アストラル界からのインタビュー 大天使メタトロン

Spread the love

※チャンネリング・エリックは亡くなった20歳の青年エリックがアストラル界からお送りするスピリチュアル学習番組です。

登場人物

  • 母: エリックのお母さん。
  • エリック: アストラル界の住人。
  • ミシェル: スピリットと話す霊媒。

 

メタトロンについて

ユダヤ教の天使の一人。カバラの生命の樹で最上部を司り、生命と宇宙のエネルギーを司ると言われる。別名「契約の天使」、「天の書記」、「神の代理人」。旧約聖書の『出エジプト記』の中で、モーゼたちを導いた炎の柱がメタトロンであるという説もある大天使の多くは名前の語尾にヘブライ語で神を表す-elが含まれるが、メタトロンとサンダルフォンだけ異なるのは、彼らが人間から天使に生まれ変わったからだと言われる。

メタトロン – Wikipedia

 

・・・・・・・・・

メタトロンは、かつて人間だった?

母: エリック、今日はリクエストが多かったメタトロンにインタビューをしたいの。最初、誰だか知らなくて、ロボットかと思ったんだけど、大天使の一人なんでしょ?ここに連れてきてもらえるかな。

エリック: 彼、もう来てるよ。

母: そもそも「彼」でいいのか、「彼女」なのか、それとも両方なのかしら?

ミシェル: 見た目については、いろいろな説があるけど、今、私に見えてるのは、すごく背の高い光の柱よ。真っ白に輝いて、所々、ブルーやパープルの色がかかってる。彼のエネルギーはとてもパワフルで、それでいて、愛に溢れてる。私の感覚だと、大天使って大抵ソフトなエネルギーなんだけど、彼の場合は、なんていうか、きっぱりしてるわ。「さあ、仕事に取り掛かろう!」って感じ。

母: メタトロン、まずはあなたのことについて教えてください。誰で、どんな歴史があるのか、何をしてるのかとか。大天使メタトロンと言うからには、きっと話すことが沢山あると思うのよね。

エリック: イエス、アイアムメガトローン。

母: それはロボットでしょ。

メタトロン: 今日、私が来たのは、自分の話をするためではなく、現在、人類と世界で起きていることについて話すためです。けれども、私をご存知ない方のために少しだけご説明すると、私は大天使と呼ばれていて、光の存在、トランスミッター(送信機)、二つの世界の間の世界、そして創造物です。私は大天使の一人だとされていますが、かつて人間の経験があるため、他の天使たちとは少し異なります。

母: どういうこと?

メタトロン: 私は預言者でしたが、アセンションして、神、もしくは宇宙のソースと共に創造に携わることになりました。私はすべての創造物の中にいます。あなたたち一人ひとりの中にも。

ミシェル: さっきから「エノク」って聞こえるわ。

母: それはあなたが人間だった時の名前?

ミシェル: エノクがアセンションしてメタトロンになったと一般的には言われてるみたいだけど、一つの肉体だけじゃないみたい。アセンションする前には、いくつかの人生を経験してる。

メタトロン: あなたたち一人一人の中のアセンション。それが私であり、私が存在する目的です。私は生命の中にあるパターンです。そのパターンが人間と天国をつなぎます。

ミシェル: さっき言ってた「二つの世界の間の世界」っていうのは、そういう意味みたい。

母: そのためにあなたは人間の経験をしたのね。

メタトロン: そうです。

母: どうして神はエノクをメタトロンに選んだの?

メタトロン: どうして神はジーザスを選んだのかと聞くのと同じです。どうして神は私たち一人ひとりを選んだのでしょう。私たちはすべて自分の目的を果たすために創られています。その目的は、魂の中、情熱の中、心の中にあります。その目的を満たすために、私たちはここにいます。ここでこうしてお話しするのも、私の目的の一部なのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・

メタトロンキューブについて

metatron cube – wikipedia

 

母: メタトロンキューブっていうのは、何なの?

メタトロン: それは神聖幾何学です。キューブは、私たちの中のパターン、生命のパターンです。

ミシェル: キューブは私たちの中にあって、人間と天国、またはハイヤーセルフをつなぐリンクなんですって。彼は「アセンションの橋」って言ってる。エネルギーであって、物質ではないみたい。

メタトロン: それはパターンです。すべての人類が、自分の内側にこのパターンを呼び出すことができます。この力を呼び出すことは、知識や智慧を呼び出すことでもあります。それはアセンションのプロセスを加速させます。

母: 手順があれば教えて欲しい。「その1、メタトロンを呼ぶ」とか。

メタトロン: まずは誰を、何の目的で呼ぶのかという意図を伝えてください。アセンションの旅路を続けたいと願う人なら、誰のところにでも私は行きます。方法は、特にこだわりません。呼んでもらえれば、私はそこに行きます。

ミシェル: メタトロンはエネルギーが強いから、分かりやすいと思う。心の中で彼を呼ぶと、パワフルなエネルギーを身体に感じる。

メタトロン: 実際は、私は常にみなさんと共にいるのです。私はあなたたたちの中のパターンだからです。私の力を呼ぶというのは、暖炉に薪をくべるようなものです。既に燃えている炎の勢いを、さらに強くすることに似ています。今の自分に不要なパターンを変えたい時に、私を呼んでください。複雑な手順はありません。ただ、そうすることを選べばいいのです。大切なのは、意図と目的です。

母: あなたにつながれば、要らないパターンが自動的に消えて行くの?

メタトロン: それには2つのシステムが働きます。ハイヤーセルフは、あなたのブループリントであり、そこに私のパターンもあります。なぜなら私もブループリントの一部だからです。そのパターンにつながると、アセンションが始まります。これは人類に限ったことではなく、あらゆる創造物が、今、このプロセスを経験しています。その点では、これは自然な現象と言えます。それと同時に、自分の周りで起きていることに注意を向けることも必要です。もはやうまく機能しないパターンがあれば、無理に取り除こうとするより、アセンションの自然なフロウに身を任せてください。私は現在、この惑星のバイブレーションのボリュームを上げているところなのです。

母: あなたの存在を示すシンボルは何かありますか?数字とか形とか。

ミシェル: 彼の場合、色がシンボルになってるみたい。青とか、紫っぽい色。私からは、その色が見える。

メタトロン: 瞑想の時に私を呼ぶと、そのような色が見えます。けれども、私はあらゆる創造物の中にいます。ですから、私の存在を伝える方法は数多くあります。あなたが注意を払うかどうかです。私を呼ぶ時に、周りの環境の変化に注意してください。

 

・・・・・・・

メタトロンとアセンション

母: アセンションのテンプレートっていうのは何なの?

メタトロン: テンプレートやブループリントと言うのは、人間が理解するための用語です。カテゴリーや定義があった方が、人間には分かりやすいからです。それは物質ではなく、地上の天国、私たちがなるべき姿のエネルギー的なガイドラインです。現在、地球はそのテンプレートに向かってシフトしています。

母: 今、あなたは人類の何を助けているの?

メタトロン: アセンションです。

母: 集合としての私たちを助けているのか、それとも誰かと個人的な契約があるのかしら。

メタトロン: これは長いこと計画されていたことです。地球との関わりも私一人で行っていることではありません。あなたたち一人ひとりもそうです。すべての間につながりがあります。

母: アセンションのために、私たちにできることはあるかしら?いろいろあると思うけど、一番大切なことは?

メタトロン: 一番大切なのは、自分の中の抵抗感に注意を払うことです。時間には過去はなく、今しかありません。今が未来を作ります。あなたが抵抗を感じるなら、そこに手放せていないものがあります。もし手放せないでいるなら、これからも何度も同じ経験をするでしょう。環境があなたに手放すよう働きかけるのです。それがアセンションプロセスだからです。気づきが非常に大切なのです。気づきがなければ、同じ困難が繰り返されるからです。

母: アセンションは誰でもするの?

メタトロン: 本人の意図があろうとなかろうと、現在、すべての人類はアセンションしています。けれどもハートに従うか、同じサイクルを繰り返すかは、その人の自由意志の選択です。

母: 最後に、私たち人類に何かメッセージはありますか?

メタトロン: 地上の天国は、戦いの中には見つかりません。あなたの内面の戦いの中にも見つかりません。人々との戦いの中にも見つかりません。世界戦争の中にも見つかりません。私はあなたたちを安らぎというブランケットで包んでいます。愛で包んでいます。あなたの内面の戦いを終わらせてください。心の中に平和を見つける者は、兄弟姉妹とも平和を築くことができるからです。そして、世界中に平和をもたらすことができるでしょう。現在、世界で起きていることについて、覚えていて欲しいことがあります。私たちは随分遠くまで来ました。後戻りは不可能です。どうか前を見続けて下さい。後ろを振り返らないでください。愛だけが変化を起こすことができます。どんな憎しみより、愛はパワフルです。どれほどパワフルか、みなさんには想像もつかないほどです。あらゆる行動を愛から行えば、私たちは勝利します。なぜなら愛は常にどんなものにも勝るからです。

Interview with Metatron, Part One by Channeling Erik

 

死は終わりではない (日本語) 単行本(ソフトカバー) 

 


天使の名前や特徴を調べると、かなり違ったバージョンがあります。同じ天使でも、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教で扱いが変わったり、民間の研究家やファンが様々なストーリーを加えたりしているからであって、それだけ天使は人気なんだなと思います。東洋で言えばブッダなんかもそうですけど、やたらナントカ仏がいて、ビギナーにはカオスです。

メタトロンはアマゾンでも人気なんでしょうか、Amazon’s Choiceに選ばれたメタトロンキューブがあります。

「愛は常にどんなものにも勝る」と言うのは、今だからこそ、考えたり感じることが沢山ありますね。

「アストラル界からのインタビュー 大天使メタトロン」への6件のフィードバック

  1. よんでいると からだの中で呼応する なんとも言い表わしがたいスイッチというか
    光が出会う全て というような映像や感覚になります。
    さっきも目を閉じ地球を思っていたところです。
    安らぎというブランケットに包まれる気持ちで

  2. メタさん、こんにちは
    安らぎというブランケットで包まれてるって何かいい感じです。幸せです。
    大天使達の名前を呼ぶ時は呼び捨てでいいんでしょうか。ミカエルとかメタトロンとか。いつも大天使何々とか聖何々とか言ってるけどちょっと長い。
    大天使サンダルフォンも呼んでいただけないものかなと思っています。リクエストは聞かないですかね。

  3. 今週は、自分の中で手放せていなかったモノをいろいろ見せられ、
    手放すことをうながされているような、なんだか不思議な体験の中にいます。
    自分の中の抵抗感に注意を払うということ…なるほど〜と納得しました。

    先日、辻麻理子さんの本を知り合いから教えられて読んだのですが、
    その中で6次元から7次元へ移行するのは難しく、7次元自体は
    光で、幾何学がなんらか関係しているようなことが書かれていたので、
    (すみません、うるおぼえなので違っているかも…です ^_^;;
    今回の記事のメタトロンが光で、アセンションを助けている存在だというのは
    その本に書かれていた話と通じるものがあるなぁ…と思いました。
    もう1回読んでみよう。。。
    とにかく、
    メタさん、いつもタイムリーな記事、どうもありがとうございます。

  4. 自分の中の抵抗感に注意を払い、追いかけないこと。そして、
    あらゆる行動を愛から行うという気づきに感謝します..

  5. メタトロンは人間だったせいか、他の天使に比べて言葉に表現がはっきりきっぱり伝わってきます。
    話をすると、メタトロンが言葉をせいか他の天使より厳し目にメッセージが伝わってくる時もありますが、アセンデットマスターの雰囲気ともまた違う感じ。やっぱりそこは天使っぽい。
    私もメタトロンにはいつも紫を感じます。
    光の柱まではわからないですが。

    わりと馴れ馴れしくしても全然答えてくれますが、ねえメガトロンと呼び掛けても意図はわかってるんでしょうけど、無視されます。面白いなと思います。

  6. 追記 ☆

    私たちは、肩書きや地位、姿、耳障りのよい綺麗な言葉、立派な言葉などの古い地球の価値観に目を覆われ、目が曇り、物事の本質が見えなくなってしまっているのだと思います。

コメントを残す