ミラー理論 人間関係があなたのインナーセルフを反映する7つの方法


あなたが出会う人は、あなた自身の一部を反映しているという考え方を、心理学ではミラー理論と呼ぶことがあります。私たちは他人をありのままの姿で見ているのではなく、私たちの潜在意識にある思考や感情を投影した姿として見ていると考えます。

たとえば、他の人たちにはよく思われていないけど、自分にとってはいい人だと感じる場合がありますよね。これもミラー理論で説明することが出来ます。その逆に、あなたが誰かとの関係で感じる困難は、あなたのインナーセルフの反映かも知れません。

人間関係が重要なのは、それが心の栄養となるだけでなく、自分自身について多くのことを発見し、学ぶきっかけとなるからです。そこにあなたの内面はどのように現れるでしょうか。

1.自分自身との関係が、他人との親密さを決定する

私たちが他の人とどのような関係を築くかは、それ以前に自分自身にどう接しているかを反映しています。私たちが内なる自分としっかり結びついていない場合、相手に依存したり、犠牲者的な立場に陥ったり、反対に深いつながりを拒否する傾向があります。

2.感情的なトリガーは、傷の在り処を示す

特定の何かに対して、怒り、悲しみ、不安、ストレス、抑圧などの感情的反応が起きる時、「トリガー(引き金)を引く」と表現することがあります。引き金を引くと銃弾が発射されるように、感情のトリガーが引かれると、特定の感情が湧き出します。その多くは過去の感情的な傷やトラウマ、自信のなさなどに基づいていると考えられます。

3.相手の嫌いな部分は、自分のシャドウセルフを反映する

私たちが他の人に対して嫌悪感や、強い拒絶を感じるものは、実際には、形を変えて私たちの内側にあります。シャドウセルフとは、自分では認めたくない影の部分です。潜在意識の奥にあるので、顕在意識はそれを認識せず、相手への非難として現れます。

4.同様の傷や痛みを持つ人に惹かれやすい

傷を忘れると、傷は無意識の一部となり、思考、気分、行動に影響を与えます。そして、中に、彼らは私たちの心に穴を開けます。それで、あなたは同じ穴、同じ傷を持つ誰かに会い、あなたは絆を結ぶ。傷は鏡に映っており、良い結果が得られます。しかし、このような傷は人を引き離す可能性があるため、注意する必要があります。

5.相手の好きな部分は、自分の好きな部分を反映する

一緒にいて落ち着いたり、リラックスできる相手は、自分の持つ愛すべき特徴を相手の中にも見ています。

6.相手の好きな部分は、自分の持たない資質を反映する場合もある

また、ある人にとっては、相手の持つ資質の中で、自分には備わっていない特徴に惹かれることもあります。

7.ミラーから何を受け取るかが、人生にも反映する

「鏡」から感じるものを愛する時、人生は素晴らしく美しいものに思えます。一方、「鏡」から感じるものを嫌う時、原因を自分以外と考え、相手を非難してしまいがちです。


こういうの読むと、あ痛た‥と思いますけど、だいたいみんな傷だらけですから、大丈夫ですよ。

関連記事:  自分に合ったサイキック/チャネラーを選ぶ時のヒント

いくらミラーと言ったところで、意地悪な人に出会ったのは自分が意地悪だからと言うのは極論ですよ。ケースバイケースです。 事故に会ったのは自分が引き寄せたからだと考えるのと同じで、確かに自分の不注意が一因なこともあれば、明らかな事故もありますからね。


どんな状況でも一番やらなくていいのは、自分を責めることです。他人を責めるのもそうなんですけど、エネルギーダメージが大きいですからね。前向きにやるっきゃない。

5
Leave a Reply

5 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
5 Comment authors
新しい順 古い順
Nao

みんな、傷だらけの天使なんですね。^^

ケムシ

これ入ってくるわ^ ^
ミラーなんて初めて聞いただわ(^^;
なるほどね^ ^
自分を客観的に見るってこういう事ね^ ^

miko

この記事を見て、以前に、メタさんが、

スピリチュアルを信じていない人も、信仰を持っていない人も、みんな、それぞれに、個人的な信条を持っているんですよ。

と、コメントされていたことを思い出しました。

みんな、そうやって、自身の宇宙を創造しているんですね。

一人、一人の個性を大事に。。。と、言われてもピンとこなかったけど、今日は、よく分かる気がします。

nara

いい人ばかりではないですが、いい人もいますし、前向きにいきましょう。

Jalopy

そっか、全部自分のせいと言っても、自分を責めなくても、いいんですね!
鏡の法則の話を聞くたび、嫌いな目に遭うのも自分が悪いせいか…と落ち込んだり、本当に「悪い」のか?と反感を覚えたり(?!)してましたが、もっと大局的に、細胞の構造やメカニズムを捉える時みたいに、ただいろんな色彩が在るだけ、みんなの「善い」・「悪い」はそれぞれだから、反応がいろいろ在るだけ、と思えば、誰が・何が「善い」・「悪い」と考えを押し込めずとも良くなって、とても息がしやすくなりますね!
鏡の法則・ワンネス(?)・全部自分、を唱える人(きっと彼らが、そうして成功してきたからでしょう)、全部自分のせい!と、まるでジャッジする勝利者のように言うので、好みじゃない事が起こりまくる人間としては、貴方は失敗作と宣言されてるみたいで心が苦しかったのですが、メタさんの言葉、目からウロコで救われました!
Gracias!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。