1月のエネルギー予報

Spread the love

2020年のエネルギー

ナマステ―。シュリ・ラム・カーと、キアラ・ラーです。ハッピーニューイヤー!ついに、2020年が始まりましたね。みなさん、準備は出来ていますか。

2019年を振り返ると、「構築」、「維持」、「破壊」の連続でした。大変でしたよね。しかし実際はその期間を通じて、私たちの心は開かれ、素晴らしくサポートされていたんですよ。多くの人にとって、2019年は自分をクリアにする時だったと思います。昨年、経験した困難も祝福もすべては、あなたは自分を何に捧げたいのか、その選択をクリアにするためのものでした。大事なのは、あなた自身がそれに気付いているかどうかです。

2020年という数字の並びは、見るたびに美しいハーモニーとバランスを感じますよね。けれどもあなたの身の回りでは、あらゆることが急激に展開し、あらゆる向きにスピンしているように思えるかも知れません。実際、そうなのです。それがシフトに火をつけているのです。

 

・・・・・・・・

肉体と魂がかつてない調和を経験する時代

現在、起こっている特徴的な現象としては、肉体と魂がかつてないほど調和し、神聖な統合をしつつあります。かつて歴史上の名だたるマスターたちは、その旅路のある時点で、魂が肉体を離れるか、肉体が魂にサレンダーするかの選択を迫られました。多くの場合、バイブレ―ションレベルが一定以上に達した時に起こります。しかし現在、状況は変わりました。人類史上はじめて、肉体を持ったまま魂のエネルギーにつながることが可能となっているのです。

それが可能となるのは、私たちが完全に肉体を信頼することが出来た時、そして信頼することが自らの神聖さに貢献する時のみです。これはもちろん、誰にでも起こり得ることではありません。

私たちは魂と肉体のユニークな融合体として、ここに存在します。しかしその両者の間で、非常に多くの人々が争いを繰り広げ、その結果、自分を苦しめています。たとえば自分の見た目を否定し、自分の肉体の中にいることに居心地悪さばかり感じていると、心身ともに調子を崩します。肉体をいたわることは大事なのです。体内に摂り入れるものは、あなたの存在そのものに影響します。エゴに食欲をコントロールされると、何を食べるべきかのルールを厳格にし過ぎたり、逆にバランスを崩して、体によくないものばかりを食べてしまうことがあります。そのような習慣とは、長い年月をかけて私たちの意識の中に植え付けられたものですが、手放す時が来ています。どうかエゴではなく、魂の声に耳を傾けてください。肉体はあなたの魂と共に、レベルアップしたいと思っています。

これはアセンション症状とも関係しています。あなたの肉体がどんなに変わったことを要求しようとも、その新しい考え方にオープンになってください。

 

・・・・・・・・・・

アセンションとは、恐れと信頼の間で、信頼を選ぶこと

あなたが上昇するためには、自分に対してイエスを言うことがカギです。そのためには、恐れと疑いを手放す必要があります。エネルギーとはそれ自体、ニュートラルなものですが、あなたがどう反応するかで、経験の仕方が変わって来ます。どんな時も、今いるその場所にたどり着くために行ってきた選択を信じてください。恐れや疑いに囚われそうな時は、状況を高い視点から眺めてください。今いる場所が、あなたを未来に導くと信じてください。

意識が上昇した状態を保っていれば、あなたの願いは量子レベルであなたをサポートします。物事は非常に速く進みますし、原因・結果、過去・現在・未来という時間軸をそのまま経験する必要がなくなります。時間とは、3次元の生活を整理するために作られた指標に過ぎません。それは幻想なのです。重たいヴェールを持ち上げれば、まるでデジャヴのような感覚が待っています。「こうなることは、分かっていた」と。

2020年、直線的に時間を眺めれば、すべては恐ろしく見えるでしょう。そんな時こそ、母親のような温かい目で自分を眺め、大丈夫だよと言い聞かせてください。

アセンションは、破壊と共同創造、恐れと信頼かという二つのエネルギーフォースの間で進展していきます。私たちは、以前、自分たちのスピリットチームから、「2015年から2022年までの7年間は、人類がアセンションの階段を上る期間になる」という予測を受け取っていました。そして彼らは2015年の時点で、2020年が恐れの年になることを予見していました。今年は終末論や、それを生み出す怒り、先の見えない不安とヴィジョンの欠落などが際立つ年になります。言葉を変えれば、2020年は絶望の年になるとも言えます。「どうしてこんなに苦しいのだろう?」、「どうしてこんなことをしているんだろう?」、多くの人が恐れと疑いに囚われます。しかし、そのような混乱の中、ふと自分に立ち返り、再び強い信頼が湧いてくることがありますよね。それこそが、この時代のもたらすギフトなのです。

世界が崩壊していく一方で、自分の神聖さに目覚める人たちもますます増えています。それがバランスを整えるということです。アセンションとは、恐れと信頼の二つのエネルギーフォースの間で、信頼を選択することです。そしてその信頼は、あなたが自分の肉体を信じるところから始まります。これからの10年をどのように過ごしたいですか。今月、そのエネルギーをセットしてください。

Sri & Kira Explore the Mysteries! 2020 January Revelations, The Profound Shift Ahead – Official Sri and Kira 

 


1月のエネルギーと言うより、今年の全体なエネルギーを読み解く中で、大きな始まりの月として、ここからの10年にあなたが望むエネルギーを思い描きましょう、という話でした。

それにしても、今月も名言の宝庫でしたね。

昨年末からいろいろなことが巻き起こっていて、アセンションの加速を感じている人は多いと思います。恐れと疑いは人類にナチュラルに備わる感覚であり、慎重に計画・対策を練る上では役に立つのですが、それによって自由が奪われたり、苦しいと感じるようなら、ためにならないんですよ。

すべてには神聖な意図があり、なるようになった結果が、その時のベストですから、うまく重しをかわしましょう。私たちは誰もが、自分で思う以上に守られ、導かれています。

1月のエネルギー予報」への5件のフィードバック

  • 2020年1月11日 5:57 PM
    パーマリンク

    ずっと待ってました!キアラとシュリのエネルギー予報!今月はもう来ないのかしら?と寂しく思っていたところ!
    待った甲斐のある素晴らしいメッセージ!
    これからの力にさせていただきます!

  • 2020年1月11日 8:10 PM
    パーマリンク

    メタさん、最高です。名言の宝庫だけど、訳が最高です。自分が訳しても絶対にこんな綺麗な日本語にならないもん。シュリとキアラを見つけてくれて感謝したいです。本当にありがとうございます。

    「これからの10年をどのように過ごしたいですか。今月、そのエネルギーをセットしてください」最後のこの言葉、刺さります!イイ!今日はちょうど満月だし、愛情いっぱいのエネルギーをセットします!

  • 2020年1月11日 9:42 PM
    パーマリンク

    私は思い描きますが、神聖な意図を思えば 直線ではない時間からの光に驚くばかり。
    眩いほどの光が いつも。信頼します。言葉、エネルギー、ここの全て、目の眩むほどの光。

  • 2020年1月11日 11:17 PM
    パーマリンク

    例えば「全ては愛と光なのにね」が大前提なのだとしたら、逆に恐れや不安、不信は「貴重なもの」と捉えられるのかもしれないですね。
    自分にとっての、スペシャルとして起きている。湧いている。出てきてくれている。
    自分のために。
    だからリスペクトを持って、ポジティブな感情と同等に接する。大切なものに触れるように耳を傾ける。全部聞くから話してよって。
    そうしていくと不安や恐れは役割を全う出来て、ゼロに近くなっていくような感覚になります。そこに至るまでの期間は長い時も短い時もありますが。
    不安や恐れや不信を、それにさせたままでいるのはいつも自分なんだなと思います。
    って最初に強引にでもゴリッと決めて、そうなるようにひたすら自分の感覚と話をするだけなんですけども。
    感情や感覚と自分がお互いにわかり合うと、画面が切り替わったような軽さに必ずなると決めて、ひたすら進むこと、進めることが私にとっては自分への信頼です。

    めたさんいつもありがとうございます(^^)

  • 2020年1月25日 11:08 AM
    パーマリンク

    身体と魂がかつてなく調和するって
    待ってました〜!
    一月は後数日ですが
    今日は旧正月の元旦だからいいでしょう。
    信じた分だけ調和する。
    後10年の雰囲氣を作る。
    想像を超えた10年になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です