どうしてUFOコミュニティーに黒人は少ないか ―スピリチュアルにおける人種間の社会的距離


アメリカでは、禅センターにアジア人がいない? ―スピリチュアルにおける人種間の社会的距離

特定の文化おける人種の分布なんて、日本にいる間は一度も考えたことがありませんが、アメリカに住んでいると嫌でも考える機会があります。どういうことかと言うと、たとえばベイエリアには禅の瞑想をできるセンターや寺院がいくつもありますが、集まる人の多くは白人です。他民族国家アメリカの人種的内訳を見ると、白人は人口の6割以上を占める多数派ですから不思議もありませんが、カリフォルニア州に限るとヒスパニック、アジア系が増え、白人は全体の3分の1程度になります。

禅センターで見かけないローカルのアジア人がどうしているかと言うと、彼らは自分たちの先祖が祀られているお寺に行くわけです。スピリチュアルのZENと、宗教としての仏教は異なると言えばそれまでですが、このような現象はスピリチュアル界のあらゆる場面で起ります。

たとえばスピリチュアル系のイベントに行くと、主催側も観客も圧倒的多数は白人です。私がアメリカに来たばかりの頃は、欧米だからそれも当たり前だと思っていましたが、滞在が長くなり経験や知識が増えると、決してそうではないことが分かります。

2020年に行われたスピリチュアルのイベントフライヤーを見てみましょう。サンフランシスコのUFOコンと、NYのニューライフ万博という大規模なイベントですが、スピーカーの人たちの写真を見ると、見事なまでに白人揃いです。

 

https://ufocon2020.com/

 

https://newlifeexpo.com/

 

スピリチュアルの教え自体は多様な文化的バックボーンを持つはずなのに、どうやらアメリカには、人種間の見えないバリアがあるんだなと思う訳です。

 

・・・・・・・・

もしもエイリアンが人種差別主義者と出会ったら? ―UFOコミュニティと人種問題

何年か前、私もUFOコンに行きましたが、観客の80%が白人、15%がヒスパニックで、残り5%のうち、アジア人と黒人は4:1くらいの割合でした。UFOはメキシコやインカ文明などと深い関係がありますから、ヒスパニックが多いのは理解できます。しかし、アジア人や黒人は一体どうしちゃったのかと不思議に思いました。

それからしばらくして、アメリカのUFOリサーチコミュニティの老舗・MUFON(相互UFOネットワーク)のディレクターが人種差別発言によって更迭されたというニュースがありました。MUFONはアメリカ最大の民間UFOリサーチ団体で、私もかつて謎の飛行物体を目撃した際に情報提供したことがあります。

そのMUFONのディレクターが、NetflixでTwitterで、ホワイトジェノサイド(非白人系の移民によって白人が排斥されるという陰謀論)に触れ、Fワートで黒人をののしった上に、「世界中のすべての文明はヨーロッパ人とアメリカ人が発明した」という強烈な白人至上主義をぶちかましたため、大いに炎上し、主要メディアのニュースでも取り上げられました。

 

この事件を取り上げたニューズウィークの記事「もしもエイリアンが人種差別主義に出会ったら」https://www.newsweek.com/ufo-sightings-mufon-2018-john-ventre-alien-extraterrestrial-905060

 

この発言を受けたインターネットUFOコミュニティの反応は、興味深いものでした。

スピリチュアルという広いカテゴリで考えれば、UFOとスターシードと陰謀論は地続きです。しかし、本来のUFOリサーチは、科学的・客観的な事実やデータを重視するリベラルな人の集まりであり、陰謀論を信じるなんて言語道断だと言う意見が多かったのです。この一件によって、MUFONはもう終わりだと見る人も少なくありませんでした。

しかしこの事件がタイムラインの分岐点となったかのように、それ以降、インターネットUFOコミュニティは様々に細分化し、互いに作用し、盛り上がっていきます。2020年の今となっては、UFOほど、現実と架空とスピリチュアルの領域を縦横無尽に横断するサブカルチャーもないですよね。

 

・・・・・・・

どうして黒人はUFOを見ないのか?

昨年9月、米軍の秘密UFO施設があると言われるエリア51にUFOファンが襲撃をかけるというイベントがあったのを覚えている人も多いと思います。ナルト走りが話題になり、みんな和気あいあいと実に楽しそうでした。しかし、当日の写真を見ると、やっぱりここでも白人ばかりなんですよ。

彼らが人種差別主義者かと言うと、決してそんなレッテルを貼られる言われはないと思いますが、とは言え、たまたまみんなで集まったら、マイノリティがいなかったと言うのも妙な話だと思います。つまりは、人種をめぐる社会的距離、見えないヴェールがあるってことなんでしょうけどね。

黒人がUFOカルチャーに興味がない訳でもありません。古代エジプト文明やシュメールはもちろん、シリウスと交流があったと言われるアフリカのドゴン族など、歴史的にも深いかかわりがありますし、映画「ブラックパンサー」のようにアフリカ要素とSFをミックスしたアフロフューチャリズムと呼ばれる文化も知られています。

 

アフロフューチャリズムの要素を取り入れたCDジャケット Cameron Eugene

 

よく見ると、帽子がUFOです。 Kaylan Michel

 

古代エジプトも、こんなだったんでしょうか。

 

なぜ黒人がUFOコミュニティに少ないのかと言うと、ひとつには彼らが独自にコミュニティを築いていることがあります。YouTubeを見ると、ブラック&スピリチュアルなチャンネルはいくらでもありますからね。

黒人側の自己分析として、「どうして黒人はUFOを見ないのか:コメディアンの意見」という記事があります。タイトルにもあるように、大真面目な分析ではなく、黒人コメディアンによるスタンダップのネタなのですが、次のような理由を挙げています。

 

どうして黒人のブラザーは、UFOを見ないのでしょうか?私は過去30年間この疑問を持ち続けてきましたが、(中略)数多くの専門家へのインタビューと徹底的な調査の後、いくつかの結論に到達しました。黒人がUFOを見ない理由は、以下のようなものが考えられます。

  • 長い歴史上の経験から、黒人は船に乗せられたり、船に乗せようとする人を本能的に恐れるから。
  • エイリアンが人類を支配するために地球に来るなら、それは白人と同じであり、話がややこしくなるだけだから。
  • 黒人は一般的にアンラッキーな人生を送ることで知られるから。
  • 黒人は毎日のサバイバルに忙しいから。
  • 実は黒人がエイリアンだから。

Comedian: Why don’t black people see UFOs? by Larry Wilmore – Today.com

 

「船に乗せられるのを恐れる」というのは、奴隷制を皮肉ったネタですが、「黒人=エイリアン説」というのは実際にあって、エジプト神話やバビロニア神話などとリンクしています。「実は先祖は宇宙人/天空の神」というのは、人種や文化の違いを越えて世界中に存在する話ですから、人は自分が宇宙から来たと考えるのが好きなのかも知れません。

でも、誰がより神に近いかで戦うとアルマゲドンになりますから、上も下もない、みんなが宇宙の神でいいんじゃないかと思いますよね。

 

・・・・・・・・・

スピリチュアル界の多様性を考える

日本人から見ると、アメリカの人種問題はややこしい話です。仲良くしたらいいじゃないかと思いますけど、日本で言えば韓国との関係や、どちらが寿司を発明したかなどの話にも似ていて、そう簡単には行かないんですよ。違いを生かし、お互いの良いところをリスペクトし合おうと言う人もいますけど、いろいろと細かい点が気になる人もいます。突き詰めれば、本人のアイデンティティと誇りに関わる問題ですから、譲れないこともあります。

多様性とは、好みの違う人たちをお互いに仲良くさせることではありませんから、気が合わないなら友達にならなくてもいいと思います。住み分けが、必ずしも分離につながるとは思いません。距離を保っていた方が、平和でいられることもあります。けれども魂のレベルでは、私たちは形を持たないエネルギーであり、国も人種も性別も関係ありません。ただ愛のまま存在し、愛を通じて共鳴し合います。

アメリカの歴史に残る記念すべき最初のUFOアブダクションは、1961年にニューハンプシャー州で起りました。ヒル夫妻拉致事件です。アブダクティ―となったバーニーとベティの夫妻は、当時では珍しい異人種間のカップルでした。なにしろ、アメリカのすべての州で異人種間の結婚が合法化されるのが1967年、キング牧師による「私には夢がある(I have a dream)」のスピーチですら1963年のことです。それ以前に結婚した彼らの苦労は、想像に難くありません。

 

ヒル夫妻 – Wikipedia

 

21世紀でさえ、UFOに拉致された(かも知れない)経験を公にするのは、勇気が必要です。ヒル夫妻の体験も、異人種間結婚のストレスが生んだ被害妄想ではないかと言う医師もいたそうです。しかし彼らは、自分たちの経験を疑うことはありませんでした。そして夫であるバーニーが46歳で急逝した後も、妻のベティは彼に生涯の愛を誓ったまま、86歳で彼の元へ旅立ちました。

拉致事件があったと言われる場所には、今でもひっそりと案内版が立っています。

 

https://i.redd.it/tre3ugbtvp0z.jpg

 

宇宙人は、気ままな実験がしたかっただけかも知れません。

それとも、彼らを通じて私たち人類に何かを伝えたかったのでしょうか。

スピリチュアルに偶然はないですからね。

 

 

Follow me in social media:
11 Comments
古い順
新しい順
Inline Feedbacks
View all comments

ミトコンドリアイブも黒人らしいし、黒人がエイリアンってあり得そうですよね。なんか納得しちゃいました。

わたしは黒人の人たちは
ユーホーを見なくてもいいんだと思うんです。

白人の人たちが
ユーホーや宇宙人を見て氣付くようなことは
すでに魂で知ってるんだと思います。

日本人がZENをやらないのは
その意味を深いところで理解してるからで
それと全く同じだと思います。

なるほど! drrさんの考えに納得しました。

あっ、ありがとうございます。

かしこさが50くらいアップしました

何回も書いておくよ

「 脱 出 」

は2020年夏ごろまで

2018年秋から始まったフォーラムの一連のできごとは

「 そ の た め 」

気づきましょう

目を覚ましましょう

依存症、中毒、逃避

を続けていると「 ダ メ 」です。

被害者意識との向き合いは、まだ浅い段階。

加害者性との向き合いのほうがよりハードルが高いです。

ニューエイジは「被害者意識」のための宗教みたいなものですね。

加害者性を洗濯するための考察力に脆弱性があります。

自身の罪の根本を自覚しないがぎり因縁果から逃れることはできません。

ニューエイジは抑圧者サイドの内部における被抑圧者のための信教みたいなものでしょうか。

ですから「被害者意識」に強くスポットを当てた教えが多くを占めます。

白人と黒人の差の由来でもあるかと。

これも何回も書いていますが。
私の核に関する仕事も継続中です。
この仕事が始まる前も途方もない存在に手を引かれました。
妄想ではありません。(そう見える人にはいつまでもそう見えるでしょう)
社会的に確認できるものです。

敵と見えるもの、怒りや不快を感じさせるものこそが、あなたの救済元です。
あらゆる不思議が起きていたことを思い出してください。
そこで告げられたメッセージは貴重なものです。

個々の階層に合わせて「方便」が届きます。
階層が上がれば「必要な教え」は変化します。
古い教えは、信じて拡散した自分を反省した上で、捨ててください。

私は夏には消えます。
気づき、目を覚まし、自覚し、精進してください。

不思議な現象は実際に起きますが、幻覚が見せる快楽物質に溺れることなく
自己を内省し、精神を洗濯する意志力が必要です。

決して、幻覚剤に溺れてはなりません。
脳に快楽物質を流す作用しか持たず、より強力な快楽を渇望する病に転落します。

私は「現実の仕事」と「幽体レベルの仕事」を並行して行っています。

ここは幽体の仕事の場です。

そのために超常的な現象も頻発しました。

参加者と主催者のエネルギーが活用されています。

追記

「UFOを見た!」「宇宙人と遭遇した!」と驚いているのは

「目を覚ましたら東から光り輝く太陽が現れた!」と驚いているのと大差ないかな。

自分の胎から出たオモチャでままごと遊びするのをいつまでもいつまでも止めない状態かと。