道で硬貨を拾った時のスピリチュアルな意味

Spread the love

硬貨の持つスピリチュアルな意味

道でお金を見つけると、金額の如何に関係なく、「あ、ラッキー」って思いますよね。実はそこにもスピリチュアルな意味があります。お金を見つける場合、それは天使やスピリット、亡くなった人からのメッセージだと言われます。あなたがいつも愛されていて、あなたには価値があると知って欲しいのです。

スピリット界からのメッセージには、他にも沢山の方法や表現がありますね。彼らがどうしてコインを使うのかと言うと、単純に、紙幣より扱いやすいからです。固く小さく長持ちする上に、色も目立ちますから、あなたに見つけてもらうまで、うまい具合にその場所においておけますからね。その他にも、コインによって個別の意味があります。

 

1円玉を見つけたら:

1という数字は、新しい始まりを表します。1円は、前進あるのみというメッセージであり、成功や達成、進歩、宇宙とのワンネスなどを意味します。シルバーという色は、スピリットや魂を映し出す鏡と考えられていますから、彼らからのメッセージとして使われやすいコインだと言えます。宇宙のサポートを信じましょうというメッセージです。

 

5円玉を見つけたら:

5という数字は、五角形の星形のように広がるエネルギーを表し、自由と理想の象徴です。また5元素が全て揃った状態を表しますから、願いが現実化・成就するという意味もあります。ゴールドは、愛や慈悲、勇気、智慧のシンボルであると同時に、富や豊かさも表す色です。豊かさは常にあなたの身近にあり、それに感謝しましょうというメッセージです。

 

10円玉を見つけたら:

10という数字は、数秘術で完成を表す9という数字の、さらに上であり、究極の完成や完全な目覚めを表します。また10という数字を分解すると、直感を表す1と、無限の可能性を表す0という数字で出来ています。銅という金属は電気の伝導度が非常に高いため、スピリチュアル的にはスムーズなコミュニケーションやシンクロニシティを表します。あなたの直感とつながり、無限の可能性を信じ、それに従って迷うことなく行動しなさいというメッセージです。

 

道で硬貨を拾ったら…

アメリカでは1セント硬貨(ペニー)はラッキーコインと呼ばれ、道で拾うと幸運が訪れると言われます。そしてこの時、ちょうど流れ星を見た時のように、願い事をするといいと言われています。特にペイガン・ウィッカ(魔女)などのマジックを信じる人たちにとって、コインは豊かさを実現するマジックパワーを持つ印です。次回、あなたが道で硬貨を見つけたら、ぜひ豊かさが実現するようお願い事をしてみましょう。

 



1円玉を見て宇宙とのワンネスを感じる人は相当なスゴ腕だと思いますが、スピリットからのサインと思うとほっこり嬉しいですね。

「道で硬貨を拾った時のスピリチュアルな意味」への5件のフィードバック

  1. はじめまして( ๑ ╹ ◡ ╹ ๑ )
    100円玉をみつけたときのメッセージはありますでしょうか?

  2. ちょうど10日に自宅の庭の毎日掃除している場所で、土で白くなった5円玉を見つけました。その現れた感にびっくりしました。昭和47年のものでした。

  3. コメントありがとうございます。コインを見つけたときって、まるでコインがその場所で、じっと自分を待ってたような感じがありますよね。

  4. どうなるかわからない遠距離恋愛中、新幹線に乗って彼の地元に来るとコインを拾うことが時々ありました。なんかこっち来ると拾うなんて話しながら募金箱に入れてましたが、こんな意味があったなんて。現在は結婚して、彼の地で暮らしています。宇宙から応援されてたのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です