もしかしてシャーマン?自分で分かる7つの兆候。

ひょっとして自分、シャーマンじゃないかと思うことがありますか?そんなあなたは、この記事を読んで、自分の可能性をチェックしましょう。。


シャーマンとは

シャーマンは、人類の歴史と同じくらい古くから存在する職業の一つです。その役割として上げられるのは、自然とつながり、そのパワーを用いて、他人を癒すことです。物理的な薬としてハーブを使うこともありますが、動物や自然霊から借りたエネルギーやパワーを使うときもあります。

エネルギーヒーラとも似ていますが、彼らがエネルギーや光、色を使って治療する一方で、シャーマンは自然の力を借りて治療します。また、ペイガンやウィッチとも似ていますが、これはヨーロッパの伝統に基づき、キリスト教やドルイド教の神を取り入れているので、自分たちコミュニティに伝わる神話や祖先霊を信仰するシャーマンとはバックボーンが異なります。

シャーマンはまた霊媒として、神仏やスピリット、自然霊とつながるパワーも持っています。神託を受ける方法としては、脱魂、憑依、脱魂プラス憑依があり、これは地域によって異なります。その知識や技法は、神から直接授かり、コミュニティの中に受け継がれるもので、文献から得られたものではありません。

シャーマンと転生

一旦シャーマンになると、その後の転生でもシャーマンを目指したり、自分の知識を生かす運命にあると言われます。また前世でシャーマンの弟子だった経験がある場合、今世でもその教えを探そうとする可能性もあるでしょう。

ここまで読んで、妙に納得してしまったあなたはシャーマンな可能性大です。あなたの中のシャーマンを呼び覚ましましょう。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.深刻な病から奇跡的に回復したことがある/精神的な病に陥ったことがある/雷に打たれたことがある

ばらばらの事項のように見えますが、全てシャーマンコーリングにつながっています。シャーマンになるためには、魂の「死と再生」を経験する必要があるとされているからです。

臨死体験をすることもあり、その中でクリスタルを授かったり、シャーマンとしての力や知識を授かったりする人もいます。

2.自然や動物と強いつながりを感じる

シャーマンは自然や動物の世界と特別な関係があり、ガイドやメッセンジャーとしてこれを利用します。

もし植物や動物からメッセージをもらったり、自然に対してとても敏感になっているなら、あなたの中のシャーマンが目を覚ましつつある兆候かも知れません。

3.ヒーリングに役立つハーブや食べ物に興味があり、感覚的に必要なものがわかる

シャーマンは、スピリットに教わった智恵を使い、エネルギーや肉体を癒すハーブを調合します。こうしたハーブの多くは、今や科学によっても効能が証明されるところとなっていますね。

キッチンや庭のハーブに惹かれ、身体の症状を改善するのに使っている自分がいたら、前世であなたがシャーマンだった可能性があります。

4.体外離脱をしたり、明晰夢を見たり、他の次元に行ったことがある

シャーマンは別次元に出かけ、魂に関する情報を持ってくる、いわゆるシャーマニックジャーニーを行います。もしあなたにシャーマンの力があるなら、体外離脱や明晰夢の中で、こうした知識を授かったことがあるかも知れません。

 5.サイキック能力がある/予兆を受け取れる/霊媒ができる

シャーマンはスピリットの世界とワークをするため、霊媒や透視能力をよく授かっています。シャーマンの生まれ変わりは、今世にもこうした能力を持ってきている可能性があります。

6.ドラムの音に惹かれる/わくわくする/ざわざわする

シャーマンはスピリットの世界へジャーニーするときに、ドラムを使います。ドラムと言っても、ロックバンドで使うsドラムセットではなく、日本で言うところのアフリカンドラムなど、革張りのトライバルなものです。

もしあなたがドラムの音を聴いて、なぜかものすごく惹かれたり、わくわく、ざわざわするときは、あなたの中にシャーマンのルーツがあるからかも知れません。

7.シャーマンの呼び声を聞く

シャーマンの能力を持つ人なら、これは必ずと言っていいほど経験することですが、ある時、他のシャーマンから、もしくは夢の中で、あなたがかつてシャーマンだったことを告げられます。

そして幾度となく、様々なシャーマンが人生の中に現れるようになります。まるであなたの行く道を指し示すように。

この記事を読んで、腑に落ちているあなた。そうです。私もあなたを呼んでいます。あなたの中のシャーマンは、目覚めましたか。

 

7 Sings Your Inner Shaman Is Awakening : Forever Conscious

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村