バシャールが語る ”シンクロニシティは宇宙の言葉”


バシャールをチャネルするダリル・アンカ氏が、ハイヤージャーニーというポッドキャストラジオに出演していました。番組ホストの作家でありライター、ウェブマスターのアレクシス・ブルックス氏は、スピリチュアル万博で見かけたことがあるのですが、パワフルで知的でフェミニンというスピリチュアル三重奏のような女性でした。 彼らのトークを聞いてみましょう。

UFO遭遇と多次元的現実

アレクシス: あなたがバシャールの宇宙船に遭遇した時は、ハイウェイをドライブ中だったそうですが、周りの車は気付かなかったのでしょうか。

ダリル: それはUFO目撃には、よくあることなんですよ。UFOの周波数にチューニングできる人が限られていて、他の人たちはそれに気づかないのです。私が見た時は、他に空を見上げてUFOに気付いているような人たちはいませんでしたが、私の車には兄弟姉妹たちが乗っていて、共に目撃しています。その時のことを、彼らは今でも覚えています。

アレクシス: そういう時は、エンティティとの目撃者の間で意識的な合意があると言いますよね。多次元的現実という考え方で言えば、あなたがUFOに遭遇した時、その短い間だけ別のバージョンの現実にいたと感じますか。その時だけ意識がシフトしていたという言い方もできると思いますが…。

ダリル: 私にとって、別次元の世界と変性意識との間には、大きな違いがありません。バシャールが言うには、私たちは毎秒ごとに何十億もの並行現実をシフトしています。その副産物として、時間や変化と呼ばれる概念が生じます。彼に言わせれば、並行現実とは、静止画像のようなものだそうです。私たちは自分の意識を一連の静止画像に投影しているのです。それによって時間の中を動くという幻想を作り出しています。別次元の世界も変性意識も、その静止画像の中の一つに過ぎません。

・・・・・・・・・・

シンクロニシティは宇宙の言葉

アレクシス: アルファ波やデルタ波という意識の状態がありますよね。これらの意識の間を移動している時に、本人がそれに気付いていれば、変性意識とは呼ばないかも知れませんね。

ダリル: それは今を生きるという考えにも関連していますし、デジャヴという現象にも似ています。デジャヴという現象では、私たちは自分に何が起きるか前もって分かります。それが分かるのは、以前に既に経験していると感じるからです。デジャヴの瞬間、前に進む時間のベクトルと、後ろに進む時間のベクトルがオーバーラップし、異なる現実を同時に経験しているような感覚を味わいます。意識の狭間に立たされているように感じるのです。

アレクシス: 今、あなたがデジャヴという言葉を口にする前に、ちょうど私もそれについて考えていました。

ダリル: シンクロニシティですね。すべてはつながっています。自分自身との結びつきが強まるにつれ、より多くのシンクロニシティを経験をするようになります。驚くことではありません。普通のことです。

アレクシス: シンクロニシティとは、文字通り、宇宙の言葉だと私は信じています。それは探すものでは決してなく、周りにあると認識するものですよね。

ダリル: そうですね。そしてシンクロニシティは、ハイヤーマインドがコミュニケーションに使う方法のひとつだと信じています。それを経験する時、私たちは本来の自分自身へと導かれ、自分とハイヤーマインドのつながりについてより深い理解を得るからです。

関連記事:  バシャールの教え 現実を作る共同創造の仕組み その1.ネガティブな思い込みを手放す

アレクシス: デジャヴやシンクロニシティなど、いわゆる超常現象の類は、今後もっと普通のことと捉えられるようになると思いますか。

ダリル: それらは、意識の上昇や拡大に際して経験する典型的な症状です。これからそれを経験する人は、もっと増えて行くでしょうね。自分の周りで起きていることに新たな解釈をするようになると、ひとつのことが、いかに異なる形で表れているかにも気付きます。

・・・・・・・・

地球のタイムライン分岐について

アレクシス: ドロレス・キャノンが著書の中で、今後、地球は二つに分かれて行くと書いていました。これは、ほとんど物理的な現象のように話されていますが、ダリル、あなたはどう思いますか。

ダリル: 私たちは常に分岐し、移行しています。ですから、彼女が言っているのは、私たちがどのようなバイブレーションの状態に留まりたいかをもっと積極的に選ぶようになれば、それはあたかも並行現実にシフトしているように感じると言うことだと思います。私たちが選ぶバイブレーションが、他の人たちの選ぶバイブレーションとマッチしない状態が続けば、彼らとの距離が生まれます。私たちが経験する現実と、他の人たちの経験する現実が、どんどん遠ざかっていくように感じるのです。やがて私たちは彼らの現実を経験することがなくなり、彼らからが私たちの現実に気付くこともなくなります。それがドロレスの言う”世界の分離”という概念なのではないかと思います。

アレクシス: 自分が情熱とつながっていると知る方法はありますか。それによって、自分が正しい道にいるかどうかも分かりますよね。心地よいとか、ハートやソーラープレクサスが開くとか、いろいろ感覚はあると思いますが…。

ダリル: 情熱に従って行動している時は、感情やメンタルのバランスが安定します。スピリチュアル的にも魂が解放されたような気分を味わいますし、クリエイティブな表現も高まり、満足感を感じます。そして人生にマジカルな出来事が起き、豊かさとは何かを経験するでしょう。その状態であなたが作り出すことには、いろいろな場所からコンスタントにフィードバックが来ます。他の人からの感想だったり、良好な健康状態の維持だったり、それがますます励みになりますし、さらなる高みへ向けて自分を導くのです。

Bashar – Channeled Wisdom: You CAN Manifest ANYTHING with the RIGHT Approach! by Conscious Life News

関連記事:  本来の自分になるために その1.ハイヤーセルフの声/エゴの声



バシャールの新しいセッションでは、アトランティスやオリオンの天使について話すそうです。楽しそうですね。

Bashar returns to Los Angeles! by Bashar.org

3
Leave a Reply

3 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
3 Comment authors
新しい順 古い順
miko

メタさんが3年以上も、せっせと翻訳しブログをアップして、アメリカのスピリチュアルを日本に紹介して下さったお陰で、日本でも個性的なスピリチュアルブログを書く方や自分でチャネリングをしてネットで紹介して下さる方が増えてきました。。。

私たちは、様々な体験をし、各々の個性を存分に表現するために、分離して地球に降り立ちました。。。

それは、高次元の存在も同じだと思います。

この宇宙に唯一無二の存在はなく、みんな、それぞれに尊く必要な存在だから、消滅せず存在し続けているのだと思います。

みなが、思う存分、人生を体験し、シェアして、今の自分に役立つ必要な情報なら、ダウンロードしインストールさせてもらえばいいのだと思います。

そうすることで、私たちは、何回もの転生を一回の人生で体験することが出来、より成熟した智慧を魂に刻み込むことが出来るのだと思います。

今回の記事の最後の、『 地球のタイムライン分岐について 』は、私のハートにどおーんと入ってきましたので、私自身にダウンロード、インストールさせていただきました。

いつも、ありがとうございます。

karo

メタさん、こんにちわ。
先日、宇宙船のような謎の光を観たけど他の人は気づいてなくて、これが多次元世界ということ?
というようなコメントを書いたのですが、

“UFO目撃には、よくあることなんですよ。
UFOの周波数にチューニングできる人が限られていて、
他の人たちはそれに気づかないのです。”
って…!
やっぱりそうなのか〜と納得できました。
タイムリーな記事をありがとうございます。

ホントのところ自分の中では
あれがUFOだったのかどうかも含めて、小さなモヤモヤが残っていたのです。
それこそ自分を信じきれていない部分が残っているので、
意識が平行現実の間をぴょんぴょん飛んでいて
周波数が安定していないのでしょうね。

ちなみに、その撮影した動画を周囲の人たちに見せた反応が
面白いほど真っ二つに別れて、
ある意味、これはすごく踏み絵っぽい〜(笑)と思いました。

スピリチュアル系の友人は、「宇宙船の母船だー!」と即答。
昔からの友人たち(スピについては特段あまり口にはしない)も、UFOだUFOだ!!!と大盛上りでした。(^_^
ですが、仕事仲間の人達の何人かは、その動画をほとんど見もせずに
「あ〜、これはただのサーチライトでしょー。」(苦笑)

これはまさに
”私たちが経験する現実と、他の人たちの経験する現実が、どんどん遠ざかっていくように感じるのです。
やがて私たちは彼らの現実を経験することがなくなり、彼らからが私たちの現実に気付くこともなくなります。”
みたいなこと…なんだな…。と思いました。

と、同時にこれは真っ二つに別れた意見を持っている自分が自分の中に存在しているから
こんなふうに真っ二つの意見として現実世界に映し出されているのもあるのかな?などとも思いました。

この記事は私にとってシンクロニシティ?でしたー(^_^
ダリル、バシャール&メタさん、ありがとうございます。

dtr

氣がつくというのは
『現象』だと思いました。
いろいろあって到達する。

到達した時に喜べばいいが
耳をすませば
今も同じ歓喜の中にいるのかも。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。