よくわかるアセンデッドマスター その2.アセンデッドマスターの教えとアセンション

Spread the love


アセンデッドマスターの教え

アセンデッドマスターの教えとして最も根幹となるのは、以下の3つです。

Ascended-Masters
ありがたいマスターたちが、輪になってあなたを見守っています。Pinterest

1.全ては、普遍的に浸透する神の現れである

全ては神の現れであり、ひとつのものだという教えは、今もスピリチュアル界でよく言われます。ここで言う神とは、特定の神を指すのではなく、生命、光、愛であり、あらゆるものが生まれ、還っていくエネルギーの源です。

2.個人は、神の個別の現れである

私たちは誰もが神の一部であり、その化身です。私たちは神の表現として、この自分と言う存在を経験しています。

3.宇宙は、生命と愛と光の海

すべてが神であるなら、この宇宙に神でないものは存在せず、ただ、生命と愛と光の海が広がっています。

参考:Ascended Master Teachings in Wikipedia

 

これらの教えは神智学系のアセンデッドマスターの教えとして伝えられましたが、今でもいわゆるスピリチュアルの教えの基本となっています。「すべてはつながっていて、ひとつだ」というのは、東洋的な考えです。この考えに影響を受けた人たちは、超越主義やニューソートと呼ばれるグループを作り、こうした文化が母体となって、スピリチュアル/ニューエイジ思想が開花します。

 

 

アセンデッドマスターとアセンション

アセンデッドマスターの教えは、アセンションに必要な基本知識です。彼らの定義するアセンションとは、神および神の現れであるハイヤーセルフと完全にひとつになることです。その状態を「アイアムプレゼンス I AM presence」という、日本語にしづらい名前で呼んでいます。「I AM」とは、「私は~です」の状態であって、「特定の名を持たない全て」という意味があります。

マスターの教えでは、このI AMプレゼンスとは、本当の自分であり、より高次の領域にいる存在として肉体の私たちに光を送っています。それは神の意識の個別の現れであり、私たちの本当の姿を思い出させます。「私は~」と考える時、そこに続く言葉には無限の可能性と選択肢があります。それが私たちの真の姿です。その理解を体現した時、私たちはIAMプレゼンスそのものとなり、肉体でのレッスンを全てマスターし、アセンションするのだそうです。

"Lavishly has the Creator bestowed upon you his kingdom. With gratitude, lavishly receive it." - from "Gratitude" in the Gardens of the Heart series by Summit University Press
これがアイアム状態。かなりキテます。

 

この状態に達するには、意識に残るネガティブなカルマのうち、少なくとも51%を償却する必要があるそうです。マスターたちの教えをベースとし、物理世界の分離を幻想だと見破り、進化という神聖な計画を進めることで、私たちはアセンションします。私たちもまた、アセンデッドマスターの道を進んでいます。

参考:Ascended Master Teachings in Wikipedia

 



アイアム状態に入ったことがある人は、このイラストの感覚が全く大げさには感じないと思います。

よくわかるアセンデッドマスター その2.アセンデッドマスターの教えとアセンション」への2件のフィードバック

  • 2018年3月8日 12:54 AM
    パーマリンク

    いつも情報のシェアしてくださって有難うございます。言葉の解説から何から「アセンデッドマスターは・・・アセンデッドマスターです」みたいな説明でなくてホントに痒い所まで手が届きます。テーマのエッセンスを簡潔に教えてくださるところもステキです(^・^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です