コンテンツへスキップ

【アンケート】パンデミックの前後で、人生はどう変わりましたか

Spread the love

新型コロナウイルスによるパンデミックが、私たちの社会の在り方を大きく変えたことについては異論がないと思います。このように大きな変化が世界同時多発的に起きたことも、世界大戦以降に生まれた世代にとっては人生初の出来事だったと思います。いまだ事態は収束に至ってはいませんが、私たち人類も日々学んでいますから、過去3年間と同規模のインパクトは繰り返さないだろうという希望的観測の元に、これまでについて振り返りましょう。

【質問】

1.パンデミックによって、あなた自身、またはあなたの周囲はどう変化しましたか。

2.パンデミックを経ても変わらなかったものはなんですか。

3.レッスンや学びはありましたか。

4.これからの世界へ、あなたの願いを教えてください。個人的なものでも、集合的なものでも構いません。

【回答例(私の場合)】

1.パンデミック後は集団で別次元に飛ばされた気がします。

2.自分が心地よく暮らすために必要なものは変わりませんでした。手間もかからず安上がりな自分がいます。

3.最悪の事態にどう立ち回るか。何が解決可能で、何が不可能かを見極める力。諦める力。忘れる力。希望を捨てないでいるためのヒント。

4.恐れや心配がなく、無事毎日を過ごせますように。いつでも小さな喜びを見つけられますように。

ぜひみなさんのご意見を、コメント欄からお寄せください。よろしくお願いします。

追記:

とか言ってるうちに、私もコロナ陽性になってしまいました。なんとタイムリーな。感染経路は、友人宅のクリスマスパーティーのようです。参加者は私を含めて四人(うち二人はシニア)で、全員ブースターまでワクチンは打っているのですが、その時、私の隣に座っていた人が私より一日早く陽性が分かったそうです。彼女は私たちとは別のクリスマスパーティーにも二度ほど参加したと話していたので、そこからウイルスが回りまわって来たのでしょう。会食恐るべし。そして思い返せば、シニアの世話役として立ち回っていた私も、気づかぬうちにちょっと密になっていました。これまでのところ私の周りでは、特に職場でコロナ感染が何件かあって、喉が痛いくらいで症状は大したことないと聞いていたのですが、私にやって来たのは喉の痛みに加えて、咳、呼吸困難、胸の痛み、体の痛み、倦怠感など、そこそこの欲張りセットでした。普通の風邪と違うと思ったのは、前日まで全然元気だったのに、いきなり気管支炎のような症状が出たところです。今のところ寝てばかりいますが、とりあえず効果があった緩和策は、ユーカリ精油を数滴垂らしたホットタオルを使った蒸気吸入でした。それから、一生懸命、葛根湯飲んでます。文字通り寝正月になりそうです。

再追記 2023/1/16

その後、私のコロナは感染発覚から3日目には息苦しさが緩和し、5日目以降はだるさもなくなって、ベッドで横になることも少なくなりました。10日目の検査で無事陰性になりました。コロナにかかった同僚の先生の話では、咳がない代わりに体の痛みがあったそうで、人によってなのかウイルスの株によってなのかは分かりませんが、いろいろ違うようですね。私は家ではマスクはしていませんでしたが、CCは何もなく無事に過ごしていました。本人曰く、ニンニクを食べているからとのこと。しかし、クリスマスパーティーで一緒だったもう一人の友人は、特に健康に気をつけるタイプでもないのにコロナにはかかりませんでしたから、人によって違うものだなと思いました。みなさんもどうぞご自愛くださいませ。


「【アンケート】パンデミックの前後で、人生はどう変わりましたか」への10件のフィードバック

  1.  パンデミックは、集団的な覚醒を促す意味があったのでしょうが、個人的な覚醒としては、2016年あたりから始まっていて、いよいよ、仮面を外した、本当の私自身と対話せざるを得ない状況に追い込まれて、家族との決別、引っ越し、離職と様々経験しました。
     その中で、私は私の自由が一番だ!と気が付き、豊かさに関しては、はるかに今の方が豊かな生活をして
    います。
     それほど、家計簿を気にしたり…口座にいくら入っているか気にしたりしなくても、生きていけるように
    なりました!
     「内面を整えると、自分の日常、世界が変わる。」
     そのスピリチュアルの基本はもはや確信に変わりました。

     パンデミック自体は特に私には関係のないことでした。
     ノーワクチン!
     プライベート完全、ノーマスク!
     仕事上でも、会社と上司に言いたいことは言って、鼻だし、顎マスクちょいちょいしていても、
    もはや何も言われません。

  2. 1.パンデミックによって、あなた自身、またはあなたの周囲はどう変化しましたか。

    惰性で繋がっていたリアル人間関係がバッサリ絶てました。
    またコロナのお陰でリモート化が進み、仕事を得ました。

    2.パンデミックを経ても変わらなかったものはなんですか。

    ヒキっても平気な陰キャ体質。コロナ直前に拾った猫のお陰で、ステイホームが苦じゃなかったです!

    3.レッスンや学びはありましたか。

    本当に好きな人と深く繋がろう。
    さりとて、新しい人脈への扉は開いておこう。

    4.これからの世界へ、あなたの願いを教えてください。個人的なものでも、集合的なものでも構いません。

    皆が自分の魂の計画を思い出しますように。

    メタさんが作ってくれた掲示板がきっかけで、占星術師やってます。お陰様で経済的に苦しかったのが遠い昔のようです。(猫の餌代程度の稼ぎですがw)
    ホロスコープでやっと自分の使命が分かり、皆にも分かって欲しいと活動しています。
    メタさん、私の人生を変えてくれて本当にありがとうございました。

  3. まずはメタさん、くれぐれもお大事になさってください
    無理して後遺症残ったら大変ですし。寝正月上等!

    1.シンクロニシティが強引なくらいの勢いで進みました。急にOSHOやマハラジが理解できるようになった分、ますます時間の流れを川岸に座って眺めているような感覚になりました

    2.思い当たらないですね、常に動き変化している

    3.息子くらいの年頃のYouTuberにどハマりした時期がしばらく続いてアイドルすら追いかけた経験がなかっただけに自分自身が面食らいました。その一連の中でインナーチャイルドの問題や自分の本質と徹底的に向き合わされいろいろ苦しかった、今でもまだ残滓を片付け中です。結局どハマりしたYouTuberは触媒の役割をしてくれたのだなとわかり執着は無くなりました。 

    リアルな友人関係はほぼ精算して引きこもり同然な自分にこんなカタチで人間関係を通したレッスンが引き寄せられるとは。宇宙のすることは凄いなと笑えてきます

    4.世界中の母親、もしくは母親の役割を担う人々が真に幸せで賢くありますように。真に幸福な母のもとに育てば子の心に信頼と安寧が宿り、世界の問題の半分くらいは即無くなるのではないかと真剣に思っています。愛が欲しい愛をちょうだいと泣いている子供の心が結果、不寛容と暴力を生み出していると思うのです

  4. 1は、家族は仕事に出かける回数が減って、割とゆったり時間がありましたが、
    ワクチン接種を拒否した私は、家族を説得する羽目になり大変でしたが、結果オーライ。
    2は、私自身の、人とは違う考えだけど、揺らがなかったですね。
    3は、大きな決心をして、大きな学びでした。
     又私の独立している姉妹にも、ワクチン接種には、充分気をつけてと、
    話しましたが、結果は接種して、していない私は笑われています。
    考えが違っても、個人として尊重して来ましたが、今回初めてとても辛いですね。
    4は、人間は皆平等で、対等であること。当たり前だけど意識して社会生活をすることを目指します。

  5. 今更ながら、コロナとかパンデミックとかがピンときていなくて、
    別世界の出来事のようで、レイヤーのことなる重なった世界で、自分と同じレイヤーにいる人が少なくて、周りにはほとんどいない。
    という感じ。

    もちろん日常や仕事、生活の場面で影響がなかったわけではなかったけれど、個人的なパンデミックの影響が薄い?せいか今年に入り、別の要素がガツンガツンと入りましたので、それを加味した回答です。

    1、個人的には、生活や環境のような眼に見える大きな変化はなかったけれど、会社員としては業務改善などでずっと孤軍奮闘していたところ、パンデミック+α下において、自分の望む方向性に動き始めるための大きな枷が取り払われつつあると感じることはあった。

    2、最高最善を目指す。
      かといってそんなに頑張ってない自分。
      もっとがむしゃらになりたい自分もいる。
      いづれも変わり映えなし。

    3、命の豊かさ?
      心のあり方の自由さみたいな。
      心配や恐怖、楽しいこと嬉しいこと、
      いま思うこと感じることをいつでも自分が選ぶことができる。
      自分の責任で選んでいる。という自覚
      あとは自分の境界を明確にかつ柔軟に。

    4、思い込みの「世界」から抜ける。
      自分が水槽の中の魚である自覚を多くの人が選べる世界へ
      全部の人じゃなくていいよ。
      全部でもいい。
     
      自分に縛りを課して遊ぶマゾな遊びはもう終わり。
      無限を有限の中で遊び尽くす
      わっほい(笑)

    P.S.メタさん、らぶ。

  6. 1.パンデミックによって、あなた自身、またはあなたの周囲はどう変化しましたか。

    今まで属していたスピリチュアルなコミュニティが、急に、いわゆる陰謀論的な方面に傾倒して、戸惑いました。
    恐れよりも愛!とか言いながら、ワクチンを恐れるのが謎でした。
    また、ワクチンを打たなかったとしても、自分の選択として、堂々としていれば良いのに、批判される事への恐怖の裏返しで攻撃的になるのも興味深かったです。

    2.パンデミックを経ても変わらなかったものはなんですか。

    家族です。とても幸せで親密な時間を過ごせました。

    3.レッスンや学びはありましたか。

    まだ、今回のパンデミックでの学びの途中という感じです。最終段階にはいると思うのですが、うまく言葉に出来ません。

    4.これからの世界へ、あなたの願いを教えてください。個人的なものでも、集合的なものでも構いません。

    富の分配です。共産主義者では無いのですが、今の世界は偏りすぎていると思います。

  7. 1: 私自身はこれまでインフルエンザの予防接種もしない程度に感染症に無頓着ですが、やっぱり子供を持っていたり、医療や介護に従事している友人たちの緊張感やピリピリした空気が印象的でした。

    2: 結局、「基本的な事が大切」って事を再確認しました(^_^)
    うがい、手洗い、睡眠、食事、笑うこと。自分にとっていつでもこれは変わらない大事なことかな。

    3: 「恐れ」に対する個人差を見させてもらった気がします。
    あと、流されるのか、自分で考えるのか・の違いとか。良い悪いではなく。

    4: 必要以上に恐れる必要はない。
    先日、ちょっと気持ちがモヤモヤしていた時に、毎日通っている道沿いにあるお店の壁に
    「Don’t think! Feel!」と書いてあることに気付きました(笑)
    そんな風に、皆が必要な時に必要なメッセージを受け取れるようになるといいな(^∀^)

  8. メタさん、お帰りなさい、お久しぶりです♪
    お元気そうでいらっしゃって良かったです。
    長いコロナ禍3年間でした。
    1.得体の知れない病原体に最初は怯えていましたが…今は大丈夫です。周囲が意外と日本社会に流される人たちなのだと知りました。
    (合わせられるオトナともいう)
    緊急承認のmRNAも簡単に打つのか…と驚きました。打ちたい人は打てば良いし打ちたくない人は打たなくてもいいでしょう、8割近く打つ中、周囲には打たないことを受け入れてもらいました。日本ではコロナ禍が終わっていませんが、
    自分の意思を通す、通さないの二極化も感じました。
    2.自分の家族との心の繋がりです

    3.おそらくまだ学び中です。何かと二極化した場面をよく見ます。それぞれが選んだ色んな道は各々が納得しているのなら良いと思います。自然の物を食べる、自然の中で生きるという事が自身で選択をしなくてはできなくなってきたと感じます。

    4.最初、社会のコロナへの恐れは凄まじいものでした。ある地域では罹った人が村八分になる程の。
    今では緩くなり、正月に遂に私や家族もかかりましたが、すでに回復しました。子供たちもかかったりかからなかったりで待機後学校にも行きましたが特に距離も置かれず楽しく過ごせたようです。自分の職場でも問題ないです。
    コロナへの恐れが薄くなり過ごしやすくなりました。
    同じ人間なのにそれぞれの中身は多様性に溢れているので…もっと幅広いルール作り等、寛大な社会に変わってほしいです。懐の大きい価値観への変化を望みます。
    自分自身はマイペースにゆるく時々きばって生きます。一部スピに全くときめかなくなったので、以前の探究心も消えました。オカルト要素にはまだ反応しますが。
    ただここでは楽しく討論させて頂き有難うございました。
    次回のフォーラムは眺めるだけが良いです笑

  9. 1.
    5歳以降の人生でおそらく初と言ってよい「なんにもしなくていいのんびり時間」が到来した感じでした。
    まったく仕事をせずとも必要なお金が入ってきて、自由に好きなことだけしていても生きられる状態を数年にわたって実体験したことで、「人は働かずとも豊かさを受け取り、朝から晩まで好きなことだけやって生きられる」ということを100%理解する機会となりました。

    自身はワクチンは打たない選択をし、緊急事態宣言中もあちこち旅行に出かけましたが、感染もせず、旅先でネガティブな現象に出会うこともありませんでした。
    とある県(かなり田舎)の有名な酒場では緊急事態とは思えない大盛況で、不思議な光景を見ている気がしましたね。
    テレビやネット由来の情報とは異次元のゾーンが確かに存在するのだなと確認しました。
    場所によって白眼視があるという伝聞は目にはするものの、自身の世界では体験も観測もされていません。
    家族はワクチンを打っており、身近では「打つ、打たない」に関する軋轢はありません。
    マスクは割とちゃんと付けています。

    「台風の目」の概念をビビッドに体験するための期間だったなと思います。
    コロナが起きなければ体験できなかったことばかりで、世界創造のダイナミズムに感心しきりでした。
    一番正直な感想は「こんなアクロバティックでマジカルな方法論があったとは予想だにしなかったな。さすが宇宙=自分」

    2.
    家族、パートナーなど大切な人への愛情。
    大切な人を大切にできる喜びと、大切な人から大切にされる喜び。

    3.
    コロナとは関係ない要因で愛する家族の死に直面し、死生観の超越が起きました。
    人間は生まれたこともなく、死ぬこともないという理解が落ちました。
    「死や苦に対する恐怖」が消し飛び、宇宙観、地球観が完全にひっくり返りました。
    愛する家族からの人生最大の贈り物であり、最終局面の究極レッスンでした。

    また、「働かないと生きていけない」という観念を100%手放せました。
    これらの体得のために必要だった「完全な自由時間と静寂とゆとり」こそ、コロナからの最大の贈り物でした。

    4.
    「願い」は消滅しました。
    願うまでもなく、この現象世界の今この瞬間が、全ての願いが叶っている状態であることを理解したためです。
    世界はいつでも、いっさいの足し引きをする必要もなく、100%完璧です。
    あらゆるネガティブな現象は消滅させることはできないし、消滅させる必要がそもそもないと知りました。
    コインの裏面だけを消すことはできないのと同じで、両面あって宇宙は完璧なる調和の状態です。

    平和は今この瞬間にすでに実現しています。
    そのことに気づいたとき、その人物は、平和以外の状態を体験しなくなります。
    川の流れそのものとして生き、流れてきた役割を果しつつ、眺めるだけの生き方となりました。

    「大宇宙の脚本家は自分、役者も観客もぜんぶ自分 lol」

  10. 1.パンデミックによって、あなた自身、またはあなたの周囲はどう変化しましたか。

    今までテレビやニュースを見ない生活をしてましたが、コロナ渦でニュースを見るようになり
    最初は色んな情報が入ってきて混乱しました。
    そして想像力が豊かすぎるので、あれこれ想像しすぎでコロナ怖がりすぎて大変でした。
    政府の緊急対策とかを間近で見る中、周囲で異なる意見が対立したり。
    人って本当に同じ出来事でも、捉え方がこんなに違うのだなぁと改めて感じることが多かった。

    2.パンデミックを経ても変わらなかったものはなんですか。

    元々ステイホームで外出も頻繁にしないのが「いつもの感じ」だったので
    行動制限とかあってもあまり変わらなかったです。

    3.レッスンや学びはありましたか。

    あんなに怖がっていたコロナ、去年あっさり旦那さんからうつされました。
    普段の風邪より症状が軽かったので、それから怖さが和らぎました。
    「恐れ」がなくなると心が自由ですね!その自由の感覚を味わえたのも新鮮でした。

    コロナ渦の「人となるべく接触しない」という制限の中で、
    人と関わることなく生きるって無理なんだと改めて(人との関わりの大切さ)
    そして違う考えの人も認めて、社会の中で一緒に生きていくこと。
    これもコロナで加速したように思います。

    4.これからの世界へ、あなたの願いを教えてください。個人的なものでも、集合的なものでも構いません。

    「どんな時も私たちが思いやりと優しさを忘れずに行動できますように。」

    感染者数が過去1番とかになった時期、満員電車に乗らなくちゃいけなくて、
    怖くて怖くて、電車の中で固まっていた時、「祈り」が意識を一瞬で変えてくれました。
    ここにいる皆が今日1日を安全に過ごせますように☆
    今日この電車に乗るすべての人が、安全に過ごせますように☆
    運転手さん、駅で働くみなさんが安全でありますように☆
    そうやって祈っていると、段々と意識が広がって心がゆるんで、恐怖が溶けていきました。

    メタさん、ありがとう!戻ってきてくれて本当に嬉しすぎます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です