感想:バシャール・オンライン・ファンミーティング2DAYS「2021、新しい世界へ」

Spread the love

イベントの感想

すっかりご報告が遅くなってしまいましたが、おかげさまで無事イベントを終えることができました。日本のスピリチュアルに乗り遅れている私にとっては、よい刺激であり、とても勉強になりました。

イベントの感想としては、やはりバシャールとレディ・アシュタールことテリー・サイモンズさんのギャラクシー的対話が、スケールが大きくて面白かったです。画面に映っているのは二人のアメリカ人なのですが、その背後に壮大な宇宙を感じました。

当日の見どころ、および大事なところを簡単に振り返りましょう。

 

・・・・・・・・・

第一部 バシャールからのメッセージ

このイベントは、バシャールのチャネリングによる一問一答があり、アシュタールのメッセージがあり、その後、パネラー対談があります。バシャールのメッセージの中で、タイムリーかつ印象的だったものをご紹介します。

 

質問: 

コロナウイルス対策としてマスクをつけたり、予防接種を受けたりする必要があります。自由が破壊されるコントロール社会のように思えますが、スピリチュアルの世界では、これがより良い世界に移行するプロセスであると誰もが述べています。一方、そのように考えることは一種の思考停止状態だと批判する人もいます。これについてどう思いますか。

 

バシャール: 

まず、あなたたちは何も失っていません。 自由を失ったわけではありません。あなたたちは、お互いを気遣っているということです。あなたが経験しているパンデミックの考えについて、異なる信念体系を持っている人がいるかも知れません。彼らが異なる信念を持っているのは、問題ありません。しかしマスクを着用することで自由を失っていると考えると定義するのは、ある程度否定的な考えです。社会のシステムや信念体系によって、マスクをしないとウイルスから影響を受けやすくなると考える人もいます。彼らのためにマスクを着用することは、彼らの価値観に対する親切と思いやりの行為です。

 

それは自分だけではなく、他の人のことや、彼らがどのように影響を受けるのかについて考えることです。マスクをしないことで感染しないとあなたが本当に信じるなら、それがおそらくあなたにとって正しい選択でしょう。しかし本当の問題は、何人の人々がそれを信じているかであり、あなたの惑星の信念体系で確かなことは何かです。

 

特定の行動がネガティブであるという仮定があるなら、それはポジティブとネガティブのさまざまな種類の信念を見て、それらを調べ、最終的にあなたが望む現実の種類を決定できるようにする機会です。あなたの自由を守ることは、あなた自身のエネルギーを増やします。この機会を、あなたが望む方向に動くために利用することが出来ます。それでも他の人々があなたの周りで信じていることを念頭に置いて、この状況での責任を認識してください。

 

あなた自身の行動に全責任を負うこと。それがあなたが誰であるか、またはあなたがこれを取りたいと思った他の場所にいるのかを本当に代表するものです。

 

宇宙人なのにと言うか、宇宙人だからと言うべきか、まさかの良識人ぶりが面白いですね。「思いやり」って、今どき、なかなか出て来ないワードです。マスクの必要性自体については、バシャールは何も触れていません。ただ、自分とは違う価値観を持つ人もいるから、思いやろうと言っています。

それから、この状況を前向きに捉えるべきか、より批判的に見るべきかについては、これもどちらか一方が正しいわけではなく、自分の実現したい夢や、わくわくにつながる方を、その時の気分で選びなさいと言っていました。

それから身近なところでは、こんな質問もありました。

質問: 

家庭を持って、特に小さなお子さんがいる場合などに、わくわくする余裕がなく、やりたいことができず、縛られていると感じる方も多いと思います。何かよいアドバイスはありますか。

 

バシャール: 

あなたの子どもは、あなたのわくわくの一部ではないと思いますか?子育ては得意ではないと信じているなら、創造的な想像力を使い、よりエキサイティングな方法で、あなたの子供を育てる能力に、あなたの興奮を反映する方法を考えることができます。

 

より多くの選択肢を創造的な想像力で生み出し、あなた自身のインナーチャイルドとつながり、そのインナーチャイルドがあなたに何を必要としているかを理解するための経路として、子育てを考えてください。すると子どもに必要なものを表現するのがはるかに上手になり、子どもを適切に育てることができます。

 

バシャールは、情熱やわくわくは、決して大きな成功目標である必要はなく、毎日の中の小さな選択の中にもあるとよく言います。フラストレーションで行き詰るよりは、小さなわくわくをつなげていくと、やがて大きなわくわくにたどり着くのだそうです。

インナーチャイルドがニコニコしていると、どんなことも大抵上手く行きますよね。日本語には「童心に返る」という表現もありますが、生きる知恵はいつの時代のどの文化でも共通点があるものです。

今後の地球の未来については私たち次第であり、疑いや皮肉は捨て、フォーミュラに従っていれば迷わないとのことでした。シンプル過ぎるようですが、そのブレなさがバシャールの魅力だと思います。

そして私たちも、難しく考え過ぎず、その時々で自分に一番響くわくわくを追いかけていけばよいのでしょうね。

これもおすすめ: バシャールのわくわく感に従って行動するフォーミュラのおさらい

以前、LAのイベントでダリルを近くで見たとき、エネルギーのきれいさ・精妙さにびっくりしました。人間独特の粘度がなかった。

 

・・・・・・・・・・

第二部 アシュタールからのメッセージ

続いて、レディ・アシュタールことテリー・サイモンズ氏がチャネルするアシュタールのメッセージから、美味しいところをピックアップしました。

目覚めの第一波が、あなたの美しい島で起こっています。
コミュニティの識別子として機能するために 何か他のことをしなければなりません

日本の美しい人々、あなたたちはみな、スターシードコミュニティの一員です。
あなたたちがいる変容の繭に差し込む最初の光の波です。
この美しい島を離れ、他の国の人々と日本の文化を共有し始める人もいるでしょう。

あなたたちは人生を共有しています。最初の光なのです。

小さきものよ、どうか私の祝福を受け取ってください。

 

アシュタール/テリーは、バシャールに比べると馴染みがないかも知れませんが、すごくジェニュインな人だと思います。

私、昔、写真をやっていたせいもあって、顔で人を見るのが得意なんです。超ルッキズムみたいで、日頃はやらないですけど。その観点から言えば、このアセンデッドマスター顔の写真をプロフィールに持ってくるテリーはただ者じゃないですね。写真家的にはこれが撮れたらガッツポーズするくらい、いい写真です。テリー・サイモンズHP(英語)

 

 

・・・・・・

第三部 みんなのバシャール

さて、私も出演させていただいた第三部では、各方面で活躍されるバシャリアンたちのみなさんが集まって、パネルトークを行いました。

みなさん個性的で、とても興味深い活動をしていらっしゃるので、ぜひご覧になってください。

 

山崎拓巳さん

市村よしなりさん

おのころ心平さん

岩瀬アキラさん

ケルマデックさん

さとうみつろうさん

 

この動画はみつろうさんのチャンネルに12月11日付でアップされていたファンの方の投稿ビデオだそうです。撮影日は10月13日、千葉県から東京湾に向かって撮影となっていますが、イベント当日、私もリビングの窓から、まったくよく似た未確認飛行物体を見たんです。私が見たのは銀色でしたけどね。

私はその時、イベントに備えて早めのご飯を食べていて、ふと窓の外を見ると、向こうの山の上にペレットのような形状のものが浮かんでいました。コメント欄で指摘されていますけど、凧ではないと思うんですよ。形状として妙に安定していて、裾が風でなびいたり、めくれたりしてないですからね。

これまで私が見たUFOとは違って、物体としてはっきり認識できますし、物理法則を超えた動きもないので、「いや、まさか…」としか思わなかったんですよ。しかもイベント直前というタイミングも、話が出来過ぎてますしね。そんなことを考えているうちに、ほんの数秒で消えてしまいました。結局、な何だったのかは分からないですけどね。そしてMUFONにも電話しなかったですけどね。

これもおすすめ: 今日見た未確認飛行物体の話

さらに話が出来過ぎなのは、私、このイベントのお話をVOICE/シンクロニシティジャパンさんからいただく日の朝にも、UFOを目撃する夢を見たんです。何人かの人と一緒にUFOを見て、みんなで喜び、興奮するというものでした。ほんの短い夢でしたが、はっとしてすぐ目が覚めたのは覚えています。

どんだけUFOに取り憑かれてるのかって話ですけど、普段ほとんど考えてないですよ。だからいいのかも知れないですね。

 

UFO/スピリチュアルコミュニティが、来年もますます繁栄し、それぞれの持ち場で力を発揮できますように。

 


イベントには直接関係ない感想ですが、久々に日本ならではの体育会系&宴会的なノリに触れたのが懐かしかったです。あー、こういう感じだったなーと思いました。

「感想:バシャール・オンライン・ファンミーティング2DAYS「2021、新しい世界へ」」への19件のフィードバック

  1. 今年もいよいよ残すところ1日となりましたね!
    私の「今年」は・個人的には「悪くない」年でした✨
    もちろん色々大変な事もありましたが、その「大変さ」が良い糧になったというか。
    今日、来年の事を考えていて
    「引き続き見通しは立たないけど、だからこそワクワクしよう!」と思ったらこのバシャールの記事(^^)
    どれだけ疑いや迷いを捨てられるかなぁ~
    それすらワクワク楽しめたらいいと思っています(・∀・)
    メタさん、今年も楽しい記事をありがとうございました! 来年も「メタフィジックス通信」楽しみにしています❤
    皆さま良いお年をお迎えください✨

  2. マスクしない派なので
    バシャールの回答には疑問です。
    不安を煽られ過ぎた人々がいる。
    そっちに合わしてどうする。
    恐怖にフォーカスして恐怖が現れてます。
    年間の死者はインフルより圧倒的に少ない
    大したことない病気なんです。

    マスクの繊維の間とウイルスは
    サッカーゴールとパチンコ玉のサイズ感で
    完全にスルーだそうです。
    ワクチンは1年で開発されたもの
    普通は5〜6年かけて臨床試験もするけど
    臨床試験もされていません。
    お医者さんは打たない口実を考えている
    そうですし
    例えばインフルのワクチン製造業者の方は
    ご自身や家族には絶対インフルの接種を
    しないしさせないそうです。
    商品の野菜は家族に絶対食べさせず
    自分達用の野菜を別に作っている農家さんに
    似てます。
    責めている訳ではないです。
    綺麗な野菜が売れるんだもの。
    テレビでは言ってなくても
    知っておいた方がいいことがあります。
    最近は『思いやりで死ねる』と思う。
    思いやりって言葉を都合よく使って
    お互い監視しあって身動き出来ないなんて
    どうかなって思うんです。

    1年かけて経済を破壊して
    今は自身の健康を破壊しているように見える。
    二酸化炭素をせっかく分離したのに
    マスクで再吸入して肺が怒ると思います。
    肺はサイレントな器官だから
    酸素不足による機能低下を
    自覚するまで時間差があるはず。
    当たり前ですけども
    生きていくのに酸素が必要
    しっかり動ける肺も必要なんです。

  3. マスクしない派ですので、なんだかなぁという感じです。

    思いやりという言葉の響きに酔いしれて己の健康を守れないのでは意味がない。

    先ずは自分をたてる事。その上での家族や回りですので。
     
    ダマスゴミの戯言に踊らされている愚民にあわせて思いやりでマスクをつけるよりは
    この新型コロナ詐欺を多くの人に伝える事が今年の第二の仕事でもあったように感じます。
     
    分かる人には分かるので(いずれは全ての人が分かる)、分かった人から行動していけば良いだけで
    分からない人に思いやりという偽善で合わせるのは恐ろしい事だと思いました。

  4. 以前に歯が痛んで歯医者さんに行った時に、この歯の痛みについて質問したことがありました。

    その時の歯医者さんは、

    『あなたの歯の痛みについて、僕が実験して検証したわけではないけれども、歯科大学の授業でこういうに習い、教科書にもこういう風に載っていた。』

    と、説明して下さいました。

    私はずいぶんと謙虚で頭の良い方だな。と思いました。

    そんなことを思い出しました。

    メタさん。日本は今日、大晦日です。

    今年一年、ありがとうございました。

  5. ギャグ漫画家、古谷実さんの『サルチネス』という漫画は、
    スピリチュアル好きの人に絶賛おすすめしたいなあと思う傑作漫画です。

    その漫画で、主人公がラジオから流れてくる学者さんの科学論に基づいた説、
    「全てが正しくて全てが間違い」「全員が正解で全員が間違い」
    というのを聞いて、ひとことこう言います。
    「大変だな!!」

    そんな主人公は「思いやり」が100回転くらいねじくれまくって、
    誰も思いつけないような奇天烈トンデモ非常識な思いやり行動をやりまくって
    周囲に特大の愛を撒き散らしていきます(笑)

    ひーひー笑いました。
    ラストは泣き笑いのムネアツです。
    ぜひいつか、メタさんに読んでもらえたら、すごく嬉しいです。

    本当に本当にありがとうございました!
    どうぞよいお年を。
    素晴らしい2021年を!!

  6. マスクの話に参加
    私はする派で〜す(*´ー`*)
    (喧嘩を売っているわけではないですよ)
    仕事場へ行くのにそれを理由にしてファンデもしなくていいですし。
    息苦しいのは無理だから
    10パターンは試して、苦しくないものを2種類見つけて使いまわしています。たまにズタボロの出来の自作のをば。
    百パーウイルスが防げないのは承知の上で
    他人様に唾を飛ばさない、飛ばされないことを目的としています。
    が、街中を一人で歩くときは外したり顎マスクしたりして。
    一人で居る分には必要ないのと長時間は辛いので。
    陰謀論とかに関係するんだろうな、と思いつつ
    あまり興味はないので詳しくは分かりません。
    この時期は喘息の数値も上がりやすく…保湿も兼ねますね。
    (マスクを指定されたらキツイですね)
    仮にコロナに罹ると、今の状況では未だ村八分になる雰囲気なので1パーの予防でもしたい、神経質なタイプと言えるかもしれません。
    守りたい家族もいますから。
    世間的にインフルくらいの認識になってほしいとは願います。罹った人は悪ではない。
    ズタボロのマスクを通してでも、入るウイルス量は減らしたい。
    インフルも防げて良い感じです。
    全てがフェイクであるならそれも良し。
    ちなみにコロナを理由に、今年のPTAと町内会は楽でした。
    色んな人が居ますから
    白黒つけずに自分は自分、他人は他人、とお互いに見守ったら良いかと思いました。
    なんだかんだ言ってコロナの有無より夏場以外は来年も人前で付けたいくらいマスクを気に入ってしまったかも。内面の課題が浮上?…!
    (そもそも顔面が隠せて嬉しい。日にも当たらない)

  7. レポ待ってました!ありがとうございます。バシャール思いやりをありがとう
    スピリチュアルな人がノーマスクだということ、メタさんの記事とこちらのコメントを実際に見るまで知らなかったです!なんか面白いですね。マスクすると自由を奪われるという感情も面白いと思いました。本当に色んな人がいて体験することも様々なんですね。でも本当、色々な人がいるからこそ思いやりと愛を持って行動したいです。いつも心の中心にある愛を軸に♡
    ちなみに私もコロナ前からずっと色んな理由でマスク大好きです
    今年も最後ですね!メタさんがアメリカでCCさんと一緒にあたたかい年越しを過ごせますように。

  8. バシャールの思いやりの話から
    (ここだけクローズアップしてすみません)
    マスクの是非になってしまったけども
    子供の方がマスクの影響を受けてるし
    これからも受ける。
    成長期にマスクをする事で
    呼吸器や身体への影響が大人より出ます。
    周りの大人がマスクをし続ける事で
    子供は表情が読み取れなくなって
    本当に小さい子供さんだと
    顔が見分けられなくなるという話もある。
    今実際に職場なんかで大人でも
    相手のことが分かりにくいと思う。
    わたしもマスクした人の
    表情を読み取ることが難しい。
    そもそも相手が誰か分かりにくい。
    大人でコレです。
    思った以上に
    コミニケーションの基盤が揺らいでいます。

    今学校ではコロちゃんのせいで
    お昼ご飯を一人で食べて
    友達と話す事も触ることも
    禁じられてる地域があり
    自分達が送ってきたのと
    全く違う小中高生活が始まってる。
    あれやっちゃダメ
    これやっちゃダメって
    言われ続けて育つことになる。
    マスクは目しか見えなくて
    頬も口も見えない。
    接客業の人で既に表情を失って
    目が笑ってない人を見たことありますが
    感情は表情で表現されるので
    大人も子供もちょっとずつ
    感情か薄れていってます。
    繋がりも薄くなる事が一番氣になってます。

    子供はマスクのなかった時代を
    あまり覚えてないから
    不快感があるのか当たり前になり
    ずっと不快感を感じてる子供が
    どんな風に育つのか想像も出来ない。

    これらを解決するには
    ワクチン打ちましょうって言われるけど
    ワクチンで何かあっても補償はない。
    補償があったところで身体は戻らない。
    ワクチンの元になった情報は
    1週間で中国が武漢の数体で解析したもの。
    本来1週間では解析は無理だそうです。
    今は型が変異しているんですよね?
    お子さんがいらっしゃる方は
    遠からず直面することになります。
    どうやって断るかとか(笑)
    情報はたくさんあって
    お医者さんからの情報もあります。
    必要な人は調べてもらえたらと思います。

    息が苦しいことを我慢するように言われて
    我慢してるのってとてもヘンです。
    マスクが好きな方や必要な方は違います。
    本当は嫌だけど我慢してる方は、です。
    十分に息しないと死ぬか
    悪影響が出るのは分かってるのに
    そこ?って思うんです。

  9. あけましておめでとうございます。

    バシャールの 疑いや皮肉を捨て ってところ、自分が疑いと皮肉の人だったので本当にそうだなって思いました。
    生まれたての赤ちゃんが、どの大学に入るか教えてくれなきゃ生きてなどやらない!!
    と言って泣わめくようなことを今までやってました。
    まあ、それはそれでそういう心境になっちゃう理由もあったんでしょうけど、気づいちゃうとバカバカし過ぎて、そしてちょいと恥ずかしくって改めようと思います。
    こんな馬鹿な子を導かなくてはならない高次の皆さんは大変ですね。

    マスクについては歯科で働いたことがあるせいかそんなに気にならないし、物議を醸していることにびっくりです。
    実際、お尻より汚いと言われている歯垢が(しかも他人の)顔面に飛んでくる仕事だったので、マスクあって良かったと思うことの方が多かったです。

    バシャールは動画で見るとテンション高すぎて ウッ ってなっちゃうので、文字で落ち着いて見るのが好きです。バシャールの言葉は美しいですね。
    レディアシュタールもすごく優しくて好きになりました。

  10. 呼吸器や身体への影響
    顔が見えないことの影響
    教育現場が変化していることを
    話したくて書きました。
    唾とか歯垢の話ではないんです。
    (ごめんなさい。話がズレてしまうので。)
    マスクするかしないかの
    二極論でもありません。

    恐怖が恐怖を作り出して
    生活から楽しみがなくなっています。
    人と集まれない
    旅行に行けない
    コンサートも行われない
    施設にいる家族にも会えないことが
    普通になっていて
    だれかの許可が必要になってます。
    だれかって誰?
    今まで許可は必要なかったのに
    誰かの許可が必要になっている。
    この許可を得るために
    ワクチン接種を求められる流れがあります。
    ごく短期間で作られた臨床試験を
    していないものです。

    お店などでは
    コロちゃん対策の助成金を受け取るために
    ビニールとか検温・殺菌して
    店員さんがマスク着用されてるんです。

    政治家の人達はマスクなしで会食している
    ので同じ恐怖を感じてないです。

    必要ないのに
    自主的に我慢するように誘導され
    どこまで我慢出来るか試されてます。
    誰かを否定したいわけではなくて
    今こうなってますって伝えたかったんです。

  11. マスクについてたぶん私がズレてるのか、この場に限らず世界中いろんなところで物議を醸しているのが本当に不思議で、バシャールにまで届く話題なんだなって思いました。
    私のマスクに対する感覚なんて前述の通りのそんなもんだし、意識を向ける対象でもなければ意見を持つ必要さえ感じてないです。
    ただ、不思議だなと思うばかりです。
    一事が万事って言いますもんね。何が引き金になるかわからないものですね。

  12. メタさん、バシャールファンミーティングでの内容をシェアしていただき、ありがとうございます^_^
    バシャール大好きファンとして、どんな内容だったのかとても気になっていたので、大変ありがたいです!!

    「創造的な想像力」というワードが素晴らしくいいな、と思いました。

    想像力を創造するって、自分が進みたい未来を自分で作り上げていくという感じがして、とてもクリエイティブかつパワフルなイメージが思い浮かびました。

    2021年、私たちは、プリズムから様々な光が出ていくように、それぞれが望む世界にシフトしていくのでしょうね。頭と心をフル回転させて、ETコンタクトとフリーエネルギーと自然豊かな地球で暮らしている未来を創造的に想像していきたいと思います^_^

  13. この、バシャールのオンラインミーティングではメタさんと画面越しで繋がることができたのがとても嬉しく、さとうみつろうさんの講演などにも参加したりしたことがあるので、そのみつろうさんとメタさんわたしの好きな御二方がこれまた画面越しにトークしてる!と思うとバシャールそっちのけで楽しかったです
    メタさんのニコニコしてる感じが印象的でしたょ!!

  14. はじめてコメントさせていただきます。

    私はバシャールの本を手にして
    人生が180度良い方向へひっくりかえった
    体験から、言葉に出来ないほどバシャールに
    感謝しています。

    ですが、マスクの件に関しては、
    この頁のバシャールのメッセージを拝見する限り、
    私の中で腑に落ちないところがありました。

    私達は自由な存在で、その本質に多くの人達が
    目覚めようとしている一方で、それを阻止しようと
    している支配、コントロールを目的としている
    住人がいる訳です。そして今回のコロナ騒動を
    世界で一斉に起こし、マスメディアなどを使い、
    必要以上に不安を煽り、超管理社会に向けて、
    マスクを進めている訳ですね。
    この事実をバシャールが認識してない訳がないと
    思うのですが、どうしてバシャールはそのマスクを、
    思いやりでもある様な事を言うのでしょうか?
    他の方への配慮、思いやりは当然なのですよ。
    でも今回のマスクに関して言えば、
    自由をなくす超管理社会を目的としてる
    マスク着用ですので、今回のマスクの件に
    関しては話が別だと思いました。

  15. 子宮頸がんワクチンで車椅子になった女の子は
    耳が不自由で
    お母さんがその件をとても後悔されていて
    子供の健康や幸せを思って
    ワクチン接種されたんです。
    愛と思いやりを持っていても
    知識がなければ悲劇は防げません。
    みんなが車椅子になるわけじゃない
    でも歩いたり走ったり
    出来なくなるかもしれない可能性と
    必要性を比べてほしい。
    安全性が確立するまでの様子見でもいい。
    好きなひとには笑っていてほしい。

    スピリチュアルの主流の考え方と違って
    厄災をありがたく思えないし
    それで成長するって自虐的だなと思います。

    怖がってる人と一緒に怖がることが
    思いやりとは思いません。
    知識を持って『大丈夫だよ。』って言いたい。

    我々は小さきものではなく
    他の宇宙人と対等です。
    大いなるひとつから分かれた分身の
    価値は同じ・意見は同等なんだけど
    ちゃんと説明してくれる宇宙人は少ない。
    ワンネスってそういう意味もありますよ。

  16. 連投すみません。
    『たかがマスク』ってよく聞きます。
    それなら
    付けても外してもどちらでもいいはず。
    マスクを着ける自由はあるけど
    外す自由は無くなっちゃった。

    マスクはウイルス対策に
    ならないと分かっていても外せない。
    どうして??
    理由の説明が出来ないから
    周りに対する思いやりって言ってる。

    健康な人がマスクをすると
    デメリットになると医師の指摘がある。
    いろいろな情報を聞いても
    考えられないし分かりたくもない。
    とりあえずマスクしておけば大丈夫!
    マスクの話題で指摘される
    思考停止ってこういうことです。

    マスクをする自由もあるし
    マスクをしない自由もあります。
    陰謀論系の人が指摘するのは
    ①ちゃんとした理由もないのに
    マスクをしないのは認められない世界になった。

    ②同じくコロナをきっかけに
     いろいろな事が制限されている。

    ③元の生活に戻るために
     これからワクチンの投与が求められる。

    ④ワクチンを投与しても
     いろいろな理由で制限がついたまま
     許可制の生活になる。
     
    ⑤新しい世界は
     自由を失ったディストピアになる。

    マスクをしていると
    思考停止&ディストピアOKの人って
    思われるから
    マスク外してみませんかって事なんです。

  17. マスクのことで議論する気はまったくないものです。
    ただマスクのメリットと思われること書きたいと思いました。
    人間の免疫のシステムはとても精巧にできていて、
    第一の砦が粘膜で、ここが十分潤っていれば防御機能が高まるそうです。
    マスクをすることで鼻や喉の粘膜が保湿されますので、マスクの意義はある、
    という話をもう何年も前に聞きました。
    特に乾燥する今の時期、マスクすることに意味がないことはない、
    と私は思います。

  18. 高齢のご家族が遠方の施設に入ってたら
    コロナの影響でもう長いこと面会出来なくて
    この先もいつ面会出来るか分からない
    死に目に会えるかも分からない方が
    いらっしゃるというのは知ってだけど
    赤ちゃんが産まれても家族は
    お母さんと子供に会いに行けなくて
    退院まで会えないって知りました。
    (病院によるのかも知れないけども)

    家族にも会えないんだ…って思ってたら
    今度はネコがコロナになった?
    テリーさんと同じアシュタールのチャネラー
    ミナミAアシュタールさんのブログで
    そのことについて書かれてました。
    何年か前に鶏インフルとか豚インフルとか
    ありましたよね。
    その時は大量に殺処分になりました。
    それと同じことが
    ネコや他の動物でも起こるかもって。
    https://ameblo.jp/kuni-isle/entry-12649381695.html
    氣になる方は見てみてください。

    コロナってすごい言われてるけど
    本当にあるのかな?
    身近にはないな。
    まあ収束宣言が出るまで
    マスクしておこうって
    思ってる人も多いと思うんです。
    このままだったら大事な家族を失うかも
    しれません。
    私はペット飼ってないけど
    そんなのは嫌です。

    バシャールはこの件に関しては
    なぜだか正直じゃないです。
    家族に会うのも制限されていて
    もう自由を失い始めているし
    どこまで失うか、失わずに済むかは
    私達次第なんです。
    マスクを絶対外せない・外したくないと
    考えておられる方は難しいと思いますが
    大事な家族を失わないためにも
    マスクを外すことを
    考えてみていただけませんか。

  19. 内面の軸をぶらさないこと、
    全てはバイブレーション。

    それに比べれば、外側の世界はどうでもいい。

    レブちゃんたちの話も知ってるけど、
    マスクするのが気持ちいい人はすればいいし、
    気持ち悪い人は取ればいい。
    内面と一致させて、気持ちよく生きる。
    レブちゃんに対抗したいなら、
    それが一番では?

    どんなことでも、二項対立には巻き込まれないでね。
    我々はそういったことを超えたところを目指しましょう。
    新しい概念、タイムラインを生み出そう。

    ちなみに自分は
    プライベートでは一切マスクはしないし、
    仕事中も暑苦しければ
    顎下にずらしたり、平気でしてます。

    これからの世界については
    下記の動画が一番好き。
    https://www.youtube.com/watch?v=upgwpMha0OA
    (そこにはレプちゃんもいない気がするけど…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です