シャーマンの伝統的な考え方 病気を引き起こす3つの原因



シャーマニズムにおける病気の3つの原因

シャーマンは、病気の原因をスピリットの領域に求め、それが肉体の私たちに影響をもたらすと考えます。ですから彼らの世界観では、肉体だけを治療するのは、真のヒーリングと言えません。原因が解消されずに残っているからです。彼らが考える原因のうち、主なものは以下です。

 

1.不調和

人生とのつながりを感じさせてくれる重要な絆を失ったり、人生の意味が分からなくなると、私たちは人生との不調和を経験します。たとえば、長く幸せな結婚していた夫婦のどちらかが亡くなると、残された方は、生きる意味を失ったかのように感じます。残された人も、まるで後を追うようにガンなどの病気で亡くなることも、決して珍しくありません。

この他にも、不調和は、様々なタイミングで経験します。失職や、パートナーとの別離は、あなただけでなく、あなたの生きてきた人生の意味そのものを揺さぶります。あなたはまるで自分が力を失ったように感じ、それがあなたのエネルギーフィールドにダメ―ジを与え、病気にかかりやすくなるのです。

・・・・・・・・・・・・・

2.恐れ

恐れは、免疫システムを低下させますから、慢性的な恐れを抱えている場合、病気に対して極度に抵抗力が下がるのです。あなたを危険から守るための小さな恐れを持つのは健全ですが、それによって人生を制限されていると感じるようになると、マイナスの力になります。

恐れは人生との不和にも深く関係しています。恐れと不安が、不和を作り出すからです。また不和が恐れを生み出すとも言えます。これらが共に作用するとき、体の免疫システムとエネルギーフィールドに及ぼす影響も二倍になります。そうなると病気は避けられないでしょう。

・・・・・・・・・・・・

3.ソウルロス

ここに挙げる3つの原因のうち、シャーマンはソウルロスを最も危険なものだと考えます。ソウルロスとは、内面のハートである魂に深刻な傷を負った時に起こります。魂は、それを所有する人のエッセンスがある場所であり、その人自身も表わす根源的な部分です。ハートに傷を負うことは、その人のエッセンスの一部を失うことであり、それがソウルロスと呼ばれるのです。

ソウルロスの原因は、無数にありますが、一般的にトラウマ的な経験と関連し、西洋医学ではPTSDという診断をされるようなものが多いです。離婚、重大な事故、レイプ、暴力、その他にも、戦争に行った兵士がソウルロスに陥る場合もあります。特定の出来事によって負った肉体的・感情的痛みが、魂にまで深く傷を残している場合です。

 ソウルロスの症状には以下のようなものがあります。
  • 自分で何かを決定することが出来ない
  • 無感動・無感覚
  • 喜びの欠如
  • 慢性的なネガティブさ
  • 依存症
  • 集中力・持続力の低下
  • 愛し、愛されることが出来ない
  • 情熱の欠如
  • 絶望
  • 記憶の欠損
  • 慢性的な抑うつ
  • 希死念慮
関連記事:  月齢のスピリチュアルな意味とエネルギーサイクル

・・・・・・・・・・・

病気を癒すには

こうした状態にある時、クライアントは、自分を防御する力の欠如を感じています。まずは、その力を取り戻し、原因が何かを知ることが、ヒーリングには不可欠です。

ネガティブな思考を、たとえば体に刺さった矢として視覚化すると、それを意識で体から取り外すことが出来ます。

さらに、3つの原因、全てが考えられるなら、それぞれにヒーリングが必要だと考えます。

バランスを取り戻し、真実と勇気を見つけましょう。

There Are 3 Inner Causes For Most Of Our Diseases According To Shamans by EWAO


エネルギーヒーラーとシャーマンは、病気の原因をスピリットの領域に考えるところは同じなのですが、違う点は、前者はエネルギーを使って、後者は動植物の力を使って治療するところです。

動植物の力と言うのは、ハーブを使ったレメディーという意味もありますが、スピリットとして使うという意味もあります。

ヒーリングにあたって、トランスに入ってスピリットの世界に出かけ、クライアントに必要なパワーを持つ動植物を見つけてきて、そのエネルギーを息としてクライアントに吹きかけるという。

エネルギーヒーラーは、基本的に自分は何もしなくても、エネルギーが勝手にやってくれますから、そこが便利です。