人間の経験をしているスピリットたちにおすすめ 海外スピリチュアルドキュメンタリー5選


スピリチュアルドキュメンタリー

そもそも、スピリチュアルなドキュメンタリーと言っても、いろいろな切り取り方があると思います。ある人は、聖地巡礼や神仏に仕える生活を考えるでしょうし、ある人はシャーマンやインディアン、アボリジナルたちの教えを考えるかも知れません。古代文明の歴史と謎や、神話に興味のある人もいるでしょう。前世記憶のある子どもたちの話も面白いですよね。

スピリチュアルと聞いて、どんなことに興味を持ったとしても、私たちみんなに共通するのは、それぞれが自分のスピリチュアルの旅路を生きているということです。

ここでは、そんな人間の経験をしているスピリットたちにおすすめのドキュメンタリーの中から、決定版を5つご紹介します。

 

 

1.『永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅』(2015)

スティーブ・ジョブズが愛読した『あるヨギの自叙伝』の著者、パラマハンサ・ヨガナンダの生涯をつづるドキュメンタリー。世界中で、なんと17か国の言語に翻訳されていますから、ハリウッド映画並みです。原題『Awake』は、日本国内版ではグラフィックデザインもさわやかに『永遠のヨギ―(ヨガの行者)」というタイトルに変わっています。フーテンの寅さん的なコートが旅人ぽいですね。

本作は、1920年代、ヨガと瞑想を教えるためにアメリカに渡ったパラマハンサの足跡をたどっていくのですが、なにしろ、ほぼ100年前の映像や音源が収録されているのがまず見どころです。それを彩るように、ジョージ・ハリスン、ラヴィ・シャンカール、アップルの共同設立者スティーヴ・ウォズニアックなど、そうそうたるメンバーのインタビュー映像も加わり、聖者ヨガナンダの人生とその教えに迫ります。

説得力のある眼差しやたたずまい、信じられないほどのシンクロニシティに導かれている人生は、なるほど、さすがこりゃグルだなって思うんですけど、彼の人間としての側面も描いていて、これは決して一人の偉大な聖者の話ではなく、私たち誰もが自分のバージョンで経験しているストーリーなのではないかと思わせます。邦画版サブタイトルには「ヨガをめぐる奇跡の旅」とありますが、そこまでヨガの話というよりは、スピリチュアルな旅路の話です。開始から3分で、否応なく覚醒してしまうこと、間違いなし。

 

 

 

 

・・・・・・・

2.『I AM/アイ・アム  世界を変える力』(2010)

本作は、ハリウッドコメディ映画の名監督、トム・シャドックによる彼の人生とスピリチュアル・アウェイクニングに基づいたドキュメンタリー。彼は「エースベンチュラ」「ナッティ・プロフェッサー」「ライアー・ライアー」「パッチアダムズ」「ブルースオールマイティー」など、誰もが知っている作品を残していますが、キャリアのピークに自転車事故を起こしました。そして、定期的に襲うひどい頭痛や、光・騒音過敏などの後遺症のため、仕事を休止せざるを得なくなりました。

ひどい抑うつや無力感に苦しむ中で、彼はそれまで自分がいた物質主義的な現実に疑問を感じます。そして回復後は、マリブの大邸宅を売り払い、ホームレスシェルターに多額の寄付をし、自らはトレーラーハウスへと引っ越すなど、文字通り、すべてを投げ打って、人生と世界についてより根源的な答えを探す旅に出ます。

つまり、まさしく王道のアウェイクニングストーリーですから、彼のような経験をした人なら、序盤の展開は、あるある気分でいっぱいになるでしょう。彼の過去作と比べれば、映画としての評価はいまひとつですが、監督としての本来の経験やセンスがストーリーテリングから透けて見えるのが、本作の長所でもあり、また切なくもあります。

 

 

・・・・

3.『SAMSARA(サンサーラ)』 (2012)

アメリカでスピリチュアルドキュメンタリーと言えば、まず筆頭に上がって来る作品。サンサーラとは、サンスクリット語で「輪廻」を意味します。それは「誕生・死・再生」という、生命と存在のサイクルであり、また、永遠と言うものはない、この世界そのものを指すこともあります。

本作は、制作クルーが足掛け5年間、世界25か国で撮影した映像からなるドキュメンタリーで、セリフは一切出てきません。この中には、世界中のあらゆる聖地や美しくもパワフルな自然の姿だけでなく、人々の姿やその生活も切り取り、まるで万華鏡さながらのめくるめく世界観を繰り広げます。

実際、本当に有名で、評判も高く、見て損がない一本であることは間違いないのですが、実は、私は全部見ていません。もう中年で、忍耐力も年々減ってきているので、なるほど、非常に美しい映像だと思いながらも、開始15分で早くも挫折してしまいました。かつて「2001年宇宙の旅」でも同じ経験をしていますから、つまり本作も名作であることは間違いないと思います。ゆっくりのんびりする時に瞑想モードで見る映画として、おすすめです。

 

なお本作は、無料のドキュメンタリーを集めたサイトで見ることが出来ます。海外サイトですが、ウィルス/アドウェアともにクリーンです。

 

・・・・・

4.『オーマイゴッド』 (2009)

本作は、「神とは何か」というたったひとつの質問を、世界20か国以上を旅しながら、出会った人たちに聞いて回ったインタビュー映像からなるドキュメンタリーです。ヒュー・ジャックマン、リンゴ・スター、ボブ・ゲルドフなどセレブリティから、キリスト教徒、イスラム教徒、ヒンズー教徒、仏教徒、無神論者など、さまざまな宗教的見解を持つ人たちが登場します。私の神があなたの神と違うことから、人は戦争にまで発展しますからね。神とは、私たち人間にとって、永遠の問いとも言えます。

この中には、いろいろな国の聖地が出て来るので、次に出かける旅行の行先を考えるヒントにもなるのですが、巡り巡って最後の方に、日本のシーンも出てきます。「神とは何か」と言う問いを、神社ではなく、お寺のお坊さんに聞きに行くのは、考えると妙な話なのですが、その答えは、日本人として実に腑に落ちる、もしくは心にしっくり来るんですよ。それまでのシーンで、世界中の人たちが語る「神」に共感したとしても、実は自分にとって概念的なものに過ぎず、皮膚感覚で訴えるものではなかったことに気付きます。翻って、誰にとっても自分の「神」とは、信念と言う言葉では言い表せない何かなのだと感じます。

なお、以下にある予告編のサムネイルがださいですが、本編は大丈夫です。日本語版が出ていないのですが、YouTubeの字幕自動翻訳モードでイケると思います。

 

 

5.KUMARE(2011)

最後は、世間のいわゆるスピリチュアル系に、頭から冷や水をぶっかけるようなドキュメンタリー。

サムネイルにどアップで写っているのは、本作の監督にして主演”男優”。アメリカ人の彼は、自らのスピリチュアルの旅路の一環として、インドから来た架空のグル、シュリ・クマレになりすまし、それっぽい説法をして各地を回ります。すると、彼を本物のヒマラヤ聖者だと思い込んだ真面目な人たちが、まんまと騙されていく展開。さすがに不謹慎過ぎるだろうと、見ているこっちも顔面蒼白になるのですが、驚くべきことに、“信者”たちは、そこで次々にスピリチュアルな目覚めを経験していくんですよ。

本作が単なるスピリチュアル物質主義に対する批判に収まらないのは、クマレを演じた監督の誠実なスピリチュアルさと、そのメッセージ性にあると思います。実際、彼は自分をグルだなんて一言も言ってないんですよ。けれども、人々との出会いを通じて、彼らの中の神聖さを照らし出し、本当のグルは自分だという本質的な答えにたどり着かせます。

しかし、もちろん怒る人もいて、そりゃ当然だと思うんですけどね。自分だったら、どうしたかなと想像します。

本作は、奇しくも、ヨガナンダドキュメンタリーの完全なるパロディになっているにも関わらず、伝えるメッセージは同じなんじゃないかと思わせるのがすごいです。それは結局、スピリチュアルの旅路の本質が、誰にとっても同じ意味を持つからかも知れません。

本当に面白いんですけど、今のところ日本語版が出てないのが残念です。YouTubeの字幕自動翻訳は、いまいち。でも興味があったら、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

Follow me in social media:
17 Comments
古い順
新しい順
Inline Feedbacks
View all comments

すげぇ!1と2は本当にちゃんと見たい、見よう!楽しみ!1は、音楽どどーん!壮大で感動しそう!あるヨギの自叙伝は確かに良かったけど何回も読んだけど、こんな映画があったなんて!

最近Netflixでミッドナイトゴスペルというやつにハマっています。内容がゴリゴリなので理解できない部分も多く、いつかメタさんの解説と感想が聞きたいです。

SAMSARA、
めちゃくちゃ映像が美しくて,
メッセージ性が高くて、感動して、DVD買って持っています(^_^
紹介されているもの、全部観たいです。

5番「KUMARE」が面白そう。見てみたいです。
道端に寝てるアル中のどうしようもないおっちゃんが「マスターだ」と当たり前に言えるはずなのに
それに気づけない人間たち、という地球ドラマを感じられそう。

逆の発想で「マスターが乞食のふりをした」場合、多くの人に共通する反応もありますね(^^)
いろんな民話や説話でマスターが乞食として登場するのも、基本形だなあ。人間って、そうよね、と。
試される、というか、自分で自分を試す設定をしてるのかな。

相手の背後の神性を見抜くということは、自分自身の神性に気がつくということだから
相手が表面的にどういう状態かは関係ないのだと思いました。
戦地で命を奪われる瞬間に敵の神性に気づくこともあるだろう、と。

人間は生きている間に出会う現象のすべてを「気づくため」「知るため」「進化するため」に引き寄せ、目撃し、ただただ自分の中を通過させているのだと思いました。

ぼっとん便所から宇宙まで、クソファックからジーザスまで、みんな一緒、みんな道具、みんな現象。
だからどんな現象にも分け隔てなくアウェイクニングの種が宿るのは当たり前といえば当たり前かな。

KUMAREのはしゃいでる感じが、生きてる!って感じで楽しそう(^^)

メタさん、ありがとうございます。
私は、なぜメタフィジックス通信さんだったのか
なぜ、メタさんだったのか、先日、すごく深く感じた時間がありまして、
しきりに鳥肌を感じて、全身がピチパチとソーダ水のようになっていました。

メタさんだから
コンビニにたむろするクソガキから、高次元宇宙人まで

メタさんだから
添加物バキバキの5円駄菓子から、星屑のディナーまで

だったんだなあ、、、と。

そして、スピリチュアル本やお説法だと、
どうしても無個性化してしまうところがあるのですが、
それではアートや文学や音楽や映画や
そういうカルチャーの、あまりにも多様で個性的な面を説明しきれない
逸脱するものを捉えきれないところがあって、、、、

めちゃくちゃな人間たちの途方もない哀切や
生きることそのものの、表現しきれない素晴らしさ
無軌道でもなんでも、嘘つきでもデタラメでも、かっこよかったり、情けなかったり
でもやっぱりどうしようもなくチャーミングで、という
そういう、説明しきれない心の震えがどうしてもあるんだ、という

だから「メタさんのところ」「メタ先生のとこと」だったんだなあ、と深く感じました。

スピリチュアルや悟りや真理探究や
そういう語では収まりきらないもの
はみだしてるものだけど、めちゃくちゃ大事なもの
そういうものが、メタさんのところにはあったから、なんだなあ、、、と。

今、これ書きだしたら、謎の震えがきていまして。

まったく寒くないのに、ガタガタ震えています(笑)

私は、未来のメタさんに、ずっと
手がちぎれんばかりの拍手を送らせていただいています。

メタ先生は、やんちゃをやってるクソガキを見たときに
「そうはいっても、自分だっていろいろやってきたしなあ」
と、ポリポリ頭をかきながら見てくれる、そんな先生だったんだなあと思います。

そういう先生じゃないとダメなんだよー!!
ということだったんだなあ、と。

メタさんじゃないとあり得ないという
そのゾーンのエネルギーというのか匂いというのか

僕らの絵、僕らの音楽、僕らのダンス、僕らの狂気、僕らの愛情
僕らの、あの途方もない懐かしさ……

だから、、、だからメタさんだったんだなあ、、、、

なんかもう本当に、さまざまなことに恐れ入っている次第です。

折を見てメールお送りさせていただきますね。

【メタさんと、これを読む方へ】

必要みたいなので、ご報告させていただきます。
今はメッセージ夢や指導夢は明確に分かるようになっています。

私は2016か2017と、けっこう前からメタ通さんにうかがってきたのですが。
5月26日、午前中に突如、強烈な眠気に襲われ。
初めてメタさんが夢に現れました……。

先に時空元を超えられるようになったメタさんが、エネルギーを届けてくださいました。
「A Big Yes!」のカードのお顔をされていました。

そして、オシャレなハンバーガー・カフェっぽい場所で誕生日イベントがあるようでしたが(新生の誕生日?)、私は「うかがうなら、美容院に行って身綺麗になってから……」と思っていました。

私は新生まで、もう二巡くらい、皮を剥くようです。

つづきます。

5月27日
夢の中で、瞳に刻まれたシンボルを見せられ、
「あなたの役割は、トランス…(ごにょごにょ)だ」
と教えられました。

この語には「トランスジェンダー」の意も含まれているようでしたが、メインの意味は他の語のようでした。

「トランス…なに?」と思いつつ、目覚めてすぐ、なぜかふいに読む気になって初めて読んだドロレス・キャノンの本から、その語が「トランスミューター(変換機)」だった事が分かりました。
(本の中では宇宙船の動力の説明として「変換機のようなもの」と、トランスミッターかと思ったがトランスミューターの方が正解だ、と語られていました)

「トランスミューターってなんだろう?」と思い、ネット検索してみると、スピ系のページばかり検索トップに出てきました(笑)

トランスミッターのほうで調べると、ちゃんと正規の意味が優先で出るのに(笑)

スピ系では、ライトワーカーを表す用語だったんですね。
まったく知りませんでした。

つづきます。

【 トランスミューターについて ① 】

メタさんの教室にもこの語の説明がありました。
ネガティブなエネルギーをポジティブエネルギーに変換し、光に還す役割。
家系のカルマの中にあえて飛び込み、ニュートラル化させるタフな仕事をする、と。

そうしてみると、自分の現在取り組んでいる仕事は、まったくこの通りです。
日本のWW2体験者や被害者のお話を沢山傾聴してまわりました。
それを、まさに「光に変える」という内容のものです。
コントンブレがお助けエネルギーを送ってくれた所以です。

数年前から「非常に肉体がしんどくなる仕事をすることになるので、下半身を鍛えておけ」と言われていました。

そしてまた、こちらのサイトとフォーラムでも、私は確かに「トランスミューター」の役割をしていました。

自分が書く言葉の微妙なエネルギー調整によって、誰にどのような質の不快感が生じ、誰がどう動き反応するか、何が起こるか、クリアに分かっていたのです。
あえて「分かる状態」を提供されていた感じでした。

フォーラム開設初期に、たったかたさんが担っていた役割も、こういう状態だったんだなと思いました。

さらには、「見えない存在たち」の力によって、フォーラムに不思議現象が多発し、「人々があえて腹を立て、争いが生まれる状態になる」ように、さまざまに演出されていました。

例えば
・ある時期まで、ある投稿は、ある人の目にはなぜか入らず読まれない
・ある投稿に、ある人の名で、勝手に「いいね」が押される
・ある人は、なぜか「いいね」ボタンを押すことができない

などなどの現象を起こすことで、参加者の奥底に沈んでいるネガティブな感情、抱えているカルマが、布団叩きで埃を出すように湧き上がる仕組みになっていました。

SNS時代の機能が上手く使われていたわけですね(笑)
この工夫は「エリックくん」の担当だったと、後から教えられました。

つづきます。

【 トランスミューターについて② 】

そしてこの「トランスミューター」という役割は、私ばかりのものではなかったと思います。

と、いいますか、この場所には「トランスミューター」である方が多かったのではないでしょうか。

家系のカルマの中に飛び込み、ネガティブエネルギーをポジティブに変換し、光に還す。
自然と笑顔に変える、という役割を担って、生まれてきた人たち。

どんな深刻な体験も、笑飛ばしたり、やがて誰かを笑顔にするための種に変えることができてきた人たち。

そしてまた、「トランスジェンダー」のエネルギーも含まれていました。
つまり、男性性と女性性の融合ですね。

26日に夢で、メタさんにハンバーガー・カフェでの「新生の誕生日会」に誘っていただき、27日に「トランスミューター」のシンボルをもらいました。

そっか、お誕生日のプレゼントでもあったのですね(^^)
人生のビックリ箱の種あかし。

ある方が言っていました。
本当に、サンタクロースのように、いくつものプレゼントが届くのですね。

ここまで書いたところで、ちょうど投稿欄が「新生」しました。wao!

お誕生日は、私ではない方です。

Happy Birthday!

5月28日。

528Hz。。。

なんかクリスタルチューナーに目がいくなあと思っていたら……なるほどです。。。

よく出来すぎていてビビリます(笑)

さすが多宝塔。。

メタさん、すごすぎますね。

なんか、アレでコレでソレな感じになってたのですねぇ(笑)

そんなの、はじめから、知るわけないですよねぇ。。(驚)

50%ずつなので、全てはありのまま今完璧、(間違えていても、正しくても)何も欠けていない、他人もそのままで完全にすべて美しい、すみずみまで豊
今の説明、50%ずつなので、何も足さない、50%ずつなので、欠けていない、50%ずつなので、無限に安心はつづく、50%ずつなので、完成している、50%ずつなので、すべてここにある50%ずつなので安全、安定、安息、平安、など

真のマスター 
嶋sayaka様
おすすめです。