水瓶座の時代を豊かに過ごすための9つのサバイバルチップ

Spread the love

 

グレートコンジャンクションがやって来ます

12月22日に土星と木星水瓶座のほぼ0度で重なるグレートコンジャンクションが起こり、私たちは水瓶座の時代に入ると言われます。太陽系の惑星の中でも土星と木星は最大の規模であり、太古の昔から、この二つの天体の接近は、最も縁起の良いしるしと見なされています。それは19〜20年ごとに発生しますが、2000年代に入って今回が初めてであり、ガリレオのいた1623年以来、木星と土星の距離がもっとも近づくことになります。実に400年ぶりの天体イベントです。

この二つの星は、2020年を通じて山羊座を通過していました。土星は構造や権威の星であり、木星は豊さと拡大の星です。基本的にこの二つのエネルギーには相反するものであり、同じ位置に重なると、それらはぶつかり合います。山羊座の持つ権威主義、物質主義のプレッシャーを抜けて、水瓶座のエネルギーの中に入ると、社会の風通しがよくなります。グレートコンジャンクションのテーマは、古い構造やシステムの変化と崩壊、そして新しい時代への再生と癒しです。

 

 

水瓶座の時代とは

水瓶座の時代が、「自由と人類愛をもたらす時代の到来」を意味するのはよく知られていますが、言葉の由来は19世紀後半の神智学にあります。占星術時代と呼ばれるもので、通常の12星座とは順番が異なり、水瓶座の時代の前に、魚座の時代があります。これは星占いが天体の見かけの動きに対応して作られている一方で、占星術時代は、天体の実際の動きに対応しているからです(天体の見かけの動きは中3理科でやりますから、知りたい人は最寄りの中学3年生に聞いてみましょう)。

しかし、それがいつ始まるかについては非常に様々な説があり、統一された見解がありません。今回のグレートコンジャンクションは別の天体イベントですが、「水瓶座の時代」として言われている内容は、古典的な解釈をほぼ継承しているように思われます。それほど人類が待ち望んでいるということなんでしょうね。

そこで、占星術時代という区分に沿った解釈をおさらしましょう。

 

 

魚座の時代・水瓶座の時代 それぞれの特徴

魚座の時代の始まりは、水瓶座時代の始まり同様、常に議論の的であり、どれほど続くかについても、統一した見解はありません。一般的には、イエス・キリストの誕生/西暦の始まりと関連付けられています。

魚はキリスト教の信仰シンボルでもあるからです。魚座の時代とは宗教の影響が強い時代だと言わ形容されることがあります。

キリスト教のシンボル イクトゥス – wikipedia

 

魚座時代の特徴

・宗教

・迷信と神秘主義

・自己犠牲

・無制限の個人主義と欲望

・二元論

・自分のファンタジーに閉じ込められて生きる(否定・中毒・現実逃避)

 

どの星座のエネルギーにも、プラスの面とマイナスの面があり、同じエネルギーのまま長い時代を経ると、マイナスの側面ばかりが強調されるからです。魚座時代の始まりには、魚座本来のイマジネーション豊かで思いやりに溢れる愛の人というエネルギーがありました。イエス・キリストこそ、そのエネルギーの究極の表れと言えるでしょう。

しかし時が流れ、魚座のエネルギーのマイナス面が高まるにつれ、人は教義に縛られ、共感に見せかけて自己を投影し、英雄を一神教的に崇拝するという傾向が現れます。これは、第二次世界大戦時の人類や社会に顕著だったと言われます。

 

水瓶座時代の特徴

一方、水瓶座の時代は、次のようなキーワードによって理解されます。

・科学・テクノロジー・コンピュータ

・自主性

・革命

・知性と実用主義

・利他主義と協調

・共同体とコミュニティー

・誰もが尊敬され、違いが認められる世界

・調和と理解

・古い信念からの解放

・愛と自由と平和

 

エネルギーの移行とは、ある時を境に切り替わるものではありません。一般的に天体イベントの影響は、その前後に長く及びます。魚座的エネルギーから、水瓶座にシフトすると言いつつも、実際には新旧のエネルギーが共存することになるので、社会は混沌とし、どちらの方向に進んでいるのか分からなくなってしまいます。

しかし魂の闇夜を通じてこそ、ブレイクスルーは起きるものです。混沌を抜けた先に、光はあります。先ほども書いたように、グレートコンジャンクションのテーマは、古いシステムの変化と崩壊、そして再生です。カルマを癒し、新しい時代へと進むときが来ています。水瓶座のエネルギーの下で私たちは、決して単なる夢想家ではなく、革新的なアイデアに溢れ、自立しつつも互いに連帯しながら、望む現実を作っていくことになります。

そこで、水瓶座の時代を豊かに過ごすためのサバイバルチップを紹介しましょう。

 

 

水瓶座の時代を豊かに過ごすための9つのサバイバルチップ

1.型破りなアイデアを試してみる

水瓶座のエネルギーは、新しい視点を受け入れるように促します。かつて型破りだと見なされたアイデアや行動も、社会の中で徐々に普通のものとして見られるようになります。私たちは集合として、自分たちの可能性を拡げています。これまでできない、または自分には必要がないと思っていたことを、ぜひ試してみてください。これからの時代、経験は文字通りの財産となります。

 

2.新しい友達を作り、コミュニティを構築する

水瓶座の時代は、コミュニティの構築を目的としています。新しく有意義な友情を築きたいなら、このエネルギーは追い風になります。地域のコミュニティ活動に参加したり、同じような興味や趣味を持つ人々とつながりましょう。まだスモールビジネスは、連帯とコラボレーションが非常に重要な時代になって行くと思います。

 

3.自分を表現する手段を持つ

水瓶座の時代は、新しいアイデアを形にする創造的な自己表現の時代でもあります。情報をただ消費するだけにとどまらず、自分なりに消化して、アウトプットできる方法を持ちましょう。文章、映像、音楽、芸術、なんでも構いません。できれば、何らかの形で発表できるようにするといいと思います。それによって、あなたに共感する人を引き寄せることができます。

 

4.新しいテクノロジーを学ぶ

水瓶座の未来的なエネルギーは、テクノロジーの進歩や、コミュニケーションツールの開発を促進します。新しいテクノロジーが普及すれば、今までになかった問題が生じるのは人類の歴史からも明らかで、それによって規制がかかり、新しいアウトレットが立ち上がるということを繰り返しながら、進化していきます。この機会に、どんどん進化する新しいテクノロジーに触れてみましょう。

 

5.未知の状況や不確かさと上手に付き合う

魚座の時代に機能していた古い社会のシステムは、私たちに制限をもたらす一方、安定を保証してくれました。しかし、水瓶座の時代に移行するにつれて、その状況は大きく変わり、今後しばらく続くでしょう。先が見えないことで不安を感じるのは生物としての本能ですが、分からないからこそ、まっさらな状態でチャレンジすることができると、むしろ前向きに捉えましょう。

 

6.恐れ、絶望、怒りに屈しない

水瓶座のエネルギーは社会変革を呼び起こしますが、それがマイナスに現れると、予測不可能なエキセントリックさや、混乱をもたらします。恐れ、絶望、怒りなどの感情は、特に変化の時代に際しては非常にパワフルな原動力です。しかし問題の解決とは、相手をうち負かすことよりも、新しい何かを築くことによって得られるものです。そして、そこに愛がなければ、結局は砂上の楼閣です。

 

7.共感力を使う

水瓶座のエネルギーテーマのひとつが博愛主義や人類愛なのですが、私たち人間には、仲間との連帯と、そうでない人たちへの敵対心という形で表れることが多くあります。これは長らくスピリチュアルコミュニティが抱えてきた欺瞞でもあると思います。愛を求め、痛みや喜びを抱えて生きてきたという点において、私たちはみな同じ人間です。心のやわらかい部分をいかに感じ、経験をリスペクトし合えるかが、人類がワンステップ上昇できるかどうかのカギだと思います。

 

8.わくわくすることを実行する

水瓶座のエネルギーの下では、一人一人の違いや個性が前向きに捉えられます。その反面、自分の本質に矛盾することは続けるのが困難に感じるでしょう。好きなことや、自分にとって不自然でないことを探しましょう。そしてわくわくする刺激や感情は、いつでも魂のナビゲーターであり、あなたの心を育みます。

 

9.光でいることを忘れないでください

水瓶座の時代は、地球の変革を担うライトワーカーたちがここにやって来た理由でもあります。あなたがこれを読んでいるなら、おそらくその先駆者の一人です。今後、社会は様々に揺れるでしょう。争いや分断は一時的により明確になります。私たち自身も人生で大きな変化を経験するかも知れません。けれども、どうかあなたは光でいることを忘れないでください。そしてあなたの光を分け与えてください。大いに語り、教え、癒し、愛し、笑ってください。待ちに待った時代が、ついにやって来ます。水瓶座の時代へようこそ。

 

 


そうは言っても、アメリカのスピリチュアルコミュニティーの歴史を見ると、水瓶座の時代は、カバルの大量逮捕と同じくらい、いつも誰かが言い出しては自然と廃れていくトピックなんですけどね。私としては冬至のゆず湯のほうが気になります。でも個人としても、集合としても、前向きなエネルギーを作っておくのはすごく大事です。

そして人生は何が起きるかより、どう生きるかが大事ですから、水瓶座の時代へ大きく羽ばたきましょう。

 

「水瓶座の時代を豊かに過ごすための9つのサバイバルチップ」への4件のフィードバック

  1. メタさんはさすがです
    すごいです、愛しています
    静謐と情熱が、愛のもとに調和して、私は安らぎを確かめられます
    混沌が混沌のまま、グラウンディングしてくれます
    大好き!ありがとうございます

  2. 始めまして。
    ゆるふわ系だったり恐怖を煽るようなものだったり、いろいろなサイトがありますが、
    こちらは生きていく上で前向きな内容が多く、参考にさせていただいています。
    自称ライトワーカーですが、笑顔と感謝でこれからも生きていこうと思った次第です。
    「特に何か素晴らしい仕事をしたり事業に携わっていなくても、
    ただ生きているだけで、あなたは地球の、宇宙の役に立っているのです・・」と、何かで見たので、
    これからもワクワクウキウキしながら生きていきます(*^^*)

  3. 二回目のコメントになりますが、
    私は今、この流れを強く感じています
    正直今はまだ宙ぶらりんというか、リラックスしていられるところにカチッとはまっていなくて、非常に痛くて苦しいです(身体に強く感じます)出していいのか引っ込めていいのか、結局どっちもうまくいかない感じ
    はやく、はやく、どうにかしてくれ、今どうしたらいい、何が出来る、何が最善、といてもたってもいられなくなりますが
    そこんとこさすがにそろそろ百戦錬磨
    とはいえ、経験を積もうが、苦しいときに幸福なふりをしようとは思いません
    はやくしてほしいとはマジで思います
    でも、一昨日、「もう戻れなくなるから今のうちだよ、って考えると惜しくなるでしょ」と言われました
    「たしかに!」と思ったけど、かといって楽しめるかなっていうと楽しくはないんだけど、中途半端はやめようと思いました
    この先に進んで戻れなくなってから、「あ~そういう世界にいたわ~なついわ~むしろウラヤマだわ~」みたいなミサワ的なやつにはなりたくないな!と思いました
    宙ぶらりん、何やってもやらなくてもなんかどうもおかしい、痛い痒い苦しい、まあ嫌ですけど、そんなところに今いるぜっていう実感からは逃げないように、やってきます
    メタさん、占い師っていうのとは違うかもですが、エンジェルオラクルカードを実物の紙のデッキで作ってくれたらいいなーと思いました
    私は一昨日、ダリのタロットカードをゲットしました(しかも呼ばれて!)うえい!自慢
    ともあれ
    スピリチュアルの情報も三次元の表現になれば語弊のない表現などありえないし、まったく逆効果にしか受け取れなかった情報もたくさんあったなあと思い返しますが、私はメタさんの情報のかっこよさにいつもテンションあがりますし勇気とやる気が出ます
    そして、例えばこういうどうにも据わりの悪いときに、言葉にして置いておく場所があることに今救われています
    いつもありがとうございます

  4. 進撃の巨人のアニメを見てます。
    今代4期でファイナルシーズン
    漫画の方も最後に向かって走ってます。
    生存をかけた戦争がテーマになっていて
    戦争のむなしさや人の心の動きが
    すごく伝わってきます。
    これ読んでたら
    いかに意見が違おうとも
    戦争をしようとか思わないと思います。
    新しい時代は
    全ての人が同じ側だと理解する
    そんな時代になるのだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です