寒くないのに感じる寒気・鳥肌のスピリチュアルな意味

広告

突然、ふとしたきっかけで、 背骨に電流が走ったように感じたり、寒くないのに体が震えたり、鳥肌が立ったりすることがあります。このような現象を、英語では「スピリチュアルチルズ(スピリチュアルな悪寒)」と呼び、スピリットからの特別なサインとして扱います。そこには、どんな意味があるのでしょうか。

1.「あなたは正しい場所にいます」

広告

寒くないのに感じる寒気や鳥肌のスピリチュアルな意味について、最もよく言われるのは、スピリットガイドからのサインであるということです。あなたが人生の中で正しい場所にたどり着いたことを、身体のサインとして伝えてくるのです。 彼らはあなたと共にいて、あなたのやっていることに満足しています。

2.「夢に従ってください」

また同様に、彼らは寒気や鳥肌のサインを通じて、あなたの進むべき道も示します。 彼らはあなたが自分の夢に従って生きることを望んでいるので、あなたのためになる状況や場所をせっせと用意しては、 それを知らせるのです。その場合、伝えたいのは「この人はあなたにとって必要だ」とか、「これをぜひやるべきだ」ということです。

3.「あなたにとって真実です」

誰かとの会話中、もしくは話しを聞いている時に、ゾクッと寒気や鳥肌を感じることがあります。魂もしくはハイヤーセルフから来るサインで、「これがあなたにとっての真実」だという意味です。あなた自身も、単に体が震える感覚だけでなく、ハートの奥に響く深い感覚を味わうでしょう。その感覚は、今世の肉体のあなたから湧きあがるというより、もっと別の深いレイヤーから来ています。これは自分の道を知る上で重要な手掛かりになります。

4.「気を付けてください」

寒気や鳥肌が、スピリットの領域からの警告として機能することがあります。その場合、体の震えだけでなく、言葉で説明は出来ない嫌な感覚や、直感的な拒否感が伴います。たとえば知らない部屋に初めて入った時に、このような感覚が起きることがあります。そこにいると、何か嬉しくないことが起きる可能性があるという意味です。具体的に何に対する注意かは場合によりますが、あまりにネガティブな気分になるなら、その場所を離れましょう。

5.多次元的エネルギーによるサポート

瞑想中に、急に寒気や鳥肌を感じることがある場合があります。瞑想によってあなたのバイブレーションが上昇すると、天使やスピリット、その他の多次元的存在の領域と共鳴することがあるのです。高次のエネルギーとつながることで寒気や鳥肌が起きるのは、あなたの中の低いエネルギーを振り払い、高次のレベルにチューニングする際に起こります。瞑想中にこのような現象が起きても、心配は無用です。あなたの中に恐れや疑いがなければ、特に怖い感じも受けないと思います。エネルギーサポートをしている存在が誰なのかを聞くこともできますが、まずはシンプルに「今」を経験してみましょう。

関連記事:  知的な人に惹かれる? あなたがサピオセクシャルである10のサイン

まとめ

スピリチュアルな寒気や鳥肌は、スピリットの領域からのガイダンスであり、ギフトです。私たちが常に彼らの領域とつながっていることを示すからです。彼らは身体の感覚を通じてガイダンスを送るのが得意です。私たちも身体で感じることは、目を向けやすいからです。

みなさんも、このような寒気や鳥肌を感じたことがあると思います。何らかのサインとして活用している人もいるでしょうね。次回、何かにゾクゾクすることがあったら、ガイドや天使、そしてあなたの魂のことを思い出し、心の中でコミュニケーションしてみてましょう。

広告


全自分が震えるようなスピリチュアルチルズがあると、やっぱりスピリチュアルはやめられないと思いますね。

広告

6
Leave a Reply

5 Comment threads
1 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
5 Comment authors
新しい順 古い順
acco

オラクルカードを引いたあとなんかは、背中から肩、腕、指までゾクっときます。
ブルブルっみたいな。

さむくはないんです。なんて言ったらいいんでしょう、なんかいい音楽とか聴いたり感動したときにでる鳥肌に近いような。。。

とにかくつながっているのかなってブルッたあとは少しうれしいです。

mani

ちょうど最近知った言葉です!
ある人に触れると、鳥肌が凄い立ちます。
気のせいかとまた触れたら、立ちました。

彼女が精神的に参ってるのは事実ですが、そんな人ならたくさんマッサージしてきたので不思議で。

人が対象の場合は何でしょう…。特にその後疲労感も無かったです。

miko

私たちの内なる世界が外側の世界に映写機のように映し出し出される。。。という文章を読む時、毎回、鳥肌が立ちます。

夜、星空を眺めて、無数の星一つ一つが、私たち一人一人なのかなと思います。

仏教は方便の教えだと学びました。

スピリチュアルも、メタファーとして文章の行間から色々な香りを楽しむことが出来たなら、地球の凝り固まった古い観念を打ち破るのに、とても有効なんじゃないのかなと、最近、思うようになりました。

今は、宇宙語にとても興味があります。

miko

最近は、夜、ぐっすり寝られるようになりました。

けれど、寝ている時に、脳が何やらゴソゴソやっているような気がしています。笑

昼間、拾い集めた私の人生のピースを組み立てているのでしょうか。。。?

はたまた、高次元からのメッセージをchannelingしているのでしょうか。。。?

それとも。。。

遠く離れ都に住む親友とtelepathyでお喋りを楽しんでいるのでしょうか。。。?

yori

だれかと話してて、すんごい心が通じてるなって感じる時に、いつもゾワっと鳥肌が立って心がゾクゾクするんだけど、それってこれのことだったんだ!!

アミの星行ってみたかった。

昔、いきなりものすごい強烈な寒気の後、
幽霊を見たことがあります。
全く怖くなかったのが不思議でした。
スピリットだったら嬉しいな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。