アストラル界からのインタビュー ビッグフット その2.ビッグフットのソウルパーパス



※チャンネリング・エリックは、亡くなった20歳の青年エリックが、アストラル界からお送りするスピリチュアル学習番組です。

登場人物

  • 母: エリックのお母さん。この番組のMC
  • エリック: アストラル界の住人
  • キム: スピリットと会話する霊媒

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビッグフットのソウルパーパス

母: あなたたちのスピリチュアルな目的な何なのかしら。

ビッグフット: 私たちの存在は、集合とはどのようなことかを教えるためにあります。静寂や、自分の全てを一か所にまとめることなどについても教えています。自分たちの種族だけではなく、それ以外の種族にも教えることが出来ます。

キム: 恐竜にも教えてるみたい。

母: ええっ?

キム: ちょっと今まで考えたこともないことばかりで、私の頭がびっくりしてるわ。

母: 人間も教えてるってこと?

ビッグフット: もちろんです。人間には、思考や考えがあります。それは、マインドによって作られたものです。そしてマインドが何を作り出すかによっては、思考の多くは偽りであることがあります。私たちは、そうではありません。存在の真実を経験するだけなのです。

母: どういうことですか?

ビッグフット: 人間による理解と経験は、私たちのものとは大きく異なります。

母: つまり自分が今経験していることしか、思考に上らないってこと?想像はしないんだ?

ビッグフット: 部分的にはそうです。私たちの思考は、今いる瞬間の中でのみ、作られます。そして、そこから学び、私たちが真実となるのです。私たちはそれを教えることも出来ますが、自分たちの意見を人に押し付けようとは思いません。誰にでも、自分の経験があるからです。人間は指図するのが好きですけどね。

・・・・・・・・・・

どうして見つからないの?

母: あなたたちは、この次元に来ているにも関わらず、なんでなかなか見つからないの?シャイなのか、それとも孤独が好きなのか?

ビッグフット: 私たちは孤独を好みますが、それは内気だからではありません。自分たちの内面の居場所を大切にしたいからです。自分の内面というのは、自分のエネルギーを敏感に感じることが出来ますし、そこから境界を保つことも出来ます。自己防衛機能のようなものです。

母: もしばったり人間に出会ったら、どうするの?

ビッグフット: 地球に生きることは、私たちにとっては非常に変わった経験です。通常の自分たちの次元に比べると、ずっと低い感情を経験するのです。物理次元にいることがトリガーになって、私たちも攻撃的になります。それは人間に向けられた攻撃ではなく、防御のためなのですが、時には人間を傷つけたり、食べてしまう仲間もいます。

母: まあ!

ビッグフット: 自分たちの神聖な空間に誰かが土足で踏み込むようなことをするなら、私たちも立ち向かいます。けれども、私たちの場合は、そこまで極端なことはしません。人間を攻撃する前に、まず脅かします。

関連記事:  トールホワイトエイリアンへのインタビュー

・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は本物?

母: あなたたちのうちの誰かが山の中を歩いている有名な写真があるんだけど、あれは本物なの?

Patterson–Gimlin film frame 352.jpg

Wikipedia

ビッグフット: 実際、私たちが写真やビデオに撮られた例は、これまでいくつもあります。

母: インチキじゃないんですね。

ビッグフット: ええ。私たちは、自分たちの存在を知らせたいと思っていますが、全て明らかにしないのは、誤解されたくないからです。

母: ビデオも本物?

ビッグフット: 私ではないですが、本物です。私たち全体が同じ一つの集合ですから、私でなくても分るのです。人間は、個性や個人にこだわるあまり、全てが一つであると思えないことろが興味深いです。私たちは一つの集合ですから、テレパシーも使えますし、互いにリスペクトし合っています。

母: 人間があなたたちから学ぶことが出来たら、どんなに進化するでしょうね。

ビッグフット: これまで経験したことのない急速なペースになると思いますよ。

・・・・・・・・・・・・

ビッグフット/サスカッチ/イエティの違い

母: ビッグフットとサスカッチ、イエティは、みんな同じなの?

ビッグフット: 同じ家族ですが、特徴は違います。

キム: 私から見ると、ビッグフットは一番もの静かで、ピースフル。イエティは、少しエネルギーがうるさくて、乱暴な感じ。

ビッグフット: サスカッチは少々攻撃的です。

母: 地球上だと、どこに住んでるの?

キム: 彼、地図を見せてくれてるけど、イエティはアメリカで、サスカッチはロシアで、ビッグフットはインドみたい。

ビッグフット: それぞれエネルギーがマッチする場所に住んでいます。

Channeling Bigfoot, Part Two by Channeling Erik

関連記事:  アストラル界からのアフターライフインタビュー その5.ホイットニー・ヒューストン

Channeling Bigfoot, Part Three by Channeling Erik


この記事ではここで終わりですが、本編ではこの後、彼らの政治形態、技術、暮らしなどについての話が出てきます。

ビッグフットだけでなく、高次の存在って言うのは、みんな似たところがあって、エゴレスの集合で、テレパシーコミュニケーションで、全体を愛するみたいな。


私たちも、いつかそんなふうになれるのでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。