【海外の反応】人間は、何回くらい生まれ変わるの?

Spread the love

転生という考え方は、古代インド哲学に基づく考えで、仏教やヒンドゥー教の中では中心をなす教えとして知られます。キリスト教とイスラム教は、肉体を離れると神の王国に入ると言われるので、基本的には輪廻転生を信じません。けれども世界各地の民間信仰や宗教の多くは、生まれ変わりや魂の不死についての神話を持っています。生まれ変わりとは、人間にとって、ごく自然な感覚に基づいて発展した概念なのかも知れません。

生まれ変わっても一緒になろうねと思える人がいればいいかも知れないですけど、あまりに何度も繰り返すのは、ちょっと大変そうです。海外掲示板にも、そんなスレッドが立っていました。

人間は、何回くらい生まれ変わるの?

【質問】 前世退行の研究によると、人間は平均して80から120回の転生を繰り返すそうだけど、みんなはどう思う?僕らは、本当にそんなに多くの前世を持ってるのかな。

・・・・・・・

【回答】

― それが本当なら、ちょっと多すぎるわ。よく、自分で自分の転生を決めて来るって言うけど、私の場合、無理矢理やらされてる気がする。

― 転生は、たとえばアイスクリームを食べるか、ビデオを見るかを選ぶのと同じようなものなの?

― 人間が転生を繰り返すのは、古い自己を手放して上昇する準備ができていないからだよ。それまでは、むしろ多くの人が自分自身を強制的に転生させていると思う。自我を超えて生きる方法を学んだら、解放されるんだ。

― 何回転生するかは、その人の魂次第だよ。人は、魂が不死であり永遠だという事実を本当に受け入れることができるまで、何度も転生する。マスターできたら、次のステージに進みたいかどうかを聞かれる。そこで君は、向こう側の世界の仕事を受け持つことになる。通常は誰かのガーディアンスピリットを務める。それを六百年間くらい続けて、もう十分だと思ったら引退する。その後は旅行をしたり、自分の好きなことをして過ごす。永遠に休息することもできる。で、それにも飽きたら、次の人生に進むんだ。

― その話、すごく興味深いな。

― 地球にだけ転生するとは限らないから、80回や120回の人生じゃ足りないと思う。宇宙全体で考えれば、数百万回はやってるんじゃないのかな。

― 人間は、必要なだけ何度も転生する。その度にレッスンを学び、カルマを癒すことができるけど、すべて一回で終わらせることはできない。そして場合によっては、途中で新たにカルマを増やすかも知れないからね。

― 私たちが転生から解放されるには、欲望を手放し、純粋な意識で生きる必要があります。それまでは、地球でのレッスンを生き続けるのです。

― 分かっちゃいるけど、地球はクソだよね。もう絶対生まれて来たくない。

― 私のスピリチュアルティーチャーが言ってたけど、スピリチュアルの道を歩む人は、何十万ものアヴァターを持ってるんだって。だから、本当に進化した人なら、アヴァターは五十万人くらいいる。

― 人類の歴史は五十万年より長いから、その数字は理に適ってるんじゃないかと思う。仮に一人が百年生きて転生を繰り返したとしたって、五千万年でしょ。

― 転生の回数は、個人差があるんだよ。全然必要ない人もいれば、何千回する人もいる。生まれ変わりは、基本的に煉獄(注:地上から天国に昇る前の清めの場)の段階になる。天国へ昇る準備ができたなら、また転生して地球に戻って来る必要はないけど、罪が重かったら、そのチャンスはめぐって来ないだろうね。

― 転生の回数は、宇宙的な課題を修了するのに必要な回数になる。大学みたいなものよ。大きな課題のひとつは、いかに人々とダンスするかってことね。

― 生まれ変わりは、世俗的なもの、つまり自己中心的な欲望に執着することで繰り返す。回数について誠実に答えるなら、とにかく何度も転生してきたってことだよね。

― 時間は無限であり、必要な限り存在します。答えは完全にあなた次第です。

これもおすすめ: スピリチュアルなんて胡散臭いって言う理論に反論する


こうして見ると、転生にもいろいろな考え方や教えがありますね。時間を直線で考えていた時代には、転生の回数にも限りがありましたが、現在では、時間も転生も無数だと考えることが多いです。その中で、どのタイムラインと強く共鳴するかによって、出てくる前世が違います。そしてスピリチュアルの成長につれて、共鳴する前世も変わっていきますから、昔のように前世は一つや二つに限らないのです。

魂は向こう側に行くと、エネルギーの欠けてる・満ちてるの感覚に基づいて自然な選択をします。重力みたいなものです。ブロックが取れてエネルギーの分量が多くなったら、今度はさらに白く輝くことを求めます。結局、魂は光が好きなんですよ。

地球の進化を手伝うボランティアの人たちは、今世が最後だと言う人が多いですよね。大変な時代ですけど、みなさんの活躍をそこここで感じます。グリッドワークですね。

私はずっと地球に居残るタイプだと自分で思いますが、いざ向こう側に行く時が来れば、意外にもう満足してるのかなとも思います。子どもの頃、大好きな屋台のお好み焼きをいっぺんに2枚食べたいと思っていたけど、いざ大人になってみると、そんな食べたくないみたいな。違うか。

輪廻転生を信じると人生が変わる(Kindle版)山川 紘矢  (著) -Amazon

「【海外の反応】人間は、何回くらい生まれ変わるの?」への4件のフィードバック

  1. 私の興味はとても狭くて、何事もじっくりと深く味わいたいタイプなので、転生も少ない回数がいいな。。と思っています。

    画家も一人の人をずっと追いかけるタイプです。
    一人の画家の絵をずっと見ていると、その方の絵がその方の人生とリンクしていて、タッチや色使いがどんどん変化していき、とても興味深く、味わい深いです。
    そして、その変化の中で遊ばせてもらっていると、その中から沢山の教訓をプレゼントしていただけます。

    今は、学問の情報以外は、ネットはメタ通しか読んでいません。

    メタ通のサイトは、どんどん洗練されていって変化していっています。

    その様子を魂で感じとるのが、とても楽しいです。

    メタさん。いつも、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です