【海外の反応】僕らは、一体、働くために生まれて来たんだろうか?


英語圏の巨大掲示板レディットは、過去にキアヌ・リーブスやビル・ゲイツ、オバマ大統領らが降臨して質問を受け付けたことでも有名ですが、その他にも、実に様々な板があります。

reddit log

ちなみにロゴマークとなっている、頭にアンテナの立ったエイリアンはスヌーSnooという名前で、英俗語で”What’s new?”(何か新しいことあった?)の略だそうです。

このレディットの中では、スピリチュアルのカテゴリも、非常に細分化しています。「スピリチュアリティ」板と「スピリチュアル」板、「アウェイクニング」板と「スピリチュアル・アウェイクニング」板など、一見、どう区別するのか分かりにくいのもあれば、「占い」板、「オカルト」板など、おなじみのジャンルもあり、新しいところでは「5次元」板、「チルドレン・オブ・ライト」板など、挙げればキリがありません。

その中で、「ソウルネクサス」板というのがあります。この板は、2016年以降のスピリチュアルブームの中で立ち上がった、比較的新しい板で、”スピリチュアルな個人が集まって、宇宙と自分自身の性質について議論する場所”と定義されています。

意外かも知れないんですけど、ソウルネクサスが出来る以前のレディットには、宇宙と自分をスピリチュアルな関係で捉えるカテゴリがなかったんですよね。UFO板というのは昔からあるんですけど、前にも書いた通り、UFO研究や、古代のエイリアン研究は、ジャンルが違うんですよ。

さて、そのソウルネクサス板で、最近、こんなスレッドが立ちました。


僕らは、 働くために生まれて来たんだろうか?

過去世をいくつか見てもらったら、僕の今世は「自由」がテーマだった。今、僕は23歳だけど、毎日、同じことを繰り返すのに飽き飽きしてる。何百万ドルも手に入れば、いますぐ自分を解放できるのに。僕は旅行がしたい。海が見たい。愛する人が欲しい。このまま一生、誰かにこき使われるなんて、まっぴらごめんだ。僕にふさわしい、もっといい人生があるはず。みんなは、どう思う?

この投げかけに、住人たちはどんな反応をしたでしょうか。


―  私も別にお金持ちじゃないけど、気にならないわ。少しでも世界をよくしようと努力してるし、そのチャンスを手に出来ることに感謝してる。

― 大金があれば自由が手に入るだろうけど、自分を解放するために、それが唯一の方法じゃない。自由になることが君の真の願いであれば、それを叶えるために、宇宙は様々な方法を用意してくれる。お金に限定する必要ない。

― 僕も昔、君みたいに考えたことがあったけど、ある晩、コカインでぶっとんだ女が僕の車に放火して、それで保険金が下りて、仕事を辞めることが出来たんだ。人生、何が起きるか分からないよ。でも、宇宙は真の願いを必ずサポートするっていうのは、本当だと思う。

― 君が思うほど、人はお金によって解放されないよ。もっと必要だと考えて、深みにハマることだって多い。自由になるには、既に自分は自由だと信じる必要があるんだ。

― 今あるシステムは実にクソで、フェアじゃない上に、人道的でもない。だからと言って、一朝一夕に変わるものじゃない。お金が欲しいなら、お金を稼ぐために必要なスキルやシステムの獲得に時間をかける必要がある。少しずつ貯金をして、出来ることから始めたらいい。

― 旅行したいとか、海が見たいとか、愛したいとか、そんなのお金がなくても出来るんじゃないの?お金が必要だと、固く信じ込んでるだけかも。

― 私は瞑想をしたり、思い込みパターンを変えることで、自分のマインドとメルカバを解放した。どこへでも、マインドで旅行できるの。完全な自由だわ。

― 仕事がいやなら、ぜひ「アンチ仕事」板か、「資本主義の終末」板に参加してよ!行動することに意味があるから、労働組合や社会主義者のグループに入ることをお勧めするよ。

― お金という物質は、エネルギー的な定義では存在しないんだ。それは、エネルギーや物質に代わる品に過ぎない。お金じゃなくて、必要なものを現実化すると考えてごらん。

― ブレサリアンになるといいよ。私も努力中。食費が減らせるわ。

― 歴史を振り返ると、これでも人類は少しずつ進化してる。その昔、子どもは労働力だから人権なんてなかったし、公害や労災は、まるで無視されてたからね。ちょっとずつ、よくなってきてるんだよ。最近じゃ週休3日制とか、ベーシックインカムの議論も耳にするようになった。希望を持とう。あとは忍耐だ。

― こういう時代だからこそ、「目覚めた」人たちが多く現れているんだろうね。

― このテーマについて、僕もまだワークしている最中だけど、最初のステップとしてやったのは、やりたいことをするのにお金がかかると言う考えを手放すことだった。僕の中には「出来ない」「無理だ」という恐れがあって、でも一方では、それを何なくやってのける人もいる。僕の人生で最大の変化は、そうやって自分の思考パターンに気付き、不可能だと思った選択にも目を光らせるようになってから起きた。

― ライフパーパスを職業にするんじゃなくて、自分の仕事からライフパーパスにつながる部分を見つけるといいんだ。ある意味、僕たちは働くために生まれて来た。でもそれはお金のためじゃない。喜びを見出すためだ。

関連記事:  アドロニスに聞いた ”豊かさを手にする方法”

Born to work until we die?


よくもまあ、こんなに各種スピリチュアルな意見が集まるものだと思いますけど、豊かさや仕事は、人間にとって大きなテーマで、だからこそ、人それぞれで定義や距離の取り方があっていいんでしょうね。

そして、自分の豊かさと他人の豊かさも、それぞれがユニークなキャラクターを持つのと同様、同列に比べられるものではないのかも知れません。

みなさんは、どう思いますか。

タグ:

5
Leave a Reply

5 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
5 Comment authors
新しい順 古い順
SaluKun

社会のシステム、慣習、身の回りを取り囲む様々な見えない枠組みのようなもの

今まで当然と思っていものがもうすぐ崩れて新しい何かが生まれるような気がします

橋を渡っている時に背後の橋は崩れるけれど、同時に目の前の空中にどんどん新しい橋がかかっていくようなイメージ

もうすぐ

あと2年くらいかな

prelude

私が青春していた頃の時代の風潮は、
いい学校を卒業して、いい仕事に就いて、いい給料をもらい、いい車を買い、いい相手と結婚し、いい家を建てる等々・・・「いい」ことが幸せや豊かさの基準だったけど、当時からそれをうまく信じられなかった(笑)

「なんでみんなそれが永遠に変わらないと思っているのかな?」っていう感じかなぁ。
そんなワケで、当時の「レール」には乗らず(乗れず)にここまできましたが、

実際、使えるお金は少ないより多い方が楽に決まっているけど、その額の多い・少ないで「豊かさ」は計れないな、って思います(^ー^)

とは言え、まだまだ「働く=お金」のイメージに捕らわれている私ではありますが(;^_^A
そこからうまく自分を解放できるイメージを模索中です(笑)

tomonory

エゴと一緒になって全力でお金を追いかけて、手にしてうしなうことになる。二極性の世界で儲けることを考えると、それと同時に損失も引き寄せることになる。セットだから。苦しむことになるけど、世俗的な欲望を追求することは、損得男女陰陽右左、それを統合した先に行くための近道です。エゴが焼き尽くされた後、波動が変わった時、その時の自分にふさわしくない現実という幻は、フライパンの上に置いたアイスクリームのように溶けて崩れ落ちていくから。

ℹ︎O

働く=お金 っていう思考回路にはまってしまうと豊かさからどんどん離れていくような気がする。仕事ってクリエイトしていく本来楽しみであることなんだけどな。

君の仕事をクリエイトしながら働くんだ。
君が創造した仕事が素晴らしくない訳ないだろ。 2週間も続けてみたら、よくわかるよ。 周りに変化が現れるし。ミラクルと言われるような事もあちこちで見られるはずだ

君の思考が君を世界をつくっている。

karo

人生の豊さって、楽しみや喜びや悲しみや切なさみたいな、心がふくらむような体験することだと思っていて、
お金とか仕事とかは、その体験のためのツールであって、直接的には豊かさには関係ないかな。
って思います。

お金がたくさんあるとかないとか、
どんな仕事をしているかとか、
わりとどうでもよいことで
お金があればあったなりに、なければないなりに、
忙しく働いていれば働いているなりに
仕事がなければないなりに、
どんな状況の中であっても、
そのひとつひとつの経験から得られる
豊さが在ると思う。

生きているだけで豊かだよね。
って思います。