アドロニスに聞いた ”豊かさを手にする方法”


スピリチュアルとは生き方であり、私たちの存在そのものだと思いますが、一方で、愛や豊かさが手に入らないなら、スピリチュアルなんて要らないと、牡牛座の私は思うわけです。でも、そのテーマについて考えるには、そもそも愛や豊かさとは何かというところから始まります。

人間の考えだけでは偏りがあるかも知れませんから、ここはひとつ、宇宙人にも聞いてみましょう。前回のセッションの続きです。教えて、アドロニス!

・・・・・・・・・・・・・・

豊かさを手にする方法について、教えてください。

アドロニス: 豊かさとは、あなたがフォーカスするあらゆるすべての中に見つけることができます。ですから、「欠乏状態が豊かに存在する」という現象も考えられますし、「抑うつ状態が豊かに存在する」ということもあり得ます。たとえば、こう考えてみてください。壁に大きなスイッチがついています。レバーを下げると、欠乏状態やネガティブな思考にスイッチが入ります。そのスイッチが入ると、あなたのすべてのフォーカス、集中力、エネルギーは、あなた自身にネガティブな影響を与えるものばかりに向かいます。つまり、自分をけなしたり、傷つけたりなど、ネガティブな影響を与えることにエネルギーを注いでしまうのです。そのような状態は、あなたがスイッチの存在に気付くまで続きます。スイッチはカーテンの陰に隠れていますから、なかなか気付きません。あなたが欠乏を感じる原因はそこにあります。スイッチが、欠乏の方向に入っていたのです。しかし、スイッチを愛の方向に入れれば、すべては変わります。あなたの中に、愛やサポート、優しさが溢れます。実際にスイッチを切り替えてみると、そのほうがずっと心地よいことが分かるでしょう。心の中に温かな感情が流れ、なぜ落ち込んでいたのかさえ忘れてしまいます。スイッチを愛の方向に入れてください。そこであなたはスピリットや神々とつながり、素晴らしい愛の感覚に満たされます。

愛が豊かさを生むということですか。

アドロニス:  あなたのやりたいことすべてを、愛がサポートします。人脈やチャンスが、向こうからやって来るようになるのです。なぜなら、あなたは愛であり、人々を温かく迎え入れるからです。スイッチが下がっている人を見たら、あなたはそれが分かるでしょう。「カーテンを開け、スイッチを確認してごらん。ネガティブに入っているよ」、あなたは人々に教えることが出来ます。あなた自身が、欠乏から愛への移行を経験したからです。ですから、可能な限り豊かに愛を創り出してください。愛を身体からフロウさせ、望まないものは溶かしてください。そうすると、あなたの現実が変わります。まるで雲の上を歩いているような感覚になるのです。望まないものを手放せば、より多くの愛が溢れるようになります。何も手放さず、愛も足りないなら、欠乏の感覚はブーメランのように返って来ます。人生に望まないものがある時は、そのプラットフォームよりも自分を高く掲げ、(シルバーライニングの)雲の上を歩いてください。あなたが雲の上を歩く時、他のエンティティがやって来て、あなたが人生に望まないものを溶かすサポートをしてくれます。毎日続けていけば、あなたは完全に別人になるでしょう。あなたが出会う人も、置かれた環境も、すべてが素晴らしく感じるようになります。相手が闇を見ていても、あなたは彼らの中に光を見、愛を手渡すことが出来ます。それによって彼らのスイッチも愛の方向に転換し、あなたとともに雲の上を歩き始めるでしょう。けれども、覚えておかないとならないのは、あなたには、他人を変えることは出来ないということです。変えられるのは、自分自身のみです。けれども、自分を変えることによって、愛に溢れた人物になれば、人々はそれに気付きます。どうやってそのエネルギーを身に着けたのかと、人々は知りたがるでしょう。「自分の望まないものについては、スイッチを切り替えることにしたんです。そうしたら、日々、毎日の中に愛が満ちるようになりました」、あなたは言うでしょう。あなたが何にフォーカスするかが、豊かさを決めます。豊かさとは、単にエネルギーが十分な状態を表します。愛のエネルギー、欠乏のエネルギー、どちらの場合も、それが十分に存在すれば、豊かさという言葉で表すことが出来ます。つまり、豊かさとはニュートラルなものなのです。どちらにもなりえます。それは、あなたのフォーカスによって拡大します。

確かにそうなんですけど、人間にとって、その仕組みを理解するのは難しいと思うんですよ。

アドロニス: それも頑固な思い込みです。そのような考えは、あなたたちを奴隷状態にするために計算して作られたプログラムなのです。それは、近代学校制度、近代教育、就職などに見られる考え方と同じです。それらはすべて、奴隷を維持するプログラムであり、だからこそ、現在、崩壊しつつあります。ビルの最上階でお金のバスタブに浸かっているような人物のために、最低賃金で週何十時間も働いて、自分をスクラップにすることを、誰が望むでしょう。現在、あなたたちはそのシステムを抜け出しつつあり、自ら起業する人たちが増えています。自分の好きなことをやって、食べて行くのです。好きなことをする。自分のフォーカスを感じる。それが豊かさなのです。

プログラムをアンインストールするために、どうすればよいでしょうか。

アドロニス: 愛を持って、自分のプログラムとワークすることです。愛とワークし、スイッチを切り替えてください。愛のエネルギーが、豊かさのエネルギーとなります。愛のエネルギーを豊かに溢れさせることができます。雲の上に降り立って初めて、望まないプログラムを完全に溶かすことが出来ます。問題と同じレベルにいたら、その問題を解決することは出来ないのです。自分を高く上げてください。自分を好きになってください。自分を愛し、喜び、楽しんでください。そのエネルギーを、望まないもののエネルギーと混ぜ合わせてください。雲の上を歩く時、あなたはより光に満ちた、深い現実を見ます。そこから眺めると、現実とは粘土のようなものだと気付くでしょう。あなたの選択とフォーカスが、現実という粘土を形作るのです。プログラムを外すには、そのプログラムと同じレベルに立っているままでは不可能です。アインシュタインも、同じことを言っていましたよね。そこから、上昇してください。あなたの抱える愛と豊かさが、あなたを高みに押し上げます。愛はすべてを癒します。それはあらゆるものに対する解毒剤です。病気やメンタルブロック、感情的なアンバランスを治し、欠乏という思い込みに基づく不適切な現実も調整します。愛は、すべての形を変えるのです。愛はすべてを元のブループリントの状態に戻すのです。愛は、あなたと神との関係を作ります。あなたたちは神の息子であり、娘であり、これまで地上に存在したどんな種族よりも、神に近い存在なのです。

そんなふうに言われると、励まされます。

アドロニス:  みなさんのありのままの姿をお伝えしているだけです。地球はあなたたちが思うほど悪い場所ではありません。スイッチを愛に入れれば、望まないすべては消え去ります。スピリットや神々とワークし、思うままに現実を形作ってください。

そのスイッチは、第四密度や5次元の地球と関係しますか。

関連記事:  『神との対話』最新刊 人類の目覚めと高度に発達した存在”について その2

アドロニス:  愛に生きることが出来る能力は、この3次元の地球でこそ意味があるものです。いずれ、第四密度の地球へ移行する人もいるでしょうが、どちらでも構わないのです。自分の異なる側面を経験するだけだからです。この密度の世界でも、あなたたちは雲の上を歩き、神に近づく経験をすることが出来ます。理解してほしいのは、現在、地球にやって来ているすべての魂は、マスターであるということです。アマチュアではありません。これまで数多くの世界で、浄化を経験しました。その経験を生かすために、あなた自身の合意によって、ここに送られてきたのです。地球が、自らの浄化のためにあなたちを呼んだからです。現在、ここにいる多くの人が、愛を広げ、翼を広げ、人々に空を飛ぶ方法を教えているのは、そのためです。でも、そのためには、まずは自らが雲の上を歩かなければなりません。あなた自身が天国を歩いてはじめて、他の人に天国を歩く方法を教えられるのです。


ということで、結論として「豊かさとは、お金だけではない」という話でした。これは賛同する人も多いと思います。

お金なんて無くていいってことじゃなくて、あっても無くても、どっちでも幸せになれるんですけど、必要な分は稼げると考えられるかどうかも大事ですよね。豊かさのブロックのように見えて、その背後には「自分には能力がない」とか、「自分は十分でない」という自己認識の問題や恐れがあったりします。

・・・・・

アメリカに来て、お寺に住み込みで働いていた時、給料なんてものはなく、月々のお駄賃が150ドルでした。貧乏でしたが、周り全員がそうだから、気にならないというのがとても新鮮でした。洋服なんか、誰かのお下がりが、みんなの間を行ったり来たりしてるんですよ。日本で働いていた頃は、服はプロフェッショナルに見せるために必須の経費でしたから、こんな世界があるのかと思いました。とか言って、よく思い出すと、日本にいた頃も、ジャージばっかり着て、いつも体育の先生と間違われていましたから、やっぱり思い込みの比重が大きいのでしょう。

・・・・・

「愛や情熱に従って行動すれば、豊かさがついてくる」と、実に多くの人が言います。どれ、いっちょ試してみようと思って、今の自分に至ります。お金が儲かるとか貯まるという意味では全然失敗ですが、豊かに生きるという意味では、そう言えないこともないのかなと思っています。変なことが豊かに起こる人生です。そして確かに自分でも、そこにばかりフォーカスしてる感じはあるんですよ。

・・・・・・

世の中には、いろんな豊かさがあります。それぞれの魂が、思い思いの豊かさを経験するのも、またユニークな表現なのかも知れませんね。

7
Leave a Reply

6 Comment threads
1 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
6 Comment authors
新しい順 古い順
mamiso

「欠乏状態が豊かに存在する」に笑いました。いや確かに!
「ないない」言ってたらない状態が現実化しますもんね。
私もメタさんと同じく、お金が貯まっている状態ではないですが、
そこにフォーカスはしてないので(^ν^)
豊かな経験はできていると自負しています。

yoshi

お金はいつもないが口癖でした。(金がネーゼ。シロガネーゼて言ってた。)
でも最近は、いつも無限にあると言ってます。

aohana

がっつりマインドコントロール手法の典型例。
カルト宗教が信者の蓄財を巻き上げるときと同じ方便。
神秘体験をさせて取り込む手口にまんまと。

スピリチュアルビジネスで稼いでる人間に良いように洗脳されて使われ、布教活動に勤しむも、当の本人は貧乏人。
というのは、よくある光景。

その背後社会では、搾取のシステムを使う軍産複合体が、各国で幼子を殺しまくっている。


バシャールだのアドロニスだのアルクトゥルスカウンシルだの。

アメリカ型資本主義が、生活困窮や格差社会で精神衰弱したニューエイジャー達を我欲に扇動するためには、非常に好都合に活用できるんだなという様をまざまざ目撃している時代だなと思います、今。

まさに、ここに書かれているように、ニューエイジスピリチュアルに染まると、雲の上を歩いているような浮ついた脳状態になり、変性意識が拡大し、論理的思考の力を失います。

欠乏感に突き動かされつつも、自己愛を肥大させ、バシャール式の「愛とワクワク」にのせられて、「愛と名づけただけの我欲」を求めて突っ走ります。

これ、アメリカ型の消費資本主義にたいへん好都合。

自らの財を投げて信者になってくれ、貧乏人になっても喜んで「宣教師」をタダでやってくれる。

あるいは、「ありのままの自分を愛する」「自己愛」に目覚めた人が、欲望達成のために爆走してくれる状態も、消費社会にはたいへん好都合。

「宇宙人が〜」
「悲しい報道は見てはいけません!!」
と洗脳しておけば、現実に社会で起きている悲惨な事件や戦争なんか見向きもしなければ考えもしない者を量産できる。
「愛と金の欲」に突っ走る「貧乏人たち」を大量生産できますね。

「悲しいニュースを見てもニュートラルでいられて平気になったわ〜」
と、洗脳の結果、「感じ、考える部位」が麻痺した人々は、

・台風は地球の浄化
・銃乱射の大量殺人は民の心の浄化

といった「スピリチュアルな視点」とやらのトンデモ記事をネットで拡散する。

人道や人権の意識などは、洗脳によって消し飛んでますものね。
そりゃあ、平気でそういうこともやっちまう人間になるよな〜。

社会悪や人間の罪から徹底的に目をそらし続け、「愛と平和だ〜」と口では言いながら、我欲追求に特化して爆走する。

スピリチュアル・マインドコントロールに染め上げられると、一度は堕ちる道らしいね。

疲れたものが、依存心に覆われて現実逃避をしまくって誇大妄想をもった結果、起きることですね。

aohana

ずっとプロモーションのコマに使われてるね。
あのね、そういう会社がちゃんとあるの。
バリクソ儲かりますからね、この業界。

ニューエイジャーは愛と平和を謳いながら、なぜドラッグに溺れていったのか。

気づけるといいね。

nagasawa

娘に「ママは服もモノも全然持ってないのに、不満そうに見えない」って言われて、
冗談混じりに「ママはママの心を持ってるからね」って言ったら、
「それでそんな感じになれるんだ!」って笑われて、これでもオマエにはわからない良さがあるんだよ(多分)って思いました(*´∀`*)
物質的な豊かさの基準はわからないけれど、自分の中を覗いてみると色んな自分がわっさわっさいて、色んな自分が感情豊かに日々違う顔を見せてきて、嫌になる日もあればハッピーな日もあり、世界の平和への責任を持てるほど器の大きな人間じゃないから、自分1人くらいは自分の責任で幸せにしてあげたいなって思います。
ちっぽけな自分過ぎてそれを成すだけで精一杯だけど、ちっぽけだからこそ些細なことでもお腹いっぱいになれるんだとも思います。
自分の手の平に握れるものが少ないことを、そんなに責める必要はないなって思ってます。
まずは手が動くことがありがたいなって思うからです。
なんて言いながら、その手で時折スクラッチ2枚とかやってますけど。
当たんねーかなって割と真剣に思いながら(笑)

dtr

最近会社の人と仕事中によく話すようになり
相手はわたしが変わったと思ってるかも。
わたしはそこにいる人の
雰囲氣が変わったと思いました。

多分同時発生的に起こり
楽しい方向へ変わっている。
最近身体もすごく軽いし
偶然の一致も増え始めて
いい感じだなと思っています。
豊かさとは
いい感じの『感じ』のことなんでしょう。

inny

いつもステキな記事をありがとうございます☆世界がますます豊かになりますように☆