スピリチュアルな目覚めが起きる5つのターニングポイント


アウェイクニングのきっかけ

それまでの常識が崩れたり、人生の意味や価値を見失い、改めて自分が本当に求めるものは何か問い直すような出来事と、それに続く一連のプロセスをスピリチュアル・アウェイクニングと呼びます。目覚めによって新しい世界が開けるようでもあり、実は自分がもうずっと同じ道にいたことにようやく気付くような感覚もあります。

通常、目覚めはたった一度の体験ではなく、何段階かに渡って複合的にやって来ます。そのようなきっかけを作るのは、以下のような5種類のパターンがあります。

1.物理的なターニングポイント

何かの出来事をきっかけに人生が大きく変化するパターンであり、もっともダイレクトで、劇的な目覚めになります。このターニングポイントは、深刻な事故やケガ、重大な病気、転職、大切な人の喪失などがあり、予期せぬ出来から人生の方向転換を余儀なくされます。また科学で説明できないような不思議な体験から、目覚めが始まることもあります。

2.精神的なターニングポイント

私たちには目に見えない世界や、存在の根源について、本や映画などを通じてインスピレーションを受けた際にも目覚めを体験します。より多くの知識を探し求めるようになります。その他のターニングポイントに比べると、一般的により穏やかで緩やかな目覚めです。

3.経済的なターニングポイント

このターニングポイントは、経済的な変化によって引き起こされます。これは経済的な損失だけでなく、成功のピーク時にも起こります。いずれにしても、その時、自分が手にしているものが、実は何の意味も持たないと気づく時に目覚めは始まります。

4. 感情的なターニングポイント

人生が満たされないと感じたり、すべてが空しくなるような感情的なクライシスも、目覚めへのターニングポイントになります。自分の置かれたアンバランスさに気付き、より全体的で満たされた状態を求めるのは、「すべてなるもの」への郷愁と希求が根底にあるからだと言われます。

5. 癒しによるターニングポイント

 癒しによるターニングポイントは、過去への考察と、許し、手放すことで生まれるターニングポイントです。かつて自分がいた状況から物理的な距離、感情的な距離、時間的な距離が出来ると、自分の経験を、より広い視野から客観的に眺めら、それによって目覚めが起こることもあります。

何度も目覚めへのターニングポイントを迎えつつ、スピリチュアルな旅路は続いていきます。

5 Important Turning Points in Your Spiritual Awakening by Conscious Reminder

関連記事:  ライトワーカーのためのスピリチュアル・アウェイクニングQ&A 消えないアセンション症状について

やっぱり高ければ高い壁の方が、のぼった時、気持ちいいんでしょうね。

4
Leave a Reply

4 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
4 Comment authors
新しい順 古い順
mani

>自分がいた状況から物理的な距離、感情的な距離、時間的な距離が出来ると、自分の経験を、より広い視野から客観的に眺めら、それによって目覚めが起こることもあります。

なるほどー。
スピ的な目覚めは要らないので、朝起きれるようになる目覚めが欲しいです!

まやまゆみ

私は一昨年くらいからですが1の物理的ターニングポイント「病気」ですね(^-^;
いろいろ浄化しなきゃならんくなりました。
でも療養の身だったからこそ(暇だった笑)
スピサイトをうにょうにょ廻ってる内にこちらに辿り着くことができたので良かったです\(^^)/

Haru

まだ限界だなんて認めちゃいないさ(о´∀`о)

0057

去年、一昨年で一気に3つ来たからもう、こりごりだな。。。