あなたはどれ? インディゴの5つのジェネレーション

Spread the love


インディゴの5つの世代

智慧と癒しのインディゴのオーラを持ち、地球のシフトを助けるためにやって来たインディゴチルドレンと呼ばれる人たちは、生まれた年代によって、いくつかのグループに分けられます。

特に2000年を過ぎてから、インディゴの地球への転生が急増したと言われます。それ以前の世代のインディゴも、新しい世代の子どもたちの可能性を感じている半面、子どもたち自身は、様々な逆境を味わい、試行錯誤を重ねているのではないかと思います。

インディゴの分類として代表的なのは、インディゴ・クリスタル・レインボーという3つの世代ですが、ここでは新しい世代をより考慮に入れた考え方をご紹介します。

・・・・・・

1.ファーストジェネレーション(アルファインディゴ)

1958~1968年にかけて転生してきた世代(現50~60歳)。インディゴのオーラに被さるように、ブルー/バイオレット/グリーンのオーラを持って生まれつき、さらにそれを現わさないようカモフラージュしている。後の世代よりエネルギー構造が複雑なため、インディゴとしてシンプルに目覚めていくまでに時間がかかる。

彼らのアウェイクニングは、1986~1996年にかけて起こり、目覚めの平均年齢は28歳である。したがって、現在の彼らは、既にプロセスを一通り終えたポスト・アウェイクニング世代と言える。今の時期は、彼らにとって、失われたギフトを取り戻す時期であり、すでにオクタリン・フェイズに入った人たちもいる。

※オクタリンとは、光のスペクトラムの第8の色と言われ、オパールのように虹色の輝きを放つと言われています。オクタリンフェイズとは、いわゆる黄金時代のインディゴ的言い換えです。

 

2.セカンドジェネレーション(ベータインディゴ)

1968~1978年にかけて転生してきた世代(現40~50歳)。彼らもファーストジェネレーション同様のオーラ構造と特徴を持つ。

彼らのアウェイクニングは、1996~2006年にかけて起こり、ファーストジェネレーション同様、既にプロセスを終えたポスト・アウェイクニング世代であるか、プロセスの最終段階にいる。

3.サードジェネレーション(ガンマインディゴ)

1978~1988年にかけて転生してきた世代(現30~40歳)。この世代は、最初の2つの世代グループとは、オーラの色が大きく異なる。前の世代は複数の混合カラーだったが、この世代は、バイオレット、もしくはクリアクリスタルとなる。オーラ的なカモフラージュのない、シンプルでダイレクトな世代だ。

ADD/ADHDと呼ばれる診断が適応されるようになったのも、彼らの世代が最初である。

彼らのアウェイクニングは、2006~2016にかけて起きている。まだプロセスの途中であり、今後よりパワフルに覚醒してくことが期待できるが、年齢的にすでに社会のシステムに組み込まれていることも多く、それがブロックにも、より高いジャンプへの踏み台にもなるとも言える。

4.フォースジェネレーション(デルタインディゴ)

1988~1998年の間にかけて転生してきた世代(現20~30歳)。そのオーラは、クリスタルやオクタリンがかかっていることもあるが、インディゴが最も純粋に現れたピュアインディゴ世代だ。

ADD/ADHDスペクトラムの診断が最も多く適応されている世代である。彼らのもつ注意散漫などの特徴は、20世紀のメディアの狂騒が与えた影響が大きいという説もある。

オーラの中にしっかりグラウンディングする必要があり、身の回りを暖色系で揃えたり、ゆったり落ち着く音楽を聴くなどの対処法が効果的である。また光や騒音の刺激、薬物の使用は、できるだけ押さえた方がよい。

彼らのアウェイクニングは、2016~2016年にかけて起きる。彼らは現在進行中の地球のシフトを、今後、最前線で推し進めていく世代となる。

5.フィフスジェネレーション(オメガインディゴ)

1998~2008年にかけて転生してきた世代(現10~20歳)。この世代は、フォース世代に力を貸す最終グループとも言え、ここより後は、主要なインディゴグループは出てこない。フォース世代と同様、地球での環境に適応するために様々に苦労する。

彼らは、ある程度、ホリスティックな環境に留まっていないと、困難が増大する。しかし彼らにとって幸運なのは、前世代のいずれかのインディゴグループを持つ家族に生まれつくことだ。もしくは、ファースト/セカンド世代から転生したケースもある。

彼らのアウェイクニングは、2026~2036年になる。インディゴ世代の人口減少を経験する世代でもある。

The 5 Indigo Generations – Do you belong to one of them? by Gostica



インディゴ世代の人口減少なんて、これまで考えたこともなかったですよね。

「あなたはどれ? インディゴの5つのジェネレーション」への58件のフィードバック

  1. セカンドなのかなと思うのですが
    分からないな〜。
    いつまでたってもTシャツが買えません(笑)

  2. オーラを見える方がふーんふーん、とうなったあとに、インディゴさんと呼ばれました。インディゴチルドレンで調べると当てはまる項目がもりもりあったため、そのカテゴリー分けは自分にとっては大きなヒーリングになったと思います。もっとかなり若い頃、アセンションて、どえらいことが起こると知って本気でビビってたんですけど、自分の意識の拡大でもある、と知ったらそれも安心した今日この頃です。

  3. 69年生まれのセカンドです。
    アウェイクニングのきっかけは2007年頃だと思いますが「目覚め」られたのか、どうなのかはよく分かりません。
    ( ´ ▽ ` )

    最終プロセスって何だろう?
    昨年までは、フリーで最低限のゆるい生活してたのが、変化を促されて雇用してもらい、今は忙殺される毎日です。仕事が出来なくて泣きたくて追い詰められるので、早く楽になりたい反面、これを経験する必要があったのだな、とも感じています。
    いつか報われるといいですが。

    メタフィジック通信は、心の指針になっています。日々の経験が全て感謝出来るものだと気が付かてもらえます。夜空の星の方に懐かしさを感じる理由も分かります。
    これからも、よろしくです。

  4. ファーストです。自分で言うのもなんですが、黄金世代ですね。27歳でアウェイクニングしました。いま、ポストアウェクニング中です。
    地球の波動を上げようと頑張ってます。

  5. 最終プロセスって、アウェイクニングに入って、その生活が安定するってことです。
    よい経験をされてるんですね。絶対報われるにきまってますよ。

  6. 私は世代としては、サードのハシリに該当するお年頃のようです。
    自分の年齢+1〜2歳くらいのところで切り替わる感じっていうのは、何となくわかるような気がします。
    昔アウェイクニングが始まったころ、2010年代初頭ですが、サイキックさんに、オーラの色が真珠みたいとか、クリスタルみたいに透明って言われることがままあって、「え!?まっちろ?色ないんかい!それは困る。」と内心思った記憶があります。
    当時の私に、「贅沢者め!」と言ってやりたいです(笑)。

  7. セカンド世代です。
    初めてインディゴを知った時は涙が出ました。色々あって大変だったので、後は若者に任せてゆっくりしたいと思います。
    好きにやっちゃってください。

  8. 79年生まれでセカンドとサードの過渡期かなと思いながら読みました。
    ADDなどのキーワードにも共感多々です。
    各世代の転換年に8がつく意味にも興味があります。

    自傷して苦しんでいた中学生の頃、ある方から、
    私はオレンジを中心とした緑の光です、とだけ書かれた手紙を頂いたことがありました。
    まるで私の宣言のような文体で当時は不思議でしたが、
    私自身の身体の言葉をきっと翻訳して下さっていたのだと今その方に感謝しています。

    太陽光には虹のスペクトラム色が含まれているように、真珠のような透明なんて憧れの色彩です!高く広がられる
    minoralさまそのものの色なのでしょうね!

  9. 興味深い記事をありがとうございます
    セカンドにもサードにも引っかかりますが
    特徴的にはサードっぽいなーと思っています
    さらなる飛躍するぞーい

  10. 僕はセカンドでした^^ そーなんだぁとしみじみ。
    昔、霊がよく見える方に、好奇心でなんとなく「僕のオーラってなんなん?どんな感じ?」って聞いたら、「普段、色んな人のは見えるのに、判んない、無いかも」って言われて、まじかーって笑ってました。

    でも、自分では、指とか色んなところから、勢いのあるガスみたいな、熱気みたいなやつ。空気が揺らぐような何かが放射してるのが判ります。寝る前とか、指と指で引っ付けて伸ばして遊んでます。

    色はよく分かんないけど、僕のオーラは多分、「プロパンガス」みたいなやつだと勝手に理解して、楽しんでますw

  11. セカンド世代なのではありますがアウェイクニングしたかどうか…。以前こちらでブルーレイの記事読んだときは、ああこれ私に近いなあと思ったけどこんな気質の人江戸にも平安にもいたような気がしてしまう。だからやっぱり自分は違うのかなと思ったりします。
    例えそうじゃなくても、似た気質なので参考になります。

  12. ファーストです。目覚めは26歳の時。ある事を切っ掛けに
    「私は全て」という境地に至りました。
    それから人生が好転し始めて、現在に至ります。
    最近、また自分の中で形而上学が復活して、メタさんのサイトに繋がれて嬉しいです。なんか安心するんですよね。

  13. 私はファースト世代に当たりますが、oba様と同じくアウェイクニングしたかどうかはあやしく(笑)、さらにインディゴでなくブルーレイかな?という気もしているので、仲間を見つけたようで嬉しくなりました。

  14. 了解です。
    そうですね、全てはすでになされていて、光が闇に勝利しました。グラテーションではないです。闇は消滅するのみです。後は次の世代に頑張ってもらいたい。
    波動も順調に上昇していますので、なんの心配まないと宣言しておきます。

    ナマステ

  15. 横から失礼致します。
    過去記事に『早生まれの…』というのがあったのです。
    お嫌じゃなければいかがでしょうか(笑)

  16. ちょっと、返さずにいられない気持ちが…

    光と闇のコラボを選択したフェーズもあります。こちらも素晴らしいですよ。
    お互いを尊重しあっているフェーズです。

  17. サードです。アウェイクニングはちょっとづつ進んでいるとは思いますが、正直、まだまだ全然。

    5年前に会社を辞めて社会システムから半歩出たつもりが、結局今またそのシステムに戻って雇用されています。
    これもいつまで続くかわかりませんが。

    別の方が似たような境遇のコメントを書かれていましたが、私も必要があってこのステージに進んだのでしょう。
    その中でやはり社会通念というものに対して改めて抵抗を感じています。

    客観的に見ればかなり恵まれた職場環境にいると思います。
    しかし、「こればっかりは仕方ない」と諦めなければならないことが色々あり、仕事に対するモチベーションは上がりません。

    でも、逃げるのは簡単です。
    自分に必要な学びはどこまでも追いかけてくるんですね。
    「こればっかりは仕方ない」と諦めてます笑

    こんなこと書いたら常識的な人からは怒られますが、私は仕事も会社もどうでもいいんです笑
    所詮、生活費を稼ぐ手段であり、暇つぶしに過ぎません。

    私の代わりはいくらでもいるし、いつしかロボットに取って代わられるでしょう。
    でも、人が人として存在することの意義や素晴らしさは、ロボットには理解できません。

    きっと言葉にはできないでしょうが、私は人間というものをもっと深く理解していきたいと願っているのかも知れません。

  18. 似たところはあるんだけどインディゴほど気性が激しくないというかですかね(ときどきそれも怪しい^^;)。ただ、今より若い頃は特に周りから変扱いされたりしてたので、自分は自分でいいんだって思えたいくつかの情報のうちのひとつがインディゴだのブルーレイだののラベルでした。

  19. Akikoさま。

    コメントありがとうございます。えへ(*´ω`*)ゞ。
    私は80年3月生まれなので、もしかしたらAkikoさんと同学年かもしれないです。うふ(*´∀`*)。

    透明とか真珠みたいって言われた当時、光にはいろんな色がつまってるっていうことを知らなくて、ちょっとつまんない…みたいに思ったんですよね(苦笑)。
    今なら、めっちゃええやん!って手放しでよろこびます!
    Akikoさんの“オレンジを中心とした緑の光”も、美しいですよねぇ。
    金色の粒子がちらちら瞬いてそうな、肌理が細かそうな質感を感じます(^-^)。

  20. 育った家庭や就職先のとんでもない環境にも何とか適応していたので、ブルーレイだと思っていたのですが、ここ最近は不思議なことに自分を強く出せるようになってきてインディゴっぽい感じです。85年生まれなのでブルーレイかどうかも怪しいですが、どの特徴にも当てはまるところがあって一体私は何者なのかよくわかりません。

    メタさん、めっちゃ好きです。これからもよろしくお願いします。

  21. 光と闇のグラデーションとはつまり、光の強さの問題ですよね。それぞれの光は違うわけで、その強弱でグラデーションがあるわけです。
    光と闇の闘いは、光が勝利したことはお話しました。これは、既に私の心の中で終了したということです。

    ナマステ

  22. あぁ、pvmpkinさんとしての宣言だったんですね。
    フラクタル全体への宣言に見えちゃって、早とちりしました。ごめんなさい。

    そして、おめでとうございます!
    いつか、オクターブが合ったら 、お逢いするかもしれませんね。
    その時は、よろしくです⭐

  23. これまで自分がインディゴであると思ったことはなく、メタ様のお陰です。ありがとうございます。少し肩の荷が軽くなりました。^_^
    使命に沿って生きます。

    ナマステ

  24. またまたしつこく、お返事を咀嚼しちゃいました。

    >光と闇のグラデーションとはつまり、光の強さの問題ですよね。それぞれの光は違うわけで、その強弱でグラデーションがあるわけです。

    表現の嗜好が違うだけで、私も同じ気分かもしれません。
    エリアはココ、日本の話ですが…
    古代、「光」と云う言葉が出る前…
    光も影も「影」として扱っていたそうです。
    どちらも同じものとして。
    それから、「光」と云う「影」の一面を表す言葉が出てきたと、以前にどこかのサイトで目にしました。
    多分、その際に残りの影が「闇」とされたのかな?

    >闘い
    私も去年のどこだか迄は忘れちゃったけど…
    闇と闘っていました。
    でも、途中(終わり近く)でお互い気付いたの。
    この闘いが役割分担して、一緒に作業、お仕事(神さまの仕え事)していた事に。
    だから、私のimageでは勝敗はなかったの。
    だから、私にとっての「闇」は、大切な相方さんなの。
    そこの感性の嗜好が違うだけで、同じ事を感じているのかもしれないと思い直しました!

    また長くなっちゃった。
    pvmpkinさん、おつきあいさせてしまって…
    ごめんなさい&ありがとう!

    pvmpkinさんの今回のコメント。
    私にとって、すごく大切な何かを含んでいたみたい。

  25. 光と闇の闘いってなんのことかわからないですよね。具体的なものではなく、象徴的な話です。これ、高次元ではすでに祝祭が始まっているんです。まだ、我々の次元では見えませんが。昨年の3月でした。目覚め、確信し、地球の波動は上がりました。今も上がり続けています。
    何の心配もありません。光は勝利しました。

    ナマステ

  26. minoralさま、

    こういう話は、いたいと思われそうで誰にもできず、魂の色彩の話に一緒に喜べて嬉しいです!

    メタ様、

    仰る通りの薄味人間です。
    しかも、エンパスってそうなんだと過去記事を読んでいるくらいの図太さといいますか‥
    (自覚なし;)

  27. なんだか、
    「これからは好きなことだけして楽しく生きるんだー」という思いと、
    「やりたいこともないし、もういいかなー(生きていなくても)」という思いと半々です。
    たぶん暗い気分ではなく、もういっかーって思うんです。

  28. インディゴほど気性が激しくないっていうとこ、めっちゃ同感です。ほぼ同じ年齢のインディゴの友人がいるんですが、すっごく情熱的で激しいんですよね。ファースト世代なので当然なんですが。私は情熱は内に秘めていて、外にはあまり出ないタイプで違うなぁって笑。

  29. 楽しいですね!コメント欄。

    私はセカンドみたいです。

    今、やっと人生が楽で楽しいと実感し出したところです。

    以前、魂カラーを見てもらった時にグリーン一色だと言われちょっと誇らしく思いました。

    ずっと激しい流れで親や学校に反抗した学生時代、バブルを楽しんで玉の輿にのり結婚。薄っぺらい人間でした。その後事業の倒産に離婚、病気等と様々なアトラクションを体験。

    気の強い女で、魂がグリーンとは思えない人生前半でしたが、思えば小さい頃は、弱きを助ける仮面ライダーが好きで、でも悪者が攻撃されたり殺されるのが可愛そうで仕方ありませんでした。

    30代後半に、本物のスピリチュアルの人間に出会い、見えない世界は在り奇跡は起こるんだと思いました。

    子育てが一番したいことと信じていた私はその後迷走して、色々頑張ってました。その頃にメタさんのサイトに出会いました。
    私がこんなに激しい人生なのはインディゴやからか!と救われました。

    メタさんの文章を読むと、安心しました。これで大丈夫だって。持病にも向き合う時期でした。一番の山を登ってた時期に出会ったんですね。

    ハイヤーセルフはメタさんは私にとって美しい北斗七星のようなものだと言います。羅針盤ですね。

    ここに集う人達のコメントも好きです。みんなメタさんに惹かれてる似た波動なんですものね。
    今や、このコメント欄もキラキラ輝く北斗七星に思えます。

    綺麗にまとめました。いえい!
    ※知的なコメントが多いので(それも好きです)乱したくない私はたまにコメントします。

  30. 還暦を過ぎていますが、インディゴの特徴が顕著なので私の親もそうかな?と思っています。
    まるで若い世代のインディゴみたいな人なので不思議で興味深いです(これまでの人生はさぞかし大変だったと思います)。

    全てのインディゴさんに幸あれ✨

  31. インディゴかどうかは分かりませんが、世代的にはフォースで、2016年に本格的な浄化作業が始まりました。
    これがアウェイクニングなんでしょうか?よく分かっていません(^^;

  32. 私はベータと言えばガンダムとビデオデッキを思い出した、がっつりベータインディゴ・セカンド世代でございました(^∇^)

  33. たぶん、この記事を読んでいる人の中には、世代的にはインディゴでありながら、あんまり共鳴しない人もいると思います。
    私自身は、カテゴリなんて、あってもなくてもどっちでもいいと思いますけど、インディゴグループの人たちのエネルギーは大好きです。

  34. だいたいみんな、完全に社会を出るまでに、出たり入ったりを繰り返すみたいです。

    そうするうちにアウェイクニングが進んで、社会に対する抵抗感自体、意外になくなるんですよ。

    そこからシフトするタイミングは、そのうち来ます。

    でも抵抗感をなくして軽くなるのが、意外に大きなレッスンで、それをクリアしない限り、不自由はなくならないというのが、私の経験上の学びです。

  35. ありがとうございます(*´ω`*)

    >どの特徴にも当てはまるところがあって一体私は何者なのかよくわかりません

    それはとてもナチュラルなことで、それだけ多くの側面を持っている、つまり多次元的だということが出来ます。自分は自分で全然OKですし、ちょっとずついろんなグループを手伝っているという考え方もあります。

  36. すごくオーソドックスというか、これぞまさしくスピリチュアルの旅路であり、アセンションっていう人生を歩まれて来られたんですね。
    経験は財産ですから、それを元手に、いずれご自身が誰かを助ける立場になる日が来ると思います。まさかと思うじゃないですか。でも不思議なもので、この道はそういう風にできてるんですよ。

    北斗七星!ありがとうございます(*´ω`*)

  37. オーソドックスなんですね、メタさんに言われると、すんなり包まれるような気持ちがします。
    へえ、私オーソドックスなんや。オーソドックスかあ、、正統派?笑
    私、ハッチャケてた学生時代に、占いで、大器晩成型で色々な経験をして、それで人を助けるようになるって占われたことがあります。
    まあ、成るようになりますよね。みんなにお任せします。

  38. 超おもしろいっ!子どもが5thで、つい先日
    <おめでとう。ママのオーラ、レインボウになったよ、おばさんとかにはめずらしいんだよ>って言われて なんじゃい?って思ってたところです。
    オクタリンフェイズ(はじめて知りました)ってこと〜?
    メタ通信シンクロすごいです 、ありがとう♡

  39. 実際のところ、年代はそこまで厳密じゃなくて、説によって若干変わるんですよ。時間は、直線じゃないですからね。
    絶対数の差こそあれ、実際は、全世代にいると思います。

  40. そうなんですね。
    アウェイクニングは1つの段階なのか、一連のプロセスのことなのか、私の中であやふやだったので、
    教えていただいてありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です