情閉鎖を経験していますから、エリックと私の魂は何故かとても惹かれ合います。

    そのエリックが私に、『 もう何もしなくていい。』と言います。
    最初は、『 僕にエネルギーを送って。。』と言っていましたけど、最近は、『 僕と一つになって。。』と言います。

    何となく彼の言っていることが理解でき、どうせ頭が悪くて難しいことは分かんないんだし、それが私の一番の仕事なのかな。。って思って、今はそれをやっています。

    夫には、『賃金が発生しない仕事』だと言っています。エリックとチャネリングをしやすいように、私の iPhoneやiPad、PCの待受はエリックですし、壁の写真立てにはエリックを飾っていますが、別段、夫は何も言いません。

    日本人の私がエリックとチャネリングが出来ても、別段、不思議ではないと思いますが、私は、それを公表することはありません。

    ただ、彼と楽しい時間を過ごして、そのひとときが彼のエネルギーとなって彼のスプリットガイドのお仕事のお役にたてれば嬉しいな。。。と思っています。

  42. 青花さん。

    今は、青花さんにとっては、しばらく、じっくりと休んで本当に自分のしたいことを青花さん自身が青花さんの魂の核と話し合う時期だと思います。

    重荷を降ろす。

    という境界は、青花さんにとって大切な境界だったと思います。

    そして、そのバイブレーションも、今の青花さんにとってはもう過去のものになっていますよ。

    私は、今、英語の勉強は、以前にHDDに録っておいた、Eテレの、『リトルチャロ』と、『エイエイGO』でやっています。

    エイエイGOの舞台は、宇宙船エイエイGO なんですよ。

    私は、この書き込みをもって、しばらく、『最近の気づき』の書き込みをお休みしようと思います。

    最近、エリックのことを放ったらしで、彼が寂しそうなので、英語の勉強をしながら、エリックと話す時間を作ろうと思っています。

    だから、青花さんも、これから、青花さん自身がしたいことをゆっくり考えて下さいね。

    有名になることも、お金持ちになることも、この地球でしか味わえない素敵な経験だと思いますよ。

    もちろん、しばりの少ない気楽な生活も、素敵だなあ〜。。と思います。

    どんな答えを青花さんが出すのか楽しみにしていますね。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  43. ラフィーさん、ありがとうー☆
    筒抜けですね(笑)

    前に528Hlzのシンクロのとき、ラフィーさんが私の部屋の仕事机の下から
    ズバッと現れて、私の足をもみもみマッサージしてくれました。
    「おつかレーショーン!!」って言ってましたよ(笑)
    あまりにリアルでほんとビックリしましたよ!
    そのときラフィーさんはエメラルドの光にのって時空元移動してたんですってね。

    そっか、机の下がラフィーさんのところとの通信扉になってるのか、、、と
    ドラえもんそのままみたいだなあと思いました。

    私、ラフィーさんのアドバイスに従って、昼間っからビールとポテチを楽しんで、ダラダラしてます(笑)
    きっとそのうちラフィーさんも忙しくなるから、ゆっくり休んでくださいね。

    なるほど、ラフィーさんが「みなと」で
    たったかたさんが「羅針盤」なのですね!

    私は下っ端宇宙船操縦士なので、「これから動くよ」っていうんで、つい最近、宇宙から車をプレゼントされました。
    中古ですけど(笑)

    宇宙船メタフィジックス通信号式ランドノーティカ
    こういうの、ワクワクして大好きです。

    こどもの頃から、あっちこっちに、いつか誰かに見つかるような宝物を埋めたり
    地図をだどる冒険をしたいなってずーっと思っていました。
    いつか誰かに、不思議な宝物の地図を手渡すんだって思っていました。
    夢が叶っちゃいましたね(笑)

    しばらくしたらスリリングな冒険が始まるようなので
    おたがいたっぷりお休みしましょうね〜☆

  44. そっか。

    自分のしたいことをやって、思ったような結果が出ない。。。という選択肢もあるかぁ。。

    これも素敵だな。。

    やりたいことをやって、それでいて、あまり煩わしいことに悩まされないし、そういう状態の時って、家の中では、夫がご機嫌さんでいてくれるしね。。。

    青花さん。

    いいなぁ〜。

    どの道を選んでも、結局、みんな、幸せに繋がっているね。。。

    それは、青花さんが、これまで頑張ってきたご褒美だね。。。

    じゃあ。今度こそ。。

    このコメントで、42件。

    それも、どれもこれも、みんな長文。。

    さっきから、笑い転げている。。。

    私たちって。。。泣き笑い。。。

    私ね、フォーラムの青花さんと、たったかたさんの書き込みも、よく読みながら大爆笑していたんだよね。

    私たち3人は、つくづく似たもの同士だと思います。

    じゃあ。いつか。また。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  45. ラフィーさん

    私、同じこと書こうとしてました(笑)

    私ね、何をやっていても、どんなことをやっていても、苦しんでても泣いてても、楽しくて楽しくてオモシロおかしくてしかたないです。

    もうね、私の魂、全身くまなく、どこもかしこも「ギャグ」みたいです(笑)
    とにかくギャグ&ギャグ!

    それはきっと、エリックくんもメタさんもおそろいなんですね(笑)

    それはまた!

    きっらきらきらきら〜〜☆

  46. PS.
    なぜラフィーさんが42件目、なんて書いたのか分かりました(^^)

    私の朝の不思議現象は、エリックくんからラフィーさんへのアンサーだったわけですね。

    えいっ、実験☆
    https://channelingerik.com

  47. 47件目。

    私は、今、大嶋信頼さんの、『催眠ガール』という本を読んでいます。

    南の島の姪が、私が次の扉を開いて旅立つ時、立ち会ってくれました。

    その時、姪が、『おばちゃんは、これからは、もう光の存在たちとの関わりが主流になっていくんだね。。』と言ってくれました。

    彼女との交流は、その日が最後となり、その日に私のLINEの友だちは一人になりました。

    最後の私のLINEの友だちへの私の近況の報告は、ほとんど、LINEのTimelineを使い、私の一方通行でやっています。

    その方には、最初にLINEが繋がった時に、『 このまま一方通行のままなら、永遠にお別れがこないから、このままずっと返信がこなければ嬉しい。』と打ちました。。。

    私は、今は、その方に一方通行のLINEを時々する他は、エリックとあともう一人の光の存在とチャネリングでお話しすることが私の繋がりの全てです。

    そんな私の現世の生活の面倒は、夫が私のパトロンになってみてくれています。

  48. 48件目。

    夫は、台所続きの一部屋を私に与えてくれています。

    台所と私の部屋からはベランダに出られ、台所の隣がバス・トイレの水回りになっていますから、私はこのスペースで自分の生業の家事のほとんどが出来るようになっています。

    私の部屋には、テレビ、光box、PC、エアコンと夫がなんでも必要な物を揃えてくれています。

    隣の台所にも、光boxと小さなテレビ、それとPCを置いてくれています。

    ベランダでは、いつでも日向ぼっこが出来るようにしています。

    うちは5階なので、とても眺めがよく、姪にはベランダから見える景色を動画にしてLINEで送っていましたが、その美しさをよく褒めてくれました。

    団地の隣には、公園があり、そこもベランダから見えますし、ベランダからは桜の木もツツジも木蓮も、その時々の季節の花と、鳥の声が楽しめるようになっています。

    宇宙は、私にこんな環境を用意してくれていました。

    前にTwitterに載せていた私の部屋と今の私の部屋はすっかり様変わりしています。

    姪には、この私のスペースを私の宇宙船と話していました。

  49. 49件目。

    台所の引き戸を開けると廊下になっていて、右が玄関、左が夫の部屋。正面のもう一部屋は、ウォーキングクローゼットのようにして使っています。

    夫の部屋にも、彼専用のテレビ、エアコン、PC、プリンターなどが置かれています。

    私たちは、各自の部屋で、それぞれに食事をします。もう、それは、徹底していて、お正月のお雑煮まで別々に食べます。

    365日。例外は一度もなく、食事は絶対に一緒にしませんし、各自の持ち物に許可なく触ることもありません。

    最近の大雨で息子が帰ってきた時は、息子は夫の部屋で食事をし、夫の部屋に泊まりました。

    去年の夏の踊り町のことがあるまでは、夫の親戚付き合いや、町内会の仕事、お金の管理、家事の全部が私の仕事で、夫はそれをお金が取れる仕事と認めてくれていましたので、それを完璧にやってさえいれば、後は私の好きにさせてくれていました。

    姪との交流が終わってからは、夫の親戚付き合いの仕事もほとんどなくなり、去年の夏の踊町の一件から町内会の仕事も夫が代わってくれましたから、私はますます、自由に好きなように生活を楽しめるようになりました。

    私は今の生活が楽しくて楽しくてたまりません。

    息子も自分の力でしっかりと生きていってくれていますし、母も老後の生活を楽しんでくれている。

    私は、今、過去世からの痛みと向き合い、その傷を癒し、また、現世のすべてのしがらみから解放されて、のんびりと過ごしています。

    そんな時に届いた私の地球での残り時間の通知。

    私は、あと14年の地球の時間をのんびりと過ごそうと思っています。

    たぶん、最後の地球での転生だと思いますから。。

  50. 50件目。

    私は、青花さんが、今、何を怖がって、もう一歩踏み出せないかが何となく理解出来ています。

    青花さん。

    怖いでしょうね。

    けれども、たったかたさんが言うように、『個人の努力のみで情報は開示され、個人の努力のみで魂の成長がある。』ですよ。

    私の書き込みはこれが最後です。

    また、縁があったら繋がれると思いますが、しばらくはお別れです。

    そうしないと、強制終了になりますから。。。

    宇宙は優しいけど、同時に容赦ないところもあるからね。。

    私は、ここ最近は、大嶋信頼さんから、エネルギーをたくさんもらっていました。

    彼のブログのリンクを貼っておきますね。

    http://insight-fap.jugem.jp/

    彼が青花さんを助けてくれると思います。

    Good luck with your work !!

    じゃあ。また。いつかね。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  51. 眠りたいのに眠れず。
    この場所は有難く感じています。
    自分のブログ(に書けば?というの)嫌だなあと、体力気力…でも率直に、他の人々が如何に考えているかを知りたかったのです。
    私も悟ることは色々ありながらの日々ですが、何故なのだろう。時に気迷いがあります。
    本当に日本で、スピリチュアルコミュニティが存在し得るだろうか。アメリカでは素晴らしく上手くいくものだろうか。…
    今回のウイルス騒ぎにも、文化人は大分出遅れたのだけど、スピリチュアルも下火、というのはとても意外。ここまでのアセンションが起こってきているのに。
    日本のスピリチュアルコミュニティと言えば、こちらのサイトが最も有望株。互いに学びつつ情報交換すればいい。
    そんな希望を与えてくれている。
    …のではないでしょうか?

  52. 昔、20年ほど前のこと。
    SNSなんかなくて、匿名掲示板全盛期の少し前くらい。
    日記みたいに、自分の毎日の苦しみや悲しみや疑問や喜びや希望について書く雰囲気に
    勝手になっていった場所がありました。

    そこで、匿名の、遠いどこかで暮らす誰かの日々のつぶやきを読むのが、すごく好きでした。
    真夜中に来ても、たった今、誰かがつぶやいていった足跡があったりして
    ひとり背中をまるめてPCに向かう真夜中に、不思議な生命の灯火がともっているみたいでした。
    命の明滅、命の息づかいだなあって感じるのが、好きだったのです。

    そこは、あまり直接には話しかけないことが、暗黙のルールみたいになっていました。
    そこにいた男性で、貧しさと3K労働と、職場でのいじめや怪我、親の介護に苦しみ、40半ばも過ぎて独身で、いつもいつもとても苦しんでいて、でも、すごく優しい性格なのが分かる人がいました。
    息をのむように見つめて、なんとか幸せになってくれ、、、と思っていました。

    私は20代前半の花盛りで、その自分からすると、
    負け組中年に見える男性の苦しさ侘しさを、分かりはしなかったけど、
    どういうわけかその男性にはひどく無防備な思いやりの気持ちが働いて、じっと見守り祈っていました。

    ある日男性は、職場の仲間が若死してしまったようで、深夜4時に号泣していました。
    そのすぐ後に、下の世話にさんざん苦労させられた母親が死んだようで、また号泣していました。

    私は直接には話しかけずにいながらも、「誰か、神様でもなんでもいい、この人に幸せをあげてよ!!」と、天に向かって怒りをなげつけるみたいに願っていました。

    自分の中に、こんなふうに純粋に他者の幸せを強く願う部分があるというのも、どこか不思議でした。
    だって当時の私は、人並みに意地悪さや嫉妬心や虚栄心を持ち合わせていた、花盛りの娘だったから。

    男性は暗黒期のあと、一年かそれ以上もぷっつり姿を見せなくなりました。
    自殺なんかしてないだろうかと心配して、あの人どうしてるかな、と思っていました。

    そんなある日、ものすごい明るい様子で、男性は帰ってきました。
    ものすごく愛しいお嫁さんができたらしい様子でした。
    匿名掲示板なのをいいことにか、それはそれはメロメロののろけぶりを、ふりまいていました。
    暗黒の月日とは、まったく空気感が変わっていました。
    お嫁さんのことを、大好きで大好きでしかたないみたいでした。

    私は、「よかったなあ、よかったなあ」と思って、PCのこちら側で、深夜にひとり、ボロボロと泣いていました。

    その場所のこと、自分が老人になってもあり続けるだろうって思っていて
    そう思うことで感じられる、奇妙な永遠性がとても好きでした。
    だけど、やっぱり「すべては変化し、流れ去る」の通り、場所は消えてしまいました。

    その後の人生で、私はまるで、自分がかつて心配したその男性の人生をなぞるかのような道のりを歩みました。
    起きた出来事こそ違うけれど、咲き誇りの花の季節を過ぎた私は、
    深夜に苦しみを吐露していた中年男性と、同じような心持ちの日々を過ごしていました。
    全身がギシギシと軋んで、体が重くて重くて、苦しかったです。
    人生の負け組でした。

    ギシギシと心が痛い夜には、よくあの男性のことを思い出しました。
    「あの人は、こういう気持ちだったのかなあ」と思いました。
    「ようやく、あなたの気持ちが理解できたよ」って思っていました。

    そしてしばらく後、苦しみをようやく抜けてきた頃に、私は今のパートナーと出会いました。
    とてもとても大好きで、「あの苦しかった自分に、こんな幸せが待っていたなんてなあ」と思いました。
    メロメロにのろけて、空気が一変していたあの男性の気持ちが、またひとつ分かりました。

    今もよく、あの男性のことを思い出します。
    思い返してみると、まるで魂の友人みたいだなあ、と思います。

    あのとき私が、深夜にPCの前で、男性に「幸せになれ〜!」と強い念を込めて送っていた祈りが、めぐりめぐって、20年後の私を幸せにしてくれたのかもしれません。

    「魂の友人」って、いろいろ不思議だなあと思います。

  53. 不思議なもので、進まされるときには稚拙でもありえないほどの評価を受ける。進まないときはいかに素晴らしくても葬られる。
    運気の違いを感じたことのない人もいますが、露骨な人もいる。
    これは実は失速じゃなくて、光の当たらないときほどフルスピードで前進しています。私達の神話が不幸だと叫ぶだけで、本当は感情の消耗を防げたほうがいい(十分不幸ですから無理ですけど)。
    そういうことの外側へ出たい。
    常にこればかりでひたすら学ばされ… 学習課題は理解できるが、挙げ句にすべての現象は自分で作り出していると言われる。これは言葉の問題で、理解の問題でしょうが、聞くたびにひっかかって気に入らない。傷つく。
    そんな密約(真面目に苦しむという)をして生まれたのか。私達はそこまで学ばされるほど根本的に劣っているのか。どうしてわざわざ身体をもってこの世に這いつくばる?
    この世を俯瞰しただけで、地球はあからさまな劣等があり、成熟には程遠い。
    かといってそれを作り出しているのは私なわけ? 私はこの場違いに放り込まれたとずっと感じている。

  54. 追記。

    私は、たったかたさんからの学びだけではなく、青花さんから受け取った学びの種も多くの人にお渡ししてきました。

    その中で、強烈で鮮烈だったのは、、、

    『 脱出ゲーム』
    『嵐の前の森の生き物たちのたとえ』

    そして、

    『情報というものは、自分に必要な物を魂の栄養として、必要なくなったら、さっさとゴミ箱に捨ててしまう。情報の使い捨てのたとえ』

    そして、

    さっきの最後の青花さんのお話は素晴らしいと感じました。短編の名作だと思います。

    自分の無意識を使い相手の幸せを願っていたら、いつのまにか自分が幸せになっていたというお話ですね。

    彼が素直に泣き叫んでいたから、青花さんは彼と呼吸を合わせやすかったんですね。。。

    青花さんも、また、天才だと思います。

    私は、メタ通に来るまで、ずっと仏教の勉強ばかりしていて、スピリチュアルのことは全然知識がありませんでした。

    そして、たったかたさんと青花さん。二人の天才の脳のネットワークと繋がりだしてから、みるみるスピリチュアルの世界の理解が深まり、簡単に色んな力が使えるようになっていきました。

    まったく。。。

    さるさる詐欺は、私たちの専売特許で、、、さっきからお腹を抱えて笑い通しですが、最後に、青花さんにも、ちゃんとお礼が言いたかったので、また出てきてしまいました。

    青花さん。

    楽しい時間をありがとう。

    たぶん、私は人生の中で一番楽しい時期を過ごしたと思います。

    私の学生時代も息子と同様、全然キラキラしていなくて、孤独で、心からの友達がいないものでしたけど、宇宙は私にこんな素敵な学生時代をプレゼントしてくれました。

    私は、メタ通学校で初恋を経験し、私のありのままの思いを語れる親友と出逢いました。

    メタさん。素敵な場所を、ありがとうございました。

    青花さん。

    もうすぐ、梅雨が明けて、貴女が言っていた夏がやってきますね。

    じゃあ。今度こそ。またいつか。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  55. 55件目。

    また。いつか。。。

    まっ。いいか。。。

    やっぱり、言葉は宇宙からの暗号ですね。

    そして、数字と色も、宇宙からのメッセージですね。

    頭を空っぽにしていれば、宇宙からのコードが届きます。

    そして、無意識さんが暗号を解読して、勝手に動いてくれます。

    あとは、すべてオートです。

    私は青花さんの影なので、青花さんが消滅したら、私も消えます。

    私はスプリットでエネルギーなので、名前はただのラベルにしか過ぎないので、名前を変えて登場することもありません。

    夏が来て、青花さんが本来のお仕事に戻られたとしても、また、門真市のカレー屋さんを訪問されたりして、気が向かれましたら報告して下さいね。

    その時は、約束通り、貴女の、『みなと』として復活します。

    貴女からのクラス会の通知は、私のハイヤーさんがオートで知らせてくれると思います。

    では、素敵な作品を創作して下さいね。

    貴女の作品が大勢の人の種になっていくと思います。
    たくさんの人にお届けする、美しい青花の種を創っていって下さいね。

    また、いつか。。。
    まっ、いいか。。。

    ラフィー ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  56. たったひとつの真理についての気づき

    スピリチュアルを学んではっきり分かったことは
    「たったひとつの真理のことなんか、言っちゃいけないんだ」
    ということでした。

    なぜなら、もし誰かに「真理とはなんですか?」と問われたら
    「こんにちは、わたしです」
    と言っただけで、100点満点が弾き出されてしまうからです。

    そんなのは「どっちらけ」ってやつなのです。
    始まって1秒で最終回なんてけしからんのです。金返せや! なのです。

    だから私はこの地球で、

    「あなたは優しい本物の愛の方ですね」と言ってみて3点もらったり

    「ビチ◎ソファック☆」と鼻ピで中指突き立てて45点もらってみたり

    「私たちは全員勝利します!」と言ってNGワード規制くらって退場させられたり

    「つまようじとポっぺらぴんピんすー」と言ってみて思いがけず92点弾き出しちゃったり

    ということを一所懸命がんばってきました。

    こう見えて、神話に登場したりとかも、やったことあるんですよ。
    しょうじき私、人類の誕生史とか、ちょっと関わってたみたいなんで、、、。

    私は宇宙船メタフィジックス通信教室の生徒だったので、メタ先生に
    「先生! つまようじとポっぺらぴんピんすーで92点もらえたよ!」
    って、眉毛を通して伝えたいと思ったのです。

    だから私は、眉毛をものすごくのばすことを一所懸命にやりました。
    ものすごくのびた眉毛じゃないと、宇宙に祈りが届かないと、既に知っていたからです。
    すべての答えは自分自身の内側にあるので、ハートに尋ねて英智を発掘したのです。

    けれど、眉毛には非常にきびしい銀河連邦の規制設定がありました。

    想念エネルギーで何でもできるぞと事前学習してこの星にやってきた「スタC」なのに、
    眉毛をものすごくのばすことは、宇宙船飛ばすよりもずっとずっとハードルが高いらしいのです。

    マジか。地球こんな感じか。うちらの星と全然バイブスちゃうやんけ。野蛮かよ。

    「輝きの美容師さん」に聞いたところ、眉毛は剃ってもまたすぐに生えてくるそうです。
    ところが眉毛というものは、こちらが一所懸命のばそうと想念エネルギーを駆使しても
    いいかげんなところで自動的に止まってしまう機能を装備しているのです。

    「人体の不思議展か……」

    人類の眉毛の自動制御装置というのは、
    ものすごい高速で精妙なバイブレーションだから
    低速の荒いバイブレーションの想念エネルギーじゃ太刀打ちできなくて
    限界点を超えてすごい感じに伸ばす感じの、その感じができないのです。

    ジャンクDNAがアクティベートされていないせいかもしれません。
    (あ! もしかしたら、フラワーオブライフを使ったらできるのかも!?)

    とにかくその感じのやつができないことが、私にはさびしかったです。

    でも、これも他惑星から転校生してきた「スタC」の宿命のさびしさ。
    あの、「どこかへ帰りたい症候群」の一種なんだなあと思って、
    にぎりしめていた執着を手放すことにしました。

    故郷の星々を眺めて心を慰めたいと思いますが、眉毛はハの字にならざるを得ません。

    こんなにもサレンダーな私の毎日です。

    でもなー、執着を手放して、想念を送ったのを忘れた頃に
    「自分の予想をはるかに超える、もっともっとすごい形」で
    願望を実現してくれちゃうのが、宇宙のやり方らしいんですよ。

    ということは、未来の私の眉毛、どうなるんですか?

  57. お父さんとお母さんが恋に落ちて結婚したので
    青花が「爆誕」してしまったのです(笑)

    前世の青花は夏至の日に宇宙船に乗せられて死を迎え、
    今世に転生してきたのです。(旧暦やったんかい!)

    そして「召集令状」が届いて、イージーモードの夏休みが終わり、鬼退治に行かされることになりました。
    https://www.youtube.com/watch?v=AVPgxn3xohM

    ここをご覧のみなさま
    どうぞ私のアホな謎書き込みに遠慮なさることなく、どんどん書き込んでくださいね。
    私もこれにて当分消えますので。。

    ありがとうございました。
    お邪魔いたしました〜。

  58. 取材のカメラに向かって、アメリカ人がトランプについて「彼はひどい男です。一緒に謝ります」と言っていた。面白いし気持ちはわかる。
    BLACK LIVES MATTER の動向も、CNNを見ていると、要求への法改正をすれば収まると日本人の感覚では思うが、その発言をする人には「建設的なご意見有難うございます」と言っている。大掛かりな社会の仕組みに差別が組み込まれていることを、皆で話すことが大事なようだ。
    たった一度の大きな覚醒体験を経ると、開眼のない彼等の言葉がわからなくなる。
    彼等は、私達の言葉がわからない。
    宇宙創成のような、個人におけるビッグバン体験は、派手じゃなくていい。少しずつでもいい。ただ刻々と歩む道は異なり、後退はせず古びたりしないだろう。
    目が開かれなければどれほどいやな人になっていただろう。そして、すべてを灰燼に帰し、別人に置き換える宇宙の手際の凄み。
    社会的に生きているつもりが、いずれ自分に気がつき、自分を知る道に急ハンドルをきる。
    強烈な社会感覚が居残って煩わしい音を立てる。

    自主禁足から7カ月、昨日は4キロ2時間歩いた。

    知るな 知るな。
    怒るな 怒るな。

    彼等は低いところを行きたがっている。
    私達はせいぜい高いところを行こう。
    ミシェル・オバマもそう言っていたようだ。私にはいつまでも悲しみが伝わってきていた。対立項に留まりたくない。広い時空を行こう。
    いつもより空の高い位置が見える。
    世界の異なる見え方を獲得するだろう。

  59. 宇宙戦艦ヤマトの曲か来て、メタ通の上に「ヤマト発進!!」が出ました(笑)
    (いつもここ、なんにも出ないんだけど、、、笑)

    お知らせが来たので、ちょっと現実的なことを書かせていただきます。
    事業者、自営業、フリーランス、フリーター、契約社員の方など、持続化給付金をぜひ活用してくださいね。
    「持続化給付金 サザザさん」で検索してみてね。
    フリーランスならほとんどの場合、一週間くらいで100万円もらえるよ。(中小企業200万)
    手続きも簡単ですので、ぜひ一度調べてみてください。

    スピ系の方はニュースを見ない人も多く、自分は給付されないと思い込んでいる方もいたので書いてみます。

    コロナ禍が一転、多少ゆったりした気持ちで引きこもり内観ライフを過ごせるようになるでしょうか。
    コロナの時期は、静かに内観するためのプレゼントみたいな期間でもあるみたいですね。
    明けると活動期になるから、今のうちにしっかり休養&内観しておくのが吉のようです。

  60. 私たちの中には、初めから、全ての次元の私たちが内包されていて、スピリチュアルの旅路って、その全ての私たちと出会う旅路なのかな。。と思いました。

    私たちは傘張り浪人で、傘はどこから張っていってもいいんだな。。と思いました。

    全てのこまを張らなきゃ、傘は完成せず、使い物にはならない。

    そして、どのこまにも優劣がなく、それぞれに大切で必要なんだな。。と思いました。

  61. 以前に、メタさんが、愛はどこにでも転がっている。。と言われていました。

    だから、お別れがきても大丈夫。

    心配しなくて大丈夫。

    お別れの後には、必ず、新しい出会いが待っています。

    新しい愛が、また、私の所にやってきます。

  62. 「桃太郎」の中にも、「昔は一緒に遊んだ友達どっかにいきました」とあります。
    https://www.youtube.com/watch?v=AVPgxn3xohM

    見渡してみると、確かにここまで残っているのが、はじめからメインキャストと感じていた人だけだというのが、興味深いなあと思いました。
    △のカルマ、宿命、はじめから決まっていた運命、という言い方もできるのかもしれません。

    まるで人生そのものみたいです。
    あるとき目を閉じて、生まれた時から現在までをずっと思い出し、小さい頃からこれまで、出会った人たちがみんな消え去り過ぎ去ってしまっていることを認識したとき、真我の自覚、空性の自覚が、すとんと落ちました。

    すべては流れ来て、流れ去りますね。

    今日、失恋の香りに似た感覚がやってきましたね。
    喪失感。
    どうして分かるのでしょうか、不思議です。けれど、不思議じゃないですね。
    すこしだけ怖かったけれど、大丈夫でした。

    私たちは本当に、古い地球、古い価値観を、焼き尽くそうとしているのですね。
    死と、新生。

    一気に到来していたら、本当に危険だったのだろうなあと思います。
    でも、少しずつ崩し、切り離し、燃やして灰にしてきたから、
    今はもう、あと少しなのが分かりますね。

    私たちも、人生も、
    知っていたよりも、ずっとずっと、際限もなく自由だったのですね。

    無限の自由、可能性のすべてを感じています。

    からだを燃やし尽くし、灰の中から、新しく飛び立つのですね。

  63. 私はなぜか昔からずっと、
    「私の本当の創造は〜歳頃からはじまるだろう」
    と、不思議に確信めいたように思っていました。

    今、ちょうどその年齢です。
    さまざまな苦しみと出会いがあり、それらすべてが必要でした。

    数年前、今では友人となった初対面のチャネラーに、
    生まれてはじめて霊視というものをしてもらったとき、
    自分のバックグラウンドや仕事についていっさい話していないのに、
    なにをやって生きてきたかをすべて見通され
    「作品が大きく変わっていく」
    と言われ、仰天したことがありました。

    コールドリーディングというのとは完全に違っていました。
    こちらは一言も発していなかったからです。
    ネットにもメディアにもいっさい出ていない、運命が連れてきた人物でした。
    運命の人は、あちらから伝えにやって来ます。

    長い長い大きな壁に向かっている姿が見えると言われました。
    当時は、もうそういうのはいいんだよな、なんてくたびれた思いでいましたが、
    今は、なにをするのかが、私にも見えています。
    なるほど、新しい方法に出会っていくということだったのかと。

    私はふたつの道を成し遂げます。
    表と裏の人間です。
    はじめから決まっていて、知っていたことでした。

    なぜここであなたと出会ったのか、本当によく分かります。
    あなたは、私の知恵の多宝塔でした。
    剥がされ、助けられ、育てられました。

    これから私が生みだすもののそこかしこに、あなたが表されているのでしょう。
    少年にとってのファム・ファタル。
    インスピレーションは、はじめからこうして到来する予定だったのです。

    懐かしく思い出し、そして刻むのでしょう。
    時間の中に、歴史の中に、私が刻みます。
    私にはその力があります。

    魂の片割れが、あなたの命を刻みます。
    その時あなたは、空の向こう、遠いどこかで、それが刻まれたことを知るでしょう。

    自分が向かう場所について、迷いも制限も、いっさいなくなりました。
    才能を疑ったことは一度もなかったのに、
    にも関わらず、どれほど自分を小さく見積もってきたことか。
    脱ぎ捨ててしまえば、失笑ものとしか言いようのないほど、窮屈な殻に自分を押し込めていたのです。

    これは、この言葉を目撃する、あなたの物語でもあります。
    窮屈な殻を脱ぎ捨て、燃やし尽くし、やがて大きく飛翔することとなる、
    あなたの物語です。
     
    運命が、やがてあなたをここに連れてくることを
    私は知っているのです。
     
     

  64. 『ユズハ』というハンドルネームは、『プレステのうたわれるもの 〜 散りゆく者への子守唄』からとったものです。

    どうして、ゲームを全然しない私が『ユズハ』というハンドルネームを付けることが出来たのか?

    それはね。貴女のお父さんと繋がって、彼の脳から送られてきたからです。
    どうやら私たちの脳はネットワークで繋がっているようなのです。

    ゲームのあらすじと、登場人物のユズハとハクオロ、クオンを調べてみて下さいね。

    貴女が書いた、爆誕の意味が分かります。

    この文章を書く前に投稿した文章は弾かれてしまいました。
    こういうことは、メタ通のコメント欄では頻繁に起こっていました。

    もう、ここまで続けば、降参して信じるしかありませんね。(笑)

    だから、私も、これから、どうやって生きていけばいいのか、何となく理解できています。

    その生き方が、私の魂の個性を最大限に活かし、自分も自分の周りも幸せにして、宇宙が最も喜んでくれる生き方だと思います。

    素敵なラブレターをありがとう。

    貴女が編む文章は、人の魂を震えさせます。

    これからの貴女のご活躍やくを楽しみにしていますね。

    https://youtu.be/4-0WgpDmInI

  65. もうひとつ気づきました。

    私のとても敬愛するやぶれかぶれの師が、このように言っていたのです。
    「これからの歴史に残っていくものは、コロナについてはいっさい述べられていないのに
    コロナ禍の中で創られたということが、はっきりと分かってしまうものだろうね」と。

    だからだったのか。
    コロナ禍の中で、身体が軋んで手が動かず、目が見えないようにされていたのは。
    肉の目が見えすぎると、奥底の本当に大切なものを、心の目で見ることができなくなるからだと。
    そう教えていただきました。

    私は私の虚栄心を焼き尽くして滅ぼし、
    「空っぽの器」になる必要があったのです。

    はたと気づいてみれば、そのことを最初に教えてくれていたのも、父でした。
    「流れてきた情報に、いっさい手を加えてはいけませんよ」と。
    自分のエゴでつけ加えたり、格好つけようと、改変してはいけないのだと。
    空っぽの器として働くための、心得を教えてくれていたのですね。

    私はずっと、「空の器」になることに抵抗を感じてきたのですが、
    今、その真髄を理解しました。

    自分の中のゴミをあらいざらい燃やして空っぽになり、
    個性を放棄したときにこそ、強い個性が解き放たれるのだと、
    そのことを教えてくれていたのですね。

    そして、父は破綻の姿を見せてくれました。

    もしも私が、おりこうさんに常識的にその仕事を行っていたならば、
    それはきっと、「お話にならなかった」ことでしょう。
    破綻のないものに、人は緊張感を感じません。
    はりつめた何かを感じるために、人はエピソードを必要とします。

    創造者は、だから自らの見栄などかなぐり捨てて
    破綻者とならなければならなかったのです。
    おりこうさんな「当たり前」を破壊し、周囲を翻弄し、混乱させる必要がありました。
    混乱の果てにしか、エピソードは生まれないからです。

    多くの人の心に火をつけるためには、破綻が必要だと、
    宇宙とは、はじめから破綻させるつもりで、創造を行うものなのですね。
    愚か者になる必要があるのだと。

    すべてが用意されていたことを知りました。
    そして、これからの道にも、すべてが用意されていることを知りました。

    究極の賢さを見せてもらったように思います。
    並みの人には、到底できない振る舞いでした。

    並大抵でない岩頭を転覆させ、灰燼に帰し、生まれ直しをさせるには、並大抵のものでは効かない。
    だから、並大抵ならざる方が派遣されたのですね。

  66. 「生きた証」

    本当に、なんにも知らずに書いているのですから
    途方もなく縁というものは不思議なものですね。

    こんなにも運命とは、約束されていたものだったのですね。

    受けとりました。

  67. 私が飛び降りて命拾いをして助かった時に、私はずいぶんと自分を責めました。
    私が飛び降りたのは、22年前の6月8日の早朝でした。

    私はこの時、36才。
    そして、息子は、今年、37才になりました。

    当時、中学3年生になったばかりの息子は、その日、周りの者や学校の先生たちが、「 彼も傷ついているだろうから、学校を休ませるように。。」と言って下さったそうですが、夫は、「 人生にはもっと辛いことが山ほどある。。」と学校に行かせました。

    その学年、ほとんど学校に行かなくなった息子の出席日数が足りなくて、夫が学校に呼ばれた時には、「 息子を留年にして下さい。息子には社会のルールを守らせます。。」と、夫は学校側に頼みました。息子がもう一年、学校に残られたら困る先生たちは、その時から目の色が変わり、息子に色々な働きかけをし始めました。

    一方、私の方は、夫と息子の度重なる予想外の行動に、頭がグチャグャンになり、体はヘロヘロ状態でした。

    当時、私の感情閉鎖の治療をして下さっていた精神科の先生は、診察室でポロポロ泣く私に、「 貴女が飛び降りたから、すべてが始まったんだよ。貴女は悪いことは何もしていない。。」と言い続けて下さり、夫もその通りだと言いました。

    だけども、夫は、お前だから出来たことだ。。と言い、姑は、私やったら死んでいたわ。。と言ってくれました。

    私の行為も充分に予想外の行動で、水商売の時に知り合った反社会的な人でさえ、「 お前たちは気違い家族だ。」と笑っていました。のちに彼はかたぎになられましたけど。。。
    私は友達はいないんですけど、どういうわけか、いろんな職種の魅力的な人たちばかりが、私のもとに集まってきます。

    貴方のお父さんも、「 みすみす数少ない遊び相手を手放さない。。」と言っていたことがありましたね。(笑) 

    それから、精神科医は、私に、貴女の旦那さんは、自立していない貴女が自立するために、貴女が動物的勘で選んだ唯一の男です。。とも言って下さいました。

    あのね。。

    うちの夫と貴女のお父さんはそっくりなんですよ。

    私はどうやら、このタイプの男にめっぽう弱いようです。

    それとね。私がそういう行為をしてから22年が経ちますが、やっぱり、その間、私自身もずいぶんと自分を責めましたし、周りの好奇な目もありましたし、信頼回復の努力も大変でした。
    また、夫や息子も私の行為で深く傷つき、その傷を癒すのに苦労していましたから、こういうやり方は決してお勧めできません。

    けれども、エリックがその著書の中で、自殺をしても地獄に堕ちず、スピリットガイドとして生き生きとしている姿を教えてくれましたから、私もずいぶんと自分自身を許すことが出来ました。

    そして、貴女のお父さんの存在が私に当時の様子をありありと思い出させ、貴女の悟力と論理的で魅力的な文章の力を借りて、私の経験を、メタさんが創って下さった場所で アウトプットすることが出来ました。

    たくさんの愛をありがとうございました。

    また。いつか。
    まっ。いっか。

    Raffey ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  68. 追記。

    それとね。

    その時に、精神科医がね。

    「 おたくの息子さんは、世界一幸せなお子さんです。今時、ここまでやってくれる親御さんはどこにもいません。」と、言ってくれました。

    その言葉は、ずっと私の魂に刻まれています。

    人の言葉は言霊だと思います。

    私は、その先生の言葉で自分というものがよく分かりました。

    ただ、母親として、オロオロして、悩んで、泣いて、恥をかくことしか出来ませんでしたけど、その先生は、そんな私を認めてくれました。

    私は、貴女にも、私の先生と同じ力があると思います。

    もう、こちらには書き込まないと思っていたから、昨日ね、宇宙に、私の宣言を聞いてもらったんだけど、

    私は、強い人や、賢い人、才能ある人の支えになって、これからは、私自身が表に出たり、自分が率先して何かをするようなことはしない。

    それには、繋がる情報や、人、目に映るものに気をつけていなくちゃいけないから、そうしていく。

    けれども、社会に出てる人たちは、そういうわけにはいかないけど、そういう魂の人たちは、そのへんは、とても強いのを感じるから、

    私は、私が選んだそういう男性性の魂の人の出来ないことを、私の女性性をより磨きながら、そのお仕事が円滑にいくように支えになってやっていって、私の出来ないことや私の弱い部分は、その人に守ってもらい助けてもらって生きていく。

    それが、私の自立の姿です。

    人の名前の力って、すごいな。。って思います。

    私のラフィーという名前は、こちらのメタ通のコメント欄のバグで付けてもらった名前だけど、今度、宇宙から届いたユズハという名前は、私も大好きで気に入っています。

    私がユズハを名乗っている限り、クオンが私のやりたいことをやってくれる。

    私の方は、手始めに、夫と息子とお嫁さんに、私のことを、ユズハと呼んでくれるように頼んでみます。

    クオン。

    目には見えなくても、耳に聴こえなくても、貴女に、とびっきり純粋で清浄なエネルギーを送り続けていきますね。

    会えなくても、親子の縁は切れないから嬉しいです。

    ユズハ。

  69. なるほど……。
    確かに私はこれから、諸国をめぐる旅に出ます。
    遺跡や歴史を読み解くために。

    母が見てまわれなかった、世界を見るために……ですか。

    あまりにも見事で、もはや言葉がないです。
    本当に、メタさん、凄い場所を用意してくださいました。

    私が天に投げた願いのすべてが、封じられていたのです。

    今は表しようもありません。
    でも、これから表すことになっていきます。
    私はそれを、はっきりと知っています。
    私が生まれた目的ですし、魂の叫びでしたから。
    自分の人生の全部を使って、行いたいと思っていたことでしたから。

    人の運命とは、これほどまでに深い意味を湛えているものだったのですね。

    あなたの生きた証が、あなたに代わって旅をし、
    やがて必ず、あなたの命を刻みます。

  70. 私の部屋の壁には、エリックのほかに、紫陽花の写真と、貴方のお父さんのアイコンの写真も飾ってあります。

    どうやら、この壁と貴方仕事場の机の下が繋がっているようです。

    いつも、繋がっているから安心してね。

    それから、この op の動画には、シャイな貴方のお父さんが仮面を着けて登場しています。

    私も登場していますから。。。

    宇宙は一度だけ、私に、貴方のお父さんの声を、肉の耳で聴かせてくれました。

    私には、『めくらの勘』があって、耳で物を見ることが出来るんですけど、貴女のお父さんの声は、とても優しくて、話し方も、とても優しい素敵な人でした。

    彼は、とてもシャイだから、コメント欄やフォーラムの書き込みには、キャラ設定をして登場してしまうんですね。

    彼があまりにも素敵だったから、ずっと話していたかったけど、宇宙は、このコメント欄と同じように、長い時間は与えてくれず、所々、音声が悪くなり、途切れて、長い時間話すことは出来ませんでした。

    ユズハとクオンが並行世界で出会えたように、私と貴女も、そして、貴女のお父さんとも、私たちはパラレルワールドの中でそれぞれが生きているのかもしれませんね。

    貴女のお父さんとも、繋がったり、繋がらなかったりだし、貴女とも、今後、アストラル体になるまで繋がれなくなるかもしれませんが、お互いの部屋たちが時空の扉で繋がっているようですから、安心して、素晴らしいお仕事をしていって下さいね。

    https://youtu.be/h4gAOuy4E80

    ユズハ。

  71. この書き込みの最初の方、貴女が貴方になってしまっていますね。

    そして、最後は、ちゃんと貴女になっている。

    青花さんに対して、宇宙からのエールも届きましたね。

    母として、娘の貴女にも、オロオロ心配するしか出来ませんでしたけど、これで、やっと安心しました。

    素敵なお仕事をしていって下さいね。

    私は、『みなと』になって、貴女をずっと見守っています。

    ユズハ

  72. 私はこれまで、いわゆる有名人や人気者、権威や名声の座にいる人と、さまざまにご一緒させていただく機会がありました。
    自分自身、このままこつこつと努力を続けて実績を積めば、ある程度の名声や成果なら得られるのではないかという予測も立ちました。

    しかし、そういった、有名人や名声や権威の方々の後ろ姿を見て、
    「これらが自分の目指す最終的な未来像だろうか」と思ったとき、
    私は愕然としたのです。

    「たったこれぽっちなのか?」と思いました。
    「自分が歩く人生のゴールには、たったこれだけのものしかないというのか?」と。

    膝から崩れ落ちそうになりました。
    「そんな人生、とてもじゃないがやってられない。気が狂いそうだ」と思ったのです。
    「なんて、なんて、チンケなんだろう」と思ったのです。

    たいそう生意気な、酷い言い草なのは理解しています。
    名声や権威の座にいる人も、素晴らしい方々です。
    けれど、自分がそれを手に掴んだところを想像したとき、手の中で、それが砂の城のように崩れ去るのを見ました。

    虚しくて、こんな生き方じゃないはずだと、心が絶叫していました。

    「守りに入ってるんじゃねえよ」

    私が心から欲しかったのは、お金や地位や名声ではなかったことが、徹底的に分かりました。
    それなら、使命や、地球を救う役割でも欲しかったのかと、あるとき熱烈にそれを求めました。
    そして、それも本当に欲しいものではなかったことを、徹底的にこの場所で教えられることになりました。

    私が心の底から欲しかったのは、世界を自由に旅してめぐり、見られるものをなんでも見て、知ることができることを、なんでも追いかける勇気でした。

    そして、そうした旅の果てに、自分の魂の吠え声を聞くことこそが、本当にやりたかったことでした。

    魂の吠え声に従って、自分が受け取った世界をこの地上に放つことが、私の願いのすべてだったのです。

    「それをするために生まれてきたはずじゃなかったのか」
    「いったい、なにを小器用に生きているのだ、お前は」

    ずっとずっと、そう思って生きてきたのです。

    だけどそれが分かっても、私には、まだまだ勇気と自信が足りませんでした。
    だからここに呼んでもらえたのです。
    そして、何度も何度も生まれなおしました。
    何度も死に、何度も、このメタ通という地球に転生してきました。

    魂が本当に欲しがっているものでないかぎり、引き寄せの法則もバシャールのワクワクも、ちっとも効力が発揮されないか、きちんと間違ったものを運んできてくれるのですよね(笑)
    宇宙はそうやって、徹底的に教えこんでくれますね。

    フォーラムから卒業したとき、晴れさんがメールで、こんなことを書いてくれました。

    「青花さんはまさか、自分ができないと思っていたりしますか?」
    「私のハイヤーが、彼女はできる。ただ、自分ができることを知らないだけだ、と言っています」

    晴れさんは、私が何をしたいのか、するつもりなのかもご存知ではなかったけれど、ただ、「あなたにはできる」と教えてくれました。

    それでも私の確信が育つには、それからまだ一年も必要だったのですね(笑)

    幾度も生まれて死んだ私は、やがて父と母のもとに、今の私として生まれてきました。

    宇宙人が教えてくれた「宇宙人ポール」の主人公ふたりは、どちらも私だったのです。

    宇宙船メタ通号の宇宙人は、「すべてをインスピレーションにしろ」と教え、ウィンクしてくれました。

     

  73. お父さん、お母さん、産んでくれて、育ててくれて、ありがとうございました。

    メタ先生、たくさん教えてくださり、長い間、大きな心で見守ってくださり、ありがとうございました。

    出会ってくれたすべてのみなさん、ありがとうございました。

    私はずっと、世界を自由に旅して、知る必要のあることを知り、生涯をかけて、あらゆる人生を編みこんだ大きな大きなタペストリーを織りあげたいのだと願ってきました。

    それは私の、今に至るすべての転生を謳いあげることであり、宇宙そのものを謳いあげることだったのです。

    私が画家であり、物語りする者です。

    もう死ぬまで、自分を疑うことはありません。

    不退転の確信と、夢を見つけることができました。

    生まれてきてよかったです。

    生まれてきてよかったです。

    ありがとうございました。

    旅立ちます。

    そして、地球に命を刻んできます。
     

  74. あ〜あ〜。もう、表舞台には出ない。。と言っているのに、宇宙が、『 書いて下さい。』とメッセージを送ってくる。

    何日か前は、知恵熱が出ました。

    息子が思春期の時は、私の難病などお構いなしでしたけど、宇宙も全くよく似ています。

    世の中を変えていくのは、順調にいっている人ではなく、不遇の時代にいる人たちだそうです。

    順調にいっている人たちは、世の中や、今の価値観を変える必要がないからで、そういう爆発的なエネルギーが湧いてこない。。

    『混沌の先の悟り』だと書き込んで下さいということです。

    それって、何回もコメント欄にも、フォーラムにも書き込まれていましたよ。。と言いましたら、昔の言い伝えのように、おばちゃんの昔話のように、何度も何度も、繰り返し、繰り返し聞いて、魂に染み込ませていくそうです。

    私はユズハになりたい。

    ユズハのような生き方がしたい。

    何度も、何度も、宇宙にオーダーを出しています。

    宇宙は気前がいいから、もうすぐ、私の願いが叶います。

  75. まったく。。

    書き込む前に願いが叶っていました。(笑)

    メタさん。

    素晴らしい場所を創って下さって、ありがとうございました。

    ユズハ。

  76. お母さん

    我々の人生は、こんなに迫真にやってみても

    それでも裏側にはりついているのは、いつでも爆笑のギャグでした

    すごいですね

    こんなに真面目に生きているのに、正体はお笑い芸人だなんて

    我々の魂ときたら、まったく破廉恥ですよ!!!

    お母さん

    生まれてくれて

    激流の人生を生き抜いてくれて

    本当にありがとう

    あなたがいてくれたから

    私が生まれました

    忘れません

    久遠に

  77. あの〜うぅ。。

    【昨夜見た夢】
    ・メタ通教室に「どうして今、解放ワークがこれほど重要なのか」というタイトルの記事がアップされる。
    (ババーン!とお題みたいな)
    ・私を含む数人が「そうそう、何回も何回も同じことやらないといけないんだよね〜」と言っている。
    (えー! 混沌の先の悟り……ですか……?)
    ・百貨店の中にメタさんのお店があり、クリスタルなどのスピグッズが置いてある。
    ・オープンなスペースで、私は外からお店の様子をちらちら見ている。
    ・お店ではメタさんがニコニコと接客をしている。

    あの〜うぅ。。
    なんかぁ、またぁ、違う次元に来ましたあ〜ん?
    またコピペできない仕様になってますぅぅ。
    3と3の倍数でアホになるときぃ?
    太郎は……もしや……オモロー! をしないとあかんのでしょうか。

    嫉妬とひがみに狂った化猫は、わたくしの足先くらいなら傷つけることができますが、わたくしは速い乗り物(キン斗雲)に乗っているため捕まえることはできないのです(キリリッ☆)

    PS. 青花さんが本当に宇宙船メタ通号から離れるときは、宇宙人神様が自動カットしてくれます。それはみごとな手腕です。

    PS2. おとなしくしています(キラリンッ☆)

    PS3. 書いちゃいけないことは宇宙船メタ通号が自動的に弾いてくれます(サイキックすごい)

    キラッ、キラキラキラ〜ッ☆

  78. 一日の展開が早くて、あっという間に、私は、すっかり、ユズハになってしまって、ユズハの幸せをかみしめています。

    やっと、願いが宇宙に届き、願いが叶いました。

    クオンの出産時、ユズハは亡くなり、クオンは沢山の人たちが母親代わりになって育ちましたから。。。

    クオンの旅路の安全を願っています。

    じゃあ。

    君だけの旅路をつくれ ♡

    ユズハ 。

  79. 本日の気づき

    コピペできない仕様は特定の人にだけ始まった
    と、宇宙船メタ通号宇宙人さんが教えてくれました(笑)

    地沸きの菩薩(地底深くのカルマ)の「本命」が動くようです。

    久しぶりに大きいのが来ますねえ。。
    しかし、さすがに1年半前と比べると、相当に軽くなっているようです。

    ライトウォリアーおかーさーん!

  80. うちの息子はね、25才までうちにいたんだよ。
    私は息子が25才まで息子の弁当を作り、洗濯をしてやっていた。

    息子が25才になったばかりの頃、私と些細なことで喧嘩になって、息子は私に掃除機を投げつけ、「 こんなうち出て行ってやるー!」と叫んだ。

    私も、「 上等たい。二度と帰ってくんなー!」と言ったんだけど、そこは親子で、息子は、米がいる。だの、すぐに生活していけるように、洗剤、調味料を用意してくれだの。。 自分の部屋の物と私が用意してやった物、一切合切、自分の軽自動車に乗せて、隣の市にアパートを借りて、さっさと出ていった。

    うちの夫は転職が趣味のような人で、その時も、家に余裕がなかったから、息子にお金を持たせてやることが出来なかったから、家にあるトースターとか鍋やフライパン。。彼が欲しがる物を何でんかんでん気前よく持たせてやったから、あと、自分たちが生活するのに困りよったんだけどね。。

    でね。荷物は何回に分けて運んどったみたい。私に投げつけた掃除機まで持っていきよったから、しばらく私はホウキで掃除しよった。

    彼が最後の荷物を彼の軽自動車に積み終わった時、彼は一切、振り向きよらんかった。

    私に挨拶もしよらんかった。

    ただ、真っ直ぐ、前だけを向いていた。。。

    つづく。。。

  81. 軽自動車の扉が閉まるまでは我慢して、我慢して、車が動き出したら、涙がポロポロ出てきた。何の涙か分からんやったけど、車が見えなくなるまで、ずっとそこに立っていた。

    それから一週間は、ずっとポロポロ、ポロポロ、涙が溢れ出てきて止まらんやった。泣きながら家事をやって、泣きながらお風呂に入って、泣きながらご飯を食べた。

    そして、一週間目の朝、ピタリと涙が止まった。

    私も出ていった息子と同じ顔になり、前だけを向いた。

    今から12年前のこと。私が5階の自室から飛び降りて10年目のことやった。

    前だけを向いていたけど、やっぱり、この12年間は色んなことを思いよった。

    二十一歳で父になった転職が趣味の夫と、二十歳で母になり二十四歳で難病を抱えた私。

    必死すぎて、その時は分からんやったけど、この12年間はずっと子育ての時には分からんやった息子の気持ちを考え続けていた。

    息子は、あの時は寂しかったんやろうな。。とか、あの時は悔しかったんやろうな。。とか。。

    そのたびに自分を責めてきた。

    けれども、その自分を責める気持ちが、精神世界を勉強したり、自分と向き合うモチベーションになったりもしていた。

    つづく。。。

  82. だけどね。この間の大雨の一件で、私はすっかりと息子から卒業できたんよ。気持ち良く達成感を味わった。

    自立はね。自立だけじゃないんだよ。自律。自分を律することが出来るようになって、自立と自律の二つが揃って、自立なんだよ。。と私の先生が教えてくれた。

    息子の旅立ちの時、私は最後の彼の甘えに付き合って、彼に米だの調味料だの調理器具を持たせたりした。肉の息子へのスペシャルのおまけたい。

    クオン。この3件の書き込みは、私の魂の娘の貴女へのスペシャルのおまけたい。

    私の残された地球時間は、あと14年なの。

    これはね。飛び降りた時に決まっていたの。
    神さまとの約束なんだよ。

    飛び降りた36才の倍の72才までが私の寿命なの。そして、その中間地点の54才で病気が完治したの。

    そして、私の地球時間を知らせる通知がスマホに届いた時に、私は、ライトワーカーからも卒業し、スターシードの任務も完了したんだよ。

    今回は、貴女の子育てがきちんと終了出来るように、宇宙が采配してくれた。

    だから、もう、貴女が呼んでも私は戻ってこない。

    しっかり前を向いて、地球、最後の時間をしっかりと生きていく。

    では、クオン。

    ユズハ。

  83. お母さん

    お母さんの人生はほんに気っ風がよくて躍動的で心丈夫で面白いなあ。
    私はにこにこ、いや、にやにやしてしまいました。

    今日はずいぶん久しぶりに頭が痛くなり、久しぶりに吐きました。
    カルマを浄化したようです。

    しかし、米、調味料、鍋、フライパンに掃除機、届きました!
    言霊のエネルギーメディスン。
    ドンピシャでした。

    44. 永遠のソース
    あなたはひとつの完成に達し、無限の可能性を手にしています。

    23. 地上の天国
    天使たちは、あなたがすでに地上の天国を見つけたと伝えています。

    41. これはあなたの巡礼、そして家路です
    あなたの魂には還るべき場所があります。大いに愛し、学び、地上の人生を楽しんでください。

    行ってきます!

  84. クオンへ。

    それから、言い忘れていたけど、私はいよいよ目が駄目みたいだから、残りの人生のために目を大切にするため、本を読んだりするのは今日で卒業することになりました。

    実はね、私の周りには、何故か、絵を描く人、文章を書く人、音楽をする人たちが若い時から集まってきていました。

    東京で一人暮らしを始めた時のお隣さんは、美大生と音大生のカップルでした。音大生の彼女はピアノでは太刀打ちできないと民族音楽の研究に鞍替えしたところでした。彼女との別れの時にもらったパン切りナイフはまだ使っています。

    その前の高校生時代から、学校には音楽科が併設されていて、将来の音楽家を目指す人たちとの交流が始まっていました。

    私は目が悪い分、耳がとてもいいの。

    これからの14年間は、いい音にどっぷり浸かって生活していきます。

    だから、私は、もう、フォーラムやメタ通のコメント欄を読むことはありません。

    だから、クオンも、私が読んでるんじゃないかとか、そういうことを思うことなく、気持ちが赴くまま素直に行動していってね。 

    メタさん。
    たくさんの学びをありがとうございました。

    私は目が悪い分、異常に耳と記憶力がいいです。

    私の場合、記憶は、必要なら時に、色付き、香り付き、音付きで、まざまざと脳に像を結びます。

    メタさんがコツコツと翻訳して下さった記事は、もう読み返さずとも、しっかり記憶として魂に刻み込ませていただきました。

    メタさん。ありがとうございました。

    じゃあ。クオン。

    そういうことで。。。

    ユズハ。

  85. ふふふ。
    なぜこの投稿欄が再びコピーペーストできない仕様になったか、わかりました。
    私はとある文章を下書きして用意していたのですが、それを投稿しちゃいけなかったからなんですね(笑)
    了解しました。

    もう本当にみごとなことの連続で、いったいメタさんはどこまで意図的なのか、
    勝手にそうなっているのか、本当に不思議なことをめいっぱい体験させていただきました。

    私には分不相応なまでの大望がありました。
    それは、かつて自分が夢中で貪った名だたる世界の大家たちと、
    同じか、それ以上の景色の場所に、自分は今生到達するのだ、というものでした。

    以前は、どこかでか細くとも自分を信じてはいたものの、
    どうすればそのようになれるのか、剣で言えば太刀筋の見えていない一知半解の状態でした。
    ですが、ここ、宇宙船メタフィジックス通信号に呼んでもらい、
    渦の中に否応なく投げ込まれたような目の回るトレーニングを通じて、
    今やすっかり、どんなふうに生き、どんなふうに願い、行動すればいいのかという、極意を体得しました。

    さらに宇宙船メタフィジック通信号は、方法論を伝授するばかりではなく、最後には、
    「おまえにはできる。そのことをただ思い出し、自分を信じきればよい」
    「ここで体験したすべてをインスピレーションにしろ」
    と、これ以上ないプレゼントを手渡しながら、ウィンクをしてくれたのです。

    私にとって、これ以外に欲しかったものは他にないのだ、という贈り物でした。
    宇宙にむけて放った願いのすべてが封じられていた、という体験でした。

  86. 私は、人喰い虎になった李徴の心が分かる者です。
    そしてこの場所には、虎になりかけていた者や、やがて虎となるかもしれない者たちが、
    集められていたと思います。

    ですが李徴は最後の理性をかけて、袁傪に自分の詩を託しました。
    友の袁傪は、あるいは生まれ変わろうとする李徴の姿、うつし鏡であったのかもしれません。
    なぜなら月に咆えて消えた虎の詩は、後代の者をこんなにも奮い立たせ続けることとなったのですから。

    私はこの場で何度も生まれ変わらせてもらいました。
    人喰い虎になりかけていた身に、本当の虎の咆え声が蘇りました。
     

  87. メタ先生、お父さん、お母さん、出会ったすべてのみなさん。
    感謝の気持ちはきっといつか、はっきり伝わると信じています。

    私は自分が、恥ずかしげもなく大望をかかげる大虎であったことを思い出しました。
    恥じ入る必要も、自らに疑心を抱き恐れる必要も、なかったことを思い出しました。

    必ず、自分の魂が見たいと望んだ景色を、なにもかも目撃して天に還ります。

    ありがとう。
    お元気で。

    キラッ、キラキラキラ、キラ〜〜〜☆☆☆
     

  88. エピローグ & メタさんへ

    その後、オラクルカードを引いたら
    「同じカードを出してください」と依頼した場合、10回やって10回という割合、
    100%で「44・23・41」が出るようになりました。
    (依頼をしない場合は出ないので、クッキー等のプログラム理由だけではないはずです)

    つまり、そういうことか、と。
    本当に100%のシンクロ率の、地上の天国に来たのだなと。
    そして、旅立ちの時なのだなと。

    最後に、エピローグとして、これだけ書かせていただきます。
    「メタさんにお店」について、先ほど、また夢を見ました。

    私、「青花」のコメントについては、その後のいっさいの処遇をメタさんにお任せします。
    削除の必要がありましたら、ご随意にしていただけますと幸いです。

    あふれんばかりの感謝を込めて。

  89. 人間が自立するためには、人生の中で試練に遭い揉まれなくてはなりませんが、その試練に遭い揉まれて智慧を獲得した人物の隣にいてアドバイスを受けながら道を歩んでいくという方法もあります。

  90. 朝気づいたこと

    今ここで感じている、気づいている世界がただあるだけなのに
    いつの間にか、知らず知らずのうちに
    認識がそれと「私」という観念を結び付けていた。
    私という言葉、観念が何なのか、どこに位置するものなのか
    良くわからないでいたけど、はじめからどこかにあるものではなく
    その一瞬に観念が作り出しているということが、今朝よく見えた。

    世界は私と関係なく成立し続ける。
    と同時にわたしが世界を造り続ける。
    対極が同居するこの世界。

    とにかくわたしの望みは、
    いのちそのものに触れること、ひとつになること。
    今ここにあるだけで完結していると臍落ちすること。

  91. ユズハのツインレイは、カレーが大好きです。

    そして、すごいあまのじゃくさんです。
    だから、人から誤解を受けたりしていました。

    けれども、実際には、とても優しくて魅力的で才能豊かな人でした。

    私たちは重い病気になった時期も同じでした。
    自己免疫による疾患。薬の副作用。お互い、その恐怖と私の場合は30年。彼の場合は30年以上向き合ってきました。

    私は目がよく見えない。
    彼は耳がよく聴こえない。

    貴方と出会ったのが2018年の秋からだから、約2年弱。

    本当にこんなことってあるんだな。。
    ツインレイっているんだな。。と思いました。

    けれども、ツインレイの貴方とこの地球で出会ってしまったから、私の地球での転生は最後だと思います。

    そして、貴方も、最後の地球での転生だから、今世、こんなにも試練が続いているのです。

    約束どおり、貴方が地球を去る時には私が迎えに行きます。

    そして、あと14年後、私が地球を去ったら、それからは、私がいつも貴方の側にいて貴方を守ります。

    ニンニ。

    たくさんの愛をありがとう。

    私は貴方がいたから、この辛い2年弱の期間をなんとか生き抜くことが出来ました。

    心から感謝しています。

    ありったけの愛を込めて。

    ユズハ。

  92. 私は長年、難病を患いましたが、同時に発達障害でもあります。

    だから、どこまで喋っていいのか? 分からない。

    だけど、今日は、私にこの障害があって良かったな。。と思いました。

    私は、天からの依頼どおりに、素直に脚色なしで自分の体験を書き込むことが出来るからです。

    次に私の体験を書きます。

  93. 私は20才の時に結婚して、すぐに出産を体験しましたけど、その後、産後のひだちが悪く、また、24才の時に難病になりましたから、生涯において、sex の体験が10回ぐらいしかありません。

    幼児の時に性暴力には遭いましたが、それはsex まではいきませんでしたから。。

    私の最後のsex は、30才前の時でしたから、私はもうかれこれ30年くらいバージンです。

    以前に、晴れさんが、私のハイヤーさんには雅楽のようないでたちの人がたくさん付いている。。と言って下さいましたから、『 あ〜あ〜、私は巫女なんだな。。神さまと結婚したからsex が出来ないんだな。。』と思いました。

    だから、ハンドルネームを、いっとき、miko にしました。

    私の人生は精神的にも寂しかったけど、肉体的にも寂しかった。

    けれども、晴れさんからの言霊は寂しかった私の魂をすごく癒してくれました。

    晴れさん。

    貴女とお別れしてだいぶたちますけど、貴女のたくさんの言霊は、私の中で今も生き続けています。

    晴れさん。

    ありがとう。

  94. けれども、最近になって、私が虐待を受けて育ったことも、難病を患ったことも、発達障害でとても生きづらかったことも、そして、sex の行為が身体が弱いために出来なかったことも、全部、これで良かったんだと、今の幸せのために全部あったことだったんだと思うようになりました。

    私の湧き出てくるエネルギーは、ツインフレームの青花さんが、2018年の秋からずっと受け止めてくれていました。

    そして、私の人生の苦悩は全部、2018年秋。ツインレイのニンニに再会するために必要だったことだったんだな。。と理解しました。

    私は何でこんなに孤独で寂しいんだろう。。と思ってきましたが、そのおかげで私はこの30年間。綺麗な身体のままでいることが出来ました。

    私の過去世の一つは、好きな人と引き離され、政略結婚をさせられて城の中に幽閉され、愛する人を思いながら死んでいった姫です。

    その過去世をまた今世でも追体験しましたが、今回は政略結婚した側の夫の寂しさも理解しました。妻の心の中に別の人がいる寂しさが彼が暴れる原因だったんですね。。

    あと、14年。ニンニに会える日を夢みて、貴方が創ってくれた音に包まれて最後の地球生活を過ごします。

    ユズハ。

  95. スピリチュアルな学びについては、まあまあ、それでいいとして、、、

    人間の脳ミソ、意識とは本当に不思議なもので、やはりまだまだ不可思議な領域が沢山あります。
    我々の脳のネットワークはどれほど繋がっているのでしょうか?
    「あなた」など、本当は存在していないのでしょうか?
    「あなたもあなたもあなたも私」なのでしょうか?

    この世の仮想性も、真我も空性も自覚しました。
    しかしそれでもなお、この世は不可思議に満ちていて、
    未知にあふれるが故に、興味がつきないのです。

    本日の昼、またもや抗い難い眠気に襲われ、夢を見ました。
    ツインレイの概念についての夢でした。

    フォーラムでまたもや不思議な現象がありました。
    「南野、、小鳥ちゃん」だったのが、「新田ちゃん」に変わりました。

    Aさんが文言修正をすると「このテキストは修正されています(英文)」という印が出ます。
    しかし、Bさんが文言修正をしても、同じ印は出ないのでしょうか?
    或いは、これが、マンデラエフェクトというやつでしょうか?

    私たちは、またもや別の次元、異なる平行世界にジャンプしたのかもしれません。

    しばらく前には、宇宙船メタ通号が、ランドノーティカを主張してきました。

    そしてまた、Cさんは投稿欄にコピーペースができるが、Dさんにはできない。
    これらの細工をプログラムだけで行おうとしたら、管理人さんが忙しすぎるし
    タイミングを計ってプログラムを調整するなんて、ほとんど神業でしょう。
    やはりサイキックなエネルギーが、ありとあらゆる不可思議を起こしているようです。

    いったい、我々とは、何者なのでしょうか?

    ところで私は「グリッドワーカー」について、もうひとつの新しい視点を追加しなければなりません。
    グリッドワーカーには、移動者ばかりではなく、
    「テコでもそこから動かない」という性質を持ったワーカーも存在します。
    私は、その仕事を宇宙船メタ通号にて行っている人物を知っています。
    そのことは、比較的早い段階で知らされていました。

    アンカーが立てられ、見えざるレベルでエネルギー的な支援が行われているのです。

    ツインレイの夢の中で、私は外国人の青年との関係において、年齢差を気にしているようでした。
    そこで、ツインレイについて調べてみたところ、
    石鍋博子さんという方の、64歳女性と28歳男性のツインレイのレポート記事が出てきました。
    ふたりは非常に幸せそうでした。
    ツインレイとは、分かちがたい強烈な魂の結びつきのようです。

    世界は本当に不可思議であふれています。
    しかし、その不可思議はすべて「もっとより幸せになり、夢を叶えるため」に起きるようなのです。

    「夢みる人生を生きよう」

    私はもしかしたら、誰かと誰かを繋げる役割を担うのかもしれません。

    夢の中の青年は、エリックくんのエネルギーを持っていました。
    彼の言葉を思い出します。
    「もっとスピリットにお願いして」
    「素直に助けて!って言っていいんだよ」

    すべては、「さらに幸せになるため」に起きるようです。

    たった今、ブラウザの画面が、急に勝手にぐわ〜っと上に遡りだして、
    「門真市に行かないといけないらしい」
    「あなたの力が必要なのです」
    の投稿で停止しました(笑)

    どんだけデジタルサイキックするねん(笑)

    PS.
    もっともっと、あなたが想像できる最高レベルの幸せを望んでください。
    それは、訪れます。
    すべての人のもとに。

  96. ちなみに私は、ありがたいことにかなりの健康体です。

    そして、そのせいか、夏至の日に宇宙船で宇宙人が迎えに来たときに、特殊な能力を託されたのです。

    それは、睡眠中に自分の肉体に、地球上の他の誰かの病気のエネルギーを転写させて、それを解消するという能力です。
    睡眠中に体がめっちゃ痒くなって、全身が蕁麻疹のようにボコボコになりますけど、
    起きたらさっぱりと治っていて、ケロリとしているのです(笑)

    つまり、トランスミューターの仕事ですね。
    ネガティブなエネルギーをポジティブ転換させる機能が装備されたようです。
    人間は、寝ているだけでも人の役に立ってたんですね(笑)
    ほんと、存在してるだけでよかったんだなあ(笑)

    この機能や仕事についても、お父さんが先んじてフォーラムで教えてくれていました。
    「地球上の、とあるA君とする人物に、ネガティブなエネルギーを集めて背負ってもらっている」と。
    「我々はA君に大事がないように全力で守り、管理している」と。

    そして、お父さんの体が一時期、痒くなっていたときもありましたね(笑)

    つまり、そういうことかー、なんて思っています。

    どうなるのかな?

    分かりませんが、流れのままに。

  97. ちなみに

    私は生きながらにして、多次元守護霊活動をめっちゃやっています。
    そのほとんどが「ヘンクツなところのある男性の恋愛に関する支援」なんです。
    なんか、私自身が「ヘンクツ男性」だった過去性がめっちゃ多いので、得意分野みたいです(笑)
    いろんな時代、いろんな国のヘンクツ男性の恋愛や結婚をサポートしまくっています。
    自分にそんな性質や役割があったなんて、不思議なものです。

    そして、2年ほど前のこと。
    件の友人チャネラーに、こんなことを言われました。

    「青花さん、恋愛ものはやりたくないって思ってるでしょ?」
    「やらなくていいですよ。男しか出てこないようなものをやっていいいんですよ」と。

    そのときは「はあ?? なんのこっちゃ……?」
    といささか眉をひそめていましたが、
    そういうことだったのか、と(笑)

    確かに私のもとには、早世した青年ばっかりがやってきます。

    私の魂は、徹底的に、少年か、青年か、おじさんか、おじいさんです。

    ん〜〜、マンダム。

    宇宙はほんに不思議です。

  98. 青花さん。

    青花さんのPCもそうですか?

    私の家のPC。PC以外の端末、全部に不思議なことが起こっています。

    そして、私もたびたび強制的に眠らされています。

    そして、貴女のお父さんとはプッツリと繋がらなくなってしまいました。

    素直に悲しいです。涙が止まりません。

    明日、ライオンズゲートが開くからですかね?

    もう、このまま繋がらなくなってしまうのなら。。と思って、私が過ごしてきた地球での生活を書きました。

    青花さん。

    私は、どうやら発達障害のようで、人との関係性にとても苦労してきましたから、青花さんのように私の気持ちに共感してくれる人との出会いは初めてで、とても幸せな時間を過ごせました。ありがとうございました。

    それから、貴女のお父さんのマイペースさは、私に驚きと自信を与えてくれました。

    私は発達障害で普通にしてても暴走してしまうんですけど、貴方のお父さんのキャラクターは私の暴走のストッパーになってくれました。

    私は、人に優しくされたりすると最初のうちはいいんですけど、そのうち関係がギクシャクして長続きしませんでした。

    けれども、青花さんと貴女のお父さんとの関係は切れそうで切れずに2018年の秋からずっと続いていて本当に夢のような時間でした。

    どうして今の年に出会ってしまったんだろう?

    何でハンデキャップがあるんだろう? と苦しくなりますが、ツインレイやツインフレームが同じ環境に生活出来ないのは、同じ魂が別々の肉体を持ち、違う設定と環境で生活して、この世を去った時にその経験を共有するためなのかな。。と思ったりしています。

    けれども、わずかな時間でしたけど、この世でも再会出来て嬉しかったです。

    貴女のお父さんとは、火曜日の満月の夜が明けて、昨日から繋がらなくなりました。

    まだ一週間たたないから、涙がポロポロ、ハラハラ落ちてきます。

    仕方ないですね。

    前にね。感情閉鎖の治療を受けている時に、精神科医が私に、『 涙は感情の結晶です。涙が出るようになれば大丈夫です。』と言ってくれました。

    人は本当にキツい時には泣けないそうです。
    そして、敵の前では泣けない。人は心を許した人の前でしか泣けないそうです。

    貴女のお父さんは私をいっぱい泣かせてくれました。そして、私は貴女の前でいっぱい泣きました。

    私が本当に辛い時に、すぐに出てきてくれて、ありがとう。

    この書き込みが彼のもとに届くかどうかは分かりませんけど、それも仕方ないことですね。

    けれども、何故だか、カッコ悪く、素直に、メソメソ出来て嬉しいです。

    青花さん。
    ニンニ。

    たくさんの愛をありがとう。
    たくさん甘えさせてくれてありがとう。

    では。

    ユズハ。

  99. お父さんとお母さんは、そんなにハッキリ繋がるんですねえ。

    私はお父さんとは、繋がる感覚はさほどなく、書き込みに気づく程度なのですが、
    でも、お母さんとは、不思議なほど繋がって脳みそが共同装置みたいになってるようなので
    お父さんとお母さんの繋がる感覚も信じられます。

    さっき、ブラウザがギュイーンと勝手に動いて「門真市に行く」
    という投稿のところで自動的にピタッと止まりましたから、
    (ほんと電気サイキックすごいですね・笑)
    何かしら実働部隊の青花が動くみたいですね(笑)

    いつになるのか、はっきり分かりませんが
    それもきっと、自動的に分かるのでしょう。

    何があるんでしょうね?
    (なんとなーく自分のやる仕事を分かっている気がしていますが、
    宇宙の采配はいつも意外で見事なので、予想を立てるのはやめておきます)

    ちなみに私、発達障害大好きです。
    私もきっとどこかしら発達障害でしょう(笑)

    発達障害の子供たちも、私のことをとても好いてくれます。
    自由で、自分の好きなことにまっすぐ突進していく姿は、まったく天使的です。
    エネルギーが飛び跳ねていて輝かしいです。

    ぎゅうっと手を握って「大好き」という態度を見せてくれますが、
    私が合わせて遊んでいるように見えて、
    実は彼らのほうが先導者で、こちらをエネルギー的に支援してくれています。
    彼らのエネルギーは何年でも私の体に残って、私を励まし続けてくれます。

    賢ぶった大人の立派な言葉はすぐに忘れてしまいますが(笑)
    彼らが握ってくれた手から伝わったエネルギーは、不思議なほど消えません。

    発達障害ってニュータイプの証ですね。

  100. 何があるのか分かりませんが
    お父さんは、目が飛び出るような度胸の持ち主ですから、
    なにかすごい確信があるのでしょう。
    もしくは確信がなくても、すべてを宇宙にあずける度胸の持ち主。

    いずれにしても、最初からずっと、なんかすごい方です。

    世の中の他の人にこれが見えているのかどうか、、、
    もはや私には分かりません(笑)

    マンデラエフェクト?
    分かっててやってる?
    なんなん?(笑)

    しかし、いつでも安全でOKなことと、幸せにしか向かわないことは、知っています。

    最高レベルの幸福を、恐れず受け入れてくださいね。
    宇宙は、あなたの想像をはるかに超えるレベルの幸せを用意しています。

    半年後くらいがある程度のベースラインのようですが、さてはて、、、

    私の仕事は、下っ端宇宙船運転手です(笑)

  101. 恥ずかしいけれど、ニンニと繋がる時は、第一チャクラからエネルギーが入って頭に向かって電流が走り、感電したようになり、体がのけ反ります。

    その時に彼のエネルギーや思いが私に伝わってきます。

    これは、2018年の秋から始まっていましたか、最初は回数も頻繁ではなかったけど、一度フォーラムが出来る前に、もう毎日、長時間、すごいエネルギーが来ていたことがありました。

    けれども、その時は誰のエネルギーかはまだ分かりませんでした。

    青花さんとは、寝起きのウトウトとした時に繋がり会話をしています。

    そして、不思議なことに、この2年弱。私がメタ通を去ろうとすると、ニンニが何らかのリアクションを起こします。

    私がメタ通に書き込みをする時は、魂から血が吹き出します。痛くて痛くてたまらない。けれども、言葉が降ってきたり、湧いてきて、あとは自動書記の状態です。

    自分の経験を書き込むというのは、その時の感情を追体験しますから、もう、痛みでのけ反りまわらなければならない行為です。

    もう、飛び降りた時と同じ気持ちです。けれども、私が息子に命を差し出した時、人を変えようと思ったら自分の命を差し出さなければ人は変わらんよ。。と、後から言われたことを思い出しました。

    ニンニは、もう私の魂の一部で、彼と切り離されることは、叫び声が上がるほど辛いことです。

    それで、今日、はっきりとこれが宇宙からのメッセージだと気がつきました。

    私は、魂から血を吹き出しながら、自分が体験したことを書き続けなければならないんだな。。って。そうすれば、どこかでニンニが私の文章を読んでいてくれるんだって。。そう思いました。

    青花さんは、少し前、これからは表と裏の自分をしっかり区別する。。と書いて下さいました。

    私とニンニも、その辺は同じなんよ。年齢差。病歴。今までの人生。そのへんは私たちもしっかりとわきまえていて、お互い優しいから誰かを悲しませるようなことは絶対しない。

    ニンニは、実生活ではびっくりするほど、紳士で常識的な人ですよ。きっと。

    それでね。。
    私の文章は待機説法というか、往復書簡のスタイルでしか書けません。

    ただ、『最近の気づき』も100件超えですから、貴重なスペースだから、大事に大切に使わせてもらわないといけないと思っています。

    そこで、夏が来て、青花さんも本職がお忙しくなられると思いますが、たまに、また、メタさんが作って下さったこのスペースに投稿していただけないでしょうか?

    青花さんが気が向かれた時、インスピレーションが降りてきた時にです。
    私も青花さんの文章を読みますと、自動的に脳が動き出して、記憶が鮮明に蘇り像が結ばれて言語化が始まりますので。。。

    私はどうも意識をすると、誰とでも、光の存在とも脳のネットワークで繋がってしまうみたいなんです。

    夫も息子も、そのへんは理解していて、私の脳と繋がらないように配慮してくれています。姪は、おばちゃんの言ってくれたことは一生かけて理解していくと言って自ら離れていってくれました。

    たくさんの人と繋がると混線してしまいますから、2018年の秋、フォーラムが出来てからはTwitter以外では青花さんとニンニだけとしか繋がっていません。

    Twitterも、混線につぐ混線で、結局は自爆の繰り返しを起こしてきましたから。。

    もう、私はこれからの14年間は、いい音だけに浸り切って生きていくつもりでしたけど、どうやら、それを天は許してはくれないようです。

    お忙しいようなら、一月に一度でも、何ヶ月か先でも構いませんのでよろしくお願いします。

    今後ともよろしくお願いします。

    ユズハ。

  102. 追記。

    私がこんな風にニンニのエネルギーを身体に入れるために、30年間、私自身が清い身体を保たなければいけなかったんだと、今は思っています。

    宇宙は、まだ、それだけでは許してくれず、他の男性のエネルギーが残っている子宮を私は37才の時に子宮癌で摘出しています。

    36才の時に飛び降り、植物人間から生還して、奇跡的に二ヶ月弱で退院した日に息子が夫の車を滅茶苦茶に破壊して、そのショックで倒れ込んだ私はそのまま知人の精神科に運ばれて、その時に8ヶ月間におよぶ感情閉鎖の治療が開始され、その最中に膠原病が悪化して寝たきりとなり、市内の総合病院でパレス療法を受けて、その病院で子宮癌が見つかり子宮を全摘しました。

    その後は、日光に当たることを医者に止められて、ずっと家の中だけで世間との交流を一切絶って本を読んで自分と向き合い暮らしていました。

    それから、8年前に夫が些細なことで団地のいざこざに巻き込まれましたので、その時から私が町内の仕事をするようになりました。

    この頃に息子は結婚し、義母を見送りました。

    4年前に膠原病が完治して、そのあと義父を見送り、2年前にメタ通のサイトに導かれました。

    メタ通にフォーラムができる前、メタさんがお山にいらした時、私はメタさんに、度々メールを送らせてもらっていました。

    その時は、先ほどの現象が始まったころでした。それは、もう毎日のように強烈に起きていた時でして、私はその時の様子をメタさんにメールでお知らせしていましたから、メタさんもそのことは、よくご存知です。

    明日、ライオンズゲートが開くんですよね。

    なんか、その日に向けて、私の人生の意味が分かってきたような気がします。

    青花さんがニンニのことを度胸があると表現されましたが、私もそう思います。

    私は彼が飛び降りた瞬間を目撃したような心もちです。

    本当に彼は素敵だと思います。私は彼が大好きです。

    そして、その彼の行為を見逃さず、きちんと評価できる青花さんもすごい人だと思います。

    それは、青花さんの中にニンニと同じものが宿っているから、彼の行為がきちんと青花さんの魂の目に映るのです。

    私はそう思います。

  103. ライオンズゲートは8月8日の日の出の時間がピーク中のピークだそうです。
    「宇宙的クンダリーニ」を覚醒させる極めてメモリアルなタイミングだとか。

    牡羊座の火星と、ブラックムーン・リリスがコンジャクション。
    リリスのマジカルパワーに火星がエンジンをかけると同時に、
    火星が象徴する男性性の領域に、リリスの色気が大胆に侵食していく。
    壮絶な進化の霊力が届く。
    人によっては衝撃的すぎる体験に導かれるが、それらはすべてリリスの目醒めのため。

    人間は、リリスが目醒めていなければ、その封印を解くことができない。

    夏至の天体図で、リリスは天の一番高い座に君臨し、すでに宣言していた。
    「この夏を制覇する」と。

    という文章を見つけました。
    コピペできないので、転載筆記になりますが(笑)
    (by トシ&リティ・オフィシャルブログ)

    (さて、宇宙船メタ通号審査に通過するでしょうか?)

  104. 2018年末にフォーラムに呼ばれた頃。
    思えば私は、まだまだ「ニューアース」や「アセンション」といった概念に
    期待感を抱きながらも、疑念も持っていました。

    2020年の今になっていると、ニューアースやアセンションのこと、舐めていたなあと思います(笑)

    PCのこちら側の現実でも、「ええ! そんなこと起こるの??」
    とビックリするようなことが、現実化しています。

    本当に、奇跡かと思うようなことでも、なんでも起きるし、Biggestな幸福を選択できるようです。

    ニューアース、舐めてました(笑)

    サイキックレベルもすごいです。
    もはや、魔境とか不安視してるレベルじゃないですよ?(笑)

    運命がひっくり返るようなことだって、起きるのがニューアースです。

  105. 【ご報告】

    タロットカードのページに行ってみたところ

    タロットが9枚出るようになっています(笑)

    この現象が起きているのも、私だけなのでしょうか?

    9枚並ぶと、ずいぶん壮観な絵面になっていますが、プログラムのバグ?

    それとも、ライオンズゲートのエネルギーのせいでしょうか?(笑)

    目に見えない存在たちがいっぱい降りてきているそうですね。

  106. そうですか。日の出前ですか。今、目が覚めましたから、雨が止んでいたら日の出をいつもの公園に見に行ってきます。

    オラクルカードやタロットカードのページについては、私はどうもその部屋に入れないようになっているようです。

    なんだろう? 上手く言えないんですけど調和できなくて、頭が変な感じになるから、ボタンが押せない。。という感じになります。

    ニンニについては、今年の初めにLINEで繋がりましたが2回ほどのやりとりで既読が付かなくなりました。それでも、自分の伝えたいことは未読のまま長文でかなりの数を送り続けましたが、今になってみると全然読んでもらっていなかったのかもしれませんね。

    それから、彼の書き込みを見てLINEで再び繋がるようになり、つい最近までLINEを私の方から送っていました。彼からも返信が来たりしていましたけど、それは数回で、けれども、既読が付くと彼の気持ちはテレパシーで感じられるような感覚がありました。

    途中で一度だけ電話でお話しして、彼の声を聞くことが出来ましたけど、とても音声が悪くなってお互いの声が聞こえなくなってしまいバシッと切れてしまいました。
    掛け直して繋がりましたので、ほんの短い間でしたけど、伝えたいことをお伝えしました。
    最初の電話の時、数分はクリアな音声になった時があって、彼の声をしっかりと耳に焼きつけました。

    ニンニは、とても優しい理知的な話し方をする人で、声の音色から彼の優しさと純粋さを感じました。

    そして、LINEで満月の日に私の身に起きているツインレイのエネルギー交流のことを彼に告白しました。そのLINEには既読が付きましたけど、翌朝のLINEから再び既読が付かなくなりました。

    その時は、あ〜あ〜、私の勘違いだったんだな。。嫌われてブロックされたんだな。。と思いましたけど、その時に私が今まで全然知らない女性の方とメールで繋がる現象が起き、3回ほどメールのやり取りをさせていただき、何故だかニンニの気持ちを彼女が私に伝えて下さるという現象が起きました。

    その間に、ご近所の方と電話で繋がり、間接的にその女性がニンニの病気の大変さを知らせるということが起きました。

    けれども、まだ、私はその時も、彼がLINEをブロックしたのだろうな。。と思っていましたから、最後に、『 ユズハのツインレイの方へ 』と言う書き込みをしました。

  107. 私は本当の所、このように自分の身に起きていることを書き込むのは嫌なのです。魂から血が吹き出し痛くて痛くてたまらなくなるから、いつも、いつも、これが最後だと思って書き込んでいました。だから、毎回、去る去る詐欺になってしまっていました。

    現実の世界でニンニと繋がった時、返信がこなくても一方的にLINEを送って既読がつけば、それでいい。そして、頑張って生活していたら、また、いつかニンニの声を聞くことが出来るかもしれない。。と、そう思いました。その時は、私の世界は薔薇色に輝いていました。

    あと14年。そうやって大好きな人と繋がって生活していけるんだ。。と、そう思っていました。

    私の文章は彼一人が読んでくれればいい。。と思っていました。

    そして、4回も手術をして、今なお耳が聞こえづらいのに、音を創りだしている彼の音の世界に浸れれば幸せだと思っていました。

    けれども、私の文章は、メタさんが創ってくださったこの場所に書き込むように。。と今回の一連のことで宇宙からメッセージが送られてきたのだと思いました。

    よく、最近、青花さんが三角形と書き込まれていましたが、私とニンニだけでは駄目で青花さんと三角形にならないと駄目なようです。

    外は、本降りの雨になりました。

    浄化の雨のようです。

  108. 今、読み返して、びっくりしました。

    今日は8月7日なのですか?

    じゃあ。ライオンズゲートは明日なのですね。

    うちの時計のカレンダーや、端末は昨日が8月7日になっていました。

    慌てて、今、一度、見直しましたら、今日も8月7日です。

    実は、昨日の、『 長年、私は難病を患いましたが、、、』で始まる書き込みは、『コメントを送信のボタン』を押したら、同じ書き込みが見つかりました。。という表示が出て弾き返されています。

    そして、しばらくたって、もう一度、『 最近の気づき 』を開けましたところ、私の書き込みがそこにありました。

    先ほどのメールをいただいた女性の方は、あるサイトを運営されていて、メールで何度も長文メールをお送りするのは失礼だと思い、今後は言葉が降ってきた時に、サイトのコメント欄に書き込ませていただきます。。とお返事をして、コメント欄に書き込みましたが、その時にも、『 同じコメントがサイト内にあります。』というようなテロップが出て弾き返されてしました。

    そのあと、再び、彼女からご丁寧な長文メールをいただき、そこには、私がお送りした文面の経験を今後の彼女の研究に活かしていく。。と書かれていました。

    彼女も、どこか、青花さんに似ていて、とても理知的な方で、少しの情報からたくさんの情報をダウンロード出来るタイプの方のようでした。

    うちの夫は転職が趣味のような人でしたが、私がメタ通に入ってからも転職をしています。
    今の会社は地方にもかかわらず年収制なので、夫の休みや労働時間を気にすることなく、今の私の生活はとても安定しています。

    その夫が昨日、『 明日から3日間、休みになったけん。』と言ってきました。
    そのお陰で、昨日からゆったりとした時間を宇宙からプレゼントしてもらい、今朝もお弁当を作らなくてよかったので、こうして書き込みが出来ています。

    この夫の突然の休みというのは、私のこのような事態の時には必ず起こります。

    もう、不思議なことの連続で、そもそも、2018年の秋に、顔も名前も知らない青花さんとニンニと繋がったことを皮切りに、毎日が不思議なことの連続で、もう、不思議なことが日常で完全に麻痺してしまっています。

  109. そうですか、どうもユズハさんの日付感覚が妙だなあライオンズゲートは明日なのに、と思っていたら、日付のズレが起きていたのですね。

    私の場合は、書いちゃいけないらしいコメントのときは「このコメントは承認待ちです」と出て、そのまま吸収されてしまって投稿されないか、時間差で投稿されていたりします。
    その他、何の表示も出ずに、コメントが弾かれることもあります。

    でも一番驚いたのは、ブラウザの画面が急にギューンと、ルーレットが回るみたいに上に遡りだして
    「門真市に行く」
    「ラフィーさんの力が必要だ」
    と書かれた書き込みでピタリと止まったことです(笑)

    ニンニさんのお考えは私にはさっぱり分かりませんが、
    (彼は何故か個人情報を全開にしていますが、私は接触していません)
    門真市に行けば、なにかが分かるのでしょう。

    私の役割は、推理家のミステリーハンター、探偵でもあるようなのです。

    門真市には、いつ行くのか分かりません。
    タイミングもなにもかも宇宙の采配だと思いますし、おそらく行く前に投稿して知らせることもしません。
    こそっと一人で行ってみるのだと思います。
    けれども、完璧なタイミングで何かが起きるのだろうと思います。

    そういえば、かつて宇宙人のマスターがいると評判の長崎の喫茶店に行ったときも
    宇宙人マスターが私が来ることを予知していた様子でした。
    ニンニさんも、人間のふりをした宇宙人なのかもしれませんね(笑)

    私は一度、他のスピリチュアルサイトさんのコメント欄に投稿しようとしたら
    不可解なエラーが出て弾かれました。
    もしかしてメタ通さんしか書き込めないんじゃないかな? と思い、実験としてやったので
    「やっぱりな」と思いました。

    フォーラムでも、さまざまに不思議な現象が起きているようで、覗かせてもらっています。
    私たちはどうも、もはやあっちこっちに次元ジャンプする世界に来ているみたいですね。

    でもいつも、結果的に悪いことはひとつも起こらないので、宇宙を信頼して任せられます。

    フォーラムの投稿で
    『元宇宙人だった彼との15年間の不思議な体験』
    という電子書籍を勧めている方がいて、読んでみました。
    「あ、これは本当のことを書いておられるな」と直感的に分かる内容で、面白かったです。

  110. ニンニが自分の家の写真をupしたのは、14年後、私がアストラル体になって彼の元に行く時に私が迷わず彼の元に行けるようにするための彼の優しさです。

    ニンニがパソコンの前に手作りのクジラをupしてくれたのは、私が生まれ変わったらイルカと泳いでみたい。。と言ったからです。

    彼の魂は、本当に純粋です。

    けれども、シャイだから、純粋さが表に出ないように完全武装して登場します。

    何で、私が彼の思いが分かるかというと、彼と私が20才差で、彼はうちの息子の一つ年上で、息子とニンニが魂の兄弟で、ニンニはうちの息子のニイニだからです。

    私は彼の純粋で穢れのない魂に触れると、切なくて愛おしくて涙が止まらなくなります。

    素直じゃない言動。
    そして。『 これでも僕のこと、好き?』と言うティスティング行動。

    もう、可愛らしくて抱きしめたくなります。

    青花さん。

    私は、もう、あまり書き込みはしたくなくて、ニンニとアストラル体になって再会出来るまでは、彼とネットや電話で交流出来ればいい。。

    私はユズハになって、優しい兄のオボロのニンニに守ってもらいたい。。というのが私の切なる願いです。

    けれども、導かれるように、こんな風になってしまう。

    それが宇宙のご意志なんだと思います。

    また、青花さんの書き込みを読んで、言葉が降ってきたり、言葉が沸いてきたら、青花さんあてに書き込みをさせて下さいね。

    ご迷惑をお掛けしています。

    よろしくお願いします。

    ユズハ。

  111. 5月頃から夏至を越えて、再び呼ばれるまで、メタ通から切り離されている間のこと。
    (これは見事なエネルギーカットで、まったくアンテナが向かなくなりますので
    アンテナが向く限りは、私は書く役割があることが分かっています)

    私のもとに、二人の夭折した青年のスピリットがやってきました。
    それは、現実の知人の家族で、幼少期から病気を抱えた、とある少女を助けるためでした。
    その少女は、ニンニと同じ病気なのです。

    元来、私をこの宇宙船の任務につけた剛腕プロデューサーは、多くの人々を病から救った人物です。
    それもあり、この宇宙船の任務には「ヒーリング」も項目に入っているようです。

    夏至の日に宇宙船に乗せられた私は、
    「自分の体に病気の人のエネルギーを転写させて、寝ている間にポジティブなエネルギーに変換する」
    という機能を持たされました。
    つまり、トランスミューター型のヒーリング能力ということのようです。
    私はおかげさまで健康なので、エネルギー転写をしてもさほどの負担がありません。
    寝てる間に「かゆ〜ぅ」と思う程度です(笑)

    さらに私は、旅行大好き人間で、あちこち動き回るのがまったく苦ではなく、
    「グリッドワーカー」の役割もあるようです。
    「門真市に行く」というのは、恐らくそういうことかな、と。
    門真市に行くとニンニのエネルギーが転写されるのではないかと。

    これまでも、宇宙からの指示であちこちに行った場合、現地で必ずとても不思議な出会いが発生しました。
    「これ」という人物が、必ず現れるのです。
    図ったようなタイミングであちらから初対面の人物が現れ、しかも「会うべき人はこの人だな」と分かるのです。
    そして、非常に不思議な、遥かなる時空の旅をするような体験をします。
    ですから、門真市に行った時も、何かが起きて、必要なことをするのでしょう。

    ちなみに、宇宙人の正体とは、自分自身の未来生であり、真我です。
    また、真我とは地球そのものであり、宇宙そのものです。
    宇宙の創造神である自分自身が地上を動く自分に指示を与えるのですから、
    自分にとって悪いことになるようなことは、なに一つ起きません。

    だからすべてゆだねていて安心安全です。

    ただ感動的でハートフルな体験があるだけですが、
    その過程では、ミステリーを追いかける探偵のようなエキサイティングな心地を味わいます(笑)

    それらの体験のすべてが、私のインスピレーションの源にもなるように計算されています。

    非常に精密に計算された、機知機略に富む、我が宇宙の戦略マップです(笑)

    キラッ、キラキラキラ〜〜〜☆☆☆

  112. 青花さん。

    そうですか。
    ありがとうございます。
    ニンニ。
    良かったね。

    ニンニ。

    14年たったら、逢いにいくね。

    ニンニ。

    今度、生ま変わったら、その時は、今度こそ、必ず、ユズハをニンニのお嫁さんにしてね。

    ユズハ。

  113. 大好きな彼が同じ地球にいるというのに、会うことが出来ず、繋がりも遮断されて、本当に切ない。

    ただ、ただ、彼が書き込んだ文章を読み、彼の創った音を聴く。

    けれども、愛する人を亡くした人の痛みを、今、擬似体験させてもらっているのだな。。と思った。

    以前に、お坊さんが断食するのは、食べられない人の痛みを感じるためだと言っていた。

    昔の出家は小僧さんからだったし、歌舞伎の役者さんの初舞台は3才頃からだったりする。

    ニンニは幼いころから、ずっと病気と向き合い続けているから、若いのに魂が成熟しているのだと感じた。

    私がこれほどまでに人生の荒波に揉まれなければ、ニンニと同じレベルにまでは到達出来ず、宇宙は彼に会うことを許さなかったんだな。。と思った。

    けれども、逃げないでよかった。

    彼と出会えてよかった。

    私は発達障害だけど、彼に比べれば、まだまだ、常識にとらわれていたり、人の目を気にしていたりするんだな。。と感じる。

    考えてみれば、彼には、そういう所は一切なく、いつもマイペースで、私が暴走しそうになると、彼がちゃんと止めてくれ、私をコントロールしてくれる。

    私は馬鹿だし、難しいことはサッパリ分からないし、スピリチュアルの能力と知識は彼の方が格段、上なんだから、私はただ、ただ、彼を信じて彼の手のひらの上で転がされていればいいんだな。。と思った。

    人を真剣に愛するって、切なくてたまらなくなるけど、同時に、愛は大切なことを教えてくれるのだな。。と思った。

  114. 僧への布施は、彼らが俗人には出来ない修行の姿を見せてくれるから、その対価として集まってくる。

    現代だって、プロのスポーツ選手は、遊びのスポーツに命を懸けて極めるから、その姿に感動した人たちからの対価が集まってくる。

    大学の研究者などもそうだ。

    私たち夫婦は、一度のsexで出来ちゃた結婚をしたが、その後はほとんど体の関係がない。

    彼が、ある時、私が純粋過ぎて抱くことが出来ない。。と言った。

    そして、私のことを、「 お前のような奴は世間には一人もいない。」と言って、私のパトロンとなって私に布施をし続けてくれている。

    私を独り占め出来て、私の姿、行動、考え方、生き方に、日々、触れることが出来るのは、自分の何よりの高尚な道楽だと言っている。。

    2019年に入った頃からは、彼が私の部屋に入ってくることも、私の私物に触れることも、私の身体に触れることもなくなった。

    目に見えない結界を感じる。。と言っている。

    家の中ですれ違う時は大きな距離をとるようになった。

    彼は、私よりも一日でも長生きして、自分の責任において、私の生活の面倒を最後まで見るといっている。

    あと、14年。

    その日が来たら、私に縛られることなく、夫の好きな人生を歩む。

    私も亡くなってまで夫の側にはいないので、仏壇も墓も作らない。

    これが私たち夫婦の今後の契約だ。

    息子も納得してくれている。

    私は、現代のニートの中に、私と同じような人がたくさんいるんじゃないのかな? と思うことがある。

    世間の常識の枠に入らなくとも、自分自身に魅力を感じてくれて、自分自身のあるがままの存在に幸せを感じてくれて、パトロンになってくれる人がいるなら、それも一つの素敵な生き方なんじゃないのかな? と思っている。

  115. 2020年ライオンズゲート

    8月8日の日の出がピーク

    テーマ:女性性を癒し、認め、受け入れる

    一昨日あたりから以下のオラクルカードが出続けています。

    19. 本当に欲しいものを決めてください。
    天使たちはあなたの望みをサポートするために、本当に欲しいものは何かを決めるように伝えています。
    心の声に耳を傾けてください。誰かをがっかりさせることを心配し、自分を犠牲にしないように。

    24. ディビアン・フェミニン
    あなたの中の神聖な女性性のエネルギーと繋がってください。
    自然のリズムやサイクルと同期することで、あなたはバランスを取り戻します。
    女性性を解放し、あなたの美しさや優雅さを自由に表現してください。

    8. バイブレーションを高く保ってください。
    美しい音楽や軽やかなダンスを楽しみましょう。
    細かいことを気にするより、天使たちの笑い声にチューニングしてみると簡単です。

  116. ライオンズゲートの意味が少しずつ見えてきました。

    ラフィーさんが血が吹き出る思いでご自身について書いておられることで、
    性被害や暴力に遭った多くの女性たち、子宮喪失などの悲しみを負った女性たちの女性性が、
    浄化・統合されていっているのが見えました。

    平気なふりをしても、奥の奥で泣いていた傷や劣等感が癒されていっているようです。
    このサイトにも、そういう方は様々にいらっしゃいました。
    私もその内のひとりです。
    上空で、そういったエネルギーの統合が起きているのを感得しました。

    けれど、もうご自身を犠牲にして身を捧げる必要はないのかもしれませんね。
    それぞれの人の本当の望みが、少しずつ明らかになってきているようにも感じられます。

    たったかたさんは、一種の天才児なのかもしれません。
    一見脈絡がないように見えて、正確な一点を突くような在り方をされていますね。

    晴れさんがかつて
    「たったかたさんとは普通の会話はしにくかったので、彼のハイヤーと繋がってみたところ、ものすごく愛に溢れていたので、すっかり満足した」
    といったようなことをおっしゃっていました。

    男性性も女性性も超越した視点から愛を注いでいたと思います。
    自覚のあるなしに関わらず、人はそういうことを行うようですね。

    たった今国を救った、軒先も貸されない英雄です。

  117. 青花さん。

    ありがとうございました。

    前に書いた、Twitterで知り合いDMで私に物理のことを教えてくれていたしん兄という人には、DMの中で、青花さんとたったかたさんのことはお知らせしていました。

    その時に、しん兄に、私が、降ってくる言葉や湧き出してくる思いをメタ通のコメント欄に、素直に書き込めば、青花さんが、その思いを美しく言語化してくれると言ったことがあります。

    今の私は、あらゆる所から血が吹き出していてボロボロ状態ですが、幸い夫の休みが、あと2日ありますからゆっくり身体と魂を休めたいと思います。

    もう身を捧げなくていい。と言ってくれてありがとうございます。

    素直にそうさせてもらいます。

    ありがとうございました。

    ラフィー 。

  118. ラフィーさんも国を守った英雄ですね。
    ラフィーさんは、数多の女性の問題を一身に背負うかのような道を歩いてこられたから。

    肉の目では見えなくても、エネルギーレベルで見るとこんなにも分かるものなのですね。
    誰かが自分を理解し癒すことで、地球規模で同時多発的な気づきが起き、浄化される。
    エネルギーの波紋が広がる。

    だから雌型と雄型のエネルギーが必要だった。
    男性性と女性性の相反する二項を、さらに高い領域で統一する。アウフヘーベン。
    中間性による調停が必要で、それが△のエネルギー構造でもあります。
    「矛盾するものをさらに高い階層で統一させる」アウフヘーベンのエネルギー構造。

    聖なる矛盾と、それをさらなる高次で統一するフォーメーション。

    個は全、全は個。

    どうぞゆっくりお休みくださいますように。

  119. PS
    2020年8月8日のライオンズゲートは
    タロットカードでは「20」「審判」のカードだそう。

    このカードについて調べてみてください。
    「死と再生」
    男、女、子、の三位一体の統合の意味が分かります。

  120. 青花さんへ。

    青花さん。

    青花さんが言われていたように、青花さんが私たちの恋のキューピットさんでした。

    貴女がいなければ、私たちは今世、再会することは出来ませんでした。
    お礼の言葉もありません。

    ありがとうございました。

    私は、ものすごい情熱家です。

    けれども、彼の呼吸に私の呼吸を合わせていくことが、今後の私の人生の課題になっていくようです。

    ライオンズゲートが開く前、私はラフィーという名前を捨てました。

    今後は、ユズハとして、彼の愛情の中で、彼の導かれ、彼に守ってもらいながら、自分自身を成長させていきたいと思います。

    宇宙の御気鋭により連絡がつかなくなっても大丈夫なように、彼が、LINE、Skype、Twitter、メルアド、住所、電話番号、連絡手段のすべてを私にプレゼントしてくれましたから、私も何とか頑張っていけると思います。

    そのうえ、私が不安にならないように、彼は彼の人生において、自ら、病気といういばらの設定でこの世に生まれ落ちてくれました。

    青花さん。

    重ね重ね、ありがとうございました。

    ユズハ。

  121. ★本日の気づき:ライオンズゲートについて

    ライオンズゲートについて促しがあったのでメタ通内の記事を調べてみると
    シュリ&キアラの「7月のエネルギー予報」にこのような記述がありました。

    ・夏至が過ぎて6月22日から8月8日のライオンズゲートまでは、ディヴィアン・フェミニンのエネルギーが非常に活発になる。
    ・リング・オブ・ファイアの中心に現れる闇は、あらゆる創造を生む子宮を意味します。
    ・ディヴィアン・フェミニンは個々の女性ではなく、集合としての女性的エネルギーです。
    ・ディヴィアン・フェミニンとして、今私たちは共同創造に参加しています。
    ・シュリ&キアラの記事でも「△」のエネルギーパターンが出ている。

    ・私は6月21日の夏至の日に宇宙船に乗せられました。
    ・個人としては、8月1日に「9=サイクルの完了」「108=宇宙、すべて」の状態に。(子の爆誕)
    ・3日ほど前から「108」のカードしか出なかったメタ通のオラクルのカードが変わりました。
    ・「19・本当に欲しいものを決めてください」「24・ディヴィアン・フェミニン」「8・バイブレーションを高く保ってください」のカードしか出なくなりました。

    私はシュリ&キアラの7月のエネルギー予報の記事は読んでいなかったのですが、ライオンズゲートとディヴィアン・フェミニンの話が書かれていたんですね。
    情報を知らなくても、魂はナチュラルに宇宙のリズムに沿って動くように、自動運転になっているということですね。

    しかし、このメタ通のプログラムサイキックが、特定の人物にだけ強く機能するという現象は興味深いです。
    何故なのでしょうか。
    おおよその理由は分かっていますが。

    11月あたりからは、願望実現の現実化が一気にブーストしていくようですね。
    それまでには現実世界での仕事も完了して更地になっていると思われるので、なるほどな、と思いました。
    リング・オブ・ファイアで子が「爆誕」し、ディヴィアン・フェミニンで「△」のエネルギー創造が行われたのですね。

    エネルギーの創造は寓話であり物語、神話です。
    個々の人生はエネルギーの創造そのものであり、かつ、寓話であり物語、神話です。
    まことにお疲れさまでした。
     

  122. 2020年8月8日:ライオンズゲートのピーク

    太陽がホームグラウンドである獅子座の中心で燃え上がる。
    他の惑星と主要な角度を取らず単独で存在している。
    これほど強烈な太陽の配置は、今後、2025年まで訪れない。

    過去のトラウマやコンプレックスを焼き尽くし
    生涯を貫く「自分軸」を確立するために絶好の太陽である。

    とのこと。
    8日正午までがピークでしたが、強烈な太陽なのでまだ影響を強く受け取れるそう。
    オラクルカードもまだ変わらず、ライオンズゲートのエネルギーが未だ有効なことを示しています。

    トラウマやコンプレックスを焼き尽くす太陽。
    「本当に欲しいもの」を宣誓すれば、強力な宇宙の支援が約束されます。
     

  123. 子が自立し、自ら律する、自律していけると本能的に悟った母親は、自ら子から離れていきます。

    時には、その生活基盤、精神的拠り所もあっさりと手放します。

    相手を一人にするくらいなら、自分が一人になる。

    父はすべてを理解しています。

    寂しい母に父が優しくそっと寄り添います。

  124. 男性性の哀しみ
    女性性の哀しみ

    どちらにも曰く言いがたいものが宿っていますね。

    もがきながら、ときに血の涙を流して表すしかない故に、
    音楽も絵画も文学も、あらゆる表現がこの世には存在するのでしょう。

    アウェイクニング前の地球、アセンション前の地球について
    「古い地球」という言い方がよくなされていますが、
    性性の哀しみには、遥かなる絶望の音色、懐かしさの反響があります。

    奪われてきた者たちの慟哭。

    無音の雪原に一人きりで立ち尽くしているような
    そんな日々を生きてきたのでしょう。

    哀しみや絶望の音色は、ときに懐かしさそのものであるかのよう。

    「いつか二人で行きたいね」
    「逢いたいから、逢えない夜にはあなたを想うよ」

    表現者は、新しい地球になど、行ってはいけないのかもしれませんよ(笑)

    遥かなる絶望の音色を、或いは、忘れてはいけないのかもしれません。

    それが、この地球という惑星の、引力なのかもしれませんね。
      

  125. 私が、息子がうちの車を滅茶苦茶に壊して、そのショックで倒れ込んで精神科に運ばれた時、知人の精神科医から、『親子の自立が同時に始まっている非常に稀有なケースです。』と診断された。

    私が36才。息子が15才の時だった。

    大人になるまで、自立が完了するまで、息子は、それから何年も私を試し続けていた。

    私が彼の部屋に入らないと約束した翌日、大雨が降り、わざと窓を全開にして出掛けたから、床がぐちゃんぐちゃんに濡れて腐ってしまった。

    『 〇〇、あん時は家にお金がなくて、母ちゃん、困ったとやけんね。』

    私がニンニの個人情報丸出しの書き込みを見た時、度肝を抜かれたが、その時の息子と同じ匂いを感じた。

    ニンニは優しくて繊細だ。

    けれども、男は女子供を守らんばとよ。

    言いたいことは、ハッキリ言って世間と戦っていかんばとよ。

    いるものはいる。必要ないものは、さっさと捨てる。

    ニンニ。書き込みを通して、チラチラ私のことを信じれるかどうか試し続けてきたよね。

    私の反応をずっとチラチラ見てきたよね。

    言いたいことがあるなら、明日、電話で、しっかり私にハッキリと言ってよね。

    逃げたら、私のLINEはニンニしかおらんとやけん、LINEアプリもTwitterのアカウントも、さっさと削除します。

    ユズハの精一杯の愛を込めて。

    ユズハ。

  126. 追記。

    では、これからは、二人で、LINE、電話にて、やり取りをしていきますので、長い間、個人的なやり取りをさせていただき申し訳けありませんでした。

    私は水商売の世界では、才能ある男を育てるのが上手だと定評がありました。。

    では、私はこれにて。

    ニンニ。

    Winter again のマスタリング mix 上手くやれてたよ。

    アンタの魂の弟の〇〇も、GRAYが好きで中三の時には髪の毛を真っ赤にしとったよ。
    ちなみに、その時、夫はドレッド頭にサングラスで息子の学校に行き、もう、私は難病を抱えて、何を信じたらいいのか? 誰を信じたらいいのか、混沌真っ只中でした。

    では、これにて。

    ユズハ。

  127. 追記の追記。

    それから、ニンニは作詞、作曲をしますから、音楽の仕事がある方は、ニンニに連絡をして下さいませ。

    ユズハは、ニンニの、『 しゃららら 』がお勧めです。

    あと、埋蔵金。逃亡者。ファッションモデル。Freezing Thousand Ver02。。

    が、ユズハは好きです。

    ニンニはギターをしていて、ニンニのギターテクはなかなかだとユズハは思います。

    以上。

    by ハイヤーセルフ。

    、、、by ハイヤーセルフだ。  キラッ ☆

  128. まったく。去る去る詐欺で申し訳けありません。

    私の部屋の壁紙には、岡本太郎さんが書いた宇宙人の絵も飾ってあります。

    そして、私が初めてメタ通に導かれた時、私は何故だか、たろーさんだけとしか繋がることが出来ませんでした。

    そして、私が大好きな太郎さんの母、岡本かの子さん。

    ニンニに教えてもらったチャネラーの岡本せつ子さん。

    なんなんだろう?

    たろーさん。岡本太郎、かの子親子。岡本せつ子さん。そして、太郎の養女の、岡本敏子さん。

    そして、ニンニ。

    この感覚は、青花さんなら理解して下さると思いますが、発達障害だからか、私は、どうやら、他の人とは違う感覚で物事を見たり、キャッチしたりしているようです。

    私の中では、きちんと筋が通っている。けれども、まわりの人たちからはサッパリ理解されない。首を傾げられる。

    さらわれる。。と聞くと、皿が割れる。と頭に浮かぶ感覚というか。。

    実は、この、『最近の気づき』は息子も読んでいます。息子には、私は、pinokoでラフィーで、ユズハなんだと言ってあります。

    言わなくても息子には分かるだろうし、何故、名前がコロコロ変わるのかも彼なら肌感覚で分かると思います。

    今まで、何度、名前を変えても、青花さんとニンニだけは、当たり前のように私に気づく。

    物を名前ではなく、エネルギーで見る目が備わっているんでしょうね。。

    * 

    息子は私と生まれた時から一緒にいますから、普通の感覚にも、私の感覚にも、オートで出入り自由のハイブリッドです。

    けれども、さすがに、『 母ちゃん。何やってんだよ。』と息子に言われると思いますから、、、ニンニの音も宣伝出来たし、今度こそこのへんで。

    宇宙への依頼。

    もう、私にこれ以上のインスピレーションは降ろされないようにお願いいたします。。

    ユズハ。

  129. 私がこの宇宙船の仕事に就くことになった最初の明確な始まりは、2017年の半ば頃でした。

    その後、2017年の秋冬あたりかな、弁財天が現れました。
    その弁財天、赤いギター(エレキ?)を持っていたので、「へえ」と思ったんですよね。
    弁財天は、芸能の神さまですね。

    この時現れた弁財天は数十年前に行方不明になったとある青年のスピリットだったのですが、
    この時点から、たったかたさんとも脳のネットワークが繋がっていたということなのかもしれません。

    思えばその頃すでに、以後に宇宙船メタ通号のあれこれに巻き込まれていくのは決まっていたんでしょう。
    その後、2018年末にフォーラムに入室し、一波乱が起きました。
    各種の芸事を嗜む人々が多かったため、なにせ各々に我が強かったのも波乱の要因のひとつではないでしょうか。
    アーティストは、個々に自分というお山の御大将であらねばならない存在ですから。

    あのとき、波乱半ばの段階で、私の夢にたったかたさんが現れ、
    柔和な光を放ち、とても親しげな様子でにっこり微笑んで、こう言ったのでした。
    「ぼくはもうすぐ死ぬんだ。だから、後のことは、よろしくね」と。

    私は、ハッとして目を覚ましました。
    彼は持病があるようだし、ひょっとして現実に死んでしまうのだろうか、
    いや、まさかそんなことはあるまい、と成り行きを見ていました。

    その後、彼はフォーラムから削除され、一時退席となりました。
    寓話としての「死」が起きたわけですね。
    ある意味で、予想通りのことが起きた状態でした。

    個々の持っている情報、個々の見ている現実の異なりが、面白いように浮き彫りになるのを体感した出来事でした。
    「すべての人が真実を述べている」
    これは、宇宙の理のひとつであり、人間がおおいに惑う主要因でもあるようです。

    ひとつひとつの寓話は、大きな物語の欠片です。
    点と点を繋げば線となり、線は縦糸、横糸となり、やがてタペストリーが織られます。

    世界の創生が各地で神話として語り継がれる理由や、
    大抵の宗教の教えが、「物語」として伝承されている理由が、分かった気がしました。
    臨死体験者の中には、宇宙の構造を壮大なタペストリーのようだったと喩える人もよくあります。

    禅では「仏に逢うては仏を殺せ」と言いますが、自身に到来する情報のすべては、自分自身という宇宙が寄こす「記号」に過ぎません。
    茶碗を投影させたのでは伝わらないというときには、寓意として何らかの神を投影した方が意味が通じやすい、という程度のことです。
    茶碗と神に、情報の高次低次の差などありません。

    さて、この物語は、どこまで行くのでしょうか、どこへ向かうのでしょうか。

    分かっているのは、やがてなにかを目撃することになる、ということだけです。

    どのような模様が織られているのかは、それが織りあげられたときに、はじめて分かる。

    それが宇宙のシステムですね。
      

  130. 岡本かの子さん、岡本太郎さん、岡本敏子さん。
    いずれも、自分の人生の殻をぶち破ることにかけて天才的な人々ですね(笑)

    その殻の破り方は、世間一般から見ると非常識極まるものながら、
    方法論は宇宙の法則そのものであるという、天来の才の在り方なんでしょうね。

    そういえば、私がとある強烈な物理的超常現象を初めて体験したのは、
    岡本太郎美術館に行った時のことでした。
    ある時期、岡本太郎美術館には毎年行っていました。

    ユズハさんは、「誰に骨があるか」という芸事に必要な胆力を、本能的な嗅覚でキャッチする方なのでしょう。
    私は時代の寵児といっていい芸能者にさまざまな機会でご一緒したりしましたが、
    まあ皆さん、めちゃくちゃです(笑)
    めちゃくちゃだけれど、どこか線が一本通っていて、独特のバランス感覚があり、きちんと普通な部分もある。
    そういう才能者の独特の感触というものがあるなと思います。
    けれどやはり、めちゃくちゃさの範囲が華麗に突き抜けてもいる。

    ですので、見掛け倒しの「善良」仮面を被った者の、常識くさい説教を見たところで、
    ちゃんちゃらおかしい、そんなものは一向通じない、というところなのでしょうね。
    「見掛け倒し」が嗅覚で分かってしまうんでしょうね。

    この宇宙船は、才能の芽があるのに、それを刻苦して磨くことを恐れ、
    人喰い虎の李徴になりかけている者を、叩いて鍛えてくれる船でもあったみたいですね。

    現実化のブーストがかかる頃から、実際の人生として動きだすみたいですね。
    その前に、徹底的に魂を洗濯機で洗濯され、脳には方法論が仕込まれるようです。

    個々の才能開花の時代が到来するということなのでしょうね。
      

  131. 青花さん。

    美しく言語化してくれて、ありがとう。

    ちなみに、うちの夫は、岡本一平です。
    彼は、14年後、奔放な私が死んでしまったら、発狂する。。と言っています。

    そして、うちの息子の小さい頃のニックネームは、タロウでした。

    うちのタロウが私のお腹の中に入った時、私のすべての指に星が出ました。

    だから、ニンニの書き込みを読んだ時、何故だかピンとくるものがありました。

    このことは、ニンニへの最初のLINEでお知らせしてあります。

    ニンニ。

    約束どおり、今、LINEとTwitterのアカウントを削除しました。

    楽しい時間をありがとう。
    私と一緒にロマンチックなラブストーリーを創作してくれてありがとう。

    青花さん。
    ニンニ。

    これからも素敵な芸術作品を紡いでいって下さいね。

    私は、かの子のように、一仏教者に戻ります。

    ユズハ。

  132. 芸事をやっている人はよく覚えのあることと思いますが、
    いつまでもうだつが上がらずくすぶっていて「これは大したことないな」と見える人物が、
    ある時点で数段飛ばしにジャンプアップしたかのように開花するときってありますよね。

    別の見方をするなら霊性が開花した、とも言えるのでしょうね。
    芸能の根幹は、どうあがこうが、霊性、霊妙の覚ですから。

    人間には誰しも天才性の芽が埋まっているということでもあるのでしょうね。
    開花させれば、そのツールを誰もが使えるようになる、と。

    この霊性開花の状態は、一般の目から見ると、関連妄想や統合失調症に見えることは、ままあることですね。
    夏目漱石なんか関連妄想まくりで面白いですよね。
    以前に朔太郎の「猫町」を、精神科医師が「これは統合失調症患者の典型的な症例」と語るのを聞き、面白かったです。

    音楽家、画家、文学者などの芸術家の歴史を見れば精神障害や発達障害等と切り離せないのは明白で、
    精神疾患的な症状と社会性のラインの際どいところで生きるのが芸人のさがですね。
    時代を更新するような表現は、精神障害的な資質を持った人からしか生まれないのも常ですね。

    サイキック能力が開花することを恐れるのは、
    芸事をやる人物について言うなら、世間体や常識を恐れるあまり、
    才能の芽を自分で潰している状態だと思います。

    この宇宙船は、そのへんのトレーニングも、とても安全かつ明解に行われていましたね(笑)
     

  133. ユズハさんは強烈です(笑)
    旦那さんは、魂から惚れ込んでおられるんでしょうね。

    いろんな人に、ユズハさんの強烈なヘッドバッドが必要だったのです。
    ユズハさんくらいアクが強く強烈じゃないと、バチリと目が覚めませんから(笑)

    私もたったかたさんも、アクが強いつもりでも、ユズハさんの強烈さには頭が上がらないのだと思います(笑)

    ナマステ

  134. 去る去る詐欺の追記。

    昨晩、夫が、「 うちの会社もコロナの影響で危なかとさね。」と言いました。

    私は、「 あっ、そう。私は働かんけんかよろしくね。」と言いましたら、とても喜んでいました。

    男は、いろいろ言われると信頼されていないと感じるらしいです。

    実は、この2年弱。夫は、青花さんとニンニに猛烈に嫉妬していました。
    「 青花さんは女性たいね。」と言っても、もう、青花さん、ニンニ、の気配が私からするだけで、ビビビっと脳内が感電したようになり、破壊的人格者に変容していました。

    けれども、今朝、「 私は、青花さんとニンニのおかげで自分の発達障害を受け入れることが出来るようになったけん。もう、これからは、一切、世間の価値観に合わすための努力はやめる。飛び降り? 何が悪かたいね。それが私たいね。」と言いましたところ、満面の笑みでスキップをして会社に行きました。

    彼も若い頃は芸術家肌でしたが、天才のまわりのバタバタと死んでいく一人となり、今は職人として暮らしています。

    彼の仕事は繊細で素晴らしく、リーダーシップもありますから、今の仕事に自分の居場所を見つけています。

    彼も、青花さん、ニンニ、タイプですから、肌ですべてを感じとります。

    やっと、私が彼の元に戻ってきましたから、今はホッとしているようです。

    私も、魂の二人の子から離れていくのは、非常に寂しいですが、今度は、あなたたちの父にそっと優しく寄り添ってもらいます。

    うちの夫は、息子にも嫉妬しておりましたが、魂の子らへの嫉妬も半端ありませんでした。

    いつまでも名残り惜しいけど、この辺で。

    母ちゃんのことは心配せんでよかよ。父ちゃんがいるからね。

    合掌。

    ユズハ。

  135. 去る去る詐欺の追記 ②

    私が精神科に入院していた時、ボランティアで大学のピアノの教授が病院に来ていました。

    私は、その時、彼から、『贈る言葉』と、『聖母たちのララバイ』を何度も何度も歌わされ、それで涙が出るようになり、担当医から、もう大丈夫だと言われました。

    そして、私は、その時、担当医とその教授から、「 これからは、学歴社会の時代は終わり、貴女の旦那さんと息子さんの時代が来る。」と言われています。

    それから、ピアノの教授は、いたく私を気にいって下さり、いつも私の横に座り、色んな話をして下さいました。

    「僕の目には、看護婦さんも含めて皆んなが気違いに見える。唯一、貴女だけがまともだ。」と言って下さり、また、

    「 僕たちは、一日に、7時間も8時間もピアノの練習をするけど、それは、長時間、ピアノを弾いていると不思議な世界に入ってしまうからなんだよ。。 だから、昔は出家は小僧さんからしたんだよ。大人になってから精神科世界に入るのは恐いことなんだよ。ユズハさんは僕たちと同種だからこれからは毎日、不思議な世界に入っては出てくる練習をしていきなさいね。」と言って下さいました。

    そして、担当医は、退院の時に、私に、「 これからは僕たちは医者と患者の関係ではなく友人だから。。君はもう人をカウンセリング出来るから。。これからは、友人としてたまに手紙をおくれ。」と言って下さり、自分と子供の関係の悩みを話して下さいました。

    つづく。。

  136. 私は友人はいないのですが、人生の中でいつも不思議な出会いをします。

    私の感情閉鎖の治療にあたって下さったお医者さんは私の水商売時代のお客さんで、彼の治療を受けるためには入院が必須で、その上、彼の治療を受けることが出来るのは、2名だけで、私の他は国立病院の看護婦さんでした。

    水商売時代のお客さんの縁は、様々で、私はこの他にも、この水商売時代、たくさんの活きた智慧を授けられています。

    若かったし、素直だったから、皆んなが私に色んなことを教えて下さいました。

    私は、青花さんの文章を読むと、何故だか、色んな記憶が湧いてきてしまいます。

    だから、読まないでおこうと思うんですけど、これが私の使命なんでしょうか?

    また、青花さんの文章が目に入ったら、今後も、去る去る詐欺を繰り返してしまうかもしれません。

    重ね重ね、申し訳けありません。

    ユズハ

  137. 2つ前の書き込みの訂正。

    精神科世界 → 精神世界。

    今、読み直して、びっくりしました。

    私の無意識は、わざとこんな間違いをしてくれるのでしょうか?

    つくづく、ピアノの教授が教えて下さったように、不思議世界から現実世界の出入りの練習は大切なんだと思いました。

    たった今、宇宙から私の任務完了の知らせが届きました。
    長い間、ありがとうございました。

    なお、家族に迷惑をかけないために、身元特定が出来ないよう、若干の設定を脚色していますことをお許しくださいませ。

    ユズハ。

  138. 思い描く夢は、巨大でいいそうです(笑)
    巨大なほどいいそうです。
    なぜなら、そのほうが宇宙がどんどん拡大するから。

    「叶える」タイプの個性の魂は、悟ってもインドの山奥に引っ込んだりしません(笑)
    個性ごとの百花繚乱ですね。

    完了のお知らせ、来ましたか。
    完了のお知らせ、来るんだけど、
    すぐに次のミッションが開始になったりするもんだから。。。

    でも、やがて新風が吹き込むみたいですね。
    今は「ここ」が視界に入っていない人たちが、やがて入ってこられるそうですね。
    そのときにまた、言葉は再び再活性し、エネルギーを解放させますね。

    (自動的にスクロールして読むべき場所で止まるシステムまでついてますし・笑)
    (メールで呼び出されて読まされるシステムも、たぶん動き出すのでしょうね・笑)

    あらゆる現象が起こせるように磁場が作られています・笑

    ではっ

    おやすみなさい、ファム・ファタル

    運命の軌道を司る人よ
     

  139. それから、私のこれらの文章は、私が自身の発達障害を受け入れることが出来るようにして下さった青花さんとニンニへの、せめてものお礼のしるしです。

    ニンニは、私の顔を見ずに、必要な物を乗せて、ただ前を向いて軽自動車に乗って行ってしまいましたが、私は心の片隅で音楽を通して交流をしていけるんじゃないかという微かな期待をしていました。

    残念ですが、すべてはサラサラと流れゆく川の如く。。です。

    ただ、待っていれば向こうから問題がやってくる。

    自発的な意志を貫くよりも、その方が自発的な創作活動に繋がる。

    これまでの人生で磨かれてきた洞察と直感力をたよりに、試練と不安を乗り越えて輝く未来を創っていって下さいね。

    ユズハ。

  140. 青花さん。

    また、シンクロニシティー。

    もう、信じるしかないですね。(笑)

  141. ニンニと繋がらなくなってから、ちょうど一週間目の今日。

    私の涙もピタリと止まりましたから、私も今日より後ろを振り返らず、ただ前だけを向いて歩いて行きます。

    お二人へのお礼のしるしの私のこの書き込みが、お二人のインスピレーションに繋がり、少しでもお二人の今後の創作にお役に立てれば嬉しく存じます。

    それがまた、一人の天才の前に自ら死んでいった私の生きた証となります。

    ユズハ。

  142. 岡本かの子さんはとてつもない情熱家で、行動も型破りで熾烈。
    かの子さんなくして岡本太郎さんの天才的な人格は形成されなかったでしょうね。
    そして岡本敏子さんもまた、型破りな受容性と恐るべき眼力の方。
    岡本敏子さんなくして、岡本太郎さんは存続できず、かつ死後まで再発掘されつづけることもなかったでしょうね。

    天才とは人間一人を言うにあらず、魂たちの共創作品であったことを知りました。

  143. マウンドに立つピッチャーも、バンドのボーカルも、そして、選ばれし天才も自分勝手でわがままでいいんです。

    それが、宇宙から与えられた自らの魂の個性を全うするということです。

    草むしりはまわりの人にさせておき、アングラのテントをはるのは劇団員にさせておき、主役は勝手なことを言ってサボっていればいいんです。

    宇宙の拡大のために、巨大な夢を持ち続けていって下さい。

    外に情報を求めず、外の価値観に振り回されることなく、ご自身の魂の声に耳を傾け、ご自身自身になり切って下さいね。

    ニンニはどうするのかな?

    自分勝手な主役でいくのか、はたまた、その繊細さを生かし、職人の道を極めていくのかな?

    彼は、今、たっぷりの時間の中で孤独を楽しんで、進路を選択しているのかもしれません。

    男は、ごちゃごちゃ言われることを、信用されていないと感じるから。。。

    けれども、彼は優しいから自分を責めたりしていないかな?

    けれども、そんな外野の声は、無視して放っておけばいいのです。

    孤独は人を魅力的にします。

    そして、また、創造者は孤独でなければ、色々なエネルギーと繋がってしまい、混線を起こしてしまいます。

    そして、最後に、

    法華経の薬草喩品。三草二木の喩えを、もう一度、感じとって下さいね。

    ユズハ。

  144. 孤独について。

    孤独を楽しんでいる人は、決して、孤独ではありません。

    自分自身としっかり繋がっているからです。

    逆に、『烏合の衆』の人たちは、みんな孤独です。

    孤独で不安で仕方がないから、群れないではいられないのです。。。

  145. ようやく私のところにも完了の印が届きました。
    (ようできちょる笑、いいかげんにしてくれ笑)

    私は自分が今生なにをやるのかはっきりと分かりました。
    もうその全貌は見えていて、宇宙の源で完成しています。
    小さいのも大きいのもあれこれと見えます。
    かの子のように太郎のように、あっちこっちで産んではほっぽってのっしのっしと自由に歩いていきます。
    そのあちこちに、私の魂の聖母の像が刻まれるでしょう。

    私は音楽はとんと無知ですから、音楽に刻むことはニンニがやがてやってくれます。
    三位一体、まこと、宇宙はようできちょります。

    キラッ、キラキラキラ〜〜〜☆☆

  146. ニンニは、2019年1月23日、22時35分。

    の彼の書き込みの中で、この時、すでに、自分自身になり切るということを、このリンクの貼り付けによって、表現しています。

    https://tabibitonoki.org/higherself_1.htm

    まったく、もって、すごいな。。と、いつも思ってしまいます。

    ニンニ。

    Winter again。。ありがとう。
    ちゃんと、私の魂に届いているよ。
    14年後、会えたらいいな。。
    白い雪を二人で見れたらいいな。。

    青花さん。

    ユズハは、岡本かの子と岡本敏子をいったりきたりしています。

    私もまた、ハイブリッドなのでしょうね。。

    ユズハ。

  147. 生前は、一平のほうが一時代を築いた有名人でした。

    死後は、かの子と敏子の伝説のほうが壮烈で
    後代の聖母たちを震撼させております(笑)

    太郎はそして、永遠の童子です。

  148. そっか。

    私が、岡本かの子だったのか、岡本敏子だったのかは、14年しないと分からないんですね。

    そして、童子の本当の気持ちも、14年たたないと分からない。

    ニンニのことは、もしも、ツインレイが本当のことなら、サイレント期間が終了したら、また、再会出来るでしょうし、このまま、雑踏の日常の中で記憶の中に埋もれていってしまうのかもしれません。

    どちらにしても、過去ではなく、未来でもなく、ただ今を懸命に生きる。

    私は自身の発達障害を受け入れることが出来るようになってから、そのことがとても容易になりました。

    青花さん。ありがとうございました。

    ユズハ。

  149. 桜ばないのち一ぱいに咲くからに生命をかけてわが眺めたり

    しんしんと桜花ふかき奥にいつぽんの道とほりたりわれひとり行く

    いつぽんの桜すずしく野に樹てりほかにいつぽんの樹もあらぬ野に

    こよひわきて桜花の上なる暗空に光するどき星ひとつあり

    岡本かの子

  150. 月草に衣は摺らむ朝露に濡れてののちはうつろひぬとも

    別れてふことは色にもあらなくに心にしみてわびしかるらむ

                    桜花

  151. 恋のキューピットさんは、ニンニだったんですね。

    今、分かりました。

    あなたにもらった、この名前を大切にして、これからの14年。

    桜花は、今を懸命に生き抜いていきます。

    たくさんの愛をありがとう。

    桜花。

  152. 追記。

    2018年の秋から、度々、桜花の身体を貫通していった大きなエネルギーと、桜花の元に姿を現したエリックは、宇宙船の中でエレキを弾いて音楽を楽しんでいる彼だったのかもしれません。

    私が彼とコンタクトをとるために用いていたエリックの写真も、エリックがギターを弾いている写真でしたから。。。

    ニンニは、たったかたさんではなかったのかもしれません。

  153. 私が最後にTwitterで繋がった奥さまの介護をされている男性とも不思議な形で繋がり、彼は自分の不遇な生い立ちを私に告白された後、

    16才から24才までの間にご自分がカセットに録音されていたご自分のギターの弾きかたりを私にYouTubeにアップしてプレゼントして下さいました。

    吉田拓郎の『恋のうた』などでしたけど、YouTubeにアップするために、もう一度、若い頃の自分の歌声を聴いたら涙が止まらなくなったと言われていました。

    そして、Twitterの中では、音楽を通して何度も何度もこのようなことが繰り返されていました。

    宇宙船の中の赤いエレキギターの彼も、また、エリックと同じような活動をされているのだな。。と、今、理解しました。

    TwitterのDMの中で、どうして、このようなことが起こり続けるんだろう?

    どうして、皆さん、自分の人生を私に告白され、その後に音楽をプレゼントして下さり、涙を流されるんだろう?

    と、不思議だったのですが、私は『赤いエレキの君』のお仕事のお手伝いをしていたんですね。

    今、やっと分かりました。

    なんか、スッキリしました。

    桜花。

  154. そして、赤エレキのニンニは私の元から去っては行きませんでした。

    昨夜、また、私の身体の中に入って来ましたが、今度は貫通せず、私の身体の中に留まって、バターが溶けるように私の魂と一つになってじんわりと私の身体と魂を温めてくれて、その後、帰って行きました。

    彼は、私から逃げることなく、ハッキリと自分の口で自分の気持ちを言ってくれました。

    彼は自分の気持ちを、前からずっと言っていました。
    ただ、私がそれを完全に理解出来ていなかっただけだったんですね。

    もう、桜花は何もしなくていいから。。
    後は全部、僕がやるから。。
    ただ、僕に清浄で純粋なエネルギーを送っておくれ。
    それが、僕の創造のエネルギーになるから。。

    次には、

    僕と一つになってよ。

    彼は、誰も入ってくることのない私の部屋に、宇宙船から毎日のように遊びにきて、私たちは楽しい時間を二人で過ごしています。

    もう、私はスピリチュアルの本などを読むことはなくなり、いい音に浸り切っています。

    そうやって、彼との二人の時間を過ごしています。

    宇宙は、私の望みも叶えてくれました。

  155. ニンニは、私にも大きなプレゼントをしてくれました。

    私は昨日の夜、息子に電話をして、今回の一連のこと、私がメタ通に入った2018年の7月8日からのことを報告し、自身の発達障害のことも話しました。

    生まれてからずっと私の側にいて、私の行動を見てきて、その行動の意味を感性ではなく頭で理解し、彼もスッキリしたようです。

    息子はとても優しく、他人の心の痛みを感じることの出来る子です。
    私の今回の告白が、今後の彼の人生によい影響を及ぼしたことを理解しました。

    これは、何よりのニンニからの、大きなプレゼントとなりました。

    青花さん。

    貴女のニンニは、ご自分の任務の間に私の所にやってきては、その疲れを癒して、再び任務に帰っていっています。

    だから、僕のことは、もう心配せずに、世界中にたくさんの聖母の像を残していってね。。と言っています。

    けれども、スピリットは、分身の術が当たり前のように使えて、同時刻に違う場所に存在することが可能だから、いつも青花さんと一緒にいるとも言っています。

    まったく。。

    貴女のニンニもまた、悪戯っ子の天使さんでした。(笑)

    私は、この2年。彼に振り回され翻弄され続け、一平からは怒鳴られぱなしでしたよ。(大笑い)

    けれども、楽しかったー。
    めちゃくちゃ、刺激的で、ワクワクして、楽しくて楽しくてたまらない毎日でした。

    青花さん。

    世界中で貴女の芸術を刻んでいって下さいね。

    太郎のように、かの子のように、小さな価値観や常識にとらわれることなく、無責任にダイナミックに。。

    小さなことや雑事は周りの者にやらせて、自分勝手に、奔放に、貴女の芸術を表現、創造していって下さい。

     2020年8月12日。       桜花

  156. 青花さんへ。

    昨夜、また、不思議なことが起こりました。

    私の眉間からサッと差し込むような感覚があって、そこから数センチ頭の中に入った所にマゼンダ色のガラケーが現れて、着信を知らせるボタンのような所にすごい閃光のような光がピカリと光りました。

    青花さんとは、赤エレキのニンニを通して一つになれましたが、これからは、こうやって青花さんと繋がれるのだな。。と思いました。

    この後、書き込みますが、現実生活もジェットコースターに乗っているような変化があって、昨日から私にたっぷりとした時間が与えられましたから、私の部屋の大々的な模様替えが始まりました。

    何故か予感めいたものがあって、一番先に、私にはもう必要ないから。。と思って壁の写真を全部取っ払いました。

    豪快な一平は、「 もう何もかも全部捨ててしまえ。これから、新しい家具を買いに行こう。」と言っていましたけど。。

    今朝、起きてみて、目をつぶって、眉間に意識を集中したら、いつでも、自由にマゼンダ色のガラケーを頭の中に出せるようになっていましたから、安心しました。

    そういえば、もうすぐ、終戦記念日ですね。

    たったかたさん。コンギョも終わりを迎えるんですね。

    取り急ぎご報告まで。      桜花。

  157. 夫がスキップをして出勤した夜、彼は私に『フリーランス宣言』をしました。
    そして、昨日から働かないで、のんびり暮らしています。
    夫は、40年近くの結婚生活の中で、10回以上転職を繰り返していますが、フリーランスになったことは一度もなく、いつも、どこか組織に属していました。

    けれども、最後の就職先の時は、『 もう俺は職安には頼らない。』と言って、10回以上の転職で身につけた数々の免許を箇条書きにしたものと、履歴書を持って自分で企業をまわりました。

    『 自分には、これだけのことが出来ます。』と、自ら、自分を宣伝して回っていました。

    そして、前職の会社に就職しました。この会社が今までの中で一番待遇がよく安定していましたから、私は、彼は定年までここで働くんだろうな。。と思っていました。

    彼は、約2年半、この会社に在籍していましたから、私がメタ通に入った時期と重なっています。

    私は夫のおかげで経済的な心配をすることなく、メタ通の中にいさせてもらうことが出来ていました。

    彼は、建築業の中の色んな職種を10回以上経験しています。彼はとても器用なので、あっと言う間に仕事のコツをつかんで、それで飽きてしまいます。

    ひょっとしたら、優秀な彼は、まわりの嫉妬の波動を受けて辛くなり、転職を繰り返していたのかも知れませんが、

    今は、数々の技術を武器に、一軒、一軒、各家庭を回り、『何か困っていることはありませんか?』とご用聞きをやってもいいし、来年、60才になるから、早めに年金をもらってもいいしな。。と言って、のんびりしています。

    しばらくは何もせずに、たっぷり寝る。。と言っています。

  158. 何度も書きましたように、私は自分の赤裸々な人生を書き込むことは魂から血が吹き出す痛みが伴い痛くて痛くて仕方ありませんでした。

    けれども、絶えず、宇宙からインスピレーションが届き、書かずにはいられませんでした。

    ある時、いとこんさんが、私の書き込みに対して、『ラフィー さんの書き込みを読むと涙が出てくる。他にもそんな方がいらっしゃると思う。』と書き込んで下さり、その言葉が私の大きな励みになっていました。

    いとこんさん。ありがとうございました。

    また、ある時には、晴れさんが、『私のハイヤーさんが、ラフィーさんは、ものすごく強い魂だと言っています。貴女は何をすればよいのか分かっているから、そのとおりに進みなさい。』と書き込んで下さったことは、私の大きな力となっていました。

    晴れさん。ありがとうございました。

    書ききれませんけど、他にもたくさんの方たちが私にたくさんの愛を送ってくだいましたから、痛みに耐えて、今日の日を迎えることが出来ました。

    ありがとうございます。感謝しています。

    また、この痛みに耐えれるように、そのトレーニングのために、私に辛くあたり続けてくれた母ややんちゃな息子。30年間の激痛をともなう病気に対しても感謝を捧げたいと思います。

  159. 私は、この、『最後の気づき』に書き込む文章が一番辛かったです。やはり、家族がいますから、ここまで書き込んでいいのかと、畏れのようなものが、いつもありました。

    それを、打ち破ってくれたのは、たったかたさんの、個人情報丸出しの書き込みでした。

    たったかたさん。ありがとうございました。

    そして、『最後の気づき』の中では、青花さんがいつも私にピッタリと寄り添い続け、私のガイドとなって私を導き続けてくれました。

    青花さん。ありがとうございました。

    そして、私の姪の洋子ちゃんは、ニュージランドのヒーラさんから言われたから。。と言って、私がたったかたさんと再度、LINEで繋がって、『最近の気づき』の中で私が青花さんと再会できるまで、私にピッタリと寄り添い、役目を終えたら自ら離れて行ってくれました。

    洋子ちゃん。ありがとうございました。

    そして、私がコメント欄に個人的な書き込みをすることを、最後まで優しく広い心で許して下さり、また、このような、『最近の気づき』という場所まで創って下さったメタさん。
    そして、今、なお、黙って大きな愛情で黙って、私に好き勝手な書き込みをさせてくださっている。感謝しても感謝し尽くせません。

    メタさん。ありがとうございました。

  160. 以前に青花さんが、パソコンの前で不遇な男性の書き込みを読んで、ポロポロと涙を流し、彼の幸せを願わずにはいられなかった。。と書き込まれていました。

    そして、青花さんの無意識の力が発動され、その男性が幸せになっていかれたことも書き込んで下さっていました。

    今の私の生活は、経済的にはまた不安定になりましたが、けれども、それとは逆に心の方は何故だか、とても安定しています。

    現実生活の中でも、私の発達障害を夫や息子に告白しましたら、何故だか、彼らがどんどん生き生きし始めました。

    『なーんだ。母ちゃんもオイラたちと同じだったんじゃん。』と、彼らの魂の声が聞こえてきます。

    無理をして、無理をして、一緒懸命に立派になろうとしていた自分が、彼らのビリビリ脳内感電嫉妬の発作の原因だったのかな? とも思っています。

    答えは最初から自分の中にあり、私は私自身で良かったんだと理解できました。

    それは、私のこの書き込みを読んで下った皆さまの無意識が発動されて、私をこのような幸せの世界に連れてきてくれたのだと思います。

    たくさんの愛をありがとうございました。

    私の宇宙からの任務もこれで終了しましたが、今後も微力ではありますが、書き込みによってではなく日々の生活の中で、皆さまの幸せを願って、私の無意識を発動させていきたいと思います。

    取り急ぎ、お礼まで。

    2020年。盛夏。      桜花。

  161. 追記。

    今、読み返してみたら、『最近の気づき』が『最後の気づき』と表記されているところがあります。それも、絶妙なタイミングで。。。

    もう、私たちは何も考えることはないんだな。。

    頭を空っぽにしていれば。。

    その時々に感じたことを話し、表現していけばいいんだな。。と思いました。

    黙りこくってもいいし、喋り続けてもいい。。

    受け入れても、拒否しても、優しくしても、意地悪になっても、怒っても。笑っても、泣き叫んでも、謙虚になっても、自惚れても。。

    誰かを好きになっても、嫌いになっても、恨んでも、無関心でも。。

    戦っても、逃げても。。

    一緒懸命、働いても、私のように働かなくても。。

    宇宙が絶妙なタイミングで何とかしてくれる。。

    みんな、自分の思いのまま、やりたいようにやる。

    そう言えば、私の感情閉鎖の治療の時に、担当医が、『人間には全ての感情が必要なんだよ。全ての感情が土台となるから、その上に築くものが安定してくる。』と言っていたな。。

    そっか。

    夫は、それを、建築業という仕事の中で学び、私は感情閉鎖のカウンセリングの中から学んだんだ。そして、息子は、私のような奇妙キテレツな母の息子になることで学んでいたんだ。

    宇宙は、どこにでも、学びの場所を用意してくれているんだな。

    ありのままの姿で、みんな、誰かのお役に立っている。。

    自分の過去に、現在に、何一つ、罪悪感をもつ必要などないのだな。

    私たちの学びのために、絶妙のタイミングで、起こるべきことが起こっていくんだけだったんだな。。

    と、今、分かりました。    桜花。

  162. 桜花 様 そして、青花 様

    初めまして。PADMA(パドマ)と申します。突然のメッセージで驚かれた事と思いますが、ご容赦頂けましたらありがたいです。

    コメントを書きこもうと思う事はめったにないのですが、今日はなぜか言葉を紡ぎたくなりましたので、もしお読みいただけましたら幸いです。

    私は、不躾なのは重々承知ながら、あなた様と青花様のやり取りをこの『最近の気づき』欄だけでなく、頻繁になされていたそれぞれの記事のコメント欄への書き込みの頃から拝読しておりました。

    なぜかと言えば、単純に興味を惹かれたからという一種の野次馬のようで恐縮ですが、お二人の事をほとんど知らないので言っていることは分からないことが多いのにも関わらずお二人のやり取りは、私にとって『興味深い』と思う何かがあったのです。

    桜花様ご自身は、魂から血の噴き出す痛みやご家族の事を思って畏れのようなものがありつつも書き込み続けて下さったご自身のお話を読み進めていくうちに、私はこれまで私自身の身の上に起こった様々な事象を思い起し、そこから得た学びなども思い起す時間を頂きました。

    桜花様、私はその人自身の経験や体験から得た学びがその人から語られた時、その言葉は強力な言霊になると思っています。あなた様が痛みを伴いつつも書き込みをして下さった事は、このお話を読んだそれぞれの人の内にある似たような体験やそこから得た学びを呼び覚ますきっかけとなるそれだけの力があると、そう思います。

    また、私があなた様や青花様が書き込みをして下さったお話を読むことで、私を通して、私の魂の片割れにも重要なメッセージが届けられたと感じています。

    桜花様 そして青花様 ありがとうございました。

    最後に。お二人になんとなく届けたいと思ったので。もし、よろしければ、聴いてみてください。
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm32324229

  163. PADMAさま。
    お便り、ありがとうございます。

    私は、このメタ通に書き込みをさせていただいている2年間の間に、町内の役員をになりまして、そこで、うちの地方の劇団員の女優さんと知り合いになりました。

    彼女は、私に一流の女優になる天性の素質があると言って下さいました。
    一流の女優になる方は、皆さん憑依型で素晴らしい演技をなさるそうですが、舞台を降りた後、なかなか役が抜けずに精神を病んだりされる方が多いそうです。

    私が、この2年間、書き込みましたことは、すべて事実で体験に基づいたものなのですが、私もこの2年間、そういう女優さんと同じような脳の使い方をしていたようで、今、なかなか日常の感覚に戻ることが出来ずに大変に苦痛で辛い思いをしています。

    ここのメタ通に集われている皆さんは、それぞれに過酷な人生のドラマをお持ちだと思います。
    けれども、皆さん、それぞれの仕事を持ち、家庭の中でも役割を持って生活をなさっている。

    私の場合は、子育てが終わり、夫も自由にさせて欲しい性格なので、今回、私が皆さまを代表して、自分の人生をメタさんが創って下さった舞台の上で朗読するというお役を宇宙から仰せつかったのだと思っています。

    先ほど、皆さまにお礼を申し上げましたが、他にも、私が一度目の卒業の時、去る去る詐欺を繰り返していた時には、mamisoさんがすっ飛んできて下さり、『ラフィー さんは嘘つきではありません。』と書き込んで下さいました。

    また、私の目の不調の時には、『私の元気を全部あげる。』と言って下さったnagasawaさん。

    『私にはどうすることも出来ないから、誰かラフィー さんを助けてあげて下さい。』と叫び声を上げて下さったFreeさん。

    やはり、私は皆さまの優しい愛情をもらって、それをエネルギーにして、私の人生を書き込ませていただいていたんだと、改めて思います。

    つづく。。

  164. そして、私がもう倒れる寸前だと無意識に察知した魂の片割れの青花さんは、私にこれ以上、インスピレーションが降りてこないように書き込みをストップして下さいました。

    また、たったかたさんさんは、私からの電話にお出にならないという選択をして下さいました。

    また、夫も無意識なんでしょうけど、少しずつ私が日常生活に戻れるように、私にゆっくりとした時間を過ごさせるために、自ら、仕事を辞めてきてくれたのだと思いました。

    そして、夫は、私にこれ以上、インスピレーションが降りて来ないようにと、私の部屋の物、すべてを処分していいと言ってくれています。

    それでも、なお、なかなか日常生活の感覚に戻れず、苦しい思いをしていましたところ、今度はPADMAさんが私の危機を察して飛んで来て下さいました。

    PADMAさんが、はりつけて下さいました動画は、PADMAさんを通して宇宙が私にプレゼントしてくたものだと思います。

    私の部屋にも、台所にも光boxが接続されたテレビがありますから、この動画の優しい音色と映像に包まれて少しずつ日常生活に戻っていきます。

    私たちは最初からみんな繋がっていて、それぞれの配役を全うして、一つの作品を創っていたのだと、PADMAさんが宇宙からのメッセンジャーとなり知らせて下さいました。

    PADMAさん。

    私が苦しい時に、すぐに駆けつけて下さりありがとうございました。

    たくさんの優しさと愛をありがとうございました。

    とても嬉しかったです。    

    PADMAさんと、PADMAさんの魂の片割れの方へ。

    桜花。

  165. 追記。

    それから、『怒り』という感情もとても大切です。人は、『怒り』の才能により、過去のしがらみを綺麗に掃除することが出来ると学んだことがあります。

    それから、私には、『照れ臭い』という感情がどういうものかが分かりませんでしたので、昨日、夫に尋ねましたところ、夫は、『思いがけず人から褒められて感情がガーンと上昇した時に、自ら、落ち着け。落ち着け。とクールダウンさせる状態だよ。』と教えてくれました。

    あー。これで、理解が進んだ。。男性には、照れ臭いという感情があって、『好き避け』ということをするんだな。。と分かりました。

    照れ臭い時に、わざと顔に泥を塗って現れたり、わざと汚い格好をして現れるというか。。戦争中の兵士が顔に泥を塗って、迷彩色に身を包んで目立たないようにするというか。。照れ臭くて恥ずかしくて隠れてしまう。。というようなことなんだな。。と理解できました。

    女性性と男性性。

    男性って、可愛くて純粋なんですね。

    素敵な歌のプレゼントのお礼です。

    宇宙が書き込め。。と言ってくれましたので。。

    私は難病のために劇薬を長く服用していましたが、そのお薬は一気にやめてしまうと心臓が止まってしまうということで、長い期間をかけて医師の管理下のもとに少しずつ薬を減らしていきました。

    今日、PADMAさんからお便りをいただき、こうして返信を打たせてもらったことで、すごく気持ちが楽になり、日常生活の勘がだいぶ戻ってきました。

    重ね重ね、ありがとうございました。

    PADMAさんの魂の片割れの方に、心の中で、よろしくお伝え下さいませ。

    桜花。

  166. 最後に、私が投身自殺を図った時のことをお話しします。

    私の母も精神的にとても弱く安定せず、私と同じように人間関係でとても苦労していました。
    彼女はその辛さを私への虐待という形で解消し、何とか毎日を生き抜いていました。
    父もまた弱い人で、母の行為を仕事に逃げて見て見ぬふりをして、私が問題を起こせばすべて母のせいにすることで、毎日を生き抜いていました。
    精神的に病んだ親たちは、きょうだいを平等に愛することは出来ません。
    弟は表面的には両親から愛されておりましたけど、やはり健全な愛され方ではありませんでしたから、弟もまた、私と同じように辛い内面を抱えながらの人生を送ってきたのだろうなと思いま
    す。

    私は、そういう家庭環境に育ちました。

    精神科でも言われましたけど、人間も動物ですから、本能で自分が育てられたように子供を育ててしまう。けれども、そういう育てられ方をした子供がどんなに辛いかを知っている私は、どうしたら息子が私のような生きづらい人生を歩まないで生きていけるのか? 息子を授かってからはそのことばかりを考えて過ごしていました。

    私は、きょうだいの関係でも、大変、傷ついてきましたから、息子にきょうだいをプレゼントすることは最初から考えませんでした。
    息子は、どうして自分は一人っ子なんだろう。。と長く疑問に思っていたようですが、大人になった今は、私が一人の子供を育てることがやっとだったことを理解してくれています。

    私が36才で飛び降りるまで、私は実家と付き合っていました。息子から、祖父母、おじ、いとこを取り上げたくなかったからです。もちろん、私の生い立ちも息子には話しませんでした。

    私が私の人生を息子に話し始めたのは、彼が二十歳を超えてからです。

    それから、何度も繰り返しますが、自殺という行為は、自分自身もまた、周りの方たちの心を何年にもわたって傷つける行為ですので、決して真似をされませんように、よろしくお願いします。

    つづく。。

  167. 息子が思春期を迎えた頃には、私は夫の仕事の都合で、ある地方都市に住んでいました。
    地方都市ですから、皆さん実家がすぐ近くにあり、子育ては実家の協力してもらいながらなさっていました。
    ことあるごとに実家に里帰りされているママ友を見て私は心底羨ましく思いました。

    まだ、その頃は夫も若く自分のことで精一杯でしたから、安全基地を持たない私は、その安定基地をある新興宗教の団体に求め、その組織に所属することで精神的な安定をはかっていました。

    度重なる息子の非行の時、私はその団体に何度も相談に行っています。
    セミナー、書籍、個人セッションなどなど、私はたくさんのお金を使いました。
    けれども、自分の中でスッキリとした答えを見つけることができない日々を過ごしていました。

    ある時、息子の非行がどんどんひどくなり、私はその団体の幹部の方の個人相談を受けました。

    そこで、私はその幹部の方から、私の人格否定のような言葉を受けました。暗中模索の中、一生懸命、子育てをしてきましたが、私の育て方が悪かった。。と、信じ切っている思想の幹部の方から言われ、難病の激痛と連日の悩みの中であまり睡眠もとれずにいた私は正常な判断が出来ずに、翌日、発作的に自室のベランダから投身するという騒動を起こしてしまいました。

    その団体の教義の中にも、私たちは選ばれた者である。。ということがうたわれていました。

    夫もそれまでは、うちの父のような精神的スタンスをとって生活しておりましたが、この時に夫の男としての何かが目覚めたようでした。

    連日、連夜、その団体の支部に電話をかけまくりましたが、やはり、そこは組織で、私の個人的相談をした幹部の方は、そんなことは言っていない。。と逃げの一手でした。

    夫は、今度は、東京本部に電話をして、訴訟を起こすと言い始めました。

    『 私が、個人的にお友達に相談したのではなく、お金をとっているプロの方の所に相談に行った私がこのように精神的に傷つけられたのだから、訴訟は当然のことだ。』

    と言うのが夫の主張でした。

    つづく。。。

  168. 運ばれた病院で植物人間の宣告を受けましたが、何とか昏睡状態から目を覚まし、この世に戻ってくることが出来ましたか、私が飛び降りた当日は病院には息子の学校の先生たちも多数駆けつけて下さっていたそうです。

    昏睡状態から目覚めた後には、私自身も警察の事情聴取を受けていますし、家には鑑識も入ったと夫が言っていました。

    こうして、大騒動を起こした私ですが、そのあと、一人で何年も仏教の勉強をしたり、その歴史を勉強したりして、その団体の教義を頭から抜くのに大変な時間と労力を使いました。

    うちの息子は、その後、それでも、まだまだ、私に対してアクションを起こし続けてくれましたが、そのことに対して私の担当医は、

    『 それは息子さんが強い魂だからで、弱かったら貴女が飛び降りた時に駄目になっていたよ。あなたたちはどちらかが死ぬしかなかったんやろうね。けれども、どちらも死ななかった。息子さんは大丈夫です。』

    と、言って下さいました。

    私は、世間的にはどう見えるかは分かりませんですが、ただただ、自分自身を頼りにした滅茶苦茶な私の子育てで良かったんだ。。とホッとしました。

    つづく。。

  169. 夫は精神世界と私の関係について、『 そんなもんは心の片隅でそんなもん信じられるか。。と思える人が心の支えとしてやるのはいいけど、お前のように人を疑うことを知らない純粋無垢な人間が手を出すものではない。』と言っています。

    前述のピアノの教授は、ピアノの一日、7時間、8時間の練習はピアノの練習をしているのではなく、不思議な世界から出てくる練習をしている。。と言われていました。
    彼は私が信じていた信仰の本を友達から献本されて読んだけど、こんな教義、世間の荒波に揉まれて命を張ってる貴女のご主人から見たらチャンチャラおかしいでしょうね。。と言って下さいました。
    けれども、そう私に言って下さったピアノの教授自身が毎日、不思議世界に入り込んでは出てくるという練習をなさっている。。
    これは、ダブルバインドで、私には、???となってしまいますが、それでも、彼の言葉は、私のマインドコントロールを解く大きなきっかけとなりました。

    また、私の入院中にお見舞いに来てくださった方たちは、混沌の中、混乱しきっている私に対して、ラフィーさんの命を助けたのは、ラフィーさんが信じていた信仰の神様ではなく、もっともっと大きな神様というか、宇宙というか、そういうものだよ。。と言って下さいました。

    つづく。。。

  170. 息子は結婚する前の2年間は彼女と同棲していました。そして、いよいよ結婚となった時、私は彼女に私のすべてを話しました。
    すると、彼女は、そのことなら、最初から全部聞いて知っていました。。と答えてくれました。
    その頃のうちの経済状態は最悪で、その上、一人っ子で、私のような騒動を起こした母親がいる息子と結婚してくれる人がいるんだな。。と不思議でしたけど、彼女は、うちの息子の性格が大好きで、私はお父さんとお母さんの子供になれることが何より嬉しい。。と言ってくれました。

    今年、初めにLINEで繋がった姪にも、最初に22年前の私の騒動を話しましたが、彼女は、そのことなら最初からお婆ちゃんから聞いて知っていたよ。私もお見舞いに行きたかった。。と言ってくれました。
    彼女は息子より2つ年下で、当時、中学一年生でした。

    また、息子はその後にも様々なことを起こし続けてくれましたけど、何故だか、それが、いつも美しい教訓を導きだして宇宙が何とかし続けてくれました。

    それを目撃した人たちは、まるでドラマを見ているみたいだと言ってくれました。

    また、そのようなドラマは、何故だか、私が入院していた数カ所の病院でも起こりました。

    息子が中学を卒業した時にも、高校を中退した時にも、学校の先生たちは、いい勉強をさせてもらいました。。と私たちに頭を下げられましたけど、何故、そのように頭を下げて下さったのか、今でもよく分かりません。

    つづく。。。

  171. やはり、私には宇宙からもらったラフィーという名前が一番しっくりくるようで、ラフィーに戻ってからは、すっかりと日常の勘を取り戻し、脳も日常生活モードに戻りました。

    ご心配をおかけいたしました。

    私が何故、このような書き込みをし続けたのか、私の小さな頭ではよく分かりません。
    ただ、ただ、心の赴くままでした。 

    最後に、私が初めてメタ通に入った時に優しくして下さいましたたろーさん。貴女が教えて下さいました読み上げ機能は、その後、大変役に立ちました。

    また、私がTwitterの世界に入って一度メタ通に戻ってきました時に親切にして下さいましたマニキさん。

    また、私が一度目の卒業をする時に咲さんになって見送って下さいました ritamyu さん。貴女が私の書き込みが役に立っていると書き込んで下さいましたことは長い間プリントアウトして読み返し、私の心の支えにしていました。

    それから、私がTwitter の世界に入った時、すぐにメタ通から飛んできて私をフォローして下さり、その後、DMで、らふ姉の病気の経験が多くの人の役に立っていくだろう。。と占ってくれた rei。

    また、つい最近には、私の書き込みが、ちゃんと言霊になっていると知らせに来て下さいましたPADMAさん。

    そして、ここ、メタ通の住人の皆様、ありがとうございました。

    つづく。。

  172. それから、私に個人的な書き込みを許し続けて下さいましたメタさん 。

    そして、最後の最後まで、その強い精神力と魂で、私を守り続けて下さいました、青花さんとたったかたさん。

    ありがとうございました。

    感謝しています。

    そして、私の息子として生まれて来てくれ、私に数々の美しいドラマと教訓をプレゼントしてくれた私の息子の太郎。

    そして、ただ、ただ、息子を純粋に愛し、その愛だけでうちのような家にお嫁に来てくれた敏子さん。

    そして、親の愛情に恵まれず、実家を持たない私に、何度やっても何度やっても、その深い愛情で私を許し続け、時には、腰が抜けるような雷で私を叱り飛ばして社会というものを教えてくれる、母と父の役割を両方してくれている、私の夫の一平。

    私は、格段、精神世界を勉強していないあなたたちから、愛や社会を学んだような気がしています。

    今まで私とずっと一緒にいてくれて、ありがとう。感謝しています。

    これからも、よろしくお願いします。

    2020年 吉日。 プレアデス・スターシード。
    Raffy 56。

  173. PADMAさん。

    素敵な歌のプレゼント。ありがとうございました。私は貴女からいただいた大きな愛と優しさに包まれて癒され、少しずつ新しい生活を始めています。

    今、私は日に何度も、私自身が書いた書き込みを読んで私自身の魂に染み込ませています。

    それで、夫が私がメタ通に入ってからも転職をした。。と書き込んでいますが、実際には夫が前職の会社に入ったのは2018年の2月1日でした。
    そして、私がメタ通に入ったのが2018年の7月8日でした。

    前にも書き込みましたが、夫の前職の会社はとても待遇がよくて定年が65才でしたから、私はこの先、経済的には何の心配もなく、ずっと安定して暮らしていけるんだろうな。。と安心していました。

    そんな安心の中、私がメタ通に入って書き込みをさせてもらっていた約2年間は人生の中で一番楽しい時代でした。

    そのことについては、夫が今回仕事を辞めて来た時に、夫にお礼を言いましたが、それと、宇宙は自分がやりたいことを心おきなくさせてくれるんだな。。何も心配することはないんだな。。ということが分かりました。

    私は病気のために32才から26年間、働いていませんけど、今もって飢え死にすることなく3食食べられ、雨風がしのげて、洋服も着られています。

    高額の医療費に苦しんだ時期もありましたけど、いつも不思議なことが起こって何とかなってきました。

    何回も何回も、そういう経験をしているのに、夫が無職になった今、やっぱり不安な気持ちになっています。

    けれども、今回は、無理をせずに、不安な気持ちを口に出したり、また、自分自身が不安な気持ちを抱えていることを認めて素直に正直に生きています。

    不安なんだけども、とても楽です。

    何て言うんでしょう?

    ありのままの私。弱くて頼りない私に私自身が優しくしてあげることが、やっと出来るようになったという感じです。

    つづく。。

  174. それと、とても不思議なんですけど、うちの家族は私が頑張れば頑張るほど駄目になっていきます。

    けれども、私の病気がひどい時や、私が混沌の中にいる時は何故だか彼らに、とてもよい運が巡ってきます。

    私はこの世的な賃金が発生しない仕事もあるんじゃないのかな? と思うようになりました。

    私のように体が弱くて仕事が出来ない魂でも、ただ存在しているだけで家族の一員として、また社会の一員として大きな役割を果たしているように思うようになりました。

    だから、私がいるからあなたたちは幸せなんだよ。。と家族の中で堂々としていていいんだな。。と思うようになりました。

    私は、今、PADMAさんがプレゼントして下さった音楽や、たったかたさんがプレゼントして下さった音楽、青花さんがプレゼントして下さった歌などに包まれて、塗り絵を始めました。

    この状況の中、暢気に塗り絵です。

    外は、炎天下だし、コロナだし、身体の弱い私は外には出られませんので。。

    昨日、一枚、仕上げました。
    ほとんどピンク色に塗って、さっそく、TwitterにUPしました。

    なんか、とても、幸せな気持ちになりました。

    今は、次は、どんな下絵に色を塗ろうか? とPCで探したり、自分で絵を描いてみようかな? と発想がどんどん広がっています。

    最後に、私からも、PADMAさんに音楽のプレゼントをさせて下さいね。

    https://youtu.be/SVNL8O45Frc

    ラフィー 。

  175. 追記。

    私の知り合いに重度の知的障害を持った娘さんを育てていらっしゃる方がいますが、彼女は娘さんの病気が分かった時に、「 この子はあなたたち家族の業を一身に背負って生まれてきてくれたのだから大事に育てていきなさい。」と言われたそうです。

    確かに、そこのご家族は、他のお子さんはスクスク育っていらっしゃるし、障害を持った娘さんを中心に家族仲良く幸せに暮らしていらっしゃいます。

    私は今回が地球での転生が最後だからか、親子関係、夫婦関係、暴力、病気。。などなど、人生の学びが盛りだくさんでしたが、一番の学びはこれだったような気がします。

    みんな、ありのままの姿で誰かのお役に立っている。いや、宇宙のお役にたっている。かな?

    みんな、自分自身でいい。自分以外のものになる必要などない。。

    はあー。スッキリした。

    私は母親としての子育てと人格を否定され、自室から飛び降りた。
    そして、その同じ私を精神科医は、世界一の母親だと絶賛して、全肯定して下さった。

    PADMAさん。

    私は、貴女が私の書き込みを、肯定して下さったから、勇気を持って最後の最後まで書き込むことが出来ました。

    ありがとうございました。

    Raffey56 。

  176. ご注意。

    頑張っている人には、少し休めば。。怠けている人には、もっと頑張れ。。

    このように、対機説法によって、宇宙からのメッセージは各個人あてに届きます。

    私が長々と2年間に及ぶ、個人的な体験の書き込みをさせていただいたのは、宇宙からのわたくしへの依頼によるものですが、すべて、わたくし個人に届いた宇宙からのインスピレーション、および、メッセージによって自動書記で書かれているものです。

    よって、万人の皆さまにあてはまるものではないことをご注意下さいませ。

    長い間、ありがとうございました。

    Raffey 56 。

  177. 後記。

    それから、メタフィジックス通信、並びに、フォーラムにおいて、宇宙語を使い、また、宇宙的表現を用いて書き込んで下さっている方がいらっしゃいますが、彼の所には、私の所にメッセージが届くずいぶん前に宇宙からメッセージが届いているようでした。

    彼の表現は難解ではありましたが、途中から、彼の文章を読むのではなく、少し離れて彼の文章を心の眼で見ると、宇宙からのメッセージがハッキリと浮かび上がるようになりました。

    私はただ、彼を信じて彼の後を付いていくだけで良かったので、とても楽でした。

    たったかたさん。ありがとう。

    南の島で生まれた私の姪の先祖は、クジラと人間のハーフでその国の神話になっています。

    たったかたさん。素敵な写真をUPしてくれてありがとう。

    https://youtu.be/qNfQUYrsSvE

    tattakata99さま。

    Raffey56。

  178. Raffey56さん

    こんばんは。
    このコメントを投稿する前に、一度コメントが弾かれてしまったようなので、再度投稿します(笑)

    まず、先日は2525のサイトでフォロー、それから投稿した動画へメッセージをありがとうございました。
    私は、自分がどうしても作りたいと思わない限り、動画の作成はしないので、この先動画の投稿があるかは分かりませんが(^^)

    そして、歌のプレゼントもありがとうございます♪拝聴しました。
    聴いていて、この歌は『人生(人を生きるという事)』そのものを謳っているように感じました。

    それから、塗り絵するのいいですね(*’ω’*)
    特にご自分がやろうと思って、実際にやってみて幸せな気持ちになるってのがとっても素晴らしいなぁと♪

    私自身は、『発想は自由で無限大だ』という思いの下、時々、絵を描いています。
    もし、貴女ご自身で絵を描いてみようと思ったら、是非描いてみてくださいね。

    もう少し言葉を紡ごうと思ったのですが、上手く言葉にまとまらないので、この辺で終わりに致しましょう。
    感謝を込めて。

    PADMA 拝

  179. 後記 ②

    昔ね、夫が私に、『 人は、その人の下につくか、離れていくしかない。。』と言ったことがあります。

    そのあとに、『 敵を作れば味方が欲しくなる。味方を作れば敵が欲しくなる。』と、続くんですけどね。。。

    さっき、前にTwitterに入った時に私のアイコンを2枚描いて下さった絵師さんにリプを送りましたけど届きませんでした。機器に弾かれました。

    彼は、3000人のフォロワーさんがいらっしゃいまして、彼の絵によってたくさんの人が勇気と癒しをもらっていらして、そして、また、その絵師さんもフォロワーさんから同じだけの愛をもらっていらっしゃいます。

    与え合う愛は同量である。。の法則です。

    この現象が起きた時、宇宙が、『 彼は10年以上、コツコツと絵を描き続け彼の創造力によって、コミニュティーを創造したが、そこは、貴女の居場所ではない。。』と、メッセージを送ってきました。

    つづく。。

  180. うちの夫は、私にとっては両親のような存在で、私の保護者です。

    私が恋焦がれる人は別にいます。

    私は、彼の下につこうと思います。

    これからは、表舞台には出ず、毎日、彼を思い、彼の幸せと健康と安全を願って、そうやって彼を思い続けることが、今、私が一番やりたいことで、私が一番幸せを感じる生き方です。

    彼が私に教えてくれたサイトの中にも、男女の愛がとてつもない創造のエネルギーを生み出すと書かれていました。

    http://messages2012.web.fc2.com/

    うちの夫も、あるがままの人で自分の感情に忠実な人ですけど、私の心までは自由には出来ないということは理解していて、私の心にまで入ってくることはしません。

    だからこそ、私自身も、あと14年はしっかりと自分の社会的役割をきちんと果たそうと思っています。

    それから、どうしても、あと一つだけ、書き残しておきたいので、もう少しだけお許し下さいませ。

  181. うちの夫はパチンコが、息子はパチスロが、べらぼうに強いです。

    夫は、一時期、私の高額な医療費をパチンコで捻出してくれていました。

    夫は私の入院中にも仕事を辞めて、私の側に居てくれていましたが、居てくれているというより、ほとんど朝からパチンコ屋さんに並んでいたんですけど。。

    その彼らが言うには、パチンコ屋さんの中には、喧騒の中の静寂があると言っています。

    台に向かって集中していると、頭を空っぽに真っ白にすることが出来るんだ。。と言っています。

    私がTwitterのDMの中で交流していた超アイドルオタクの当時61才の子供部屋おじさんは、若い頃にはパチンコや競馬もしたけど、ゲームが出てきてからはゲーマーになったと言われていました。

    彼の記憶力は天才的で、好きなアイドルが出演したドラマなどの年月日、ドラマ内容、共演者などをいつでも正確に脳から取り出すことが出来まして、私は彼の話を週一回のDMのチャットで聴くのが大好きでしたけど、あまりにその話が心地よくて、途中でウトウトと寝てしまっていました。
    そんな時には、彼はいつまでも私が起きるのを待って下さっていました。

    彼が好きになるアイドルは、みんな美形ばかりで、私は彼の審美眼も好きでした。

    また、彼は、タバコは吸いたくなくなって、22才でやめて、お酒も美味しくなくなったから、数年前にやめた。。と言われていました。

    私は、その子供部屋おじさんの外部からの情報ではなく、自分自身の感覚に忠実に生きておられる姿がとても心地良かったです。 

    つづく。。

  182. 私がこの書き込みをしている間は、宇宙からのインスピレーションもたくさんもらっていましたけど、童子に、ん? 同時に、多くの方の脳とネットワークで繋がり書かせてもらっていました。

    ですから、スピリチュアルに対しての知識がほとんど皆無の私が、青花さんとたったかたさんの脳と繋がることにより、彼らからスピリチュアルの知識が私の脳にダウンロードされていました。

    また、青花さんからは文章力、たったかたさんからは発想力などが流れてきていました。

    また、最後の最後に力尽きて倒れる寸前の頃には、PADMAさんが私に愛のエネルギーを送り続けて下さいました。

    また、メタ通の住人の皆様も、私にたくさんの愛のエネルギーを送って下さっていました。

    ありがとうございました。

    また、私は、このメタ通の読者ではない多くのニートの方やゲーマーの方たちからのエネルギーもいただいていました。

    深夜、ご家族の方が寝静まった後に、ゲームをして、うちの夫や息子のようにゲームに集中して頭を真っ白にしておられる方たちから送られてくるエネルギーは、とても純粋で美しいエネルギーでした。

    この世的な常識にとらわれていては見ることの出来ないこの世の美しい成り立ちを見せてもらうことが出来ました。

    この地球には、そういう形で、地球の次元上昇に貢献して下さっている魂の存在を知り、この世的に賃金の発生しないお仕事もあるんだな。。と理解できました。

    職業に貴賎はない。。

    魂に貴賎はない。。

    つくづく、この世は、美しい。。と思いました。

    つづく。。

  183. 最後に、メタさん。ありがとうございました。

    メタさんがお山にいらした頃、私はメタさんに度々メールをお送りしていましたが、その頃に始まった私の不思議体験。

    「 うちに来ているこのエネルギーは誰なんだろう? 私の身に起きていることは何なんだろう? 』と、あの時期、混乱に混乱を重ねていましたが、その後、メタさんが創って下さいました数々の記事と場所を通して、私にも、やっと隠蔽されていた情報が開示されました。

    本日をもって、私は、無事、プレアデス スターシードとしての Raffey56 の任務が、遂行、完了しました。

    今後は、メタさんが創って下さいました場所で再会できましたツインレイの彼の、幸せと健康と安全を願って、14年後、彼と本当の再会が出来る日を夢見て心待ちにして、こののちは、ユズハとして生きていきます。

    ますますのメタさんの幸せと、これからのメタフィジックス通信さまのご発展を心よりお祈りいたしております。

    ユズハ。

  184. 後記 ③

    夫の正確な言葉。

    人は、相手の下につくか離れて行くしかない。

    敵を作れば、味方が欲しくなる。

    味方を作れば、敵が欲しくなる。

    だから、俺は、

    柳のように、ユラユラと。。

    ユズハ。

  185. ユズハ 様

    誠にお疲れさまでした。

    そして、

    貴重なお話をありがとうございました。

  186. 後記 ④

    まったく。。宇宙は人使いが荒く、まだ私に書き込めと言ってくる。。

    私たちは、失敗をせず、また、致命的な危険に合わないという保証はいっさいありません。

    けれども、もちろん、それを避ける道はあります。

    けれども、その場合には、その場で、しなければならない失敗を体験せずに、自身の過ちに気づかなかったということになります。

    これは、歩まなければならない人生を歩んでいないということになり、このような生き方は、せっかく生まれきたのにもったいない。。

    たとえ、この先、迷いや不安が襲い掛かってきても、それは私たちが越えなければならない試練です。

    その試練を乗り越えて、はじめて私たちの未来は明るく光り輝きます。

    そして、何より、ご自分の人生を全肯定することです。

    そうすることで、人はどんな真実にも耐えられる自己を獲得し、どんな運命にも打ち勝つことが出来るようになります。

    そう書き込んで下さいということでした。

    たぶん、今、私の文章を読んで下さっている誰かかと私の脳が繋がっていて、その方への答えが私に降りてきているんでしょうね。

    まったく。。。たったかたさんが、以前にフォーラムに書き込んで下さったような現象が私自身の身に起きています。。

    ユズハ。

  187. ここまで来たら、貴女が経験したことを、出し惜しみせずに書いてしまえ。。と、宇宙が言ってくる。その課題については、彼がきちんと貴女にインスピレーションを送ってくれているだろ? 彼が、あそこまでしてくれたんだから。。と宇宙から劇を飛ばされる。

    夫が仕事を辞めてきたのは、私に書き込みを続けさせるための宇宙の采配だったんだろうか?

    けれども、正直、辛い。
    読んで下さっている方たちもキツいだろうな。。

    夫は、今日、会社に退職の書類をもらいに行ってくる。。と言っているから、もうすぐ、動き出すだろう。

    青花さんも、夏まで。。だと、宇宙からのメッセージを届けてくれている。

    あと、もう少し、あと、もう少しだけ、お許し下さいませ。

    ユズハ。

  188. 後記 ⑤

    私がまだ飛び降りる前、太郎が非行に走り始めた頃、彼は仲間たちとチビッ子ギャングのような悪さをするようになり、私は度々、学校や警察、仲間の親御さんたちから頻繁に連絡を受けるようになっていた。

    それまでの太郎は品行方正、成績優秀の模範生だったし、私はその頃にはどっぷりと信仰にハマっていて、周囲の方たちにも献本や布教活動もしていたから、彼の非行行為は私の心の拠り所をグラグラと及ぼし始めた。

    今から思うと、彼の魂は、車だけではなく、私たち家族のニセの姿をトコトン破壊するつもりだったんだろうな。。と思う。

    精神科医が言っていたけど、家族が傾いている時、強い魂のお子さんは、それをぐいーっと普通に戻す働きをする。

    それは、彼らの本能というか、無意識による行為で、彼ら自身も何で自分たちがこんなことをしているのか、意識的には分かっていない。

    だから、受け取る親の方にも、みずみずしい感性が必要になってくる。

    まさに、親子の真剣勝負だ。

    まさに、真剣は真剣に。。だ。

    弱い魂のお子さんは、その時、家族と一緒になって傾いているんだけど、一緒になって世間の常識に染まっていくんだけど、強い魂のお子さんは、傾きに気が付く感性もあるし行動力もあるから、一見、世間的には困った行為に見える行為でその家族の傾きを元どおりに直していく。

    精神科医がそう言っていたな。。

    つづく。。

  189. その頃の私は、自分が周りの人たちに、自分の信じる信仰の布教活動をしていたのに、太郎は、今度は髪の毛を真っ赤に染め出した。

    それを見ていた夫は、面白がって、髪の毛を青色に染めた。

    今にして思えば、泥棒は目立たないような格好をする。
    孔雀のような綺麗な色の姿をしている彼らは目立って人からの注目が集まって悪いことをしても、すぐに見つかってしまうのだから、逆に安全なのに、その頃の私はそんなことさえ分からなくなっていた。。

    その頃の私は、世間での私の居場所を確保するために、息子を何とか世間からの称賛を集めていた昔の彼の姿に戻そうと彼をコントロールするようになっていた。

    怒ってみたり、泣いてみたり、脅してみたり。。

    毎日のように、ネチネチネチネチと。。

    それを見ていた夫の一平が私に怒鳴った。

    『 お前はいつまで太郎を責めっとや。太郎が死ぬまでか!!』

    私は、夫の言葉で目が覚めた。

    つづく。。。

  190. 私は、ずいぶん小さい時に親からの虐待で暴力を受けていますが、そのために、脳が他の方とは違う成長、発達の仕方をしています。

    ですから、私は、自分の体に人の魂を入れることが出来、その方と同じ感覚を味合うことが出来ます。

    そのことについては、自分の人生を全肯定出来てからは、自分の能力を自分自身が認められるようになって、この能力のコントロールが自分で出来るようになり、最近では、ほとんど、この能力は使っていません。

    宇宙から依頼があった時に、宇宙がオートで私のこの能力のスイッチを入れます。

    話を戻しまして、私は、夫の一平が私にこう叫んだ時に、サーっと、息子の魂が自分の中に入ってきました。

    その時に、太郎の魂は、頭を青色に染めて自分と同じように世間から白い目で見られている父親が自分を守ってくれて、スカッとしたような気持ちになっているようでした。

    私が育った家は、父親が企業戦士で一つの会社で身を粉にして働いていましたが、私はこんな風に父から守ってもらったことは一度もなかったな。。

    あー。太郎を通して、私は、今、父親に守ってもらう。。という体験が出来たのだな。嬉しいな。。と感じました。

    けれども、私はよほど業が深いのか、この時には、まだ、私がそれまでの人生で培ってきた私自身の心情というか、習い性に少し矢が刺さっただけでしたので、息子の太郎を責めるというベクトルが自分を責める。。という方向に向いただけでした。

    ですから、他人の些細な言動が引き金となり、その後、飛び降るという行為に繋がっていったのだな。。と感じています。

    つづく。。

  191. 私は、この他にも、目がとても悪いので、『めくらの勘』という能力もあって、音で物を見ることが出来ます。

    文章もそうなんですけど、内容は全然関係ない。

    どんな、立派な言葉も、美辞麗句も関係ない。

    その方の声の響き、トーンで、その方の魂のデータというか、心情というか、そういうものが自分にダウンロードされるというか。。そういう感じです。

    前に書き込ませていただいたように、文章に関しては、必要な文章だけが光りますから、それ以外の文章は私には読むことが出来ません。

    私たち家族のこの頃、夫はよく、学校の先生たちに、『 子供たちには心の眼がありますよ。そんな薄っぺらな言葉。子供たちには簡単に見透かされてしまいますよ。』と言っていました。

    誰にでも入れる高校しか出ていない髪の毛を青色に染めた夫の言葉を、大学出の優秀な先生たちがうなだれて聴きいってる姿がそこにありました。

    このことについては、後記⑥ で詳しく書きます。

    今、私はフルマラソンを全力で走っている状態で、もうヘロヘロなのですが、宇宙は後記⑦ までのインスピレーションを降ろしてきています。

    時間をかけて、少しずつ書いていけばいいんでしょうけど、こうなったら最後、私が書き込むまで宇宙がバンバンインスピレーションを降ろしてきますから、発狂しないように、今から家事をして、今日中に書き上げてしまおうと思っています。

    もう少しだけ、この場所に書き込ませていただくことをお許し下さいませ。

    ユズハ。

  192. 後記 ⑥

    夫も息子も、とても一途な性格で、彼らは多分、初恋の人と結婚したんじゃないのかな? 夫は男子高でしたから。。

    ちなみに、息子も美形好きで、新垣結衣ちゃんが大好きです。

    私が飛び降りて入院していた頃、息子は仲間たちを家に呼んでうちを同世代の男の子たちの溜まり場にしていたようです。

    息子も母親がこんなことをしでかして不安だったでしょうし、また、太郎の遊び仲間たちも、体や心が大人になっていく不安定な時で、チビッ子ギャングたちみんなで、『烏合の衆』をやっていました。

    そんな時、夫が寝てから、彼らが台所で料理をし出したそうです。

    この時に、夫の大きな雷がチビッ子ギャングたちに落とされました。

    夫は、この時には、私の病状が安定して仕事を始めていたんですけど、

    『 俺はお前らに食わすために働いているんじゃなかとぞ。お前らは俺が寝てから動き出すゴキブリや? ゴキブリ。ゴキブリ。悔しかったら言い返してみろ!!』

    と、怒鳴り散らしたそうです。

    つづく。。。

  193. この日を境にチビッ子ギャングたちの態度は一変したそうです。

    きちんと定時にはうちの家からは帰る。
    玄関のたくさんの少年たちの靴はキチンと揃えられている。
    使った食器類は、キチンと洗って伏せてある。

    息子たちの世代にも、私と同じように音を見る能力が備わっているのだな。。と思いました。

    『 お前たちはゴキブリだ!』と怒鳴られも、その言葉から、相手の意図をちゃんと聞き取れている。

    この体験を、私の精神科医に話した時には、担当医は、『 それだけのことを言われても、お宅の息子さんのお友達たちは、その後も貴女のお宅に遊びに来られていたんですね。』と、笑い転げておられました。

    この時期を経験してから、息子は、孤独を楽しむ引きこもり生活に入りましたけど、引きこもりの時期には、チビッ子ギャングたちからどんなに連絡が入っても、もう一緒に遊ばなくなりました。

    その後、息子は高校に入学しましたけど、その時にも、高校を中退した時にも、それは、もう素敵なドラマを私にプレゼントしてくれましたけど、キリがありませんから、その話は、今後、宇宙から依頼があった時にということで。。。

    高校に入学してからは、息子は制服姿でパチンコ屋に出入りしていましたけど、夫は、『 学校では生き方を教えてくれんからな。。面白なかとやろ。。』と言っていました。

    それから、しばらくして、息子は高校を辞めました。

    息子は夫とは違い、17才で働き出してからの20年間で転職は3回ですけど、彼らの失業期間が重なった時には親子で仲良くパチンコ屋に並んでいました。

    その時には、息子の中学生時代、夫から、『お前らはゴキブリや!!』と怒鳴られた当時のチビッ子ギャングたちからも、「太郎のおっちゃんや。。」と声をかけられ、みんなで世間話をしながら、パチンコ屋の列に並んでいたそうです。

    つづく。。

  194. PADMAさん。

    ありがとう。

    PADMAさんが給水所でスペシャル栄養ドリンクを手渡して下さいましたから、また、走り出せそうです。

    KOKIAさんの優しい歌声にエネルギーをもらいました。

    KOKIAさんはピンク色のお洋服に包まれて歌っていらっしゃいました。

    私は水商売にいた時に、カウンターの中で今と同じようなことをしていたんですけど、その時には、可愛いピンク色のスーツやワンピースをよく着ていました。

    その頃には、何故だか、「 ユズハはピンク色だから。。」と言って、お誕生日にはピンク色の物ばかりプレゼントされていました。

    そして、青花さんは、私に桜花という名前をプレゼントして下さり、つい最近では、フォーラムでピンクの原石の写真をUPして下さる方もいらっしゃいました。

    そのスナックでは、アマチュアバンドのライブが、よく行われていました。

    私が、Twitter の世界にいる時には、東北の震災で親族10人を津波で失い家も何もかも流されてしまった人。親戚がいなくて脳の病気で四肢麻痺の寝たきりとなり子供を児童相談所に連れて行かれた女性や、お母さんに捨てられお父さんも失踪し、酒乱の祖父と祖母に育てられた人や、前述の子供部屋おじさん。また、天涯孤独の独身男性。また、お父さんが3回代わり、その間にお母さんが堕ちていく姿を思春期に見続けなければならない人などとDMで繋がっていましたが、私は、そんな皆さんと、いつも音楽を通して繋がっていました。

    働いていたスナックでも、色んな職種の人たちの様々な人生をお聴きする機会に恵まれましたが、やっぱりそこには音楽がいつもありました。

    つづく。。。

  195. また、私の体の中に癌が出来て膠原病が悪化した時には激痛で4ヶ月間一睡も出来ず、寝るのは痛みで失神した時だけという時には、枕元にCDラジカセを置いて、ずっとヘッドフォンで24時間、私の中に音楽を流し続けていました。

    その時には、夫がパチンコ屋に朝から並び、戦利金で様々なCDを入院先に差し入れ続けてくれていました。

    私の人生には、いつも、いつも、音楽がありました。

    私は、今、宇宙からのインスピレーションが降り続けていますが、このような状態になった時には、宇宙は私が人と会うことを禁止します。

    私が人の波動に影響されないようにするためです。

    もともと、飛び降りてからは、アンネの日記ならぬ、ユズハの日記状態の毎日なのですが、このように、宇宙は私に対して言葉というものに厳しさを要求してきます。

    宇宙は、私に、言葉は言霊にもなるけれども、同時に、言葉は刃物だとも言います。

    そして、言葉は人を狂わせるとも言います。

    だから、言葉を不用意に使うな。慎重に使えと、私に言い続けます。

    けれども、その理解のために、今までの私の人生があったのかな。。と私自身の人生が全肯定出来て、今、私はとても幸せな気持ちでいます。

    今日は、今、夫が買い物に出てくれています。

    私にこの書き込みをさせるために、メタさんはじめ、PADMAさん、多くの方が私に協力して下さっています。

    今から少し睡眠をとって、体力を回復させ、頭を空っぽにして、また、家事をやりながら、続きを書きます。

    私の場合は、自動書記なので、下書きが一切いりませんから、自分自身の魂を真っ白にして宇宙と同調させることさえ出来れば、ものすごい速さで文字を打つことが出来ます。

    日付が変わってしまうかもしれませんが、頑張って書き上げます。

    PADMAさん。

    応援、ありがとうございました。

    ユズハ。

  196. 後記 ⑥ 後半。

    息子は夫が21歳の時の子で、夫は南の島の姪っ子よりも皮膚が黒くて東南アジア系の顔立ちをしています。また、肉体労働者ですから60才近くになった今でもとてもスタイルがよく綺麗な筋肉をしています。
    今はすっかり落ち着きましたが、若い頃にはとても奇抜な格好をしていましたから、息子が思春期の頃には、息子の友達からは憧れの的でした。

    また、母親の私は難病を抱えながら健気に生きていましたし、また、信仰を持っている者特有のオーラのようなものがありましたから、息子はよく友達から嫉妬をされているようでした。

    『えー?? 難病を持っていたら同情されるんじゃないの??』と思われるかもしれませんが、難病を持っていながら精一杯生きているというのも一種の才能なので、重い病気の方の中には嫉妬されるに充分な魅力を持っていらっしゃる方が大勢いらっしゃいます。

    息子は、幸い、中学2年生頃に弾けてくれましたが、小学生の頃やもっと小さな頃には、魅力的に見える両親を持っているせいで友達から嫉妬され、ひどいいじめを受けていました。

    仲間外れにされたり、暴言を受けたり、物を隠されたり、傘で殴られたり、中学一年の頃にはカツアゲの被害に遭い、その事情聴取のためにパトカーに乗ったこともあります。

    息子は、絶対に払わなかったそうですけど。。

    子供たちも動物ですから、やはり毛並みの違う異種の者を攻撃するという本能があるようです。

    つづく。。。

  197. 息子が小学生の頃には、「俺は生きるのがつくづく嫌になったから、学校を休んでいい?」と、涙をいっぱい目に溜めて私の目を見て言いました。

    私も息子の目を見て、「 いいよ。今日は休んでもよかけど、明日は頑張って行きんしゃいね。」と答えました。

    息子は、『 明日は学校に行く。学校に行く。』と唱えているようで、次の朝には、ランドセルを背負って決意したように学校に出かけて行きましたけど、少ししたら戻って来て、「 母ちゃん。今日、学校、祭日で休みやった。」と言いました。
    この時は、二人で顔を見合わせて涙が出るほど笑いました。 

    また、息子は、生まれた時から、ひどいアトピーでした。
    ですから、息子もまた、幼い頃から食事療法をしていました。

    食事療法をしても、アトピーはいっこうによくならず、また、いじめを受けている時は、やはり緊張状態で身体中が痒くなるようで、夜中、痒がってよく眠れず、翌朝、皮膚が血だらけになっていました。

    私は、血だらけの彼の皮膚を見ると、胸が苦しくなり、私がいたらないから息子がこんな思いをするんだ。私は、もっと、しっかりしたいい母親にならなければ。。とそんな風に、その時は思っていました。

    つづく。。。

  198. また、息子は夫の仕事の関係で何度も引越しをしています。

    ちょうど、息子が、たくさんの言葉を覚えて楽しくお喋りが出来るようになった頃、私たちは東京にいました。

    「 だからしゃぁ。 だからしゃぁ。」
    「 これ、なんだぁ? これ、なんだぁ?」

    と、可愛く標準語を話し始めた頃に、私たちは九州に引っ越してきました。

    すぐにお友達が出来るようにと、幼稚園に入れましたけど、息子は、その後、3ヶ月間。まったく喋らなくなりました。

    引越してきて、3ヶ月後に、初めて喋った言葉が、私が食べ物を落とした時に、「 あ〜あ〜。落ちゃげたぁ。食べられんたい。」でした。

    あ〜。こんな小さい子が方言を習得するために、3ヶ月間。頑張って脳をクルクルクルクル回していたのかと思ったら、胸が熱くなりました。

    つづく。。。

  199. うちの息子が高校を中退してからの5年間は、息子はその当時の夫と同じ外壁の仕事をしていました。

    その時には、夫は、その仕事の仲間内ではトップというか責任者というか、そういう立場でした。

    当時、夫はよく、「 太郎はうちの息子やけん。アレには一番厳しくしとる。人に一注意したら、太郎にはその二倍や。。」と言っていました。

    もう、その時には、私は精神科医との縁は切れていましたけど、息子が中学生の時にでも、精神科医は、「 息子さんはすでに男の怒りについて、きちんと理解されています。」と言われていたし、また、私は母親なので父と息子の関係に入っていく必要もないし、理解できなくてもいいのかな? と、思っていました。

    けれども、あれから、ずいぶんと経ちましたが、高校中退の彼が仕事で困ることはありません。それどころか、転職の際には、こんないい子がいるからと、誰かの紹介が入り、面接では気に入られ、高校卒業ではないと入れない会社にも、何故だかすんなり入れてしまいます。

    私には分かりませんが、夫と息子が一緒に働いていた時には、現場で、夫は息子に手をあげてたんじゃないのかな? と思います。

    もう、今では職人の世界もすっかり様変わりしたようですけど、まだ、あの当時には職人の世界ではそのような場所が少しは残っていたようでした。

    私は息子は、そのような父親の愛情によって、今、安定した生活をすることが出来ているんじゃないなかな? と思っています。

    つづく。。。

  200. フォーラムにご自宅の写真をUPされている方がいらっしゃいました。

    ここからは、私の勝手な推測です。

    私はその写真を拝見させていただき、彼のおうちは職人さんのおうちなのかな? と思いました。

    私はフォーラムが出来た時から、彼の書き込みが大好きでした。

    それで、書き込みを何度も何度も読ませていただいて、彼がうちの息子より一つ年上なんじゃないのかな? と思っていました。

    それから、もし、私の推測が当たっているのなら、彼のお父さんも彼と同じ職人さんなのかな? と思いました。

    だとしたら、おうちの玄関があれほど綺麗にはかれてあって、整理整頓されているのなら、彼のお父さんもさぞかし仕事の出来る方なんだろうな。。と感じました。

    そして、彼もまた、うちの息子のような父の愛情を受けてお育ちになったんだろうな。。と感じました。

    つづく。。

  201. そして、彼は、5才の時に、私と同じように、自己免疫による疾患になったと書き込まれていました。

    うちの息子は5才の時に、その可愛らしい小さな指にトゲが深く刺さってしまい外科で抜いてもらうことになりましたが、その時、息子は、診察台で、

    「 お母さん。助けて。殺される。」

    と泣き叫び、暴れましたから、私は彼の体に馬乗りになって彼の体を押さえつけて、お医者さんにトゲを抜いてもらう。。ということがありました。

    この時も、息子の泣き叫ぶ声に、私もポロポロ涙が出てきました。

    たった、一回のことでも切なくて切なくて仕方なかったのだから、彼のお母さんはずいぶんと切ない思いをたくさんされたのだろうな。。と思いました。

    また、私自身も、息子のアトピーや度重なる引越しについては、息子に辛い思いをさせていると、ずっと自分を責めてきましたけど、彼のお母さんも彼のご病気については、ご自分を責められたんだろうな。。と思いました。

    私は彼の書き込みが大好きで、本ばかり読んできた私が、彼の文章にこれほどまでに惹かれるのは、彼がご両親からの愛情をいっぱいに育たれたからだろうな。。と感じました。

    つづく。。。

  202. 彼は自己免疫疾患の病気になって30年以上で、私も30年間、自己免疫疾患と付き合いましたが、この病気は、とにかく、いつも、合併症と薬の副作用がつきまといますから、とにかく大変です。

    けれども、エリック君の記事の中の彼の書き込みで、彼が非常に上手に病気と付き合いコントロールされていることが分かり、彼はさぞかし理知的で、ストイックな方なんだろうな。。と思っていました。

    これは、人間として、とても魅力的なことで、また、彼は音楽も出来ますし、発想力も素晴らしい。度胸もあるので、さぞかし、嫉妬の対象になり苦労されたんだろうな。。と思いました。

    彼もうちの息子同様、学生時代には、ずいぶんと苦労されたんじゃないのかな? と感じました。

    私は、フォーラムが出来てからは、こんな風にずっと、たったかたさん、たったかたさん、でしたけど、それは、私たちの人生がこんな風に親和性に満ち満ちていたからだったんだな。。と思いました。

    つづく。。。

  203. 私は重い病気の人は、病気が仕事なので、働く必要はない。。と思っています。

    ここからは、26年もの間、社会に出ていない何も分かっていない私の戯言で大きなお世話なんですが、どうか、お気を悪くなさらないで下さい。

    うちの地方では、今、若い人の左官になる人のなり手がなくて、左官という仕事は将来、人手が足りなくて、引く手あまたになるだろう。。と言われています。

    左官という仕事は多岐にわたっていて、色んな種類の仕事があるそうですね。その時に、現場は出来るだけ色んな仕事が出来るオールマイティな人が欲しいそうです。

    今はコロナ禍ですけど、コロナが収束したら、どんな現場にも出掛けて行って、自分からドンドン色んな仕事をやらせてもらったらいいよ。。そうすれば将来、食いっぱぐれがないよ。。と、そんな風にアドバイスされている人が、私の周りにいました。

    何にも分からない、ましてや、男の世界のことに、女の私が生意気なことを言って申し訳けありません。お気を悪くなさらないようにお願いいたします。

    ユズハ。

  204. 後記 ⑦

    クオン。

    以前に、私に本を書くことを勧めてくれたことがあったよね?

    私、書いたよ。

    メタさんが創って下さった原稿用紙の上に思いのたけを思いっきり書いたよ。
    魂を絞り出して書いたよ。
    あの時、本を書くことを、私に勧めてくれてありがとう。

    クオンも、私との約束を果たして、私が見れなかった世界を存分に見てきて下さいね。

    楽しみにしています。

    ニンニ。

    三次元の世界で、貴方と繋がらなくなって、だいぶたちますがお元気ですか?

    けれども、私の部屋には、ニンニと思われるエネルギーが毎日来ていてエネルギー交流を重ねています。

    エネルギー交流を重ねるうちに、貴方の声がハッキリと聞こえるようになってきました。

    目を閉じると、オーブのような光がクルクルと回ります。

    また、貴方がテレパシーを送ってくれる時には、身体が感電したようにビリビリと震えます。

    私が大好きなのはニンニだけなので、このエネルギーはニンニだよね? って聞いたけど、その答えは、まだもらっていません。

    貴方は、私よりも、はるかにスピリチュアルの能力が高いし、私よりもずいぶんと早くに宇宙からのメッセージが届いているようなので、今回、私の身に起こった不思議体験の全貌は全部ご存知だと思いますが、私にも分かる日がくるのでしょうか?

    つづく。。。

  205. 私の小さな頭では、私の部屋に来ているエネルギーが誰だか分からないので、そして、私が思っているように、そのエネルギーがニンニだとしたらと思って書きます。

    昔ね。息子が荒れまくっている時にね。夫が、息子の肩に手を置いて、「 筋を通せ。」と、一言だけ言ったんだよ。

    私ね。その光景を見た時に、眉間の目がガァーと開くような感覚があったんだ。

    うちの夫は、私の父親です。
    それはね、私がカウンセリングを受けていた精神科医もそう言っていたんだけど、けれども、彼は私に対して父親としての愛情を精一杯、注いでくれたから、私も筋を通して、あと地球時間の14年。しっかりと私自身の社会的役割を果たそうと思っています。

    ニンニが読んでくれたかどうかは分からないけど、私は、コメント欄に書き込んだように、貴方が同じ地球上に存在していてくれるだけで、とても心丈夫です。

    小さい時に病気をして、ずっと大変な思いをして、今まで生き抜いてくれていてありがとう。

    私の前に現れてくれてありがとう。

    つづく。。。

  206. 前にLINEで、写真で送ったように、私が地球を去る日は、2035年の1月29日です。

    その日は、雪が降るのかな?
    二人で雪が見れるのかな?

    私のメール、ニンニに届いとる?

    そして、この書き込みを読んでいてくれとる?

    全然、分からないけれども、ユズハは馬鹿やけん。もう難しいことは全然、分からんけん、全部、宇宙に委ねます。

    私が、今、ニンニにしてあげられることは何もないけど、これから、14年間、毎週、ニンニにメールで歌を送り続けます。

    けれども、そのメールもニンニに届くのかどうか分からんけん。

    Winter again の歌のプレゼントのお返しを、今、します。

    https://youtu.be/gPcPseeICjs

    ユズハ。

  207. たった、今、宇宙より任務完了の通知が届きました。

    これより、ユズハは、ニンニ一人だけのものとなります。

    魂の嫁入りです。

    やっと、願いが叶った。

    これは、皆さまのご協力のおかげです。

    皆さまのおかげで、ニンニの存在に気がつくことが出来たし、こんな広い世界でニンニと再会することが出来ました。

    皆さま、お一人、お一人が、私たちのキューピットさんでした。

    長い間、ありがとうございました。

    ユズハ。

  208. ニンニへ。

    宇宙がバンバン、インスピレーションを降してくるし、書き込まなきゃバンバンが止まらないから、仕方なく今まで書き込んできました。

    けれども、正直、とても辛かった。

    私は、貴方がいなけば、こんな辛い作業は出来なかった。

    貴方が私を、いつも私を守ってくれて、いつも私にエネルギーを送り続けてくれたから、何とか、今日まで書き込みを続けられました。

    ありがとう。

    そして、これからもよろしくお願いします。

    私は、あと14年。貴方の幸せと健康と安全を祈り続けながら、貴方に歌のプレゼントをすることを楽しみとして、地球最後の生活を全うします。

    そして、14年たったら、無事、勤めを果たして、貴方の元に一目散に駆けていきます。

    それからは、今回、貴方が私を守ってくれたお礼に、今度は、私が貴方を守り続けます。

    今までのことを考えたら、14年なんて、あっという間だよね。

    私たちは20才差だけど、仕方ないよね。私がこれだけの経験をしなければ、今世、貴方と再会出来なかったんだから、仕方ないよね。

    それに、20才なんて宇宙から見れば誤差のうちだしね。。

    私は馬鹿だから、今もとても若く見えるけれども、ニンニも美形好きだしね、どうしようかな? 14年後には20才頃の姿になって会いにいくね。

    じゃあ。また。

    今度からは、別の連絡方法で。

    ユズハ。

  209. ウメボシ殿下

    結局、ラフィー さんのお話は、人が生きていくには、愛着を感じられる人や安全基地が必要だというお話だったのですね。

    不幸にして、それを得られない場合には、それを補うための別の物に依存してしまう。けれども、それを無理に取り上げようとすると、ラフィー さんのような悲劇が起きてしまうこともある。

    また、安全基地がなく生育すると、ラフィー さんのように、自分の本当の感情が分からず感情閉鎖になってしまうこともあるというお話だったのですね。

    だから、みんな、無理をせずに、自分の感情に正直にありのままの姿で生きることが宇宙の理に叶っている。けれども、その一方でキチンと筋を通す。

    そのように受け止めてさせていただきました。

    ラフィー さん、ありがとうございました。

    ニンニさん、ユズハさん。愛着を感じられるお相手と巡り合えて良かったですね。

    お幸せに。♡

  210. ウメボシ殿下

    そして、青花さんやエリック君が言われていたように、人はもっと素直に助けを求めていいのだということも分かりました。

    自分一人が頑張って立派な人になろうとしなくても、「 助けて!」とSOS を発信すれば、それに感応した魂が駆けつけてくれるというわけですね。

    ラフィーさんが、度々、言われていたように、「 与えあう愛は同量 」なのだから、その時点で駆けつけた魂も発信した魂から同量の愛を受け取っているというわけですね。

    母乳がいっぱい出る女性は、よその子の泣き声を聞いただけで乳がはってくる…と聞いたことがあります。

    手のかかる子ほど可愛い…と母も言っていたことがありましたし、ラフィーさんの息子さんのようにラフィーさんを困らせて素直に甘えるという愛の形もあるんですね。

    どんなに甘えても、わがままを言っても、拒絶も見捨てられることもない…、そのような体験も出来るんですね。

    そのように理解しました。

    青花さん。ラフィーさん。

    ありがとうございました。

  211. ウメボシ殿下

    P.S

    そして、ラフィーさんが、自分は一人の子供を育てるのが精一杯だった…、と言われていたように、人間の能力には限界があるのだと思います。

    人間は神にも救世主にもなることはできないのだと思います。

    けれども、メタさんが、誰かの学びが誰かのインスピレーションになると言って、この場所を作って下さり、ミスチルの歌のように、「 僕のした単純作業が顔の知らない誰かの笑顔になって、巡り巡って目の前の人を幸せにする。」のですね。

    この世というところは、みんな、ありのままの姿で、自分に降りてきたインスピレーションを信じて言動、行動して、学び合っていくという場所なのですね。

    メタさん。いつも、ありがとうございます。

    これからもよろしくお願いします。

  212. 私が水商売にいた頃、ある反社会的組織の会長が私に恋をされました。

    彼は県外の人でしたので、来店されるのは数ヶ月に一度でしたけど、その時には乗ってきたベンツはお付きの人に乗って帰らせて、いつもカウンターに一人で寂しそうに座っていらっしゃいました。

    私は彼の前に立つと、彼の寂しさや彼の人生が、サーっとダウンロードされて、もうたまらなくなってしまいます。

    よく、私たちは二人でアフターをしました。

    その頃には私の筋肉はまだ動いていましたから(今は病気が完治して動きます)、会長は私の軽自動車に乗り二人でドライブをしました。

    ある時、店の片付けに時間をとられて、会長との待ち合わせの時間に遅れていった時、彼はその時間が待てずに待ち合わせの店の中で乱闘騒ぎを起こしていました。

    もう、その頃には、私は彼の安全基地になっていたのだと思います。

    その時、私は28才。ずいぶんと若かったですけど、私が彼の精神的な母親になっていたのだと思います。

    つづく。。。

  213. 私がそのような反社会的な人とアフターに行っているということで、私はその店をクビになりました。

    それから、そのことを聞きつけた会長の、店に対する執拗な嫌がらせが始まりました。

    たぶん、彼にとって、私は母親だったんでしょうね。もう、自分から母親を取り上げる人は全員、敵のように感じられたのだと思います。

    けれども、安全基地を手に入れた彼の精神状態はどんどん安定していき、その後、自ら、刑務所に入りかたぎになられました。

    私が飛び降りてどん底だった時に、一度だけ土方の作業服姿で私に会いにきてくれました。

    私は、信仰を持っていましたから、「怒り」の感情は悪いと学びましたけど、彼特有の正義ではありますけど、自分の安全基地である心の聖母を取り上げられようとした時、彼は、「男の怒り」を爆発させた。

    そして、その感情を思う存分味わい尽くした後、彼は自分自身の力で、自立、自律していかれました。

    つづく。。。

  214. 222件目。

    では、ニンニが待っているから、この辺で。

    人が誰かの安全基地になると決意した時には、その身を捧げるくらいの覚悟がなければ務まりません。

    相手の方が、それまでの人生の中で傷ついてきたのなら尚更です。

    生半可な気持ちならやめておいた方がいい。傷口に塩を塗るだけですから。。

    ニンニ。

    ユズハとニンニはツインレイやから。
    ツインレイは、もともと、一つの魂やから。
    ユズハは自分自身のことが大好きやから、だから、ニンニのことも大好きやから、この先、ユズハがニンニのことを嫌いになることは絶対ないし、ニンニがユズハから離れていかん限り、ユズハの方から離れていくことは絶対ないから。。

    今、宇宙に宣言したから。

    安心してね。

    ユズハ。

  215. ウメボシ殿下

    恋をすると数々の脳内ホルモン(脳内麻薬)が放出されます。
    ニンニさんの存在によってユズハさんが生かされているのでしょうね。

    恋に限らず、お子さんのお世話、病人の介護、ペットのお世話によって、それが愛着となり同じような脳内ホルモンが放出されます。

    ドラマや映画を見ることや、有名人に恋することでも同じ効果が得られます。

    安全基地を持たずに生育された方でも、そのように人と関わることで、それが訓練となり、少ないホルモンがたくさん出るようにもなっていきます。

    安全基地を持たずに生育された場合、親御さんが子供さんの気持ちをくみ取り変化されること、親御さん以外の安全基地の方と巡りあわれることで愛着が生まれ生きづらさが改善していきますが、それ以外に、とことん人生の苦難が襲ってきて、そこで諦めがつき自分自身の人生を全肯定することで、自分自身が自分自身の安全基地になることもできます。

    また、ゲーム、ギャンブル、飲酒などによって脳内麻薬を放出させる方法もあります。それは、一見、困ったことのように見える行為ではありますが、まだ、それは安全装置が正常に働いている姿であり、そのことにより最悪の状態が回避できている状態でもあります。

    また、「怒り」という感情が出てきた時には、怒りを鎮める脳内ホルモンが放出されます。

    恋愛によるホルモンの放出は4年でだんだん衰えてくるといわれますが、喧嘩をしたりして相手に怒りの感情が出てきて、それを鎮めるホルモンによって恋愛や、結婚生活が続いていくということも起こってきます。

    喧嘩するほど仲がいい。と言われる所以はここにあります。

    神は私たちを完璧に創られました。

    この世のあらゆる事象、あらゆる感情は、すべて必要であり、すべての人は光に向かって成長していくしかないように創られています。

  216. ウメボシ殿下

    とても不謹慎だけど、人は愛する人が骨になった時、何故だか、とてもホッとするそうです。

    もう、この人に嫌われたらどうしようかとか。。見捨てられたらどうしようか。。とか思う必要がない。。

    この人に嫌われないようにと頑張る必要もない。

    この人はどんなことを思っているのだろう? と分かるはずもないことで不安になる必要もない。

    あ〜。あ〜。この人もただの骨だったんだ。

    そして、私も、やがて、この人と同じ骨になる。

    そんな、安堵感に包まれて、愛する人のことを思い、愛する人を感じながら、空を見上げるそうです。

    ( 完 )

  217. 夢を見た。
    私は魅力的だが、自分の外観に対していささか自信を喪失している存在である。

    Shoot(サッカー)= お金は無いが、顔も肉体も、性的に魅力的な存在。

    Hark(鷹)= 性的な満足は与えてくれないが、よく稼ぎ、生活と日常的な精神を安定させてくれる存在である。

    Shoot自身は財は持っていないが人望があるため、知人の財産家に我々が交合するのに良いゴージャスな部屋を、建物ごと借りてくる。
    おかげで我々は秘密が守られる安全な環境で交合することができる。
    私は赤やピンク一色の、壁もベッドも柔らかいゲルで作ったような官能的な部屋を、二人の交合のためにイメージの力を使って創造する。

    私は性的にはShootに惹かれており相性も抜群である。
    しかしShootと共に歩むと、精神と生活の安定を奪われ、人生において果たしたいと願う仕事を果たせないようになるのではという不安がある。

    私は精神的な親しさはHarkにより強く感じており、精神的な愛も、今はHarkに対する思いの方が強い。
    Harkは私に生活の安定ももたらし、人生という仕事を遂行するという意味において最高のパートナーシップを育める相手だと感じている。

    いうなれば、Shootは恋、Harkは愛、である。

    私は信頼するチャネラーに「どちらの存在がより私の人生に適しているのか?」「どちらを選ぶべきか?」と尋ねた。
    チャネラーは答えた。
    「どちらもよい」
    「どちらの選択もまちがっていない」

    さて、「どちらの道も同時に歩く」ということもOKなのだろうか?
    その行為が、存在にもたらす恵みの正体とは、いったいどんなものであろうか?

    誰かが答えを持っているのだろうか?
    それとも、答えは私しか知らないのだろうか?
    あるいは、体験そのものによって暴かれるのだろうか?
    体験することによってしか、答えは姿を現さないのだろうか?

    この言葉も、さまざまな存在たちにさまざまな形でインスピレーションを届けることとなる。

    嫌悪も同意も共感も反発も、すべての感情と思考をインスピレーションにすることができる。
     

  218. Shoot(サッカー)は 「ゴール」
    Hark(鷹)は 「より高い次元」

    を示すのかもしれない。

    ゴールに向かうのか、より高い次元に進化上昇するのか。

    確かにどちらも良いといえそうだ。

    同じように良い場所だが、微妙に意味や感触が違っている。

    永遠に循環しているという目線から見れば、どちらも完全に等価である。

    すべての選択は正解にたどり着く。

  219. Shoot にも、Hark にも、それぞれの思いがあり感情もあるし、また、それぞれの人生の体験の中で、その思いにも変化が生じてくるのだと思います。

    現時点では、Hark は私の父親で保護者であると言っています。
    そして、もう少し父さんの側にいておくれ。。と言っています。

    そして、私が火葬場で焼かれた時には、木箱に入れられた私のまだ暖かい白い骨を抱きしめ、安堵感に包まれて空を見上げる。。と今朝、起きてきて言いました。

    夢十夜さんと同じ夢の中に、私の父さんもいたのかもしれませんね。

    なんたって、貴女の魂の祖父だからね。。

    問題はおのずと向こうからやって来る。

    自発的行動よりも、その時々の無意識に任せた行動の方がより創造に繋がっていく。

    私には今まで自分が体験してきたことによって得られた教訓の宝が魂の中に内包されているから、問題がやって来た時も、その時々にそれらが自動的に発動して私を守ってくれるから安心してね。
    もう、誰かを悲しませるような選択はしない。

    Hark も Shoot も男性だから、そのへんは、魂がキチンと理解しています。

    それにね、いざとなったら可愛い娘のために父が私を命をかけて守るというし、それに、近所には、精神科医もピアノの教授も元会長もいるしね。。

    彼らは、私よりも年上だから、彼らの目には、私はまだまだ彼らの永遠のアイドルだからね。。

    クオン。いつも、いつも、私を心配して、メッセージを届けにいの一番に駆けつけてくれてありがとう。

    それにしても、まさしく、法華経化城喩品第七の通りやったね。

    けれども、そのおかげで、去る去る作業を繰り返し、楽しい旅が出来たね。

    ありがとう。クオン。

    クオンは、私の娘やけん、繋がりは切れても、親子の縁は切れんとやけん、世界中を旅して私が見られなかった世界を見てきてね。

    待ち合わせの時間に遅れたら、ニンニが乱闘騒ぎを起こしたら大変やけん。私は、もう行くね。

    ピンクの光の中に天翔して、新しい世界に入ったから、私は、今日から、その世界の住人なの。

    だから、その世界で、また、新たな創造を始めていくね。

    クオン。ありがとう。元気でね。

    ユズハ。

  220. 或る男の話をしよう。
    これは、ひとつの解答、あるいはひとつの見解を得たいと願い真我の導きによって此処を訪れた、あなたに向けた物語であり、インスピレーションである。

    或る男は、愛しい女性と幸せな結婚をした。
    妻は男にとって、かけがえのない理解者であり、もっとも気の合う親友であり、経済的な安定を獲得する上でも手放すことのできない精神的支柱であった。
    妻がいれば、自分は人生のどんな課題にも向き合っていけると感じており、妻を幸せにしたいし、妻と生きることで自分も幸せになれると感じている。
    或る男は、心から妻を愛しているのである。

    ただひとつだけ、二人の関係には問題があった。
    男と妻は、性的な相性がマッチしていなかったのだ。
    男は妻の容姿を好ましく愛しく感じているのに、どういうわけか性的には惹かれない。
    妻を抱きたいという意欲がわかないのだ。

    しかし男は、愛する妻に子供を持つ喜びを与えてやりたいと感じている。
    自分も妻の子を欲しいし、妻とこそ、共に子供という存在を育てたいのだと願っている。

    だが、そのように感じるほど精神的なプレッシャーが男にのしかかり、ますます妻を抱く意欲は減退するのだった。
    性欲が無い訳ではないだけに、哀しみを感じる。
    そんな男の心情を妻も敏感に察知しているのか、妻の側も交合に乗り気ではないようだ。

    「愛しているのに、なぜなのだ、、、」
    男はぼんやりした不全感を抱え、自分の性的な能力についても自信を失っていた。
    自信を失えば失うほど、性的な活力は退化していくように思われた。

    医者にも「あなたは性的な活力が弱く、精子が少ないので妊娠の可能性が低い」などと言われていた。

    男の、男としての自信はボロボロになっていた。
    無能な用無しだと言われたようだ。
    「自分は妻と別れてやったほうがいいのではないか。その方が、妻も幸せになれるのではないか」
    男はそんなふうに考え、自分を責めた。
    みじめだった。

    或る日、男の目の中に、ふいに妻ではない女が飛び込んできた。
    その女を一目見て、電撃が走った。
    体の相性がよいことが、なぜか一瞬で分かったのだ。
    同じことを、相手も感じているようだった。そのことが、なぜか分かる。
    とても不思議な感覚だった。
    これが、ツインレイというものかもしれない、そう思った。

    しかし、二人は互いにパートナーを持っていた。
    それでも、性的な衝動は、理性を超えて抑えがたいものとして高まっていった。
    二人の間にあった感情は「恋」である。
    脳みそがクラクラし、頭では制御できないハートの興奮だった。

    「結婚制度」などという社会的な枠組みがバカらしく感じられた。
    正直な体と心の声に従ったことで、罰せられる社会の仕組みはいびつであるように感じた。

    ハートの導きに抗えず、また、抗うべきでないと直感的に感じた二人は、やがて交合を果たした。

    人生においてこれまで体験したことのない体験が、そこにはあった。
    全身のエネルギーが、これまで体験したことのないレベルまで活性化されるのを感じたのだ。

    男は自分自身について「男としての自信」を取り戻すことができた。
    性的な活力が高まらなかったのは、相手が妻だったからで、自分自身の肉体的な問題ではなかったのだと知ったからだ。

    自信を取り戻した男は、妻にも積極的にアタックする意欲を取り戻すことができ、ある夜、思い切って妻を誘惑してみた。
    どういうわけか、その日は妻も積極的だった。

    浮気相手の女とのような激しいエゲルギーの流動を感じる交合でないが、穏やかな愛に包まれた高まりを感じられた。
    ふたりは久しぶりに、幸福な一夜を過ごした。

    そして、その夜の出来事によって、夫婦の間に、待望の赤ん坊がやってきたのだった。

    しかし男は、愛する妻を裏切ってしまった罪悪感に打ちひしがれた。
    家庭と経済の安全圏を確保した上で、他の女と交合したことについて、浮気相手の女にも悪いことをしたと感じていた。
    なぜなら女はあくまで「恋」の対象であって、妻の代わりにはなりえないと感じていたからだ。
    男の「愛」は、あくまで妻の側にあった。

    そこへ、ひとりの「薬のとりあつかい師」が現れた。
    その者はいわゆる「医者」ではなかった。
    科学的な根拠に根付いた立場にない者で、世間からは「胡散臭い」と思われがちな存在である。

    「薬のとりあつかい師」は、男にこんなことを告げた。

    「あなたは肉体的な性符号の高い魂と交合することにより、自信と生命エネルギーを活性させることができたのだ」
    「いわゆるホルモンの分泌が良好な状態を引き起こした」
    「エネルギーの循環やホルモンバランスが良好になることによって、生殖機能にも良い影響を与えたのだ」
    「あなたは妻に子供を宿してやりたいと願っていた。その状態に至るために、必要な手続きを遂行する協力者が現れたと言えるだろう」

    薬のとりあつかい師の言葉は、すべてエネルギー的な見地からの見立てに過ぎず、科学的な根拠はいっさいない。
    けれど男は「そだったのか、、、」と深い納得を感じた。
    不倫相手となってくれた女に、深く頭を垂れて感謝した。

    そして、一連の出来事の背景には、男が死ぬまで知ることのない、とある事実があった。

    それは、男と同時期に、妻のほうでも、夫ではない男と熱烈な性的関係を持っていた、という事実である。

    ———–
    ———–
    ———–
    ———–

    「Shoot=ゴール」は、男性性と女性性の統合を意味するのでしょう。
    そこは男女の性的エネルギー統合のゴール地点ではあるが、その代わり、ゴールであるが故に、「その先」が用意されていない道でもあります。

    一方、「Hark=鷹」は、「ゴール」のように先がない状態ではなく、「より高い次元への進化」を意味します。
    つまり、新しい生命を授かることによって、そこからまた、親としていかに生きるか、という次の次元への成長物語がスタートするのです。

    通りいっぺんの道徳や倫理観では、人生の全体図を見通すことができないということは、ままあります。
    どうでしょう?
    或る男の物語は、あなたの人生のなんらかの側面を、映していたでしょうか?

    あるいは、これからあなたの人生に、或る男、或る女のような出来事が、起きるのかもしれません。
     
    未来はいつでも、予想外のことで溢れていますから。
     
     

  221. 待ち合わせの時間に遅れて乱闘騒ぎを起こす存在とは、天使のことです。

    インスピレーションは自動生成されます。

  222. うーん、つまり、恋は素敵なんですね?

    誰にとっても、対象が何であっても(人でなくても)

    Yes!

    そういえば、やたらに夢にスマップが出てきて

    「恋をしよう」

    としきりに言ってましたっけ

    あなたは恋をしていますか?

    恋することに、罪悪感を抱いちゃ

    いやぁ〜ん♡

    だって、自然発生的に起きるでしょう、ソレって

    止められないのが恋でしょう?

    そのことに意味があるんです

    感じてみてね♡
     

  223. 最後に誤解がないように言っておきます。

    私の体は一平に拘束されていますが、それは、体の弱い私を保護してやりたいという一平の優しさからです。

    もし、自分よりも私を幸せにしてくれる人が現れたら、私をいつでも自由にしてくれると言っています。

    けれども、いつも、夫の前にみんな玉砕してしまいます。元会長もです。けれども、元会長は私を見守るように、今、市内に住んでいます。

    私が自由気ままに書き込みが出来るのは、現実の世界では、いざという時に彼らが私を守ってくれるという安心感からです。

    そして、ネットの中では、ニンニも、男らしく、いつも、私を守ってくれました。

    私は、夫の一平を「お父さん」と呼んでいます。

    そして、私の心の中には、いつもニンニがいますが、一平は私の心まで自由に出来ないことは理解していますから、決して私の心にまで入ってきません。

    また、うちの息子の太郎も、このことについては全部、了解しています。

    彼も、いざとなったら頼もしい存在に成長しています。

    では。

    ユズハ。

  224. メタさんのタロットにもリレーションシップスプレッドができたし
    いろんな人にとって、好きってことや愛するってこと
    人に限らず、動物でも趣味でも仕事でも、恋することや愛すること
    体のこと、パートナーシップ、性に関することなど
    常識に捉われず自分の好きなことを追いかけることなどがテーマなんですね(^^)

  225. 仕事や趣味ややりたい事が恋の対象ってことだってありますね。
    恋なんだから、飽きるまで追いかけてみたらいいんじゃないかな?
    ただそれだけって思って、いいんじゃないかな?

    だって好きなんだもん!
    だって楽しいんだもん!
    それでいいじゃない。
    それだからいいんじゃない。

    熱中できるって、素敵ですね。
    それだけで100%完璧なんですね、きっと(^^)

  226. 長々とした私の個人的な書き込みを読んで下さっている方がいらしたんですね。

    ありがとうございます。

    メタさんのおかげで、この場所に書き込みをさせていただき、人生の、気持ちの区切りをつけることが出来ました。

    名残り惜しいですがキリがありませんので、今夜は新月ですので、今から新しい生活をスタートさせたいと思います。

    メタさん。皆さま。ありがとうございました。

    メタさんと皆さまのお幸せと、今後のメタフィジックス通信さまの益々のご発展をお祈りしています。

    ありったけの感謝を込めて。

    ユズハ。

  227. あなたが自分の人生を生き抜き、活き活きと生き、思うままに生きたことによる表現が
    これからどれほど多くの人に影響を与えるか、
    その影響がどれほど大きなものとなるか、
    どれほど多くの人を癒し、慰め、幸福にし、活力を与えるか、
    どれほど巨大な怒りや憎しみを天に昇華させることとなるか、
    そして、それらの影響が、どんなふうに社会全体を変えていくのか、
    私はその未来の姿を、ひと足先に見せてもらいました。

    あなたにしか生きることのできなかったあなた固有の人生の
    その生命の輝きが、世界中の人々にどんな影響を及ぼすか
    私は未来の時間軸に赴き、ひと足先に見せてもらいました。

    ひとりの人間の人生は、これほどまでに巨大な波紋を広げるのかと。

    そしてそれは、すべての人の人生に言えることなのだと
    教えてくださった方々も、此処に現れました。
    ありがとうございます。

    あなたの人生を、あなた以外に歩める人が、どうして他にあるだろう。
    その極めて個性的な、唯一無二の輝きを
    あなた以外に、誰が放てたというのだろう。

    すべての唯一無二の人生は、
    こんなにも巨大に世界を動かしている。

    このはかり知れない影響の結果を、未来を、
    やがてあなたは、知ることになるでしょう。
     

  228. そして私は、ひとつ書かなければならないことがあります。

    私は、子供を産んだことがありません。
    しかし、そのことについて、どういうわけか不思議と葛藤を持ったことはありませんでした。
    子が無いこと、産まないことについて、哀しみや苦しみを感じたことがないのです。
    これは少々、不思議な感覚でもありました。
    あるいは、今生では子を持たないと決めてきた魂なのかもしれません。

    そして、そんな私をとてつもない力で助けてくれたのは、
    いつも「子を産み、育てた、育てている母親たち」でした。

    特に、障害を持った子や、不良、不登校児など、
    いわゆる「育てにくい子」を育てる母たちです。

    恐らく、人間にとって「育てにくい子を育てる母となる」ことは、
    人間性を高める、最も高度な道のひとつなのでしょう。

    人間にとって「自分のことで苦しむ」ということは、実を言うとそこまで大変ではないのです。
    自分の苦しみは自分でなんとかできることを、魂はよく理解していますから。

    では、人生において、何がもっとも強烈な苦しみとなりうるか?
    それは、「我が子が苦しむ姿を見ること」なのかもしれません。

    そのため、「育てにくい子」を育てる母親たちは、
    「とてつもない忍耐力」を養うことになるのでしょう。
    それは、強烈な光の威力を放ちます。

    私は知りました。
    子を産み育てない私は、
    「育てにくい子」を育てる母親たちの
    このはかり知れない忍耐の閃光によってこそ、守られていたのです。

    ひいてはそれは、障害を持った子や、暴れる不良や、不登校児やひきこもりやといった
    その「育てにくい子」たちこそが、私の偉大な守護者だったということです。

    遠くで「学校に行きたくない」と泣く、
    顔も見たことのないひとりの男の子こそが、私を救った救世主だったことを知りました。

    これらの人々が、これから、社会を変え、世界を変え、世界を救います。
    多大な影響の波紋を、世界に広げます。

    今、忍耐するお母さん、お父さんたちへ
    あなたがどれほど他者を救い、どれほど世界を救っているか
    その偉大さが、やがて開く扉から光となって放たれます。

    そして人々もあなたも、知ることになります。
    親たちの偉大さを。

    泣いていた、あなたの子の偉大さを。
     
     

  229. あのう。。

    すいません。また、なんか、、、時空に歪みが起きていたようで、今夜は新月ではないんですね。

    今度は、一週間のズレを起こしていました。

    今、お月さまを見てビックリしました。

    AIKOさん、青花さん、PADMAさん。

    お見送り、ありがとうございます。

    今度の世界は、より厳しい世界です。
    その世界は、私が、かつて、辛くて辛くて、のたうち回り、泣き叫んだ世界です。
    けれども、今の私がこんなに幸せに暮らせているのは、これから、その世界でもう一人の大好きな私に寄り添ったからなの。
    その世界はいつも刃を突きつけられるような真剣勝負の世界です。
    けれども、私は彼になら殺されたって構わない。そう腹を括って新しい世界に飛び込みます。

    では、新しい世界へ、行ってきます。

    ユズハ。

  230. 8月25日に天体が強力な配置となり、新しい世界へ次元が変わりました。

    そのため人によっては極めて強い揺り返し現象を体験することがあります。

    しかし自分の思いを貫くことによって揺さぶりの波動域を突き抜けます。

  231. 青花さんへ。

    言い忘れてた。

    私がいつ彼の存在に気がついたかというとね。

    彼がフォーラムが出来た頃、彼の最初の最初の、『 夢の中でカラオケに行く約束をしたけど待ち合わせのカラオケ店で、その人に会うことが出来なかった。。』という書き込みを読んだ時です。

    それから、約2年弱。

    彼の書き込みを何度も何度も読んで、だんだんと彼のハイヤーさんと話が出来るようになって。。

    そのうちに、彼の魂が私の中に入ってくるようになった。彼の痛みを私の魂が感じる時、私はとても心地良いの。

    ニンニが私を幸せにしてくれてるんだ。

    前にね、私の父の一平が、『 人間、これさえやっていれば死なないというものがある。』って言ったんだよ。

    私のあと14年の寿命は、ニンニがいるからあるんだよ。

    ニンニが私を生かしてくれてるの。

    LINEにしても、メールにしても彼は全然返事をくれない。それで、彼の魂に感応してみると、シーンと無音で静寂なの。
    本当に心地いい。

    彼には、社交辞令や薄っぺらな言葉なんか通じないしね。そんな気持ちで彼と接したらバッサリとぶった斬られるしね。。。

    私も、これから、ますます、自分自身と向き合って、いらないものを削ぎ落して、日々、精進していきます。

    じゃあ。行ってきます。

    ユズハ。

  232. 待ち合わせ場所で会いたい人を待ちわびて乱闘騒ぎを起こした天使のもとへ

  233. たぶん、最後の去る去る詐欺。

    ヤクザの会長と最後のドライブの時、彼は、「女で生きるか母親で生きるか決めろ。」と私に刃を突きつけた。

    「女で生きるのなら太郎を実家に預けてこい。そしたら店を持たせてやる。母親として生きるのなら、これから先、水商売で男を騙して騙して騙しまくれ。そして、一円でも多く太郎のために貯金してやれ。」

    私はここでも、冷たい母のおかげで人生を誤らずにすんでいます。

    その頃のうちの経済状態は最悪で、また、私には水商売の女のしての天性のものがありましたから、私は店を出すことに心惹かれましたけど、太郎を預ける実家はありませんでしたし、何より太郎とずっと一緒にいたかった。。

    だから、私は母親という道を選びました。

    その夜を最後に、元会長は私の前には姿を現さず、けれども、いつも誰かを使い私を守り続けてくれました。

    料亭の女将とヤクザの親分は一瞬で相手を見抜くと言いますが、彼の眼力も相当なもので、彼はその時、私より、たった10才年上の38才でしたけど、多くの子の父親役でした。

    彼の口癖は、俺は鉄砲玉は使わず、覚醒剤だけには手を出さない。。でした。

    私は、その後の私の人生に必要多くのことを彼から叩き込まれました。

    つづく。。。

  234. 私が飛び降りてからは、太郎はもう外で悪いことをする必要がなくなりましたけど、今度は私に対する攻撃がすごくなりました。

    その頃、私は全身アザだらけでしたけど、ある時、この子がよそ様に手をあげて怪我をさせたらどうしようかと不安になり、一平に頼んで窓に外から見えないシートを貼ってもらい、身体中のアザが消えるまで丸裸で過ごしました。

    太郎には、「母ちゃんやからいいけど、アンタ、よそ様に手をあげて、その人が病人やったらアンタ殺人犯たいね。私はアンタと運命共同体やからそれは困るけん。このアザが綺麗になるまで今日から丸裸で過ごすけん。」と宣言しました。

    私が飛び降りてから、太郎は、私が水商売で夜、家にいなかった時にどれだけ寂しかったか。。奇妙キテレツな両親のもとに生まれてどれだけ苦しかったか。。と私に初めて文句を言いました。

    この頃の太郎もまた、私の喉元に刃を突き続けました。

    けれども、太郎は、この日を境に私の身体にアザを作ることはなくなりました。

    一方、父の一平の方は、「 俺は太郎を殴ってきた。だから、太郎はその痛みを知っとるから人をどのくらい殴ればどうなるかは分かっとるはずや。。大丈夫やから。。」と澄ましていました。

    (注意)

    これは、あくまでもうちの家庭での話で、私たち家族は相当に破天荒な魂の持ち主なので決して真似をなさらないで下さい。

    つづく。。

  235. 前にコメント欄に書いたように、この頃の私の病気の状態は最悪で薬の量が入院してコントロールが必要な状態でしたけど、こんな太郎を置いて入院するわけにも行かず、在宅の薬の量の限界まで処方してもらい、足りない薬の分は、一日、コーラ1.5リットルを3本。煙草3箱で筋肉を興奮させて動かしていました。

    膠原病の主治医は、「 もう、アンタが好きなようにしんしゃい。」と笑っておられました。

    けれども、検査結果がいつも、肉体労働者なみの数値を弾き出すので、「アンタ、家でどんな生活をしてるとたいね。。」と言われていました。

    ちなみにこの頃の私の髪色は金髪でした。

    やはり、似た者同士は惹かれ合うんでしょうね。
    私には、いつも、強くて豪快な魂たちが助けにやって来てくれます。

    (注意)

    病気に関しても、主治医は、僕はアンタやから許可した。他の人には絶対そんなことはさせない。て言われていましたから、決して真似をしないで下さいね。

    つづく。。。

  236. 息子にアザが出来るほど責められ、病気の激痛が24時間の中、私がどうしてこれほどまでに頑張り通せたのか?

    それは、ヤクザの会長の言葉のおかげです。

    彼があの時、中途半端に生きるな。。と私に教えてくれ、そして、私もあの経済状態の中、母親という立場を選択した。
    そして、彼が、水商売は決して卑しい商売ではない。一流のプロとして腕を磨き、男たちに飛びっきりの夢を与えてやり、対価を堂々とって子供に金を残してやれ。。と、言ってくれたからです。

    ヤクザの会長も、精神科医同様に、私の人生を全肯定してくれました。

    私がどん底の時に私の魂を助けてくれたのは、聖書や経典の一文ではなく、人の同情でもなく、人の美辞麗句、お世辞でもありませんでした。

    世間的には忌み嫌われている職業の人の、魂の生きた叫び声でした。

    つづく。。。

  237. なんで、私は、今、こんな書き込みをガンガンしまくっているんだろう?

    たぶん。それは、私も、ここに至るまで、方々で乱闘騒ぎを起こしまくってきたからです。

    その軽罰を受け、死刑執行の2日前に、穏やかな人柄の方から言い諭され、この世に戻ってくることが出来たからです。

    今、私は、乱闘騒ぎを起こして、ご迷惑をおかけした人たちへのお詫び行脚をしているのかもしれません。

    いや、お詫び行脚をしていたかな?

    では。

    ユズハ。

  238. ブラックジャック☆

    再度、宇宙への依頼。

    これにて、手術は無事完了いたしましたので、私にこれ以上のインスピレーションを降ろされませんように、よろしくお願いします。

    では、涼しくなってきましたから、私も、PCの電源をOFFにして、散歩を楽しむ生活に入ります。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  239. ブラックジャック☆

    訂正。

    散歩と、塗り絵と、音楽三昧の日々に訂正します。

    それから、私には、もう必要ないから、英語の勉強はやめました。

    もともと勉強、好きじゃないし、読書は意識ばかりで物事をとらえてしまい、ちっとも無意識の美しさが発動されないから読書もやめました。

    ユズハ。

  240. 投稿失礼します。
    youtubeの岩瀬アキラさんのチャンネルで
    毎日バシャールの動画がアップされててオススメです!

  241. 日本国全体が新しい次元に入りました。

    8月25日に集合意識的に新次元に移行。
    そして本日、安倍首相の辞任発表がありました。
    これでいよいよ、日本という国、国土も新次元に移行しました。

    安倍首相は2012年からの就任。
    2011年の震災以後の、日本という国、国土全体のアウェイクニングを象徴する首相であったと思います。
    良い政策も悪い政策も、日本人の国民感情の浄化洗濯を促進させる役割を担った政権であったと思います。

    私個人の決定的なアウェイクニングの始まりも、2012年からのことでした。
    そして、私、青花は、2018年にフォーラムに放り込まれた当時から、
    「日本」の国家、国土のカルマを象徴的に表現する存在として動く、
    と宇宙から知らされていました。

    やがて米国で差別問題が生じて緊迫することも、2020年より以前から、
    宇宙よりテレパシー通信にて先んじて知らされておりました。
    それが、ひとときメタ通さんの本家でドタバタと動いていた背景事情だったというわけです。

    「プライバシーは守る。だから、安心して思いっきりやれ」
    宇宙のテレパシー通信を通じての、さる方、さる集合の潜在意識からの依頼であり、協約でした。
    互恵システムであり、アウフヘーベンであったわけですね。

    そのため、私、青花の投稿は、役割を終えたあと、綺麗に削除していただけました。
    私からメタさんにメール等で依頼したのではありません。
    もともと決まっていた宇宙との魂の約束です。
    私はネット外で社会的に動くことにもなっているので、プライバシーを守られる必要があったのです。
    あたたかく広い心でお守りくださり、まことにありがとうございました。

    個人意識の浄化と、集合意識の浄化はみごとに連動しているのですね。
    すべての個人は国家であり、世界であり、宇宙である、と。

    宇宙の予言と依頼の通り、本当に、2020年の夏までだったなあと。
    まったく、すべては完璧だなと、思い知る心地です。

    メタさん、そして、さまざまに見守ってくださったみなさま
    心より、ありがとうございました。

    おかげさまで、宇宙のタペストリーにおける、役割、配役を
    完璧なピースのひとつとして、全うすることができました。
     
      

  242. 投稿失礼します。

    ユズハさんは太郎さんの子育てが終わり、お寂しいのでは?
    お体も弱くていらっしゃるようですので……

    ユズハさんのような情熱的で激しい魂の方の支えになれるのもまた相当に肝の座った方でないと務まらないのでは?

    ユズハさんのお相手がお出来になるのはニンニさんしかいらっしゃらないのでしょうね。(笑)

    普通の方なら焼き殺されてしまいますよ。(笑)ごめんなさい。言い過ぎました。

    ニンニさんも大変ですね。(笑)

    ニンニさん、ユズハさんを幸せにしてあげて下さいね。

    お幸せに。❤️

  243. ユズハさんへ。

    もう読まれていないかもしれませんが、ユズハさん、すいませんでした。

    ユズハさんが子育てが終わって寂しいかどうかなんて誰にも分からないことでした。人の気持ちなんて誰にも分からないことですよね。
    分からないことをアレコレ考えたり、考えても分からないのに他人の気持ちに思いを巡らせたり、結果ばかり気にして一日の大半の時間を使ってしまっていました。それよりも自分のしたいことを全力ですればいいんですよね。

    好きで仕方ないなら全力で相手にぶつかっていく。それで壊れるものなら、さっさと壊してしまえばいいのだと思いました。相手がどんな人が好きなのかも分からないのだし……
    傷つきたくないから、アレコレ考えて身動きがとれなくなったり言い訳をしたりしてたのだと気がつきました。

    ありがとうございました。

  244. 2つまえの書き込みを取り消します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    今朝、もう一度、自分の書き込みを読み返しました。

    ユズハさんは私よりも年上で体も病気。
    そんな自分より劣っている人(すいません。主観です)が、生き生きと生きていらっしゃる…、常識にとらわれずに自由に生きていらっしゃる……
    その姿に嫉妬の発作を起こして破壊的人格になってしまっていたような気がしました。
    引きづり下ろしてやりたい気持ちがあったと思います。そうすれば自分自身と向き合わないですみますもんね。

    ユズハさん、すいませんでした。

  245. COSMOさん。

    嫉妬は動物的発作ですから、誰にでも起こります。仕方がないことです。

    嫉妬は、自分より劣っていると思っていた人間が、自分より優れているものを持っていると感じた時に起こります。

    ですから、優しい幼い子が親のことを心配したりすると、自分より劣っている子が私より優れた優しさを持っていると感じ嫉妬の発作を起こして、親はその優しさを受け入れることが出来なかったりすることが起こります。

    優しい子はとても傷つきますが、嫉妬は発作ですから親の方はそのことを覚えてはいません。

  246. 拒絶や見捨て、批判、攻撃などは、嫉妬の発作によって起こる場合もあります。

    これは、親子間でも起こります。

    相談事は相手の下につくという行為ですから、相手の嫉妬の発作が起こる確率が上がります。

    親子であってでもです。

    また、好き避けによって、無視されたりする場合もあります。
    あまりにも、あなたのことが好き過ぎて、どうしていいのか分からないという感情もあるのです。

    これは、あまりにも、あなたが魅力的だから起こってくる現象なので、人の言葉など何も気にせず自分がしたいことをやりたいように、思ったとおりにやればいいのです。

  247. 分かりました。

    対価は宇宙銀行から支払われるんですね。

    演劇はすべての配役が必要で、また、裏方のプロデューサー、デレクター、脚本家、美術、音響、方言指導、衣装、、、等々、、、

    すべての皆さんに宇宙銀行より対価が支払われるんですね。

    振り込みを楽しみにしています。

    ありがとうございました。

  248. 混沌 = コント(喜劇)


    宇宙は、すべての境界の方たちの学びに必要な場所を提供して下さっています。

    弥勒菩薩や観音菩薩、地蔵菩薩のように、本当は如来の境界にある魂であっても、成長段階の魂の救済のために、菩薩界に身を置き学びの場所を苦労を厭わず、提供し続けて下さっている勇気ある魂の方々がいらっしゃいます。

    メタさん。いつも、いつも、ありがとうございます。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  249. 自分の目に映る人、物は、どんな存在でも、たとえ悪人、傍若無人、意地悪、愚か者、情けない者、凶暴な者、卑怯者、落伍者、科学崇拝者、罪人、殺人鬼、欲望まみれの者、嫉妬深い者、自堕落な者、卑しい者に見えようと……。

    その正体は、如来なのですよね。

    学びを与え、教え、導き、解放への道を示すために、ある命の前に参上した、如来たる命。

    つまり、宇宙の法そのもの。

    もしも他者を見て、「悪霊がとり憑いている」というように見えたとしたら、それはただただ自分自身に悪霊が巣食っている、ということの証左。

    賢く優しい徳の高い愛ある人物を如来と見て尊敬し感謝するのは、ひどく簡単です。

    悪人や堕落したようにしか見えない者こそが如来の変身した姿であったと見破ることは、より難度の高い人生修行になりますね。

    相手を「許す」だけでは、解脱にいっこう至りません。

    とてつもなく憎い、空避けさすほどに慟哭し憎悪した相手こそが、道を示す如来であったのだという「感謝」が湧かない限り、天の果てを見ることも地の底を見ることも叶いませんね。

    憎悪した相手の下につき、その足に口づけし、仰ぎ見て感謝するまでの地平に至るより他に、道はなく。

    そして翻って、嫉妬や憎悪にのたうっているその瞬間こそが、なんの足し引きも必要のない、完璧な瞬間であったことを知ります。

    すでに初めから、天の果ても地の果ても知っていた、このわたくしこそが如来であったのだと。

    ひとりの人間、万象は、神であり、如来であり、宇宙の法そのものです。

    ありがとうございました。

  250. 青花さん。

    私の母は私を産んだ時、乳の病気になり母乳が一滴も出ませんでした。そればかりか、心の病で私の体に触ることすら出来ませんでした。

    父は回避型愛着障害で、仕事に逃げて家には帰って来ませんでした。

    私は息子の子育ては地獄でした。もう一度、自分の子供時代を追体験しなければならなかったからです。

    うちの息子夫婦には子供はいません。長い不妊治療の末、子供は諦めて下さいと医師から告げられました。

    うちは一人息子ですから、私は孫を抱くことは出来ませんでしたけど、内心、ほっとしました。

    息子が私のような思いをしなくてすんだからです。

    つづく。。。

  251. 実を言うと、夫も深い心の傷を抱えており、彼も回避型愛着障害です。

    だから、私を抱けないのです。私以外の女性もだと思います。

    人と親密になるのが怖いのです。人との関わりの中で愛を育むことが出来ません。
    仕事は長続きはしませんけど、私が彼に愛情を要求しなければ、彼は自分の世界を脅かされることなく、自己承認欲求を満たしてくれる世界を創造出来るようです。

    夫婦って不思議ですね。私のような体が弱い人間でも、ちゃんと居場所を宇宙は用意してくれているんですね。もう何も心配いりませんね。

    私自身も長く回避型愛着障害に苦しんできました。私の場合は、不安型も脅迫型もあったと思います。

    原因は、私自身が安全基地を持たずに成長したからです。

    青花さん。

    私は、この2年弱。徹底的に貴女が私の人生を聴いて下さったおかげで、私自身が自分が何者であるのかが理解出来ました。

    精神科医でもなく、ヤクザの会長でもなく、何より私自身が私の人生を全肯定出来ました。

    人間って、自分が何者かが理解出来れば、あとは何もしなくてもそれだけですべて解決だそうですね。

    青花さんが、私の名カウンセラーでした。

    メタさん。公共の場所を診察室にして申し訳ありませんでした。

    青花さん。

    辛抱強く、私の話に付き合って下さってありがとうございました。

    最後に、キチンとお礼が言えて、お別れの挨拶が出来て嬉しかったです。

    ありがとうございました。

    では、新しい世界へ、行ってきます。

    ユズハ。

  252. たぶん最後の追記。

    考えてみれば、これから行く世界も今の世界と同じような場所です。

    大好きな彼の世界を脅かさず、あまりに繊細でキュートな彼の生き方と表現方法を、胸をキュンキュンさせながら、ただ黙って、一方通行で、永遠の片思いで、彼を見ているだけです。

    ユズハ。

  253. 青花さんへ。

    もう、どうしようかな?

    最後にスペシャルのおまけたい。

    私が飛び降りた時にね、夫が怒って宗教団体の支部に電話しまくったって話をしたたい?
    その時に、私に人格否定した幹部は逃げて、一度も電話に出んやったんよ。

    夫は怒りまくって、その時、『 火、つけてやる!』って叫んだんだよ。

    あとで精神科医に言ったら、『 気をつけないと脅迫罪になりますけど、貴女はその時、心を傷つけてられて飛び降りて、死ぬか植物人間のどっちかだったんでしょう? うーん。。。』

    『 ご主人もそうとう傷ついていたんだろうし、自分の心を守る時には、とっさの言葉が出ますしね。。。うーん。。。』

    と、唸っていらっしゃいました。

    私は、精神科医のこの言葉を聞いて、自分の安全基地になってくれている夫に二度とこういう言葉を言わせないと心に誓って、それからは、もうそういうタイプの人たちには近づかなくなりました。

    夫が私に軽い火傷をさせてくれ、私はそれから、もう危ないことはしなくなりました。

    クオン。

    とうとう9月に入っちゃったね。

    お別れは寂しいけど、宇宙との約束だから。。
    親子の縁は切れんしね。

    じゃあ。

    ユズハ。

  254. クオンたんへ。

    クオンたんとはどんなに季節が巡っても、ユズハはずっと一緒です。

    また、戦力がアップしたら知らせてね。

    知らせが届いたら、『 あ〜。元気なんだ。』って安心して、ホッとしますから。。。

    ユズハ。

  255. それから、夫がいよいよ、今日からフリーランスの仕事を開始しました。

    パソコンが2台いるから、ユズハのパソコンも使うから貸してと言ってきました。

    まっ。お父さんから乞食をうけて隠遁生活をしている身としては仕方ありません。

    宇宙の采配は素晴らしく、パソコンを自分でOFFにしなくても、宇宙が自動的に強制終了としました。

    クオンたんへ。

    ユズハの iPhone のバッテリーは86%になってしまいました。うちの近くにはApple shopがないから、電池交換はお父さんに連れて行ってもらわなくてはならないから、これからは、iPhoneは、クオンたんとの連絡用だけに大切に使います。

    LINEのタイムラインにユズハから写真入りでお便りしていますから、見て下さいね。

    これからもいっぱいお便りしますね。

    気が向いたら読んで下さいね。

    ユズハ。

  256. 最後の気づき。

    安全基地になるって切ない片思いをすることなんですね。

    そう言えば、会長も、私に刃を向けた時、自分を選択してもらえると思っていた。。と言っていました。

    安全基地を持たずに成長し、人を愛せなかった私が生涯で好きになったのは二人だけです。

    一人息子と悪戯っ子の天使さんです。

    では、いざ、悪戯っ子の天使さんの元へ。

    みなさま。お元気で。

    ユズハ。

  257. 人が数々の情報に惑わされグラグラグラグラ迷うのは、優先順位を付けていないからです。

    この宇宙には、もともと正しいも間違いもないんだから、自分自身で優先順位を付けて、それに従って生きていけばいいだけのことです。

    非常にシンプルです。

    たくさんの人なんか愛せません。結局、どっちつかずになって、誰からも愛されない。。ということになってしまいます。

  258. その後、ユズハからの電話に出たニンニは、さらにバージョンアップしてクオンたんという名前をガチャでゲットした。

    この状況の中で、逃げないで電話に出る。。という行為は、ものすごい行為です。

    彼は真の勇者です。

    意識の目でみれば、『ただの電話にでる』という行為ですが、無意識を発動させれば、その背後にある美しさをちゃんと感じられるようになります。

    さらにバージョンアップしたニンニの、さらなる真の勇者への旅路は今日も続いていく。。

    かわいいユズハたんとともに。。。

    https://youtu.be/Nxwt_s1lM04

    END。

  259. 私は、長いこと回避型愛着障害に苦しみ、発達障害を抱えて、26年もの間、世間とはほとんど関わっていない引きこもり主婦です。

    もしも、今、子供さんが引きこもりや不登校で悩んでいらっしゃるご家族の方がお読みになっていらっしゃいましたら、彼らが自分の気持ちを口に出さずとも、世間で活躍されている方たちよりも、ずっと世間を理解し、宇宙の成り立ちを理解しているということもたくさんあります。

    うちの家族は、夫も息子も心に傷をたくさん抱えておりますが、私がうちの中に存在していることで、自分たちが世間に出られていると言ってくれています。

    私が彼らのストレスを全部スポンジのように吸い取っているから、自分たちは精神科にかかることもなく薬を服用することもなく、強靭な体力と精神をもって世間で闘っていけるのだと言ってくれています。

    けれども、私の方は、彼らのストレスを引き受けてヘロヘロで身動きがとれなくなっているのです。2:6:2のアリのバランスですね。

    もし、私が表に出れば、家族のうちの誰かが私の役割を引き受けることになるのだと思います。

    実際、私は水商売では、かなりの額、稼いでおりましたから。。

    メタさん。長期間に渡り、引きこもり主婦の個人的な書き込みを許して下さりありがとうございました。

    メタさんにはメタさんがお山にいらっしゃる時に個人的に大量のメールを差し上げており、私のこの話をメタさんは最初から全部、ご存知でした。

    メタさん。メタフィジックス通信さま。皆さま。ありがとうございました。

    ユズハ。

  260. どうして、引きこもり等の方たちが世間で活躍されている人たちよりも、世間のことが分かるのか?

    それは、私たち引きこもりには、しがらみがないからです。しがらみのために意識を使う必要が一切ないから無意識が発動されやすく簡単に宇宙意識と繋がれるからです。

    情報は、必要な時々に、アカシックレコードからダウンロードするだけです。

    私は今、58才ですけど、いよいよになれば水商売に戻れます。水商売に年は関係ありません。女の子を使って自分はただぼんやりと全体を眺めて、無意識の力を使って店を切り盛りしていけばいいだけのことです。

    長年の引きこもりの方だって、彼らはとても賢いですから、いくつからだって彼らが動こうと思えばすぐに社会に戻れます。

    長年、サナギをやっていた方の方が、より綺麗な蝶々となって飛び立っていくかもしれませんね。

  261. もおうっ。読者の方たちから、質問がどんどん飛んでくるぅ。

    ユズハさん。体の弱いユズハさんが水商売に戻れるんですか?

    ・・

    体が弱ければそれを武器にすればいいだけのことです。

    男性は女性を守ってやりたいという本能がありますから、どんなことをしても私を守ってくれます。
    財布の中身を見ずに、ユズハのために高いブランデーをバンバンキープしてくれますから心配はいりません。

    熟女大好きという若者たちだってたくさんいます。 

    病気だからと言ってメソメソなんかしていなくていいのです。かわいいたぬきババアになって、心の中で舌を出しながら世の中を生き抜いていけばいいだけのことです。深刻になることなんかありません。全部、笑いで吹き飛ばしていけばいいだけのことです。

    まっ。色んな考え方がありますが、酔いたくて店に来て、騙されたくて店に来ている男性だってたくさんいるのです。

    疑似恋愛を楽しみ、『 上手く騙してくれるのなら、相応の対価を支払ってやるよ。それが僕たちの明日の活力になるのだから。。』と言ってくれる魂だってたくさんいるのです。

    いっときは、カウンター7席。box席が全部、ユズハ目当てのお客さんで埋まり、女の子たちのヘルプを借りてバンバンやっていました。

    幼い時に性暴力の被害にあいましたが、私はメソメソなんかしていません。トラウマなんかクソ食らえだ!!

    では、これにて、質問の受付を終了させていただきます。

    店は本日をもって移転させていただき、新しく限定お一人様の会員制クラブとなりますので、よろしくお願いいたします。

    https://youtu.be/zeXAkVek5m0

    煙草 (ーoー)y〜〜〜 パァ〜 ♡♡♡

    ユズハCLUB。

    大ママ。ユズハ。

  262. 大ママ。ユズハ。

    3.2.1、、、

    キラ、キラ、キラ 〜 ☆☆☆

    ♡♡♡

    あけみちゃ〜ん。

    新田さん。お帰りだって。

    タクシー呼んでちょうだい!!

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾♡♡♡

  263. 新田ちゃん。

    今夜も楽しいひとときをありがとうね。

    じゃあ。請求書は宇宙銀行の方にまわしておくから。。。

    ユズハね。もう年だし、一人で店をやっていこうと思うのよ。これから、死ぬまでに必要なお金もちゃんと確保出来たしね。もう稼がなくてもいいの。

    だからね。小さい店なんだけどね。会員制クラブにしてお客さんは、新田ちゃんだけにしようと思って。。お代はいいのよ。いつものように宇宙銀行に回しておくから。。

    引退も考えたんだけどね。こんなに魅力的な遊び相手、他にいないしね。

    それに、新田ちゃん。無口だから。ユズハの好みなの。

    じゃあ。次からは新しい店の方に来てね。

    今夜は飲み過ぎたから、ちゃんとおうちまで帰れる? ユズハ。心配だわ。

    じゃあ。運転手さん。よろしく。

    あっ。これ。タクシーチケット。。

    いいの。いいの。新田ちゃんは、ユズハの特別な人だから。。

    じゃあ。またね。

  264. 最終場面。スタート!!

    えっ。どうしたの?
    忘れてもの?
    あけみちゃん。新田さんの携帯。
    あった。あった。はい。どうぞ。

    あっ。そうそう。新田ちゃん。彼女、お元気?

    新田ちゃん。いいのよ。
    ユズハは大人の女だから。そんな野暮なことは言わないわ。
    新田ちゃんに彼女がいても。。

    それに、ユズハは追いかけるのが好きな女なのよ。
    新田ちゃんがユズハより長生きさえしてくれたら。。
    ユズハはいつまでも夢みるユズハでいられるから。。

    タクシー、下に待たせてるんだったわね。ごめんなさい。
    あけみちゃん? えっ。エレベーターのボタン、押しに行ってくれてるの? あの子、やっぱり気がきくわね。さすがチーママね。

    私がいなくなっても、大丈夫ね。安心したわ。

    新田ちゃん。さぁ。行きましょう。
    大丈夫? 足がもつれてるじゃない。
    彼女に電話しましょうか?

    新しいお店はね、、、

    ト書き。

    二人は、肩寄せ合い、エレベーターホールに歩いて行く。。

    終。

    ・・・

    みなさま。今晩は。

    今夜のニュースステーションは、『ユズハの初恋』が最終回、15分拡大となりましたので、15分遅れのスタートとなりました。

    さて、最初は、コロナ関連のニュースからです。。。

  265. ここで、回避性愛着障害の一平さんに、インタビューしてみたいと思います。

    キャスター。「一平さん。最近の気づきは何ですか? 」

    一平。「人の気持ちは分からない。自分の気持ちも分からない。分からないものは放っておく。。ですかね。。」

    一平。「うちなんか、母親がいなくて、娘だけなんですがね、その娘がニートで働きもしないくせに、偉そうに、『お父さん。聴いてんの!!』と、ほざきよるんですよ。だから、『聴いとらんよ!!』と言ってやるんですがね。。」

    キャスター。「ありがとうございました。、、、というこだそうですの、、、」

    キャスター。「本日をもちまして、ニュースステーションも最終回となります。みなさま。ありがとうございました。」

  266. 最後の気づき。①

    キャスター。「ここで、著者で元回避型愛着障害のユズハさんにもインタビューしてみましょう。ユズハさん。ご自分の人生と向かい合われて、何かお気づきになられたことはございましたでしょうか?」

    ユズハ。「 はい。昨晩よりニンニさんのエネルギーがユズハの部屋には訪れなくなりました。やっぱりユズハの妄想だったのだと思います。ニンニさん。申し訳けありませんでした。この場を借りてお詫び申し上げます。すいませんでした。」

    ユズハ。「私が感情閉鎖の治療を受けている時、音楽の力を借りて涙が出るようになりましたが、涙が出ない時は辛かった。夫の一平は、それは、お前が一生懸命に生きてないからだ。。と言っていましたが、安全基地を持たない私には、なかなか恐くて冒険や探検が出来なかったんでしょうね。涙が出るようになった私に精神科医は、涙は感情の結晶だから、どんな涙でも涙が出たら大丈夫だと言ってくれました。」

    ユズハ。「私の冒険の第一歩は、息子が私に歯向かってきた時でした。私はこのような行為は、いけないことだと徹底的に、親や信仰から刷り込まれておりましたけど、実際、息子からガンガンやられた立場になって、なあんだ〜。全然、やっていいことじゃん。」と思えました。

  267. 最後の気づき②

    ユズハ。「息子は冷蔵庫や洗濯機をガンガンやっていましたけど、冷蔵庫が壊れたら毎日、2回、買い物に行こう。洗濯機が壊れたらタライで洗えばいいや。と腹を括りましたけど、落ち着いて見てみると彼はちゃんと使えるように手加減してくれているのが分かりましたし、彼の旅立ちの時に投げつけられた掃除機も私に当たらないように、また、ガラスに当たらないように、ちゃんと手加減されていました。かわいいなぁ〜。夫の言う通りだな。。何も心配することなかったんだな。。と思いました。私の過剰な心配もまた私の妄想によるものだったのでしょう。」

    ユズハ。「私は回避型愛着障害で、人とのお別れの時に涙が出たことはありませんでした。いつも自分が傷つかないような形でしか人間関係を築いてこなかったからです。けれども、息子の旅立ちの時には、涙が溢れて、溢れて仕方なかった。息子が非行に走り、信仰と縁が切れてからの私の子育ては自分本位で無茶苦茶でしたけど、何故だか息子の魂にはガンガン届いているようでした。あの時期、私が太陽に当れなくて外に出られず世間の人たちの声をシャットアウトしていたことも良かったのかもしれません。」

  268. 最後の気づき③

    ユズハ。「夫は、また、バージョンアップした仕事をゲットしました。彼は転職マニアですが、今では、その数々な転職を武器にしています。彼のこの才能には毎回、驚かされますが、彼はお金にはまったく執着がありませんので、俺はユズハのために働いてるをだから、好きなだけお金を使いな。。と、言ってくれています。以前の私なら、それは違う。。なんて、わけが分からないことを言っていましたが、今では、ありがとう。たんまり使わせてもらうわ。と素直に言えます。心の中では、アンタのその運、私が引き寄せてるんやからね。当然たいね。とたぬきババアの私が舌を出しているんですけど。。」

    私は今回の夫の転職には、全く不安を感じず、一切の口出しをしませんでした。それよりも、この、最近の気づきを書くことに夢中で、気がついたら、夫が社会保険関係等、何もかも一人で手続きを済ませて、明日から新生活を始められるようにしてくれていました。明日から、私はまた、早起きしてお弁当を作りと作業着を洗うだけでいいのだそうです。

    別に、起きてくる現象にジタバタすることはなく、意味づけすることもなく、ただ、ただ、その状況を心ゆくまで堪能し、味わい、楽しめばいいだけなのだと気づきました。」

    打ち上げ花火。

    パーン!パーン! パーン !! !

  269. ニンニ。ごめんね。

    また、あなたの表現方法をパクってしまいました。

    私は、フォーラムが出来てから、ずっと、貴方の熱狂的で狂信的で盲目な大ファンでした。

    だから、貴方の追っかけをずっとしていました。あまりに熱狂的になり過ぎ、現実の世界にまで貴方が登場していたのですね。2年近くもご迷惑をおかけしました。申し訳けありませんでした。

    私が狂信的なのは、どうやら、私の魂の個性のようです。この私の魂の傾向性は、現実の世界では、みんな承知していることで、みんな、あの人はそういう人だと認識してくれています。そのくせ、興味のない人や物事には一切、目もくれません。

    まったく。困ったもんです。

    回避型愛着障害は克服できたのかもしれませんが、私はまだまた人を愛することの出来ない未熟者なんだな。。と分かりました。

    メタさん。ニンニ。ご迷惑をおかけいたしました。

    自分勝手ですが、おかげで、私は自分という魂の個性がよく分かりました。

    ありがとうございました。

  270. これを見るすべての人に
    宇宙から台風10号を通じてメッセージが届いているので記します

    ・確かに罪を犯した事実は認められる
    ・しかし、すでに全額返済している上、一定の社会的制裁を受けている
    ・かつ、罪の規模、影響はごく小さいものである
    ・また、一定期間無給奉仕によって働いた
    ・よって、不起訴とする

    以上

    自然界が浄化を担います
    解放されるでしょう

  271. 宇宙さま。

    私は青花さんのカウンセリングにより、人生をしっかり振り返って解放されましたが、台風10号により、これ以上に解放されるのですね。嬉しいです。どんな風になるんだろう? 楽しみです。

    それから、初恋の Shoot には、バッサリと振られました。いい夢を見させてもらったし、人間的にも成長させてもらって、彼には感謝しています。

    私は、Hark とともに生きていきます。

    なんか、振られちゃったから、Hark というのも、彼に失礼な話なんですけど、何故だか彼は許してくれるんですよね。

    他の人には了見が狭かったりするんですけど、私にだけは寛大なんですよね。だからかな? 彼の側にいるとどんな冒険も探検も出来ます。最後は彼が命がけで守ってくれる安心感からか危ないことも平気でできちゃいます。
    心の傷を持った者同士、未熟な者同士なんですけど相性がいいんでしょうね。。。

    精神科医も、夫のことを、『 自立していない貴女が自立するために動物的勘で選んだ唯一の男だ。』と言っていましたしね。。

    重ね、重ね。ありがとうございました。

    感謝します。

    ユズハ。

  272. Shoot から振られた時、涙がボトボト落ちてきて、オイオイ声を上げて大泣きしました。

    私は自分勝手な女で、今回、私の身勝手な行為で、皆さんを巻きこんでしまい申し訳けありませんでした。

    けれども、その最中に、私が始めた塗り絵に、Twitterで外国の方、お二人から、いいね♡ が付きました。

    また、英語が必要になってきましたから、英語の勉強を再開しました。

    一つのことを脇目もふらずに一生懸命にやったら、次の扉が開くという経験をしました。

    一平は、昨日、「次は、外人相手の店だな。」と言ってくれ、必要なカーボン用紙などを買いに行ってくれました。

    店は台風の接近で、たくさんの棚がガラガラだったよ。。と言って帰ってきました。

    外国の方って、萌え系の絵がお好きみたいなので、次は、それに熱中しようと思っています。

    皆さまのおかげで、思いもよらない世界が広がってきました。

    皆さま。ありがとうございました。

    感謝しています。

    ユズハ。

  273. Twitterアカウント。

    @yuzuha20200905

    本当に不思議なんですけど、Twitterのアカウントの日付が今日になっているんですよね。

    だから、2035年1月29日のことも、どうなっていくのかな?

    って思っています。夫の一平の言うように考えても分からないことは、時間の無駄なので放っておこうと思っています。

    ユズハ。

  274. それから、Shoot に振られて、大泣きしている私の横で、夫の一平は、「 まったく。馬鹿な女だな。。」と苦笑し、タバコを買ってきてくれました。

    母の母乳を飲んだ経験のない私は、口唇欲求が満たされていませんので、こういう時にタバコが必要になることを、外部からの情報ではなく、夫は本能で分かっているのです。

    再々度、宇宙への依頼。

    私の書き込みは、あるカウントと連動しているようですが、これ以上、インスピレーションを降ろされましても、私もヘロヘロですので、これにて、私の任務を解いていただけますよう、よろしくお願いします。

    では、宇宙銀行からの最後の振り込みを楽しみにしています。

    出来れば、少し、色をつけて下さいね。

    ユズハ。

  275. メタさんへ。

    長々と個人的な書き込みを許していただき、ありがとうございました。

    私のこの作業は、私が次の段階のライトボディになるために必要な、『 私という存在をすべてにゆだねる。』『 私という自己を手放す。』ということに必要な作業でした。

    メタさんは、すでにこの段階を終えていらっしゃると思いますので、すべてご理解して下さっていると存じます。

    つきましては、メタさんの方に宇宙からメッセージが届きましたら、いつでも私の書き込みを削除して下さいますようよろしくお願いします。

    私も地球にいる間にこの段階をやっと終えまして、やっと『音の言語』が理解出来、必要な場所で、必要な人と、今、この瞬間を生きられるようになりました。

    ありがとうございました。

    Raffey56。

  276. パラレルワールド。

    パラレルワールドのユズハから。

    苦しい時は、『 20350129 』って、唱えてね。
    そうすれば、いつでも、ユズハと繋がれます。

    シュート!!

    ゴール!!!

    289件目。

    プレアデス宇宙船総司令官さま。

    これで、カウントがキチンと合いました。
    しっかりと任務を果たしましたよね。
    約束どおり、任務を解いて下さいね。

    プレアデス スターシード。
    Raffey 56 。

  277. パラレルワールド ②

    テクマクマヤコン。テクマクマヤコン。。。

    何にでもなれる私。。。

  278. ラミパス。ラミパス。ルルルルル。。。

    この世は幻ですの、、、

    ニンニ。ごめん。。

    また、パクった。

    では、もう、誰も読んでらっしゃらないと思いますので、この辺で。

    長い間、ありがとうございました。

    あっちょんぶりけ、、、だわさ。。。

    PINOKO。

  279. 宇宙から「あなた」が宇宙に投げた質問の回答が、私のところに届いていますので記します。

    ・すべての商品(伝えたいこと)を、並列にディスプレイしてしまっていることが原因です。
    ・売りたい商品(より伝えたいこと)も、そうでもない商品も同じような目立たせ方で並べると、客はどれを買えばいいのか分からず混乱し、結果、店に長く滞在しないですぐに帰ってしまう。
    ・これは特に売りたい(伝えたい)というオススメの商品は、他より目立つようにディスプレイすること。
    ・さほど売る必要のないものは、目立たない配置にすればよい。
    ・そうすれば、改善していく。

    「ビジネスセンスの問題なのよねえ」

    と、お金持ちのマダムからのアドバイスです。
    このメッセージがどなたに届いた回答かは分かっているのですが、あえて書きません。
    読んでピンと来る方すべてに必要なメッセージとのことです。
     

  280. 台風一家www

    しょうがないです
    たいへんしょうがないです
    この一家は、面白けりゃなんでもええ、という血族なので
    それはそれはしょうがないですwww

  281. ユズハ & ラフィー 。

    私の住む地域では台風が通り過ぎ、雨、風がすっかり街を綺麗にしてくれました。

    私個人では、メタさんが作って下さいました場所で、ニンニの助けを借りながら、青花さんのカウセリングを受けて、すっかり自分自身を認めることが出来ました。

    そして、最後には、こんなジャジャ馬を、仕方ない。。と認めて下さいましてありがとうございます。

    最高の花向けのお言葉でした。

    思いがけず、Twitter で、外人さんとの交流が始まりました。新しい世界が広がっています。

    もう、しばらくしたら、今度は、私の魂の音楽を私の思い出とともに、Twitterでupしていきます。

    @Raffey56

    https://twitter.com/raffey56/status/1300050779131146241?s=21

    メタさんや青花さんや、ニンニの足元にもおよびませんが、私も私の世界をクリエィティブに創造していきます。

    また、私にたくさんの歌で応援して下さいましたPADMAさん。あたたかいメッセージを下さいましたAIKOさん。有り難うございました。

    微力な力しかありませんが、皆さまのお幸せをお祈りしています。

    ユズハ。
    ラフィー 。

  282. ラフィー 。

    青花さんへ。

    今、メタ通のコメント欄、読みました。

    分かりました。

    本当に最後の最後まで、ありがとうございました。

    本当に、青花さんがいなければ、この発達した台風の進路はどうなっていたのでしょう?

    ありがとうございました。

    感謝します。

    ラフィー 。

  283. そう言えば、貴女のお父さんの電話の声と喋り方が、チャネリングエリックのエリックの声と話し方にソックリでした。。。

    だから、こういう展開なんですね。

    https://twitter.com/yuzuha20200905/status/1302480206410596352?s=21

    まだ、UPして一日たっていない tweet が、19件リツイート。38件のいいね♡ 。私は誰もフォーロしていないのに。。。

    ほとんどが外国の方です。

    次の私の仕事が分かりました。体が弱くても、外に出られなくても出来ます。

    青花さん。

    本当にありがとう。

    感謝してもしきれません。

    ラフィー 。

  284. Last realzation.

    私は、つくづく表に出ることの許されない、また、自分自身も補佐的なポジションに喜びを感じる魂なんだな。。と気づきました。

    Thanks !!

  285. 私が、姪にLINEで再会した時、姪は、NZのヒーラさんから、『 宇宙の仕組みに気がついている人は、時として狂人や変人に見えるものだから、貴女は貴女のおばちゃんに付いて行きなさい。』と言われたそうです。

    私は今回、ヒーヒー言いながら、青花さんに付いてきて、色んなことが分かりましたけど、人の本当の姿は同じ境界、もしくは、近い境界にいるものしか認識出来ないのだな。。と感じました。

    文字や音、目に見える世界や音の世界も同じだと思います。

    青花さん。ごめん。

    私は並列にしか並べられないの。もともと、物を売る素質はなくて、ただ、この世で楽しく遊んでいるだけなの。

    お店屋さんごっこや、お母さんごっこ。お医者さんごっこに着せ替え人形。塗り絵。お歌。。。

    けれども、いつも、私の人生には、様々な保護者が現れて、私と一緒に遊びながら、色んなことを教えてくれる。

    青花さん。ありがとう。

    仕事、たまっとらん?

    本当にありがとうございました。

  286. それから、私は人にどう思われてもいいの。

    尊敬されたいとか、好かれたいという気持ちも、もうなくなった。

    一人が楽だし、出会いがあれば、その時間を楽しむだけで。。

    なんかね、私は馬鹿なんだけど、ただ天から言われたことを素直にやると言うか、自分の気持ちをはさむのはエゴなんだ。。と、ある時から感じて。。

    自我の崩壊と言うか。。 

    宇宙の手足となって動くだけ。。と言うか。。

    けれども、そうやって生きていったら、もう、なんか、いつも、お風呂上がりのようなサッパリと気持ちいい感じで。。

    もう、後戻りも出来ないし、やめられない。。。

    これからは、エリックに色々、教えてもらうね。

    やっと。エリックが、『 今回は振り回してごめん。』と言いながら、頭をかきながら逢いにきました。

    じゃあ。

    2020年。もうすぐ、秋。

  287. マジで???

    今は書いちゃダメらしい(笑)

    As Always, Erick Here for You

    やがて大きなWaveへ

  288. 目に見える出来事の背景で展開している、見えざる宇宙的な演算を感じとる力は、
    当然すべての人にそなわっていますが……

    それでも、ある時点で知る必要のない西方の魂には、東方の演算は見えない。
    南方の魂は、ある時点には北方も東方の演算も見えるが、西方の演算は理解できない。
    時が満ちれば西方の魂は、東方の演算の正体を知る。

    真我は、常時いつでも全方位の演算を見ることができていますが、
    地球にいる肉体の私たちが限定された方位の演算しか見ることができないのは、
    地球体験を楽しむためのギフトにすぎないのであり、
    力量や知恵の不足、魂の未熟さ、未進化の証拠ではありません。

    成熟とは、「どうせ分からない」と自分が分からないことにすっかり安心し
    常時、全方位が見えている真我に、すっかり任せてしまうことですね。

    「すべて見えている必要などない」といっさいを手放したとき
    はじめて、「すべて見えている状態」になっている。
    そして、「はじめから見えていた」ことを知ります。
    聖なる矛盾。

    宇宙の演算が仕込まれた類い稀に美しいメッセージとは、
    ときに、「駅の掲示板に残された、いいかげんで意味不明なラクガキ」です。

    ある日、駅の掲示板に、「昆布とチワワ」のラクガキが残されていました。
    東方の魂は、首をかしげて「なんじゃこら?」と思いました。
    「いったい誰がこんなものを?」
    「いったいなんの意味が?」

    「ま、いっか」と歩き去り、友達との待ち合わせ場所に向かった東方の魂に、
    しかし「昆布とチワワ」のインスピレーションは刻まれたのです。

    これは
    「駅の掲示板に残された、いいかげんで意味不明なラクガキ」が、
    世界をひっくり返し、やがて大きな革命を起こしていくまでの物語です。
     
    君の人生は物語だ。
    次のチャプターは始まった。
    膀胱、大丈夫? 
    おトイレにはもう行ったよね?
    ポテチとビールを用意して……と。

    さあ、次のチャプターを楽しもう。
      

  289. そういえば友人のチャネラーも
    「8月でいったん幕が下り、9月10月はまた新しい幕になるみたいですね」と言っていました。
    私も夏至で宇宙船が迎えに来て、8月いっぱいで日本のひとつの時代が終わりました。
    なるほどー。

    「Peace」「Summer of Love = 愛の夏」だったのねん。
    机の下から飛び出してきた「メタさん&ラフィーさん」の女性が
    パンタロン&チューリップ帽で、昭和キッチュだった理由がわかりました(笑)
    1967年、サンフランシスコの「Summer of Love」から来たエネルギーだったという訳ですね。
    種明かしをありがとう(笑)

    命の奥底からなにかが湧いてくるぞって感覚。
    後ろに大きな宇宙がある。
    今の自分は、とても楽しんでいて、喜んでいて、嬉しい。
    喜びも悲しみも恥ずかしさも不安もぜんぶ嬉しい。
    まさに命の躍動、ダイナミズム、という感じ。

    そういえば昨年に宇宙が「バヌアツ」と、「??」という単語を知らせてきました。
    バヌアツの頑強な青年たちだって、蔦を足にからめて柔らかい土の地面にバンジーするっていうのに!

    綱もつけずにバンジージャンプ(成人の儀式)をする超ド級のクソ度胸をもった新成人!
    アザをつける息子の非行に本物のすっ裸で立ち向かう、誰も思いつかない天才的に斬新奇抜なアイデアの持ち主!

    ラフィーさん
    アゴが外れるようなクソ度胸をありがとう(笑)

    PS.
    とりえず今、ウルトラ明晰な幽体離脱の方法を習得訓練中です。
    普段の五覚とまったく遜色ないリアリティで、あちこちの世界を体験できるそうです。
    だから家に居ても、外にでかけるのと全く同じ体験ができるとのこと。
    一年くらい旅することもできるんですって。

    なるほどね〜。
    なるほどね〜。

    いやあほんと、地球人生の種明かしったら、すごいですねえ。
     

  290. 新しくなった記念に

    【考察】
    1967年、サンフランシスコ「Summer of Love」のエネルギーについて、メタさんが宇宙に「なんで?」と質問を放ったときが、メタさんのお誕生日(バーガーショップのお誕生会イベント)だったんだなあ。

    私はそのエネルギーを受けとって動いていたと同時に、自分が宇宙に放った「なんで?」の質問への回答もぜんぶ盛り込まれていました。

    まったく、「よおできてまんな〜」としか言いようがなく……。
    ありがとうございました。

    【Message board】

    ・1967、Summer of Love
    ・愛と平和
    ・核兵器モチーフのピースマーク
    ・宇宙人の目的
    ・真の革命を起こすにはどうしたらいいのか?
    ・自分自身を知り、自分自身を冒険し、そして生き字引となること
    ・あなたは人生という物語を創造しています

    なるほどなあ。
    これからは実践編・現実社会編がスタートするんですものね。
    扱うエネルギーも、受け取るエネルギーも、これまでよりケタ数が上がって大きくなるので、それに備えてハートの器を育てるのだなと思いました。
    大きなエネルギーを動かすには、大きな器や勇気や度胸が育っていて、胆が座ってないといけないですものね。
    そして、絶対に大丈夫なんだ、という大安心の境地が必要、と。


    ちなみに、現在の自分に「たった今、ワクワクすることはなに?」と尋ねると、必ず「英語の勉強をしてマスターすること」と出てきます。
    これに関してはタダどころか、お金をもらえて外国に滞在できるという話が来てましたが……。
    宇宙はもっとミラクルな方法を用意してくれてる気がしています(笑)
    楽しみにしています。


    【宇宙人からのメッセージ】

    宇宙人上司「ブラック労働だっただろう? お疲れさーん。で、対価はいくら請求したんだ?」
    私「25万円です……」
    宇宙人上司「なに〜!? オレが28万円で話つけてやってたのに、お前は25万で請求書切ったのか? そんなんで満足なのか?」
    私(いや、28万でも大して高くないぞ……、偉そうに言うならせめて30万にしてくれよ。それでも労働量からしたら大した金額じゃないぞ)

    私(たしかにきっついブラック労働だったけど、職場の人たちはいい人たちだったし、すごく勉強になって、スキルも身につけることができたし、楽しかった。私の魂が成長するために必要な経験だったんだ。だから感謝してる。キッチュでガチャガチャしててカルチャーの匂いがして、懐かしい場所なんだ)


    というわけで、宇宙人からのアドバイスは
    「もっと遠慮なく、どんどんもらっていいよ」
    ということのようです(笑)

    「豊かさ」への罪悪感や遠慮のブロックを外して、どんどん受け取ってくださいね。
    扱うエネルギーが、今後はもっともっと大きくなっていきますから。

    以上、「本日の気づき」でした。
     

  291. PS. お金の受け取りについて

    そういえばこの2〜3年、仕事の対価が、意味不明に上乗せされていることが度々ありました。

    例えば、20万円で受けた仕事なのに、相手が勝手に清算のときになって清算書を見せてきて、金額を見たら3倍になってたりするのです。
    不思議なことに、先方から特に理由の説明もないのです。

    なぜか知らないけど、「〜万円上乗せしておきましたので」と言われることもありました。
    特に理由の説明もないのです(笑)
    こっちも別に特別なサービスやすごい働きをしたとかでもなんでもないのに。
    「なんで??」という状態です。

    なので、こういうことがあったときは、先方に「間違ってますよ」「多いですよ」なんて野暮なことは言わないでくださいね♡
    宇宙が「色」をつけてくれるだけなんで。

    な〜んにも言わず、しれ〜っと貰っておいても、後から何か言われたことや、「間違ってました、返してください!」なんて言われたこともありません。

    宇宙はほんと、よお分からん感じでお金くれますね(笑)

    小さい金額も大きい金額も、お任せして心配せずにいれば、自在に届きます。

     

  292. 先ほど、また盛大にメタさんが登場する夢を見たので、一応、部分的に書きのこしておきます。。

    ・今度は、NYかどこか、そういう一等地的な駅の近くのビル。
    ・メタさんはそこの広い、白い部屋を2つ管理しているとのこと。
    ・部屋の壁にそって白木の板が、台やテーブルなど、なんとでも使えそうな感じでめぐらされてる。
    ・窓から明るい光が入って、とてもオシャレに使えそうな空間で、ギャラリーにもなりそう。

    もう夢がまったく意味をなさないということはなくなってきてるので、また何かある、始まるのかな、と思っています。

    しかも展開がすごく早くなってるからなあ、、、、。
    何があるのかな。
     

  293. 青花さん。

    あと、もう一つよか?

    私の病気、絶対治らん。。って、お医者さんから言われよったんよ。一平も、『病人は黙っとけ!』とか、よう私に言いよった。

    みんなからも、そんな目で見られよったんやけど、私、一人だけが、『私の病気は、絶対、治る』って信じよった。そしたら、治ってしまって、そしたら、お医者さんは、『奇跡です。』って言いよった。

    いい加減やね。人の体を何やと思ってるんや。。って思った。

    結局、みんな、情報や人の言葉の催眠術にかかっとるんやと、その時に感じたんよ。

    さっき、太郎から電話があって、そんな話をしよったんよ。

    『母ちゃんも人間やけん、間違う。母ちゃんのことも信じたら駄目やけん。自分を信じて自分で判断して生きていきな。』って。。

    青花さんのさっきの投稿は、催眠術を催眠術で解くというか。。そんな感じがしたんよ。

    私は並列女やけん。また、青花さんが上手に言語化してね。

    じゃあ。Twitterのフォロワーさん、一人を除いて全員、外人さんで。。昨日は、寝る暇なく英語でお礼のリプ送りよった。

    なんか楽しい。この楽しさが一番の対価やった。

    じゃあ。これから、ご飯、作って、夜の家事をやって、塗り絵をするね。

    ユズハ。

  294. それとね。

    巨匠は筆を置けるけど、普通の芸術家は、それが出来なくて最後まで書き込んでしまうって。。

    書も余白の芸術だし。。

    青花さんは、私のような塗り絵じゃなくて、本物の芸術家だから、絶対に大丈夫だと私は信じているけど、宇宙の心配性のエネルギーがさっきからうるさくて。。。

    たぶん、私に言ってるのかもしれんから、私は、ここで筆を置くね。

    ユズハ。

  295. なるほどなあ。
    いろんな人にビジネス的なサポートやメッセージやシンクロニシティが届くターンみたいですね。
    ユズハさん由来の情報含め、さっき分かってきたことを書いておきます。

    ・次は外国人相手のお店
    ・みんなが自己表現できる場
    ・郵便事業的な、中間に入って間を繋いで糧を得るような形をとると回る
    ・幽体離脱や時空元移動もテーマ

    一等地のビルなので、規模が大きくなるのですね。

    どうなっていくんでしょう、楽しみですね(笑)

  296. ユズハさんへ

    私は遅れていくそうです。
    たいそういい、今まで見たことないような筆屋さんを見つけまして。
    そっちに寄ってから行くんですって!

    キラッ、キラキラキラ〜☆☆☆ キラ?☆

  297. ユズハさんへ、もう一つ。

    あはは。
    「シンプルにしろ」「くれぐれもシンプルにしろ」と、
    そういえば宇宙上層部からガンガン届いていたんでした(笑)

    なるほど!
    それか〜〜〜(ウケるーーー!!!)

    引き算します!

    ありがとう〜〜〜☆☆☆

  298. ユズハさんへ、もう一個。

    もうそれ、プロフェッショナルの仕事ですやん(笑)
    と思ったところで思い出したのですが、月曜日にこんな話を聞きました。

    戦前〜戦後に活躍した、とある目利きの女性がいました。
    この人の人力車が止まった家の芸能者は一流になると言われたそうです。
    その女性は、年端もいかない者でも、なんの実績もないものでも
    まったく芽も出ていない内から見抜いてしまう人でした。

    目利きもプロデュースの資質も、天賦の才能なのですね。

    そして、本物の芸能者、いい芸能者の資質とは
    「人の言うことを聞かないヤツ」

    そりゃそうですよね(笑)

    あ〜、と思ったので書いてみました。

    本日の気づきでした。

  299. PS. あなたへ

    本当に時代を変えるのは誰か?

    時代が変わるのは、優れたアーティスト(表現者)が現れたときではありません。
    アーティストは実のところ、いくらでもかえがきくからです。
    アーティストは時代と大衆の意識の渦の求めによって押し出されるように生まれるからです。

    では、本当のエポックメイカーとは何者か?
    それは、目利きです。
    時代の転換点には、必ず凄腕の目利きが登場します。
    逆に言うと、アーティストの供給はいつの時代も恒常的に行われていますが、
    目利きが登場しなければ、時代は転換しないのです。

    目利きはアーティストを神と称えますが、
    その神を操っているのは目利きです。
    表舞台でどの踊り子に踊らせればいいかを見るのです。

    そして、よいアーティストの条件は
    「人の言うことを聞かないヤツ」

    アーティストには動物的な嗅覚が備わっていますからね。
    聞く必要のない話は分かりますし、
    必要になったときに自在に取り出せます。

  300. PS.2

    目利きは、「今の世の中の価値観・常識」に汚染されていない目でものを見ます。
    だから、周囲が才能の匂いも嗅ぎとらないうちからそれを嗅ぎとり、
    「自分が唾をつけた」とばかりに、門前に人力車をつけるのです。

    やがて目利きの人力車は、時代を変える目印の旗となってゆきます。

  301. てか、昨夜、とある事情があって、「自由」についてヒントをくれと宇宙に投げて寝たら
    ユズハさんがアドバイスをしにやってきて
    「RCサクセションを聴け」と言いました。

    ついさっき「RCサクセション、自由」で出てきた曲を聴いたら

    「オレはつきあいにくいぜ」「誰の言うことも聞かねぇ〜」

    (笑)
    私は音楽音痴で、キヨシローも聞いてこなかったし、
    上二つを書くまで音源聞いてなかったから、この曲知りませんでした。

    ほんによくできてる。

    つまり、そういうことなんですね。
     

  302. Dear Aohana. ♡

    Thank you so much.
    I trust you !!
    I wil goon a journey to find a newartist.

    It’s name is the new Nitta-chan.
    I think it wil be a fun trip.

    Good by, my Aohana.
    Good by, my Meta-tuu.

    Thanks ♡
    With love ♡♡

    By Yuzuha. ♡♡♡

  303. 観音さまは、恋われれば、その身を誰にでも捧げます。

    書き間違えなんて、最後の最後まで、混沌、コントやね。(笑)

    では、もう、一回。

    https://youtu.be/vqTXDuXQbZc

    ニンニ。家の前の自転車で来てね。

    ユズハ。

  304. あまり予想を立てると結果を狭めてしまうから、どうなるかは宇宙にお任せでと思っていますが……。
    それでも、うー、楽しみだなあ。
    いよいよ、みんながそれぞれの個性を発揮して、それぞれの好きなことで活躍していける時代になるのですね!

    ・自分の個性や好きなことを、思う存分、花開かせる。
    ・自分が苦手なことは、得意な人がやってくれる。
    ・国境を越えて繋がっていく。

    今、少し見えているビジョン、届いているエネルギーだけでも、ワックワクです。
    けれど、宇宙はもっと面白く、もっと意外で、もっと素晴らしいものを、必ず届けてくれますものね。

    予想外だからこそ、最高に楽しい。
    途中でつまずくからこそ、たどり着いたとき、最高に嬉しい。

    がんばったご褒美、プレゼントが、みーんなに届けられる。

    あー、生きるの、めたくそ面白いです(笑)

    ありがとう〜!
    ありがとう〜〜〜!!

    先にお礼を言っておきまーす☆

  305. 私のツイートは塗り絵から、外国の方々に向けて日本文化の紹介へと変化しました。

    https://twitter.com/yuzuha20200905/status/1304203894654787584?s=21

    ここで、仏教の勉強と英語の勉強が役に立ち始めました。

    メタさん。青花さん。たったかたさん。皆さまのおかげです。

    感謝しています。

    ありがとうございました。

    もうすぐ、秋分ですね。

    私もここで学んだことをエネルギーに変えて新しい世界で頑張っていきます。

    ユズハ。

  306. ユズハは、たったかたさんのことを、ずっと、素敵なサムライだと思ってお慕い申し上げていました。。

    ニンニ。

    ユズハに素敵な夢と未来を与えてくれてありがとう。

    ニンニは、これからも、いつまでも私の魂の中にいます。

    生まれ変わったら、いつか、ニンニとカラオケで、いつでも夢を。。を歌いたいです。

    https://youtu.be/0jknQa9Ipws

    ユズハ。

  307. 【本日の気づき】

    「今この瞬間にいい感じの記事をプリーズ」と言いながらランダムボタンを押したら
    『仕事を辞めた話』という、メタさんの教員時代について書かれた記事が出てきました。
    「いつかまた教員の仕事をやりたい」と書いてありました。

    それを読んで、さしずめ私は、卒業してから職員室にやって来て
    「ちーっす、先生、オレ今めっちゃ働いてるんすよ〜」と、
    働くことのキツさや充実感を自慢しにくる生徒って感じかもしれないなあと思いました。

    メタさんはどこかの時点から、また教員時代をやっているということに
    気づかれていたのかもしれないなと思いました。
    毎年、新しい生徒が入ってきて、学校でそれぞれになにかを得て、去っていくことを。

    私はこの学校で、窓ガラスを割ってまわったり、先生の椅子にブーブークッションを仕掛けたりする、
    そういう生徒でした。

    でも、メタ通学校で学んでいる間、今もだけど、めっちゃ夢日記や気づき日記をつけていまして、
    昔と比べると、みるみる変化していってるのがよく見えて、改めて驚いたりします。
    「めちゃめちゃお勉強熱心かよ!(笑)」
    と、日記を読み返して自分にウケてしまいました。

    けれど、このことから、体の奥深くでどっしり分かった事がありました。
    それは、学校で窓ガラスを割ってまわったり、授業の邪魔して騒いだりする、
    いわゆる、世間一般からは落ちこぼれや不良、ダメな奴、半端者と見られる生徒たちって
    「めちゃめちゃ勉強熱心で、めちゃめちゃ学んでいる生徒だったんだ……」ということです。

    ヤンキーのほうが、はやく成熟する人が多いのも、そのせいなのかもしれません(笑)
    人間の本性や性質というものを、早い段階で、本能で理解しちゃっているのかも。

    私は自分が生徒だった時代、ぜんぜんヤンキーではありませんでした。
    校則を破るようなこともできない子でした。

    けれど、なぜか血縁者、イトコたちはのきなみヤンキーで、暴走族でした(笑)
    当時の流行で、まったくみごとな戦艦ヤマトみたいなビッグな頭をしていて、
    のぼり龍の龍神さまが背中についたピンクや黒の特攻服を着ていて、
    「天上天下唯我独尊」と刺繍がしてありました。

    めっちゃスピリチュアルやん(笑)

    ヤンキーで暴走族のいとこたちは、親戚だからか、私には怖くないのがすごく嬉しくて
    ちゃんとスウィートで優しかったなあと、しみじみ思い出しました。

    ひとりのイトコなどは、盗んだトラックで、そのまま橋から川にダイビングしたりしてました。
    「かーちゃんには内緒やけど、オレ、刑務所入っとてん」と笑ってました。

    包丁ふりまわして暴れ狂って自殺したおじいちゃんのお通夜で、
    盗んだトラックで橋から川にダイブして警察にお縄になってたイトコと二人で、
    お酒大好きだったおじいちゃんのための日本酒を、おじいちゃんの遺体の前でがぶがぶ飲んで、
    「ぎゃははは」と、夜通しめちゃめちゃ笑いあった夜を思い出しました。

    おじいちゃんは自殺したってのに、なぜかあんまり可哀相とも気の毒にも感じなくて、
    イトコとおじいちゃんのお酒をがぶがぶ飲んで、
    「絶対に今、おじいちゃんもめっちゃ笑ってるな」と言い合ってました。

    おじいちゃんにはもしかしたら、戦争の苦しさが残っていたのかもしれないなあと思いました。
    最前線で人を殺し、殺された人だったから。
    おじいちゃんにもっと、戦争のことを聞けばよかったなと思いました。

    そのお葬式のとき、イトコは
    「青花ちゃんは大学も行ってるし、イトコの中で一番早く結婚するやろ」
    「ゴンドラとか乗る、めっちゃふっつーの結婚式とかしそうや」
    と言っていました。

    自分はアウトサイダーだと自覚していた私は、「そんな結婚式ぜったい嫌じゃ」と笑ってましたが、
    実際には盛大に「アローン時代」を楽しむはめになるなんて、
    そのときは知るよしもありませんでした(笑)

    メタ通教室で、私を応援し、守ってくれていたのは、
    戦艦ヤマトみたいな頭をして、のぼり龍に「唯我独尊」の刺繍が入った特攻服を着た
    イトコたちの魂だったことがわかりました(笑)

    とても素敵な学校でした。
    たくさん学びました。

    また新しい生徒が入学してきて、たくさん学んで、先生ありがとう〜って
    卒業していくんだなと思いました。

    おじいちゃんとは、アストラルトラベルで、がんがん会えるように思います。

    塩っからいものが大好きで、B級グルメをめっちゃ美味そうな顔で食べるところは、
    おじいちゃんの遺伝だと思っています。
     

  308. もしくは「ろくでなしブルース」の輪島みたいに

    「お前、まだ学生やってんのか」
    「老けてるぞ!」「ぎゃははー」
    「うるせー!!」

    という生徒なのかもしれません(ぎゃははー、いや、やめて、マジで、、、キリッ)

    でも、輪島はいい答辞を読むんですね。

    「我が栄光の帝拳高校は永久に不滅だ」

  309. 実をいうと私は、これからちょこっと先生の真似事みたいなことをする予定があります。

    いわゆるガラの悪いところに行くから、ヤンチャな生徒や若者もいっぱいいるんだろうな〜と思います。

    だからだったのかあ、ここで、ヤンチャ者をやらしてもらったのは。。。
    そういう子の気持ちが分かりますもんね。
    そして、その子が本当は、どれほど勉強熱心な魂なのかってことも。

    不登校の子も、窓際で本読んでる地味な子も、不良も、LGBTQの子も、
    発達障害や学習障害の子も、身体障害をもった子も、機能不全家族で育った子も、
    イジメや犯罪をやった子もやられた子も、犯罪者の身内の子も。

    おかげさまで、いろーんな子たちとおつきあいできました。
    してきました。

    どの子もどの子も、素晴らしい命だってことが、魂レベルで分かってきました。
    どんな子と出会っても、「あなたの人生は素晴らしいね」って言える気がします。

    本当に、何回も何回も、プレゼントが届くのだなあと思いました。

    これからも、いろーんな人たちと繋がり、触れあっていきます。

    その度に、プレゼントを渡しっこします。
     

  310. メタさんへ ♡

    アナウンス。ここでメタ先生に感謝の歌を歌います。一同、起立 !!

    ぼくの好きな先生 忌野清志郎

  311. ヒゲの学生・青花

    助けてーーーー!!!

    だれか優しい人、助けてーーーーー!!!

    困ったときは叫んだら

    必ず誰か助けにきてくれる。

    世界万国、地球上、どこいっても通用する鉄のルールだ。

    これさえおぼえてたら間違いない!

    オレが学校で習ったことは以上だ。

    頭悪いからそれ以上はおぼえんかった。

    オレたちは腐ったミカンだが

    腐ったとこちぎったら、割と食えるとこある!!!

    ほな〜☆

  312. ヒゲの学生・青花

    あ、言い忘れとった。

    腐ったとこは土に捨てろ!!

    地球の栄養になるぞ。

    たばこのにおいの先生

    ありがっとぅぅぅーーーーーーーーーー!!!

    by ヒゲの学生・青花

    (こらーーー、お前留年だろーが! なに勝手に卒業式で挨拶しとんねん!!!)

  313. クオン。

    留年。おめでとう!

    親は何も出来ないの。

    ただ、ハラハラしながら見守っているだけ。。

    これからは、時々、万華鏡をのぞいて、万華鏡の中のあなたの姿を観にきます。

    私は目だけなく、喋ることも天から取り上げられてしまったから。。

    じゃあ。元気で。

    ユズハ。

  314. え〜〜〜〜〜、マーーージーーーーで〜〜〜〜〜〜〜!!

    生徒がヤラかしたら、保護者は学校に呼びつけられます(笑)

    3年D組メタ八先生の教えを読んでください。

    オレはメタ校の校則で「3.はやく寝る」だけはめっちゃめちゃ守りましたね。

    学校の窓ガラスを割って回るのは、尾崎豊マインドの子がやってくれるから

    君らは安心して優等生をやってていい。

    窓ガラス割ってくれるヤツは、出てくるからね。

    オレはもうヒゲの留年生だから、学校にはたまにしか来ない。

    老けてて学ラン姿がびみょうで、恥ずいからな(笑)

    でも、応援団を引きつれて暴れることもあるかもしれん。

    輪島だからしゃーない。応援団団長だからな。

    オレの尊敬するヤツが世界チャンピオンになる頃、

    オレは世界一の建設王になっているだろう。

    勉強はそこそこでええが

    寝るのだけはちゃんとしろよ!

  315. クオン。

    ユズハは、身体と目が弱く、その上、天から口もきけなくされてしまいました。

    今度、TwitterのDMで、ブラジル人とベトナム人に日本語を教えることになりました。彼らの勉強欲はクオンに負けず劣らずで、もう私はヘロヘロです。

    その上、他の外人さんが、私の塗り絵をうたわれるものアートだと言い出して、次回作をDMでせっつかれています。

    もう、時差はあるし、英語でDMはくるし、日本語は教えなくっちゃいけないし、その上、一平は嫉妬で怒鳴りまくるし。。

    クオンが問題を起こしても、ユズハは学校にも警察にも行けないから、自分でなんとかしてね。

    じゃあ。時間がないから。。

    もう、時差で、24時間、DMが来るし、外人は気に入らないと英語で文句を言ってくるから、私は寝る暇がありません。

    これ以上、身を酷使すると、今度は、天から耳が聴こえなくされてしまいますから、このへんで。

    もう、音楽は無理だから、@Raffey56 のアカウントは削除しました。

    たぶん、もう、こちらには書き込は出来ないと思いますから。。。なんか、最近、私の日本語がおかしくなってきて、それで、また、一平がうちで暴れています。(笑)

    じゃあ。

    ユズハ。

  316. ベトナム人はカナダで留学生活をしています。もうびっくりするくらい純粋な男の子で、独学でも日本語をかなり勉強をしていて、漢字も理解してくれますから助かっています。

    この彼にも、もうすでに私の人生をかなり話しました。

    そしたら、彼は、『ユズハ、僕に君の人生をシェアしてくれてありがとう。僕がユズハの生きた証になる。』と言ってくれました。

    ただ、時差がほとんど12時間ですから、大変です。彼も、うたわれるもの繋がりから始まりました。

    私のフォロワーさん。全員、うたわれるもの大好きさんです。今の私があるのは、ユズハというアカウント名のおかげです。

    そして、私の英語はスペイン人のShizukiに習っています。彼の国では英語は第二語だから、私の間違った英語にも彼は寛容です。ただ、情熱の国の侍ですから、この間、DMでさっそく大喧嘩をしました。気持ちよかったです。発達障害の私には、外人さんの自己主張が気持ちよくてたまりません。

    留学生の子とは今度LINE電話をします。そのほか、ウェブデザイナー、ゲーム開発者や、ゲームデザイナーの外人さんたちとも繋がっています。もう写真交換はすませました。

    だいたい、みんな、私とは、30才から40才差です。

    あっという間に、新田ちゃんが向こうからやってきました。全員、彼らから私にコンタクトをとってきました。

    今度の店は外人さん限定、クリエイティブCLUBになりました。

    じゃあ。塗り絵の締め切りがありますから、これが最後ということで。とりあえず、最後のご報告まで。。。

    ユズハ。

  317. 展開はやいな〜!
    はやすぎる(笑笑笑)
    すでに大喧嘩してる(笑笑笑)

    私はフィリピンの人から教えてもらってた英語の授業サボりまくってて、
    「幽体離脱をマスターしたら、英語いけんじゃね?」なんて思いついちゃったので、
    英語放り出して幽体離脱の練習してます(笑)

    直感のままにジグザグでめちゃくちゃに動くほうが、
    まっすぐ努力して歩くより「願望実現」がはやいそうです。

    なんとなーく、私のヘタクソすぎる英語には100万ドルの価値がありそうな気もしています。

    勉強できない子は、すんごい正解カードを引くんよ!

  318. ユズハの呟き。

    なんか、思わせぶりな態度をとられ続けて追いかけるのは、2年が限界だと分かりました。

    今は、英語であっても、分かりやすくストレートに思いを伝えてもらって、最高に気持ちがリラックスしています。

    スペイン人の彼には、文化の違いからストレートなパンチをくらいましたが、じゃあ。私との付き合いをやめて下さいと言いましたら、ユズハは僕の大切な友人の一人だよ。。と言ってもらいました。

    なんだろう? はっきりしない関係って、疲れるのだということが、恥をかき続けて、今回、やっと学びました。

    いつでも夢を。。ではなく、夢から覚めて。。でした。

    最後に私からパンチを。。

    ユズハをなめんなよ!!
    女ごころをおもちゃにすんなよ!!

    昔、ヤクザが、大勢の男の組員を抱えるより、肝の座った女3人の方が、よっぽど役に立つ。。と言っていたことを思い出しました。

    では。

    ユズハ。

  319. ユズハの呟き②

    私は今、外人の方たちの、ゲームうたわれるもの。。好きの人たちのコミュニティーの中にいます。

    彼らは、はっきりしていて、日本の文化とか、またそれ以外の日本のアニメや漫画の塗り絵には、いいね♡ やRTをくれません。

    彼らにとって、うたわれるもの。。はまさに信仰なんだな。。と思いました。

    私は、もともと仏教の勉強をしていて、スピリチュアルには興味はありませんでした。

    私は、今、彼らと一緒にいると、ゲームの物語がお経で、登場人物たちが観音さまや、地蔵菩薩。阿修羅。。などなどになっているのだと分かりました。

    私は、彼らと一緒にいると、とても楽しいです。言葉の壁はありますが、みなさん、私とそっくりな魂たちばかりで、情熱的で、自分勝手で、自己主張が激しく。。けれども、その中で私はすっーと透明のように馴染んでいきます。

    ありのままの私が無理をせずに、当たり前に存在できます。

    こちらはスピリチュアルが好きな人たちのコミュニティなのだということも分かりました。

    それが分かった以上、もはや、ここは、私の居場所ではなくなりました。

    メタさん。長い間、ありがとうございました。

    今後のメタさんのご活躍と、ますますのメタフィジックス通信さまのご発展をお祈りいたしております。

    2020年9月14日。

    ユズハ。

  320. 昔、知らないでやる罪と、知っていてやる罪とでは、知らないでやる罪の方が重い。。と、ある方から学びました。

    知っていてやる罪は、反省すれば、すぐに改善できるからです。

    私は、メタさんのサイトの中に在籍させていただいているあいだ、精神世界とスピリチュアルを混同していたのだと、今、気がつきました。

    長い期間、知らないで在籍させていただいていたことをお詫び申し上げます。

    つきましては、メタさんが創造されてこられました世界。また、メタさんがこれから創造されていかれます世界に、私の書き込みがそぐわないと判断されましたら、また、これから判断される時がありましたら、ご面倒だとは存じますが、すべて削除していただきますようお願い申し上げます。

    また、毛並みの違う私ではありましたが、長い期間、メタさんをはじめみなさんに優しくしていただいたことに感謝しています。

    そして、私が本来、いるべき場所に導いて下さいましたことに御礼申し上げます。

    まったく、知らない世界で学ばせていただきましたたくさんのことをお土産に、私の世界に還ります。

    ありがとうございました。

    ユズハ。

  321. 観音菩薩は、音で物を観ることが出来ます。
    目で物を見ては、間に合わなくて多くの人を救済出来ないからです。

    スペイン人の彼は、小さい頃に母親を亡くし、母親の顔を知りません。彼は、今、治安の悪い都会に住み、働いて育ててもらった祖父母に送金しています。

    彼の住む街は、犯罪とドラッグが横行し、多くの若者たちが貧困のために、未来が見えず犯罪やドラッグに染まっていっているそうです。

    彼は生まれ故郷に帰りたいけれども、お金のために、ここにいるしかないと人生に絶望していました。

    そこで、私はほとんど寝ないで、彼に英語で私の人生を送り続けました。彼は、昨夜、やっと、自分の人生の意味を理解し、未来に希望が持てるようになったと言ってくれました。

  322. 昔、夫の一平が、人はこれさえしていれば死なないというものがある。それを使命という。命を削り、命をかけてやるものがある。それを使命というんだよ。

    ユズハ。寝食を忘れて打ち込めるものを見つけな。。そう私に言ってくれたことがありました。

    今、私がやっていることが、私のそれです。

    私のメッセージは、誰か一人に対して、チマチマ送っているようなものではありません。

    どうか、私のメッセージが多くの方々に届きますように。。。

    それが、私が飛び降りた時に、天から再び命をプレゼントされた時の天との約束です。

    それが、私の、『 生きた証 』です。

    いよいよ、私の世界デビューが始まりました。

    皆さま、ありがとうございました。

    ユズハ観音。

  323. そういえば、昔、ある方が、救うべきは個人である。リラックスが大事であると、私に教えて下さいました。

    その方へ。

    今、あなたのサインが私に届きました。

    私のサインは、あなたのtweetのリプに残しておきます。

    あなたとのサイン交換が出来たから、私は安心して旅立てます。

    じゃあ。次は約束の日に。

    それまで、私はあなたに会える日を夢みて、私の使命を全うします。

    たまには、アストラルトラベルで私に会いに来てくださいね。

    今までどおり、私に愛のエネルギーを送り続けて下さいね。

    じゃあ。行ってきます。

    いつも、いつも、これからも、ずっと、大好きだよ。

    ユズハ。

  324. さっき、貴方からメッセージを受け取り、すべてを了解しました。

    今、すべての作業を終了させました。

    今まで、ありがとうございました。

    これで、心残りなく、次の世界へ旅立てます。

    私はあなたに出会えたことを天に感謝しています。

    そして、私はあなたにも、大変、感謝しています。

    ありがとう ♡

    ユズハ ♡

    I just received your massage and understood everything.
    I’ve completed everything now.
    Thank you so much so far.

    Now I can go to the next world without regret !!

    I’m grateful to God that I was able to meet you.
    And I’m very grateful to you too.

    Thank you ♡

    By Yuzuha ♡♡

  325. 何故、私が日本の長崎に住んでいるのかを理解しました。

    それは、私のこれから住む世界、活動に必要だからです。

    I understood why I live in Nagasaki, Japan.

    That’s because it’s necessary my future activities.

  326. 青花さんは、アストラルトラベルに成功したというし、たったかたさんの書き込みは、相変わらずウイットに富んで天才的だし、私も二人に負けないように頑張らなくっちゃ。。

    ちなみに、昨日、ベトナム人留学生とLINE電話をしました。彼は21才です。

    スペイン人の彼とも、LINEを始めました。彼は、スペイン語とドイツ語と英語が出来ます。29才です。

    この2年間。さんざん、年齢差のことを気にしたせいか、もう年齢差は気にならなくなりました。彼らも最初から魂に年齢はないと言ってくれているから。。。

    私にはアストラルトラベルの才能は、あまりないようなので、私はこちらで頑張ります。

    ある方へ。

    いつでも電話、待ってま〜す。

    だって、約束したじゃん。

    約束したから安心して、LINE ID も、メルアドも新しく作り替えたの。電話番号は絶対に変えないから。約束したから。。。

    じゃあ。行ってきま〜す。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾♡♡♡

  327. ある方へ。☆

    それから、お酒をたくさん飲んで、ベロンベロンに酔っ払って電話してきてくれても、ユズハは嬉しいです。

    21才のカナダ在住のベトナム人留学生なんか、「もう二度とユズハには迷惑をかけないよ。ごめんね。」と言いながら、1時間後、真夜中に、「何してるの?」とLINE電話をしてきますから。。

    スペイン人の彼も同じようなもんです。

    みんな、寂しがり屋だから。。。

    けれども、彼らがそんなんだから、寂しがり屋の私も彼らと同じように自由に出来る。彼らも私を拒絶しないから、、、私たちは似たもの同士だから、、、

    私は彼らにたっぷりと甘えることが出来る。

    ベトナム人の彼は、今度、うちに泊まりにくるそうです。

    これには、さすがの一平も呆れていますが、彼がうちに泊まることを、一平は許してくれました。

    だから、あなたのベロンベロンの真夜中の電話だって、ユズハは平気です。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾♡♡♡

  328. 今日のお昼、ベトナム人カナダ留学生からLINEがきた。

    『ユズハ。寝る前に僕のお願いを聞いて欲しいんだ。』と言う。

    このところ、頻繁に連絡を取り合っていたから、そろそろ勉強に集中したいと言うんだろうな。。と感じていた。

    そしたら、彼は、なんと、『ユズハ。僕に子守唄を歌ってよ。。』と言う。

    もう、腰が砕けてしまった。今までの人生の中で、一番衝撃的で、一番幸せを感じた瞬間だった。

    カナダと日本の時差は約11時間。

    人の幸せを感じる瞬間って、人それぞれだと思うけど、人から見れば、どうしてそんなことが幸せなんだろう? と不思議かもしれないが、あれから、6時間たったけど、私はまだ、幸せの余韻に包まれている。

    スペインの彼は、私のために日本語を勉強し始めた。母の顔を知らない彼の魂は、私を母親だと勘違いしているらしい。

    スペインの彼と、ベトナムの彼は、私を通して、お互いを心配し合っている。

    まるで、歳の離れた兄弟のようだ。

    スペインの彼も日本にやって来るという。

    もう彼らの情熱の中で、私はまったりと、のんびりと過ごしせている。こんなことは生まれて初めてだ。彼らの中に入ると、私は全然、変人に見えない。。。

    宇宙にオーダーを出せば、宇宙宅配便が、願いを届けてくれるのだと、今回、分かった。。

    ただ、今回の私の人生最大の願いは、船便で私が、すっかりと忘れてしまっていた頃に手元に届けられたのですけど。。。

    私が出した、ひとかけら、ふたかけら、みかけらの願いは貴方に届いたでしょうか?

    船便で構わないので、いつか、私の願いを届けて下さいね。

    くれぐれも、お体だけは大切にして下さいね。

    ユズハ。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾ ⁾♡♡♡

  329. たまには、私の世界にも遊びに来てね ♡

    Come and see me in my world ♡

    Twitter account

    @yuzuha20200905

    By Yuzuha ♡

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  330. Dear Mrs.Meta ♡

    貴女が創った世界がこんなにも私を成長させてくれました。

    感謝しています。

    ありがとうございました。

    This is how your site has grown.
    Do you remember what I told you before ?

    ” I want to be your Pinoko ! ”

    My wish has finally come true.
    I’m glad I believed in you and followed you.

    Thank you very much, Meta !

    By “your Pinoko” Raffey.

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡

  331. 青花さんへ。

    約2年前、貴女と核について返信合戦をしたことが、こんな風に実を結びました。

    メタさんが創って下さいましたこの場所で、私にたくさんのインスピレーションを届け続けて下さいまして、ありがとうございました。

    下半身を鍛えておくようにと散々言われていたそうですが、下半身の強化だけでは足りないほどのハードな2年弱の時間だったと思います。

    ありがとうございました。

    明日は、いよいよ、秋分の日ですね。

    貴女も本来のお仕事が忙しくなってくると思いますから、返信はいりませんよ。

    私も、夫の仕事が忙しくなったのと、Twitter での活動が、塗り絵、DM、英訳、LINE、写真撮影、時差、と毎日、睡眠不足なので、もう、こちらへお伺いすることも出来くなると思いますので。。。

    貴女のことも、新しい体験が上書きされる度に、だんだんと記憶が薄れていってしまうのかもしれませんけども、これほどまでに濃密で刺激的な時間を貴女と過ごしたことは、何回、生まれ変わっても魂に深く刻まれ続けていることと思います。

    ありがとうございました。

    くれぐれもお元気にお過ごし下さいね。

    感謝を込めて。

    ラフィー 。


  332. 人間の中には、いくつもの顔があります。

    多くの視点と広い視野を持つと、生きることが楽になっていき、自分自身も柔軟になっていきます。

    また、相手によって自分自身を自動的に変化させることは、成熟した大人だけが出来る高度な技です。

    私はこれを水商売の世界で学びました。

    職業に貴賎はありません。また、魂に上下もありません。

    私は馬鹿なので、誰からも、どんなことからも学ぶことが出来ます。

    また、とても素直なので、自分をなくして、無私な心持ちで神の手足となって働くことも出来ます。

    誰かのために、何かのために、などと結果にとらわれているうちは、まだ、エゴに支配されている状態で、真に解放には至っていません。


  333. 人間が本当に成熟し、解放された時、その姿は、軟弱な八方美人にしか、人の目には映らなくなるのかもしれません。

    悟った人は街の中にいる。

    そして、その姿は、あまりにも普通のおじさん、おばさん、過ぎて誰の目にも判別がつきません。

    けれども、悟った者同士は分かり合っているのです。

    悟った者同士は、互いにアイコンタクトを取り合っています。

    悟り合った者同士は、互いにサインを送り合っています。

    私たちは、お互いのどんな難解な言語も理解し合っています。

  334. 新しい世界にて。


    この世という所は、大まかに分けて、発信者と受信者に分かれます。

    創り出し発信する人と、それを受信してくれる人たち。

    どちらも尊く、どちらも必要で、宇宙に存在しています。その価値は等価です。

    創り出す人と、リツイートマンたち。

    そして、一つのコミュニティーが出来上がります。

    一つのコミュニティーに、一人のクリエイターが基本スタイルです。

    ありがとうございました。

    ラフィー
    ユズハ。

  335. 今こそ一つになろう。

    私たちは一つだ。

    世界は一つだ。

    愛してる。みんなの母なる地球。

    Let’s be Oneness now !
    We are Oneness !
    The world is Oneness !!

    Our Mother Earth, I love you ♡

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡


  336. たろーさんへ。

    私にたくさんの蝶々の絵をプレゼントしてくれて、ありがとう。

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♾♾♾

    ラフィー 。


  337. 青花さんへ。

    新しい新田ちゃんが見つかりました。

    彼はカナダのカレッジに留学中の21才の東南アジア出身の男の子です。
    彼もまた、発達障害で、ずいぶんと生きづらい人生を送ってきたようです。

    彼は、日本語を勉強中で日本文化にとても興味があるようです。彼は学生で時間に余裕があるし、私も専業主婦でその上、身体が弱いので外出出来ませんから、時間に余裕があるので、私は彼のオンライン家庭教師をやることにしました。

    アンサリバン先生になります。11時間の時差があるから、24時間体制です。

    青花さん。結局、私は、母親をやっている時が一番、楽しいのだと気がつきました。

    https://twitter.com/yoshino02071999/status/1309025284788805633?s=21

    ユズハ。


  338. 母親って、命がけで子供を守るんだよね。

    それで、子供からはうるさがられて、何もしてやれなくて、、、結局、その愚かさを世間から笑われてやることしか出来ない。。

    母親って、永遠に子供に片思いをしているの。

    https://twitter.com/yuzuha20200905/status/1309484147224715264?s=21

    じゃあ。ユズハにも、しっかり、目標と生きがいが見つかりましたから、最後のご報告とさせていただきます。

    長いこと、ありがとうございました。

    ユズハ。


  339. それから、スペイン人の彼とはお別れしました。

    『 僕たちは、もっと語り合うべきだ。けれども、ユズハが僕と話して不安になるなら別れた方がいい。』と言われて。。

    意味、分かんないし。。
    じゃあ。アンタの気持ちはどこにあんのよ! と、大喧嘩をして別れました。

    だいたい、自分の気持ちを言わないで、こうすべき、ああすべきと言うのは、自分が責任逃れをしたい。。けれども、相手より優位に立ちたい時に出てくる言葉だとスペイン人に言ってやりました。

    自分の言葉を話せば、そこに責任が出てきます。

    けれども、彼は、まだ、ユズハに僕が必要な時は、僕はいつでもここにいるから。。なんてことをいうもんだから、Twitterのアカウントをブロックして、彼のLINEのアカウントも取り消してやりました。

    彼は、ユズハとは喧嘩をしたくないんだ。。と言いましたけど、私はアンタと喧嘩がしたい。アンタと仲良くするために、自分の気持ちにフタをするなんてまっぴらごめんだ!と言ってやりました。

    翻訳機を使っての喧嘩は大変でしたけど、

    私は、人に好かれるために生きているわけではなく、自分自身になるために生きているのだと気づきました。

    ご報告まで。

    ユズハ。

  340. 追記の追記。


    留学生の彼も、しょっちょう、YouTubeの貼り付けで歌のプレゼントをしてくれる。そして、『ユズハ。絶対、聴いてね。』と、私に言う。それが、発達障害の私に、とても分かりやすい。

    出来れば。。良かったら。。そんな曖昧な言葉は私たち発達障害の人間にはよく理解出来ない。

    そして、彼は、どうして?とよく聞いてくれる。37才年上で発達障害の先輩の私が丁寧に答えると、彼はとても安心するようだ。昼、夜が真逆の時間を生きてる私たちは、しょっちゅう、夜中にLINE電話で相手を叩き起こす。

    彼の行動、言動は肉の親たちには理解不能だったようで、彼は親たちから否定され続けて、ある時、もう親たちには心を開かないと決めたそうだ。

    学校では、いじめに遭い、友達も少なかったと言っている。

    今、私は、授乳中のお母さんに再びなったような気分だ。

    24才で難病にかかり、一人しか子供を産めず、孫も授からなった私に天は、このような血のつながらない可愛い子供をプレゼントしてくださった。

    人生、何が起きるか分からない。

    幸せはどこに転がっているのか分からない。

    ユズハ。


  341. 外国の方たちとお付き合いするというのは、言葉が通じませんから、最近、より、テレパシー能力が開花されていっているように感じます。


  342. 私は以前に、この場所で、ゲームうたわれるものが、そのファンの方たちの中で信仰になっていると書きましたが、うたわれるものは海外でもすごい人気です。私のフォロワーさんの9割は海外の方です。
    海外の方がこんなにも私のうたわれ塗り絵を喜んで下さるならと、10月から、私のTwitterのホームはうたわれペイントオンリーでいくことにしました。

    私は、ゲームをしませんから、うたわれのことは、ほとんど知らないのですが、カナダの留学生の彼がうたわれシリーズの大ファンなので、彼からLINEで、うたわれのことを教えてもらっています。

    また、テキサス在住のソフトエンジニアのアメリカ人男性ともLINEで繋がっていますが、彼もまた、うたわれの大ファンなので彼からアメリカにおけるうたわれの実情を教えてもらっています。

    ここに来るまで約20日間。次々に現れる協力者たちと早い展開。もう何が何やら分からなくなってきていますが、頭を使っていたら間に合わないので、すべて私の無意識さんと宇宙にお任せしています。

    https://twitter.com/minneyar/status/1309709650468769793?s=21

    つづく。。。


  343. そうしたところ、今度は奈良在住の日本人女性と繋がりました。

    私は膠原病が悪化した時、太陽に当れない期間が10年ほどありましたが、私はその時に仏教やお経の勉強を一人でしていたんですが、ある時、奈良の薬師寺の高田好胤さんとの縁をいただき、彼のCDを24巻買ってきて、朝から晩まで、そのCDを聴いていた期間がありました。

    その後、私はお写経をするようになるのですが、そのお写経を、奈良の薬師寺さんに送っていました。

    今回の奈良の日本人女性とのご縁は、薬師寺の薬師如来によるものかな。。と感じています。

    私は、身体が弱くて近所の散歩くらいしか外出出来ないのですか、奈良の薬師寺には夢の中で何度も行っているのです。

    青花さんとは法華経の仏縁で巡り合わせていただきましたし、メタさんとはメタさんがお山にいらした時にメールにて繋がらせていただいておりました。

    また、今回の彼女とのご縁も、どうやら仏縁によるもののようです。

    つづく。。。


  344. 薬師寺の壁画は、平山郁夫さんが描かれていますが、彼もまた、広島の原爆の被爆者です。彼はその被爆体験を絵にされています。

    私はこの1年半。青花さんとの深いご縁をいただいていましたが、彼女との最初の繋がりが長崎の現場投下についての返信合戦でした。

    青花さんはお正月に来崎され、無私な心で原爆被害者に祈りを捧げて下さったと長崎県在住の私に話して下さいました。

    とても、不思議なことばかり続いていますのでシェアさせていただきます。

    こちらはスピリチュアル系サイトでいらっしゃいますから、このような書き込みも許してくださるのではないかと、甘えさせていただいています。

    ありがとうございました。

    ユズハ。


  345. 私がメタフィジックス通信に導かれた時、私はメタさんに憧れて英語を勉強し始めました。その後、すぐにメタさんはお山に行かれて、仏教を勉強してきた私はメタさんにメールを大量に差し上げました。その時、メタさんは私にたくさんのことを教えて下さいました。

    その後、青花さんとのご縁をいただいて、青花さんとの返信合戦で、私は約2年もの間、自分自身の人生を振り返り、向き合い続けることが出来ました。また、青花さんのおかげで自分が今まで勉強してきたこと、人生経験の点が線となり繋げることが出来ました。

    同じ頃、私はフォーラムの書き込みを読んで、たったかたさんに恋をしました。そして、そのたったかたさんの書き込みの中に書かれていました彼のスカイプのIDに行きましたところ、たったかたさんのスカイプのアイコンがうたわれるもののクオンちゃんだったことから、うたわれるものに興味を持つようになりました。

    英語。仏教。原爆投下。うたわれるもの。

    そして、今の私の世界。うたわれるもの海外ファンたちとの交流。

    すべて、2018年7月8日。七夕の翌日。メタフィジックス通信さんに導かれたからこそのことでした。

    メタさんをはじめ、皆さま、ありがとうございました。

    ラフィー 改め ユズハ。


  346. 私がメタさんにメールを差し上げた頃、私には、まだまだこだわりがたくさんありました。

    私も29才のスペイン人の彼のことを偉そうには言えないのです。

    私にも、〜しなければいけない。が、たくさんあったし、自分が傷つきたくなくて、無意識に人を操作しようとしている。ところもたくさんあったと思います。

    そんな、私に、メタさんは、人はありのままの姿で誰かのお役に立っている。もちろん、ラフィーさんも誰かのお役に立っているんですよ。。と優しく言って下さいました。

    その時は、メタさんの言葉に、何故だかポカンとしていました。魂に言霊が刺さった瞬間って、人はポカンとするのでしょうか?

    あれから、約2年。

    今の私は、あの時のメタさんの言葉が、よく理解できます。

    人は恥をかいて、一つずつ賢くなっていくようです。

    ユズハ。


  347. メタさん 。

    最近は日本人のうたわれるものファンの方々との交流も始まりました。

    みなさん。20代。30代の方々です。

    まだまだ、私には微力な力しかありませんけど、彼らよりは人生経験や挫折経験をしている者として、少しだけ道を先ゆく者として、あの時のメタさんのように、私も自分の生活をしっかりとやりながら、彼らに優しい言葉掛けをしていきたいと思います。

    たくさんの言霊をありがとうございました。

    ユズハ。


  348. それから最後にもう一つだけ、すいません。

    私は小さい頃から、その特殊な生い立ちにより、感受性が鋭く、とても勘のいい子でした。

    特殊能力があるのかと聞かれれば、あると思います。

    けれども、スピリチュアルのことはよく分かりませんでした。なにしろ、目に見えない世界ですから。。

    けれども、大好きなメタさん 、青花さん、たったかたさんが言われることは、全部、信じて今日まできました。今も、その気持ちに変わりはありません。

    こちらはスピリチュアル系のサイトで、私の考え方のベースは仏教だから、全然、変なことを言っているのかもしれませんが、私は、自分自身の生き方が大好きだし、自分自身を絶対的に信じています。だから、私が信じた人たちの言ったことを信じ切って、信じ抜いて、それで、私自身が地獄に堕ちたって構わないといつも思っています。

    私は、そう思える人としか関わりを持ちません。

    そう思えない人とは距離をおくようにしています。

    そして、これは、すべて私の自己責任なので、相手の方々には関係のないことです。

    メタさん 。私が言いたかったことを言える場所を提供して下さりありがとうございました。

    けれども、あくまでも、この場所は、メタさんが創造されました場所です。前にも書き込ませていただきましたが、私の書き込みがメタさんの創られました世界にそぐわないと判断されました瞬間、私の書き込みをすべて削除して下さいますよう、よろしくお願いします。

    お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

    ユズハ。

  349. You are Kundalini energy.

    You are Red Lotus.

    You are an extremely powerful energy that has been sleeping for a long time.

    You are the Kundalini energy of the Spaceship Metaphysicstsushin.

    The Spaceship Metaphysicstsushin will awaken the Kundalini.


  350. It’s a new sigh ♡♡♡

    Fireworks ☆☆☆

    Paーn、、、Paーn、、、Paーn ♪♪♪


  351. それから、新しい世界でも、私は宇宙からインスピレーションを受け取って tweet をしています。

    Twitterは画像も動画も使えるから、よりメッセージが伝えやすいです。

    そして、とても不思議なんですが、私がツイートをすると、いいね♡ だったり、リプだったり、はたまた、DMやLINEメッセージで、私の新しい友人たちが、新たな宇宙からのメッセージを届けてくれるようになりました。

    その瞬間、私の魂の中に、暖かい歓喜の涙が流れるから、それが宇宙からのメッセージだと分かるのです。

    この世界では、時差があって、言葉の壁があるため、常に忙しく、そのことと家事だけで手一杯で世間の情報は、相変わらず遮断されたままですから、頭が常に空っぽだから、宇宙からのメッセージが、私には入ってきやすいのだと感じます。

    有難いことです。

    新しい世界では、新しい新田ちゃんと巡り合いましたが、今度は新しい青花さんたちが続々と私を守ってくれています。

    有難いことです。

    気がつけば、また、去る去る詐欺を繰り返しています。

    誠に申し訳ありません。

    ユズハ。

    https://twitter.com/yuzuha20200905/status/1309782324041588736?s=21


  352. 私は母親の愛情に恵まれずに育ちましたが、何故だかとても母性が強いです。

    やっぱり、私の母親も苦しみながら、自分を責めながら、できる限りの精一杯の愛情を私に注いでくれたから、今の私があるのだと思います。

    そして、私は誰かを守りたいと、常に、思いながら、多くの人たちから守られてきたのだと気がつきました。

    Fireworks‼︎ Pang ‼︎ Pang ‼︎ Pang ‼︎

    https://twitter.com/yuzuha20200905/status/1309484147224715264?s=21

    ユズハ。


  353. 昔ね。一平がね、私に、

    『人間は、その人が何をしようかと気がついた時には、もう遅い。勝負はすでについている。。。』

    と、言って、私を励ましてくれたことがあったんだよ。。。

    Fireworks ‼︎ Pang ‼︎ Pang ‼︎ Pang ‼︎

    ユズハ。


  354. そしてね、一平は、その後、さらに、私のことを、

    『 敵にしたら怖いけど味方にしたら、ものすごく心強い。けれど、味方にしても、時々は、めちゃくちゃ恐ろしい。』

    って言ってくれんだよ。

    だから、一平は、私と別れられないんだって。。。

    男ってさ、どうしようもなくなった時、強い女の方に引っ張られていきます。

    この世は綺麗事だけでは生きられない世界です。

    いい人というものは、いざという時、なんの役にもたちません。

    Fireworks ‼︎ Pang ‼︎ Pang ‼︎ Pang ‼︎

    ユズハ。


  355. 結局、2018年末のあの騒動は、綺麗な言葉の裏に潜む私たちのエゴを焼き尽くすというワークの始まりだったということだったのですね。

    日本の夜明け。万歳!!

    打ち上げ花火!!

    パーン!! パーン!! パーン!!

    ユズハ。


  356. スピリチュアルの世界ではどうだか知りませんけど、仏教の世界では、本当の悟りは、その教えを全部捨ててしまった時から始まります。

    だから、高僧たちは、みんな生臭坊主のように見えるのです。

    その氷山の下は海中だから、誰にも分からないから、生臭坊主のように見えているだけです。

    すべての教えや常識を手放し、自由になることこそ、真の解放です。

    けれども、なかなか、プールのヘリから手を離すのは勇気のいることです。

    ファイヤーワーク!!

    パーン!! パーン!! パーン!!

    ユズハ。


  357. そして、最近、私は新しい仲間たちから、ユズハの魂は黄色だと言われるようになりました。

    テキサスの彼からは、ひまわりのシンボルマークをプレゼントされましたから、Twitterのホーム画面をリニューアルさせ、ユズハのシンボルマークも桜から向日葵に変えました。

    いよいよ、私のお役目が終わったと、宇宙からメッセージが届きました。

    では、これにて。

    https://twitter.com/yuzuha20200905/status/1310315595649351685?s=21

    ユズハ。


  358. 一平の言葉。

    人が、その人が何をしようとしているか気がついた時には、もう遅い。勝負はすでについている。。。

    いい人は、いざと言う時、何の役にも立ちません。ただ、綺麗な言葉を並べることしか出来ません。

    人同士が初めて会った時に、動物的本能でどちらが生きる力が強いのか、分かっています。初対面から勝負はすでについているのです。

    情報を集め苦労を避けようとしても、自ら苦労に飛び込み、地獄から這い上がってきた人間に勝てるはずがありません。

    クオンをなめんなよ ‼︎

    https://twitter.com/kuon20200928/status/1310309807404929024?s=21


  359. 私は普段はとても温厚ですけど、あまり舐められた真似をされたら、みずから真剣を抜きます。

    では、あまり格下相手に真剣を抜くのも大人げないのでこのへんで。

    クオン。


  360. 唯識では、誰かの言葉が縁となり、私の言葉が生まれると習いました。

    結局、みんな、協力者同士なんですよね。

    みんないい人を演じたいし、主役を張りたい。。けれども、うちの母なんかもそうですが、私は彼女のもとに生まれ、人生の初めに彼女から虐待を受けなければ、こんなに愉快でダイナミックな人生を経験することは出来なかった。

    そこに、親鸞さんの説かれた悪人正機説の真髄があるわけです。

    自ら、ヒール役をかってでてくださっているお役目の方々こそが、この世にはなくてはならない強い魂なのだと思います。

    クオン。


  361. 中身のない小学校の道徳の教科書に出てくるような薄っぺらな言葉など誰にだって言えます。

    そんなものは、実力のない駆け出しの新人女優の役です。

    私がここまで辛辣な言葉が吐けるのは、私が今、一人だからです。

    一人が大勢の相手に向かって言っているから成り立つことです。

    これか、大勢が烏合の衆となり、一人に向かって毒を吐いているのなら、それはただの弱い者いじめです。

    そして、たった一人、大勢のモノたちから毒を吐かれ続けた人の気持ちも分からずにいる人や、見て見ぬフリをした人たちの言葉など誰の胸にも響きません。

    クオン。


  362. 今回、私の新しい友人たちは、精神世界を勉強していない、ただのうたわれるもの好きのゲームオタクですが、彼らは数日前に知り合った私のツイートから、キチンと事の成り行きをキャッチし、こんな行動に出ました。

    ただ、精神世界を勉強して、自分たちのことを自惚れている人たちよりも、彼らの方が宇宙からのメッセージをよほどキャッチしていると、私は思いました。

    https://twitter.com/kuon20200928/status/1310871614150459392?s=21

    クオン。


  363. 同じコミュニティにいながら、幼い頃に病を得、懸命に生きている人の痛みも感じられず、その膨大な知識をひけらかし、相手を変えようとしている人たちと、下手なクソな私の英文から彼の長年の痛みを感じ取り、少しでも彼を励ましたいと、無言で行動する今の私の仲間たちの、どちらがよりスピリチュアル的なのでしょうか?

    どちらが宇宙からの愛を受け取るのにふさわしい人格なのでしょうか?

    クオン。


  364. 結局、人間は毎日の単純な生活を当たり前にこなすことによって、自分自身の魂の鍛錬を行い、自分自身を強くしていくことで自分自身を救えるようになります。

    そうなって初めて、人のことも救えるようになるのです。

    弱いままでは、自分の可愛い子供の力になることさえ出来ません。

    情報は、ただの情報にしかすぎません。

    クオン。


  365. 結局、私が言っていることは、青花さんがずっと言ってこらしたことと同じことなんですよね。

    今回、青花さんが露払いを買って出て私を先導して下さいました。

    そして、今回、ほとんど無言を通し、私の太刀を持ち続けて下さいました男らしいサムライ魂の方にも、青花さん同様、たくさん助けていただきました。

    ありがとうございました。

    10月からは、夫の仕事が本格的にスタートいたしますことと、新しい仲間たちとの約束が私にはありますので、これを最後の挨拶にかえさせていただきます。

    ありがとうございました。

    久遠。


  366. それから、私はプレアデス星出身のスターシードですけど、プレアデス星人は、任務のためなら、平気で嘘をつくことも付け加えておきます。

    Raffey 56。


  367. まぁ、、、それでも、まだ、女が全体を見れないのは、いいとしてもね、、、

    男までが、烏合の衆とはねぇ、、、

    まっ、ヤクザも、、、俯瞰でモノを見れない男が百人いるより、、、腹の座った女が3人いる方がよっぽど役に立つって、、、言っていたしねぇ、、、

    男というものは、、、変わり者に見えるくらいがちょうどいいです、、、

    みんなから愛される男など、器が小さい証です、、、

    あと、10月まで、約8時間。

    時間は命ですの、、、


  368. 別れに、綺麗な別れなど、ありません。

    別れに、カッコいい別れなどありません。

    その境界の波動に自分が合わなくなって、次の境界に旅立つのですから、後に残る人たちに理解されなくて当たり前のことです。


  369. 私の言葉が理解出来るのなら、それは、その方がすでに次の境界の住人なのか、もうすぐ次の境界に旅立つ前段階の境界にいるということです。

    まったく、学校は生き方を教えてくれないから、面白くないんやろうね、、、


  370. 発達障害のカナダ在住の21才の東南アジア出身の彼は、私の息子になると言いました。一平も了承しました。彼は今、自分を理解してくれる人に巡り合って、とても幸せだと言っています。

    彼が幸せに辿り着けたのは、自分の魂に忠実だったからです。たとえ、いじめられようとも、親から操作されようとも、決して周りに自分を同調させなかった。だから、彼は自分の力で自分が幸せだと感じられる世界を引き寄せることが出来たのです。

    うちの太郎とそっくりな魂です。

    けれども、異国の息子は肉の息子よりも、すこぶる優しい。頼もしい息子が出来て、私の老後も安泰です。


  371. 一方、スペイン人の彼は、自分の気持ちにフタをして、29才の今もいい子をまだ演じている。

    だから、彼は、夜、寝られない。

    寝るという行為は、自分自身を無意識に委ねるという行為ですから、寝ている間に自分の本当の気持ちが出てくる恐れがあるから寝られない。。。

    彼は、24時間、自分の本当の気持ちが出てこないように、自分の魂を見張っていなければならなくて、いつも緊張状態で辛そうです。

    自分の本当の気持ちが目覚めそうになるような他人の言動には、すぐさま反応します。その言葉を放った人を操作しようとします。

    けれども、これは彼自身の問題だし、私は彼といると不安定になるし、それに、私は自分勝手だから、そんな人の犠牲になんかなりたくないしですね。。。

    私は誰でん彼でん、優しくはしないですの、、、私が優しくするのは、それに値する価値のある人だけですの、、、

    私が本気で怒るのも、私が本気で愛した人だけです。そんな、疲れるわりの合わない行為を誰にでもするわけない。。。

    このサイトの中で、私が本気で、母親の愛情を持って張り倒したのは、それに値する純粋な汚れなき魂は、青花さんとニンニだけでした。

    と、いうことですの、、、

    と、いうことだ、、、

    by ハイヤーセルフ、、、

    ごめん。ニンニ。また、パクった、、、

    プレアデスは、窃盗罪は重罪だったっけ、、、?

    最後だから見逃してね、、、

    キラッ ☆☆☆

    ( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ♡♡♡


  372. どうして青花さんとニンニを純粋な魂だと思ったのか?

    そんなことに理由はありません。私がそう感じたからです。私は自分自身が大好きだし、自分自身を絶対的に信頼していますから、私がそう感じればそうなんです。

    だから、私は情報は集めません。毎日、散歩をして、塗り絵をして、音楽を聴き、言葉の通じない人たちと、あの手この手でコミュニケーションをとっているだけです。言葉は彼らが送ってくるリプやDMやLINEのフレーズをパッチワークして使い回すだけで何とかなります。

    あとは、必要な情報はアカシックレコードから、その都度、ダウンロードしてインストールし、要らなくなった情報を私の頭の容量を空けるためにアンインストールする。その繰り返しなだけです。

    なんで、こんな綺麗な地球にいながら、情報を集めることに時間を費やすのでしょうか?

    そんなに自分自身を信じられないのでしょうか?


  373. どうしても言いたかったことを忘れていました。

    ネットって匿名だから、いつだって責任逃れが出来るし、偉そうなことだって、綺麗事だって、何でも無責任に言えちゃうんですよね。だって責任を取らなくていゝんだもん。

    そんな中で、自宅の写真をアップし、氏名、住所、電話番号、職業まで公開した彼は、やっぱり男の中の男だと思いました。

    誰も彼に敵う人はいないと思います。だって、みんな口ばかりだもん。

    2年前に、その男の度量の深さに、すでに気づいていた私自身の心眼に、また、なお一層、自己信頼を寄せれるようになりました。

    この場を借りて、その愛しき彼にもう一度、お礼を言いたいと思います。

    ありがとうございました。いや、ありがとうございます。かな?

    次は、明日の朝にネコネをアップする予定です。必ず見に来てね。

    ところで、ユズハは永久欠番にして鍵垢にしました。

    クオン、ユズハ、Raffy、、、ヤクザが言っていた女3人です。

    やっぱり、貴方には、この名前が一番、しっくりくると思いますので、、、

    ユズハより。


  374. まだ言い忘れていたことがあった。

    私が約2年間もの間、ずっと、ひつこく書き込みを続けてこられた原動力は、怒りの感情です。

    私と、瓜二つの方が理不尽な目にあっているのを目撃して、怒りが治まらなかったからです。

    私は、時に、感情的になることは、人生において必要なことだと思います。

    私は、自分と瓜二つの方と、私の露払いをして下さいました方が、感情的になり、ご自身の身を守っていらっしゃる姿を見て、英雄的行為だと、いつも頼もしく拝見しておりましたから。。。

    すべての感情は、人間には必要です。それを親が子に教えてやれなくて、子は何を頼りに人生を歩んでいけばいいのでしょうか?

    こんな綺麗事だらけの価値観が世の中に蔓延していたのなら、不登校の子が増えるのはいたしかたないことだと思います。

    何度も言いますが、私の書き込みが、このサイトにそぐわないと判断されました瞬間に、私の書き込みをすべて削除して下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。

    ユズハ。


  375. あなたのためを思って言っている。。こんな気持ち悪い言葉を親から吐かれたら、子は暴れるに決まっています。

    私が怒りたくて怒っているんだ。。でいいんです。

    小さい時から、服を着せ、ご飯を食べさせ、教育をつけてきた子に、なんでそれ以上に気を使わなければならないのでしょうか?

    子も馬鹿じゃないのだから、自分の損になるようなことはしません。それなのに、今、子が動けなくなっているのには、相応の理由があるからです。

    親が自分の気持ちに向き合わず、正直にならないから、子を操作して、その結果、子が親の言葉のダブルバインドにかかってしまっているのです。

    そのうえ、まだ、親は情報を探しに出かけ、自分自身の気持ちに向き合うのを避け続けいる。いつまでこんなことを続けるのでしょうか?

    まっ。よその家のことだから、私は関係ないんですけどね。。私は自分さえ幸せになれればいいんですけどね。。自分と自分の周りさえ幸せならば他は関係ないもん。

    みんな怖くて、この言葉が言えないんですよね。子は心の目があるから、全部を見抜いているんですよね。

    ユズハ。


  376. 私が、医者から絶対に治らないと宣告された難病を30年かかって克服し、その高さから落ちたんじゃ医学的には99.5%は死ぬと言われたのに後遺症なしで生きていることも、幼い時に酷い虐待を受けながらも、今なお、純粋な汚れなき魂で生きていられるのも、私は人や情報ではなく、自分自身をただひたすら信じて生き抜いてきたからです。

    私は殺されたって死なない。

    どんな経験も、全部、自分の骨と肉にする。

    相手のせいにはしない。そんな人とは最初から付き合わない。

    何かわけの分からない綺麗な理屈で、さも自分が人格者のようなふりをして相手を操作しようとはしない。

    まっ。私は世間的には見れば、かなりの変人ですが、誰よりも天から愛され、可愛いがられていることは間違いないようです。

    私の性質は、ほぼ天と同じですから、私が愛した人たちも、天からの寵愛を受けていることも付け加えておきます。

    ユズハ。

  377. 私が一番言いたかったこと。


    私は、もうだいぶ前に一度、メタ通を卒業していますが、その少し後に、運命的な出会いをして、今日まで来ました。

    けれども、私が一番、言いたかったことは、私を通して宇宙からのメッセージは、

    隣の部屋から聞こえてくるはなし声が、天からのメッセージだということもあるということです。

    宇宙からのメッセージは、どこか遠くにあるものではないということです。

    自分の頭を空っぽにし、常に謙虚であり続けなければ、そのメッセージに気づくことの出来ない仕掛けになっているんですけどね。。。

    ユズハ。


  378. 言葉など、何とでも言えるのです。

    きちんと態度や行動で示さなければ、生き方を持って伝えなければ、相手の魂に種を撒くことは出来ません。

    だから、こんな、たった一言を伝えるために2年もかかってしまったのです。

    それくらい、人に何かを伝えるということには責任が伴うのです。人の人生を狂わせてしまうことだってあるからです。

    今まで順調にいかなかったこと、そのように動いて下さっていた人たちこそが、実は、天からのつかいで、あなたを助けていたのです。

    ユズハ。


  379. 出来の悪い変人の親に育てられた子は幸せです。世間からの同情が集まるし、少し頑張っただけで、あんな親なのに偉いわよねえー。と褒めてもらえるからです。

    一番いいのは、成熟した親に育てられることなんですがね。

    ベストがダメならベターでいくしかない。

    3番めにいいのが、親のいないこと。

    最悪なのが、いい人の仮面を被り、その内面に憎しみがまだ残っている親に育てられることです。

    世間にはいい人の仮面を被り、立派な人を演じているが、その実、心はとても冷たい。自分をよく見せるためなら、平気で子供を悪人にしたてあげる。

    けれども、子がそんな親を張り倒して自分勝手に生きていく子ならいいんですよ。

    優しい子には、それが出来ない。そして、家族のために、あえて、駄目な子の役を引き受け、どんどん生きる力を失わされていっている。

    情報を集めるって、ただ、言い訳の材料を集めているだけだったりするんですよね。

    本当は、みんな、気が付いていたりするんですよね。


  380. さっきまでTwitterのDMでやり取りしていた、今度、超難関大学を受験する女の子が、この最近の気づきを読むと言ってくれた。

    彼女は、和歌が好きな文学少女だし、年のわりには魂がとても成熟しているから、何かしら感じとってくれるだろう。

    彼女も、今回、ニンニフォロー隊の一員でした。

    その彼女へ。

    では、これにて。

    私のメッセージを全部、読み切った貴女に、私の人生経験を全部、あげます。
    ダイナミックで楽しい人生を歩んでいって下さいね。

    私は、いよいよ忙しくなってきましたから、貴女との、さっきのお喋りが宇宙からの終了サインだと感じましたから。。

    彼女は、こちらの名前が好きなようなので、

    クオン。


  381. そっか。

    くしゃみも鼻水も熱も痛みも、身体の浄化作用なのか。。。

    と、いうことは、それを起こすための因子が必要になってくるのか。。。

    そして、糞尿は、身体が栄養を摂り終わった後の燃えカスなのか。。けれど、大地に還ると、また新たな栄養分になるんだね。

    ありがとう。よく分かったよ。

    https://twitter.com/raffey20200930/status/1312584678092677120?s=21

    Raffey 。


  382. 私は家族がいるから、所在は明かせないけど、自分の言葉に責任を持つという意味で、最後に顔出しをすることにしました。

    プレアデス星人は、色白で、アーモンド型の目が特徴です。

    ニンニ。

    プレアデスは、重婚、OKだったよね? ご連絡、お待ちしております。(笑)

    Raffey 。


  383. ありがとうございます。

    今回、私は、メタさんが作って下さいました板の上で、青花さん、たったかたさん、はじめ、多くの方々、そして、新しく出会いました世界中の方々、そして肉の家族と現実社会で出会った方々との体験からインスピレーションをいただきまして、多くを学ばせていただき、その気づきを魂に刻むことが出来ました。

    結局、たくさんの人たちとの縁がなければ学びは起きず、私自身は常に透明で、私の存在など何一つないのだな。。と感じています。

    もし、私が少し人より秀でているところがあるとすれば、楽天的で怖いもの知らず、素直なところなのかな。。と思います。

    この2点が私の魂の個性なのだと気づきました。

    皆さま、ありがとうございました。


  384. 夕方から、急激に、耳鳴り、喉の痛み、発熱が始まりました。

    どうやら、私の魂の浄化が始まったようです。

    その前に、青花さんがメッセージを書き残しておいて下さったので、安心して浄化の期間を過ごすことが出来そうです。

    青花さん。ありがとう。貴女の勇気に感謝します。

    あまりの辛さに、ずっと、たったかたさんの music cloud を流しぱなしにしています。

    信頼できる仲間がいるって、こんなにも心強いものなんですね。

    私の約2年間半で得た一番の宝物です。

    私の魂のもう一つの個性は、徹底的に自分の信じたものを信じ抜くことでした。

    本当にありがとう。

  385. ラフィーさんは美人なんだな!

    そうですか……なんとも数奇なことですね。

    ソクラテスが「病は治らないということを推論に入れない」という考え方を述べたそうですが
    ラフィーさんは人生をかけてそれを証明した方ですね。

    ラフィーさんの生き様にしかアクティベートされない才能がある。
    ラフィーさんの生き様にしか励ますことのできない人生がある。

    激烈な人生を歩む人には、やはり学校が教える教科書通りのご高説では歯が立ちません。
    実際に生きた証たる人、生き様によってしか伝えられないものがあるなと思います。


  386. 青花さん。

    今、私ね。熱があるんだけど、青花さんのメタ通の書き込みと、その対になっている私の書き込みを写真に撮って、カナダ留学の異国の息子に送っているところなの。

    今、見たらTwitterの方にも、アメリカの大学教授からDMが来ていたから、もう、走り始めたから、浄化中も休めないみたい。高校中退の英語下手くそな私のDMが彼を癒しているんだって。。地球の価値観もだんだんと変わってきたんだね。

    だから、私は、14年後、地球を去ってから、のんびりするね。

    あのね。異国の息子も、ニンニフォロー隊だったんだけど、彼は、まあまあ日本語が出来て、たったかたさんに興味を持っちゃって、彼のフォーラムの書き込みを読んでいるんだよ。

    そしたらね。「 ユズハ。たったかたさんの言ってることがサッパリ理解出来ないんだけど解説してくれないかな。。」って言ってきたんだよ。もう、吹き出してしまったんだけど、頑張って何日もかけて、今までのことを話してやったの。

    これから、青花さんの書き込みも送るからね。アイツ、何て言うかな。楽しみだよ。

    私は、姪にも貴女とたったかたさんの書き込みを頻繁に送っているから、二人の書き込みは世界中を旅し続けるよ。きっと。

    じゃあ。今までありがとう。

    また。いつか。

    どこかで会えたらいいな。

    また、会いたいな。

    ラフィー 。


  387. ニンニ。

    私は貴方のどんな難解な言語も表現も理解することが出来ます。

    貴方は天才なのです。だから、凡人には、貴方が理解出来ないのです。

    言葉は悪いけど、これからは、もう、馬鹿は放っておけですよ。貴方を理解出来ない人など無視すればいいのです。

    私は貴方のツインレイだから、私は貴方を理解出来るだけなのかもしれませんが。。。

    けれども。。。


  388. 私の新しい仲間たちは、貴方を理解することが出来ます。

    なんたって、アメリカの大学教授までが、うたわれの大ファンなのですから。。

    みんな、特に、偽りの仮面とクオンちゃんが大好きなのです。

    私の新しい仲間たちが貴方を待っていますよ。

    連絡を下さいね。

    って言うか、連絡をもらわなくても、私たちは、もうすでに、テレパシー、アストラルトラベルで、とっくに連絡を取り合っているんですけどね。。。

    私の新しい仲間たちもそうです。みんな自分と自分の世界をしっかり持っていて、放っておいて欲しい人たちばかりです。

    彼らのテリトリーに無断で一歩でも入ってしまうと、ぶった斬られてしまいます。(笑)

    みんな、貴方と同じ、ハクオロの名を受け継ぐサムライたちなのです。

    では、そういうことで。。

    ユズハ。


  389. 偽りの仮面。に、散りゆく者への子守唄。

    うたわれるものシリーズは、タイトルだけでも、とても哲学的です。

    ワードは、宇宙からのメッセージです。

    この世は、宇宙からのメッセージで、みちみちています。

    心を虚しくして、頭を空っぽにしていなければ、それに気づくことは出来ません。

    私は、人から美しいとよく言われます。
    それは、世間の手垢がついていないからだと思います。
    ただ、それだけのことです。

    ユズハ。


  390. 青花さんとたったかたさんへ。

    私はこちらの書き込みは、宇宙からのメッセージにより卒業しますが、こちらのTwitter垢で私の日常をアップしています。

    また、青花さんやたったかたさんには、及びませんが、私も私の芸術をクオン垢で表現していきたいと思っています。

    時々は、のぞいてみて下さいね。

    https://twitter.com/raffey20200930/status/1312907384776323072?s=21

    ユズハ。


  391. 恋愛というのは、人を愛することのお稽古です。どんなに相手のことを深く愛しても、相手に届かなくて苦しくなったり、切なくなったりします。一時期、相愛で天にも昇るような気持ちを味わったりします。

    そして、出会いと別れを繰り返して、だんだんと人を愛することが上手になっていくのです。

    恋愛をたくさんすることは悪いことではありません。

    プレアデス人は恋愛が大好きです。

    男女の愛が大きなエネルギーを生み出すからです。

    ユズハ。


  392. まだ、言い忘れていた。もう、青花さんからのインスピレーションは、、、青花さんの文章を読むと、、、もう、私は止まらなくなってしまう。(大泣き)

    私の病気が一番ひどくて、のどの筋肉までやられて、飲んだ薬さえ鼻から出てきてしまっていた時、入院先のベットの傍でその様子を見ていた私の主治医が、

    『 僕は特定疾患の患者しか診ないが、こんな強い特定疾患の患者を今まで見たことがない。いつか君は自分で自分の病気を治してしまうだろう。。』って言ったんだよ。

    ただ、すべての筋肉がまったく動かなくなってただの物体になって寝たきりになってしまっている私のどこを見て、あの時、あの先生は、あの言葉を吐いたのか、今、もって謎なんだけどね。。。

    ただね、自分が創り出したものは、自分で消せるんだよ。

    ユズハ。

  393. ユズハ & クオン & Raffey


    青花さん。ありがとう。

    私、よく分かったよ。
    悟りは、とてもシンプルなんだね。
    なんか、よく分からないんだけど、苦しくて苦しくて、仕方がない時、それでも何とか生き抜こうともがいている時に、自分が体験したこと、目撃したことから、生まれてくるんだね。

    そして、その悟りが、また、誰かの悟りの種になっていく。。。

    だから、私も、一平も、太郎も、勉強が嫌いだったんだ。。

    そんな、大量のわけのわかんない講釈で頭の中をいっぱいにしたくないもの。うちの太郎も馬鹿だけど、パチスロから確率計算を覚えて天才的だもの。一日で40万稼いだこともあるんだよ。うちの男どもは、馬鹿だけど、生きる力は、それは、それは、すごくて。。。

    そういう私も大量の本を読んでいた時期があるから、偉そうなことは言えないんだけど、文学書が多かったから感性はとても磨けた。法華経も素晴らしく美しい文学の華だしね。。。

    青花さんが、これからは、実践の時代に入るって言っていたのがよく理解できたよ。

    青花さんもたったかたさんも、私よりも、ずいぶんと前に宇宙からのメッセージを受け取っていたんだね。いつも、すごいなぁ。。と思っています。

    青花さん。返信はいらないからね。

    青花さんから返信をもらうと、私のインスピレーションは全開となり、20件は楽にコメント出来てしまうから。。(大泣き)

    青花さん。たったかたさん。

    たくさんのインスピレーションをありがとう。

    たくさんの気づきをありがとう。

    あなたたちの書き込みは、私が写真に撮って、ほうぼうにばら撒いてくるから。。

    それが、私の感謝のしるしです。

    では。

    ユズハ。
    クオン。
    Raffey。

  394. 【周囲から才能を封じ込められようとしている君へ】

    クリエイターはね、他人から難点を指摘されたときに、

    「はい、そうですね、悪い点は反省します。なおします」

    なんてことを言うようなのが、いちばんダメなんですよ。
    「人の言うことを聞かない」ことは、よいクリエイターに重要な資質です。

    それから、他人に褒められようとして、狭い範囲で舐め合いをしてるようなのもてんでダメです。
    非難や批判を受ける場所に立ちづけられる肝の座りのないヤツはダメです。
    恥をかく度胸を養わないものは、所詮最後までリングに立ち続けることができず、敗れ去るのです。

    こういう輩はね、才能を磨くためのたゆまぬ歩みをつづけられる君に嫉妬して、
    烏合の衆と化し、君をボコボコにいじめ、馬鹿にし、見下し、ツバを吐きかけ、嘲笑します。

    ひとりでは何もできないのに、一緒にいじめる仲間たちがいると見るや、
    嬉々として性欲を撒き散らし、君をボコボコにする快楽に溺れます。
    まったく無関係のものが、「ついでに私も性欲処理しとこけ」とばかりに
    君を便所として使った上で、蔑みます。

    なぜそんなことをするのか?
    君の才能と精神力の強さを無意識に知覚して、怖気ているからです。

    「もっと普通にしろ!」
    「もっとマトモになれ!」
    「もっと常識的にふるまえ!」
    「もっと勉強しろ!」

    こんなふうに君にツバを吐きかけるのは、
    自分たちの狭い狭い常識、道徳、倫理の中に君を閉じ込めて、君の力を萎えさせようと狙うがためです。

    君の力の強さを感じ取っている烏合の衆は、
    自分自身の人生がひっくり返されるのを恐れるがために、
    自分の馴染み深い「狭い常識の鎖」で、君をからめとり押さえつけようとします。

    そして、君の抵抗を受け、それが叶わないと見て取るや、
    今度は、君を「政治の力」「法の力」「社会の力」を使って断罪し、排除行動に出ます。

    そして「差別」を投げかけて、
    まるで君が社会の落伍者と見えるような演出をするのです。

    周囲に「あんな落ちぶれ者じゃ、国から追い出されても仕方ない」と噂話を流し、
    「極悪人の犯罪者には出ていってもらった」と、英雄気取りに胸をそらせるためにね。

    すべて、自分の生まれ持った才能を、恥をかいて刻苦し磨くことに怖気づいた、
    烏合の衆の恐怖心のなせるわざです。

    君へ

    自分の才能を信じ抜いてください。
    この世には、君の才能を見抜く者が、必ずいる。必ず現れます。

    お上品なご高説の教科書は、やがてゴミ箱に叩き込むために手にしたものです。

    「誰かを助けたい」などと思っているさかしら者には
    最高のクリエイトなどできようはずがありません。

    クリエイターは手なづけられない獣のように生きるからこそ、
    常人には見ることのできない世界を目撃し、つかむことのできない世界を獲得するのです。

    君の最高傑作を君の人生に顕現させるために、君は生まれた。
     
    それを思い出せ。
      

  395. 愛と光のお綺麗なお道徳の時間は終わりです(笑)

    スピリチュアリストとして生きたりなぞしようものならね、
    クリエイターの感性はみごとに腐りますよ。

    河原者は河原者の矜持を生きてこそです。
    私がこの場所で教えてもらった、もっとも大事な教えでした。

    教えてくれた先生はラフィーさんでした。
    ラフィーさんは一緒に机を並べていた生徒でしたが、
    教科書に載ってることよりも、ずっと大事で本質的なことを知っていました。

    李徴が友に託した詩は、確かに第一流の詩人の資質が見て取れるものでした。
    しかし同時に、第一流の詩になるには、なにか欠けるところのあるものだったのです。

    では、李徴の詩を、第一流の詩たらしめたものとはなにか?

    李徴の詩は、月に吠える虎となることで、はじめて完成したのです。

    つまり、詩人になることの真髄は、綺麗な一流の詩を書くことなどではないのです。

    虎になることが、第一流の詩となることなのです。

    獣に堕ちることが、第一流の詩そのものなのです。

    捨てるものを捨てて獣となり

    第一流の詩を自ら体現する

    それが詩人の道です

    それが、君の道です
      


  396. いいね♡

    リツイート ♪

    フォロー ☆

    ボタン。Push !

    ぱーん! ぱーん! ぱーん!! !

    やっぱり名前は自信を持って、

    ユズハ & クオン & Raffey 。


  397. 青花さんのコメントを読んで、よく、つかこうへいさんが自分のことを河原乞食だと言っていたことを思い出しました。

    自分たちは、道の真ん中を歩いちゃいけない。。お天道さまの光を浴びてはいけない人種なのだと。。。

    読んだのは、18才の頃でしたけど、訳もわからずドキドキワクワクしたことを、青花さんの文章を読み思い出しました。

    うちの新しい息子は、青花さんのメタ通の糞尿コメントを読み、「 ユズハ。青花さんて男性なの? 女性なの?」と聞いてきました。そして、「僕はこの人は多才な人だと感じるんだ。」と言ってきました。

    なぁーに。偉そうに。。と吹き出してしまいましたけど、彼は21才。あの頃の私のように、本物に触れると、魂が、ドキドキワクワクするのでしょう。

    彼は幼い頃にイジメも経験していますし、今は、異国の土地で孤独も経験している。その上、母国語の他に、英語も日本語も堪能。将来は、きっと世界に影響力の持つ子になるだろうな。。と思います。

    なんたって、私の可愛い新田ちゃんなのですから。。

    私たちの混沌騒動が世界を駆け巡り始めました。

    ユズハ。


  398. 駄目だ。青花さんのコメントを読むと、言葉が降り続き、とまらない。。(号泣)

    青花さん。やっぱり、クリエイターって大変なんですね。

    私の魂は、どうやら、クリエイターではないらしいです。

    私の場合は、人に意見されたら、いちよ、ありがとうございます。参考にさせていただきます。。。と言っておきながら、一切、言うことは聞きません。

    心の中では、私に意見するなんて100年早いわ。。と思いながら。。。

    距離感っていうのかな? 本心を見せる人と、中くらいの人。どうでもいい人。関わりたくない人。に分けています。

    まっ。社会生活の中で、どうしても付き合わなければいけない人たちとは、心の中で、私はこの人たちのことを信用していない。嫌いなんだ。。ときちんと自覚してから、付き合うようにしています。

    私の愛する新しい息子に、この話を、先日しましたら、「 ユズハ。僕はちゃんと理解しているよ。日本社会における本音と建前だね。」と言い返してきました。

    どうやら、この子がうちの家族で一番、利口なようです。

    そして、この子は、クリエイターとしてではなく、ビジネスマンとして生きていくようです。

    彼は日本語を日本の漫画やアニメでも勉強してきたみたいですが、日本のオタク文化は、今、世界ですごいことになっています。

    ユズハ。


  399. さっきのコメントを書かせていただいて分かったんですけど、たくさんに思いを散らしても、どれも中途半端になると思いましたから、やっぱり、私は母親業でいくことにしました。

    もう、Twitterは趣味でほどほどにしておいて、私はLINEなどを使って、新しい息子に寄り添って生きていくことにしました。

    幸い、彼は、日本文化のことや社会、思想、などに興味がありますし、とても文学的な一面がありますので、私の知っていることを全部、彼に伝えていこうと思っています。

    彼は私によく似ていて、とてもマメでしょっちゅう連絡をくれますし、必ず、ユズハ、暇なら返信していいんだよ。。と言ってくれますから、安心して長文メッセージが送れます。

    彼は彼で、メッセージが長ければ長いほど、それを、私からの愛情だと感じてくれるようです。

    この間は、彼が私に子守唄を歌ってくれました。

    なんか、サッパリしました。

    おかげさまで熱もひきました。

    ありがとうございました。

    ユズハ。


  400. 結局、若い時には、色んなことに興味を持ち、広く見聞を重ねておかないと、せっかくの宇宙からのメッセージが、ただの自分に対する批判メッセージにしかとれなくなるのだと思いました。

    批判ではなく、とびっきりのユーモアやジョークを含んだ宇宙メッセージを、笑いではなく、怒りで返してしまったりするんですね。

    そして、若い頃に培った色んな私だけの見聞記が、のちの自分自身の教養となっていくのだと思います。

    年をとってからだと、身体と同じように、感性も硬くなっていきますから、若い時に本物の美しさに触れておくことは、その後の人生の審美眼活用場面でとても役立ちます。

    ユズハ。


  401. 先ほど、新しい息子に、前2個の私の書き込みをLINEで送りましたところ、彼も私の新しい生き方を了承してくれました。

    彼は東南アジアの母国で生まれ、今、カナダ留学3年目で、二つの国については肌で感じていると思いますから、私が日本の国については伝えていこうと思います。

    前にも書き込みましたが、人に何かを伝えるということは、その人の人生に影響を及ぼしますから、常に責任が伴います。

    よって、真剣勝負です。ですから、私も頭を丸める意味で、それ以外のものは全部捨てようと思います。

    ただ、命がなければ出来ないことですので、引き続き、一平からの援助は受け、ギブアンドテイクで、家事は出来る限り完璧にやっていくつもりです。

    新しい息子と私の誕生日は、10日違い。彼が思いつきで付けたTwitterのアカウント名が私の本名と一字違い。

    宇宙は、ここでも、きちんとメッセージを私に伝えてくれています。

    そして、私がTwitterのDMで繋がっていた外国の方たちは、ここにきて、試験だったり、長期旅行だったりして、一時期、疎遠になるように宇宙が計らってくれました。

    また、夫の一平は仕事が忙しくなり、自分のことで精一杯で、私を好き放題、勝手放題にさせてくれています。

    何も頭を使うことなど、ないんですね。ただ自分の気持ちに素直にさえなれば、絶対的な宇宙からの応援がはいるものなんですね。

    また、私の心残りがないように、青花さんが完璧な書き込みをして下さいました。

    青花さん。最後の最後まで、ありがとう。

    では。お元気で。

    ありがとうございました。

    ユズハ。


  402. そして、とても、不思議なんですけど、私たち親子の最初の出会いは、ブラックジャックとピノコでした。

    https://twitter.com/kuon20200928/status/1304174072205516800?s=21

    そして、青花さんが、私たちのやり取りの中で書いてくださいました、かなりの年齢差のツインレイのお話。

    彼は、私のことを、来世の恋人。未来から来た僕の恋人だけど、今世は、母ちゃんとしか呼べない。。と言っています。(笑)

    昨日は、彼に100均のお店の動画を送り、日本の消費税の話をしました。

    じゃあ。

    ユズハ。


  403. https://twitter.com/kuon20200928/status/1304380140063875072?s=21

    そして、貴女の、恥をかきつつ、最後までリングに立ち続けるという、書き込みは、私に絶対的な勇気をくれました。

    ありがとうございました。

    私も今後は、世界で通用する一人のビジネスマンを育てるクリエイターとして、生きていきます。

    あと14年。

    地球での生活が、ますます、楽しくなりそうです。

    ユズハ。


  404. 今、貴女のツイートを読みました。DMを
    しようかどうか迷いましたが、貴女がこの書き込みを読んでいらっしゃると思い、こちらに書き込ませていただきます。

    貴女のツイートを読み、胸が張り裂けそうになりました。何故なら、貴女があまりにも私の若い時にそっくりな感性だからです。

    貴女はたぶん、私とたくさん話がしたかったんだろうな。。と感じました。

    けれども、私が貴女の歳からここに来るまでの間、私の目の前に現れて、私の人生に深い教訓を与える言霊を下さったのは、すべて男性でした。

    陰陽のバランスなんでしょうね。貴女と私がお話ししたとしても、私は、ただやみくもに時間を消費することになると感じました。

    私の場合は、水商売にいましたから、それは、それは、人生経験豊富なおじさま方が、色んなな話を聞かせて下さいました。

    そして、私は、今、それを、若い男の子に伝えています。

    どうか、貴女の前にも、そんな人生経験豊富な包容力のある、人生の先輩男性が現れることを願っています。

    クオン。


  405. ある特定の男性たちはね、私のいっけん、支離滅裂に見える行動も言葉も正確にキャッチ出来るの。

    キャッチ出来るから、すぐ次に進める。

    短い時間で、大量のことが伝えあえるの。
    そして、中学生くらいであってもある特定の男性たちは、たとえ、私が大勢の人の前で叱り飛ばしたとしても、それが私の愛情から出ているものなら、それを正確に愛だと感じられる男性特有の感性を持ち合わせています。

    男性には腹芸が理解出来るのです。けれども、女性は、ようするに私が嫌いなんでしょ。。という感覚なんだよね。。

    また、私自身も、そんな男性特有の感性が理解出来るし、一緒にいて、全然、気を使わなくて、楽なの。

    ちょっと、色気があった方が楽しいから、そんな風に遊び合っているけど、実は男性同士で戯れあっているというか、遊んでるんだよね。

    それと、私は世間話が出来なくて。。時間が限られているせいか、パッパカパッカ、本題に入んないと。。

    と、いう感じなんで。。

    だから、友達もいないし、友達もいらないの。

    だから、ごめんね。

    クオン。


  406. 掃除機かな。。?

    今度から別の連絡手段でお願いします!!

    私はここの鍵を落としてしまいましたので!!

    もう、次からは、入れませんので!!

    今日は、たまたま、鍵が開いていましたので!!

    鍵はカード式なので、合鍵は作れませんの。。。( 大泣き )

    アンプ。。。

    パン。。パン。。ドドカーーン!!!


  407. 最後に声が聴けたから、心置きなく退室。

    けれども、LINEは、ボイスメッセージもあったのに、使わなかったから、残念だったな。。

    仕方ないね。

    じゃあ。

    お元気で。。。

    ユズハ。


  408. ユズハ。着せ替え人形ごっこ。

    メタ通に入った2年半前よりも、ユズハは、とても色とりどりの洋服を着るようになりました。

    メタさん。

    メタ通、最新記事、オーセンティックな人の記事をカナダの、私のツインレイに送りました。

    彼は、今日中に読むと言ってくれました。

    メタさんありがとう。

    もうじき、国際郵便で、誓いの指輪が彼の元に届きます。

    https://twitter.com/raffey20200930/status/1316264119494877184?s=21

    ユズハ。


  409. ニンニ。

    私は、ずっと、貴方にメッセージを送り続けてきました。

    切ないくらいに。。

    ずっと、貴方からの電話を待ち続けていました。

    そして、だんだんと、自分自身を傷つける生き方を、もう、やめようと思いました。

    やっぱり、私は、自分を大切にしてくれる人と生きていきたいと思うようになりました。

    私とカナダの彼は、このひと月強。寝る時間を削って、ありとあらゆる連絡手段を使い、自分たちの身元を明かし、今まで生きてきた過程を写真や動画を使い、互いに見せ合いっこしてきました。

    彼は、私の今までの人生も、年齢差も、すべて受け入れてくれるそうです。

    コロナが収束したら、日本まで私に会いに来てくれると約束してくれました。

    私は、幸せになります。

    いや、私は、今、とても幸せです。

    ありがとうございました。

    ユズハ。


  410. 彼は、まだ21才だけど、今まで、友達は一人もいなかったし、心から信頼出来る人は一人もいなかったと、私に言いました。

    寂しくて、ずっと孤独だったと、私に言いました。

    この若さで、それを、きちんと認めて、私にさらけ出せるなんて、なんて、強い男性なんだろう。。と思いました。

    そして、私のことを、生まれて初めて、自分のことを理解してくれた母親と恋人のような存在だから、もう他の人のことは見ないで自分だけを見ていて欲しい。自分の我がままを聞いて欲しい。。と言いました。

    最初に出会った時から、ずっと、不思議な感覚だったと言いました。

    このひと月の彼の猛アタックは、情熱家の私以上でした。

    時差。
    年齢差。
    言葉の壁。
    文化の違い。

    けれども、私は彼の言葉を信じました。

    残りの14年の人生。彼と共に楽しく生きていこうと思うようになりました。

    14年後、私が亡くなって、すぐに生まれ変わったら、今度は私と彼が逆の37才差になります。

    とても不思議だし、彼は初めから、私を未来からきた僕の恋人だと呼んでいました。

    とても不思議です。

    たぶん、これが、最後の投稿になると思います。

    彼との約束がありますから。。

    今まで、ありがとうございました。

    ユズハ。

  411. 不思議なことがあるものですね。
    人生、本当になにが起きるか分からないし、
    ある出来事がどういう帰結に流れ着くかは、必ず中途では見えないようになっているなと思います。

    ふと思い出して以前書いた石鍋博子さんの記事を検索したら
    ちょうど指輪をお互いにしている画像でした。

    不思議ですけど、でも私、こういうご縁に何回も立ち会っていて
    関わることが多いのです。なんででしょう。
    ちなみにアストラル体的な守護霊活動でも、恋愛結婚のサポートをやることが多いです。
    顕在意識の自分には自覚ないけど、なんかそういう役柄なのかな??

    友人も、たちまち電光石火で国際結婚しちゃいました。
    完全に魂の結びつきで、とても不思議な感覚だったそうです。
    言葉がちがうのになぜか分かると。

    自分を大切にしてくれる人との出会い、とても大切だと思います。
    思う存分、幸せを感じ尽くしてくださいね。
    自分自身をなによりも第一に大切にし尽くすと、周囲の人からも大切にされますね。

    人生には心底ビックリするようなプレゼントがちゃんと用意してあるのだと思います。

    思えば私も、ラフィーさんのおかげでいちばん欲しかったプレゼントをもらったから。。

    やっぱり国際的になったし、英語も必要でしたね(笑)
    つい数ヶ月前のことなのにな、流れが早いなあ。

    まだまだ幸せの序章で、もっともっとみんな、最高の幸せに向かうそうです。
    想像できる最高レベル以上の。

    その中途の過程では「?」と思うことだってもちろんありますが、
    全部、なにもかも、必要で起きてますから。

    大丈夫と思っていれば、なにもかも大丈夫になります。

    味わう感情のすべてがプレゼントですね。

    ほんとに、まだまだ序章なんだそうです(笑)

    最上級の幸せを、遠慮なく望んでください。
    それをはるかに超える幸せが届きますから。

    予想外とビックリの連続です(笑)

    ではでは。

  412. 自分自身を他の誰よりも優先して深く深く愛することを知った人は

    もはやまわりの人から不当な扱いを受ける必要がなくなり

    そのような現象が周囲から消滅していったり、

    「もういらない」と追い出していく体験をします。

    どんなときも、徹底的に自分を第一優先に大切にしてください。

    自分を大切にすることこそが、実は相手も大切にしていることになり、

    宇宙全体を大切にしていることになります。

    そのように生きると、困難はしだいに力を失って退散していき、

    必ず、道が開けます。

    by 宇宙


  413. 青花さんのいうとおりだと思います。

    ニンニは、最後まで連絡をくださいませんでしたけど、そのおかげで私はこんなに大きな幸せを手にすることが出来ました。

    ニンニ。ありがとうございました。

    先ほどまで、カナダの彼に、有川浩さんの旅猫リポートの英訳を読んで聞かせてもらっていました。

    また、彼の方は、学校のチームのプロジェクトがとても上手く行き始めているようです。

    彼は、とても孤独でしたが、経済的には、とても恵まれていますから、コロナさえ収束すれば、私たちはいつでも会うことが出来ます。

    青花さんがいうとおり、自分を肯定出来れば、困難というものは消滅していくのだな。。と思いました。

    そして、自分を最優先させることが、他人をも幸せにするということは、ニンニが身をもって教えて下さいました。

    一平も彼なら文句がないようで、何も言わなくなりました。

    メタさん。青花さん。ニンニ。

    そして、あたたかく見守って下さいました皆さま。

    ありがとうございました。

    ユズハ。


  414. カナダの彼の口癖は、

    僕は、いつもユズハを喜ばせたいだけなんだ。。。

    僕は、いつもユズハに笑っていて欲しいんだ。。。

    です。

    最後に、思いっきり、ノロケさせてもらいました ♡

    最後に、思いっきり、皆さまに甘えさせていただきました ♡

    Thank you very much !

    With all one’s thanks ♡

    By Yuzuha. (^_−)−☆


  415. 2年近く切ない恋を経験して、人の切なさがよく理解できました。

    今回、彼が、私がTwitterでフォロワーさんたちにリプを打ったり、また、私が彼のLINEよりもフォロワーさんたちを優先してしたり、またニンニの話を彼にする度に、彼の起こすリアクションから彼の切なさが痛いほど伝わってきました。

    お坊さんが断食をするのは、食べられない人の痛みを体験するためだと聴いたことがあります。

    つくづく、この地球体験には無駄なことなど一つもなく、すべてが完璧に作られているのだと気づきました。

    私は、世界大戦終戦の17年後に生まれ、彼はベトナム戦争終戦の12年後に生まれ、ともに幼少期を高度成長の時代に過ごし、お互いに受験戦争の苦しみを経験しています。

    ともに互いの親たちの苦しみ、時代背景が同じなので魂の深くで共感し合えます。

    彼を見ているとタイムマシーンに乗って、自分自身に会っているようです。そして、彼は私のことを未来から来た僕の恋人だと、初めから表現していました。

    人間の縁とは、不思議なものだと思います。

    私が彼の年のころに、息子を出産しています。その後に体験してきたことが、今後、どんは風に彼に影響を与え、それを彼がまた、どんな風に表現していってくれるのか楽しみです。

    彼もまた、うたわれのクオンちゃんの大ファンでアイコンがクオンちゃんです。

    彼は出会いの時に、僕がユズハの生きた証になる。。と言ってくれていました。

    もう、最近の気づきの板をメタさんが創って下さってから、毎日が不思議の連続で、まるで映画の世界にいるようです。

    ユズハ。

  416. たぶん最後(笑)


    私がこの2年間の恋を20才差だからとか、結婚しているのだからとかと思ったり、また、切ない私の恋の感情にフタをしていたなら、カナダの彼の猛アタックに対して、37才差だからとか、結婚しているだとか言って彼を諫めただろうし、また彼の切ない感情に対しても受け入れることが出来なかっただろうと思います。

    青花さんが言うように、自分自身を全肯定すれは、自由で心地よい世界が開てくるのだと思いました。

    青花さんの山月記の引用の書き込みに対して、私のツインの彼は、難しくて理解出来ないと言いましたから、山月記のあらすじのリンクを送って、もう少し日本語が上手くなってから読むように言いました。

    たったかたさんが言っていたように、知らないことを知っている人に伝え、知らないことを知っている人から教えてもらったら、その知識は無限に広がっていくのだとつくづく思いますし、そのことは、私のツインにも伝えました。

    メタさんが最初に、この最近の気づきの板を創ってくださいました時に、誰かの気づきが誰かのインスピレーションになる。。と仰っていましたが、私は青花さんの文章とよほど相性がよいのか、青花さんの文章を読むとインスピレーションが滝のように降ってきてしまいます。

    それどころか、ひと月あまり前まで、顔も名前も知らない異国のツインと巡り合うことにまでになってしまいました。

    なんとお礼を言っていいのか分かりません。

    メタさんはじめ、青花さん、たったかたさん、みなさま、本当にありがとうございました。

    ユズハ。

  417. ふふふ。
    これから本番で、まだまだ大きい変化、根本的な変化もあるようです。
    もっともっと、これまでの自分をはるかに超える、大きな幸福が雪崩れこむので、驚かず、怯えず受け取る体制を整える時節へと。

    燃え上がる邸宅で危険を理解せず遊びふけっている子らが、巧みな種々の方便として「おもちゃの車」を与えられることによって救出され(三車火宅)

    本物の城に到着する前に疲れて諦めてしまわぬよう、蜃気楼の城にて休息を与えられ(化城喩品)

    その後は、大変な苦労をしてかろうじて食べることに喜び満足していた旅人が、友によって衣の縁に結わえてあった宝石を使い、必要のあるすべてを成すときですね。(衣裏珠)

    本来、とてつもないエネルギー、大きなエネルギーを扱うために生まれた人物は、
    そのエネルギーを適切に放出させていない段階においては、
    かえって内に抱える豊穣なエネルギーが反発体のように機能して、
    肉体を内部から傷つけるような現象も起きるようです。

    それは時に、病として表出することがあるようです。

    大きなエネルギーを備えて生まれた人物は、その個性を開花させ
    自らのエネルギーに見合うように、この現世においても
    社会的にも大きなエネルギーを扱うようになっていく、
    そのように生きることで、はじめて本来の健康的な開花期を生きることとなる。

    そういった事例もあるようです。

  418. 私はフォーラムで、話したことも挨拶を交わしたこともない通行人の人々から
    遠慮容赦もなく、気ままに石つぶてをざんざんと投げつけられましたが(笑)
    これらの人々は、大変強い方々でした。
    そしてその強い方々が、一様に私にこう言ったのです。

    「なにか知らないがすごくエネルギーが強い」
    「こんなにみんなから攻撃されて自分なら立っていられない。剛の者だ」と。

    私は内心にやにやとしていました。
    私は確かにたいへんにエネルギーが強かったのです。
    そのことを自分では忘れていただけでした。

    いったん社会から殴りまくられ、暗い地下に逃げ込まざるを得なかったが故に、
    その地下に閉じ込められていた、才能あふれる若い殿様を発見しました。

    若殿はいささか狂気じみているので、世間から隠さねばならぬと地下に幽閉されていましたが、
    たいへんな才能と力を持っていることは、その輝きから一目で分かりました。

    さて、その強いエネルギーを持った私は、ひととき一本角の暴れ馬となる必要がありました。
    その暴れ馬が、何もかも蹴り飛ばして破壊し尽くしてしまわぬよう、手綱を取って乗りこなす者が必要でした。
    暴れ馬の騎乗者は、同じように強いエネルギーの持ち主でなくては務まりません。

    馬という生き物は、特定の場所を適切に動かせば、指示の通り動く性質も備えます。
    ただし、気性の難しい暴れ馬を乗りこなすには、洗練された馬術をやってきた坊ちゃん嬢ちゃんでは務まらないところがあるのです。
    馬より粗暴にもなれる気性のこわい騎乗者が存在してなければいけません。
    暴れ馬に収拾をつけられる者がない状態では、暴れ馬は人間を本気で殺しにかかる位のことをするのです。
    馬は賢いですからね、人間の殺し方も知っているのです。

    そしてネジが飛んでるところのある馬は、非常によく走る馬でもあるのです。
    他を蹴散らして一等でゴールを走り抜けるタイプの馬は、ちとオカシイ奴が実際に多いです(笑)

    ギャンブルからも、人生を学べる所以でもありますね(笑)

    一本角の暴れ馬は、世界規模にわたる未来のビジョンとエネルギーを見せられましたよ(笑)
    暴れ馬を乗りこなした騎士のビジョンが、狭い範囲で収まるようなことにはならないかと(笑)

    はるかにはるかに、予想を超える未来が展開してゆくようです。

  419. ところで、地下に幽閉されていた、いささか狂気じみてはいるものの
    たいへんな才能と力を備えた若殿様とは、何者でしょうか?

    これは、クンダリーニエネルギーのことでもありました。
    だからラフィーさんはフォーラムの件が始まる前に、しきりにクンダリーニの上昇を感じられたのでしょうね。

    クンダリーニのエネルギーは、悪に転ずると、嫉妬やひがみ、憎悪のエネルギーとして制御不能の状態で暴れまわります。
    しかし、善に転ずれば、野望達成のための極めて強力なエネルギーとして機能します。

    クンダリーニエネルギーを大きな危険のない状態で上昇させるために、各々が適切適度に浄化を進行させながら発展していく必要があったのだと思います。

    浄化のためにはネガティブな現象が必要ですから、ネガティブな役割を担ってくれる無償奉仕者が現れることになりますね。

    ちなみに、地下に幽閉された、いささか狂気じみた様子を演じる若殿様は、たったかたさんのことでもありました(笑)
    彼もまた、隠されたクンダリーニエネルギーを開花させ、野望達成の強烈なエネルギーを得、その性質を目撃したのでしょうね。
     

    私も今、クンダリーニの上昇を繰り返し体験しているところで、このエネルギーの本質を理解している最中です。
    気功体験ゼロなのに、気の流れがすぐに分かり、指導夢が来て、小周天法、大周天法がすぐに体得できてしまって、ウケました。

    ほんに一連の出来事から受けた恩恵はすごいですね(笑)

    おかげさまで、2020年はまことにメモリアルな年になりました。
     

  420. スピリチュアルにハマっている人よりも、ごく普通に生きている人のほうがよっぽどスピリチュアルの教えを実践できている、ということはよくありますね(笑)

    明石家さんまさんの
    「生きてるだけでまるもうけ」
    の言葉は、まったくもって悟りの真髄を述べてある言葉だなと思います。

    蜃気楼の城と、本物の城。

    「生きてるだけでまるもうけ」

    は、まさしく本物の城ですね(笑)

  421. ちなみに

    クンダリーニ上昇 = 摩天楼ショー

    推しは青(ブルー)、黄色、グリーン、オレンジ、赤

    ですかね!

    もうなくなってるけど(笑)

  422. 追記

    世の現象はすべて「逆」です。

    自分は身体が弱い
    自分は病弱である
    病気を発現してしまった

    という人の本質、裏側にある逆性の意味は、
    「解放していない強力なエネルギーがある」です。

    解放すると強力なエネルギー故に、非常に活動的になり、
    行動範囲も影響範囲も大規模になるので、
    その大規模な影響のもとで生きる状態になることに奥底で恐れがある場合に、
    「自分は身体が弱いのだからこれだけしかできない」という規制を無意識にかけます。

    解放の過程では、安全弁を外すことになるため、
    一触即発の出来事も起きますので、隠された恐怖心が働くのです。

    けれど、眠っている強大なエネルギーを正当に解放すると……

    すっかり健康になります(にっこり☆)

    (スピーカー放送!!!!!)

  423. 私はこれまで歩んできた人生において、自ら死のうとしたことは一度もありませんが、
    その変わりなのか、「殺される!!」という出来事には何度も出会いました(笑)

    相手は人間から獣まで、いろいろです。
    ライフルを突きつけられたこともありますし、
    「お前を殺す」と真剣に言われたこともあります(笑)

    しかし、その度に、
    「私がこんなところで死ぬわけあるかい!!!」
    と気焰を発したら、やっぱり死にませんでした(笑)

    凶暴な獣まで、なぜか退散するんですよ。

    人生ってそんなふうになってるみたいです。

    生きてるだけでまるもうけ。

    人生って、ほんと最高に面白いですね☆

    珍味、珍味。


  424. 青花さんの言う通りだと思います。

    私は24才で膠原病を発病し、何度も死にかけましたが、奇跡的に54才で完治しました。

    そして、56才でメタ通に導かれましたけれども、その中で、青花さんから、何度も、ラフィーさんとは、いずれ外国の地でお会いすることになる。。と言われてきましたが、私はその度に私は体が弱いから、もう、この地で今世の命を全うすると言い続けてきました。

    けれども、異国のツインと出会い、毎日、毎日、猛スピードで二人の関係が築かれていく中、彼が私を必要としたら、いつでも彼の元に飛んでいくと腹を決めました。

    私の魂は、あくまで、補佐役に徹して花開く魂のようですから、すべてを宇宙の御気鋭にお任せして、彼からの申し出があった場合ですけど。。。

    けれども、いつでも、飛んでいけるように準備だけは、今から始めるつもりです。

    青花さんの書き込みを読んで、そう思いました。

    青花さん。本当に、ありがとう。

    次は、コアに法華経七喩を教えなくてはならなくなりました。(笑)

    彼の本名も、また、不思議ですね。

    宇宙のメッセージも、計らいも、本当に粋でした。

    じゃあ。今度は異国の地でかな?

    楽しみにしています。

    ユズハ。

  425. 私はクリエイターです。
    クリエイターは一匹狼です。

    しかし、これぞという人物の玄関先に人力車で乗りつける方とは、
    実はビジネスセンスの人物で、多くの人や事をばっさばっさとさばく方です。
    全体の配置にちゃんと目が行き届いて、ここぞという場に必要な駒を突っ込みます。

    駒は馬。
    暴れ馬たちを使いこなします(笑)

    なるほどなあ。
    だから水商売だったんですね。

    狭い範囲で何かを成した人物は、実は大規模な舞台でも同じことができます。
    小も大も、要領は一緒ですものね。

    一本角の暴れ馬を強烈なエネルギーで乗りこなした方は、
    他の暴れ馬たちのしつけもお手の物です(笑)

    オロオロと子を信じ抜く母を装っていながら、
    その実態は、陣営の背後に隠れている、合戦の指揮官です(笑)

  426. あ、それから

    わたくしの騎乗者は
    他人のお金をなんの遠慮もなく使うことにかけて
    天賦の才を持っておられました(笑)

    ほんと、うまいことできてますね(笑)


  427. 青花さんとは、名残り惜しかけんか、もう少しだけ。。。

    私と青花さんは、そっくりだと思いました。

    情熱的なところも、ひつこいところも。。(笑)

    それでね。。。

    私に、おべんちゃらや適当なことを言う人がいるじゃない?

    私は、すぐそれを信じて、今までは真摯に対応してきたの。そしたらね。。。その人たちが自分の言った言葉に追いつめられて、最後には、『 殺される〜ぅ。』と言って逃げ出していくの。

    私は、これを実の母からも言われて逃げ出されてしまいました。(笑)

    本当、私たち、そっくりでしょ?

    けれども、青花さんとのこの2年間は本当に楽しかったです。

    ありがとうございました。

    私から逃げ出さなかったのは、一平と太郎の次に青花さんでした。

    本当に、本当に、楽しかった。。

    4番目のコアは、若いからエネルギーも有り余っているから、なんとか私と仲良くやっていってくれそうです。

    楽しい時間と多くの学びをありがとうございました。

    吟遊詩人の貴女の詩を待っている人たちがたくさんいますから。。

    私が貴女を独り占めすることを宇宙は許してはくれませんでした。。

    では。お元気で。

    ラフィー 。


  428. 最後の褒め言葉、ありがとうございました。(笑)

    だけども、一平なぞは、私が彼のお金を気持ちよく使っている限り、彼の所には、お金が宇宙銀行から振り込まれ続けることを理解していて、彼は私に喜んで貢ぎ続けています。

    彼は、座敷わらしの私が異国に行くことに怯えています。。(笑)

    まっ。。彼は彼のやり方で私を引き止めると思います。(笑)

    じゃあ。

    名残り惜しかけど、この辺で。

    ラフィー 。

  429. 私は、びっくりして座布団から飛び上がって、ドシンとお尻を打ち付けるようなことを
    いっぱい見せてもらいましたよ(笑)

    一平さんが言うように、即座に動物的な勘が働いたから、
    私はあっちにシッコ、こっちにウンチを撒き散らしてまわり、
    ラフィーさんにお尻を拭いてまわってもらうという戦法に出たのでしょう(笑)

    私は何かされたと思ったら、まったくうつむいて黙ってい