3年D組メタ八先生による”冬休み嫌いのための冬休み心得”

Spread the love


明日から冬休み。年末・年始のあわただしい時期ですが、メタ高生としての自覚を大切に、毅然とした態度で毎日の生活を送って欲しいものです。

しかし、この時期、イントロバートでスターシードでインディゴでオールドソウルなみなさんには、多大なるチャレンジが待ち受けていることを、先生は知っています。

そこで、みなさんが健康で充実した生活を送ることが出来るよう、冬休みの心得があります。

・・・・・・

1.とりあえず飛び込む

メタ高校では、常日頃から誰も興味を持たないマニアックな話題ばかりを取り上げています。でも一歩学校の外へ出たら、みなさんにはそれぞれの世界がありますね。

メタ高生なら、チャレンジはいつもチャンスだということを忘れないでください。どれだけへこむようなことがあっても、それは必ず、必ず変容の種子となります。ここは大事だから、先生、2回言いました。

がつんとやってみて、だめそうだったら帰って来ましょう。

2.できるだけ居心地のよい衣服で過ごす

居心地の悪い場所に行く時に、居心地のよくない衣服を身に着けていると、うっかりバランスを崩します。出来るだけリラックスできる服装を心がけるか、リラックスをもたらしてくれるような”お守り”を持っていきましょう。

3.頑張らなくていい

夜の校舎の窓ガラスを叩き割って回るような反逆の精神は、スピリット界の尾崎豊先生がやってくれますから、みなさんはやらなくていいです。ほどほどにしましょう。

4.個人的に受け取らない

外側の世界で何が起こっていようとも、あなたの心の愛と平和は、あなたが守れるものです。あなたの心はあなただけの聖域であり、何者にも汚されることはありません。境界線をしっかり保ち、外側のネガティブを内側に入れる必要はありません。あなたの大切なものは心の中で永遠に守られ、なくなることはありません。

5.愛と光を送る

腹が立ったり、イライラすることがあったら、まずチェックすべきは自分の思い込みです。そうやって自分を居心地悪く追い込む必要が、本当にあるのかな?考えてみましょう。

「お前のネガティブで、楽しい気分をぶちこわされてたまるか!」と思っても、暴れないこと。後片づけが大変です。代わりに愛と光を送りましょう。相手にも、自分にも。

6.辛くなる前に、さわやかにその場を立ち去る

もう切り上げたいなと言うときに、ちょっとすまなそうだったりすると、余計気まずくなります。自分の中に、誰でもいいですけど、ディーン・フジオカみたいな、さわやかタイプのエネルギーを下ろし、感謝を伝えて華麗に立ち去りましょう。「ディーン・フジオカなら仕方ないな…」となります。

7.愛のエネルギー補給をしっかり

ここが一番肝心です。メタ高生にとって、年末年始のイベントや家族行事のダメージは、時に計り知れないです。でも、どんなにしんどいチャレンジだったとしても、みなさんが頑張ったことは、先生はよく知っています。

悲しい事があった時は、先生のことを思い出してください。先生が代わりに「このバカちんが!」を言いに行きます。

あなたが今、ここにいるということは、それはあなたが光をもたらす存在だということです。そして光はあなたの周りでも、いつだってあなたを守り、照らしています。

5次元と3次元のバランスが取れてこそのメタ高生です。

よい冬休みを過ごし、充実した顔で新学期を迎えましょう。



メタ高の校訓は、「1.全ては一つ 2.おまえは愛 3.早く寝る」です。卒業すると宇宙人になります。

新学期がいつ始まるかは、先生もよく知りません。

3年D組メタ八先生による”冬休み嫌いのための冬休み心得”」への3件のフィードバック

  • 2018年3月18日 10:01 PM
    パーマリンク

    フト思い立ち過去記事を遡ってみると。
    やっぱり!
    これまでの自分だったら(今更かな…)と躊躇うところですが、「時間は直線的ではない」というのなら(意味と使いどころ間違っているとしても)私にとっての初コメントはやはりここから。

    記事アップ当時の私はすごく励まされ、いまの私もあらためて読み返しながらまたちょっと泣きそうになり、そしてこちらの記事が閲覧できるかぎり、これからも新たに救われる人たちは居続けるのです。ありがとうございます。

    メタ八先生の「声援」、いつも届いています。
    本家ドラマの番組放送直前にやってた番宣よろしく、
    先生「この後はぁー!3年D組ぃー!」
    生徒たち「メータ八ぁーちせぇーんせーい!!」
    それでワーッて叫びながら、他の読者の皆さんと一緒になって一斉に、先生に駆け寄りたい気分ですよほんとに本当に。

    なによりD組の“D”が利いてますね!
    最高です笑。

  • 2018年3月19日 3:52 AM
    パーマリンク

    メタ八先生は、昔、教員をやっていた頃のことを思い出して書いた話なんですよ。読んでくださる方がいて、メタ八先生も生き続けますから、またそのうち、どこかで登場するかも知れません。メタ八先生は生徒たちが大好きで、いつでも教壇に立ちたいと思ってるんですけど、なんか忙しいらしいんですよね笑。

  • 2020年1月31日 12:01 AM
    パーマリンク

    メタ校学徒として私もやはり、ここから。
    私がある日を境に変化した、1980年代は、スピリチュアルや精神世界という言葉は皆無でした。ひとりアセンション同志の尾崎豊先生もまだ現役高校生でした。
    外界との違和と無理解(今となればそれが何の差なのかわかる)との闘争の毎日がそこから始まりました。

    けれど心象風景は、芸術やある種の共感、自分の美意識が満たし高めてくれ、鍛錬と恩寵とが与えられました。

    マーシニアックも、他の人達のために周波数を下げ、説明し、それを用いて他の人々を癒し…と伝えていますが、仮面劇のようなこの世の愚ひとつひとつを、真面目に受け取るのは、振り返っても自殺行為であるばかりでした。

    長らくカスタネダシリーズとの格闘を経て、いつか書店にも精神世界という棚ができ、今こうしてネットで学んでいます。80年代の私に伝えたかった情報を。

    覚醒への道は、ラガードその他(20.1.16参)が大いに阻んでくれます。
    けれどいつでも、私はメタ高生でいることができます。
    夜3時間繰り返し読む(読むのが遅いから)日もあり、かつての知識が統合されたり、合点したり、感心したり。

    マーシニアックは、あなたが誰であるかをマスターしなければならないのですと言いますが、
    刻々と、新しい世界に入りこむ度に、私が誰であるかをマスターしようとすること、実は最大の恐怖なのです。自分が姿を現すこと、宇宙とフラクタルな自分を知ってしまうこと。

    迷いの果てから、再び、手を伸ばし、目をこらしています。
    3年…のドラマはよく見ていませんが、遠くまで見える道で、君の手を握りしめる。
    それを希求し、こちらのアンテナを解放する。
    そんな幸運に恵まれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です