身近にできるグラウンディングの11のテクニック

Spread the love

エネルギーシフトで気分が落ち着かない時は、グラウンディングがとても大事です。


グラウンディングの感覚

スピリチュアルの世界では、グラウンディングという言葉をよく耳にします。「グラウンド」には、「地面、大地」と言う意味の他に、「地面につける、根付かせる」という意味があります。簡単に言えば、グラウンディングとは、精神的・感情的、そして肉体的にも「地に足をつける」ことだと言えます。スピリチュアルな感覚で言えば、うわの空で、ふわふわしている意識を、肉体に戻すことであり、文字通り、どっしりと大地に落ち着くことです。それは、たとえば、夜、家に帰って、お風呂に入ってパジャマに着替え、ソファにどかっと座った時に、「ふうっ」と落ち着く感覚にも似ています。もしくは、芝生の上に寝転んで、のびのびした時に感じる健康的な安心感とも言えます。

 

グラウンディングできているかどうかを知る目安

グラウンディングとは、スイッチオン・オフがある訳ではありませんので、できているかどうかの明確な基準はありません。けれども、いくつか目安もあります。グラウンディングができている時、できていない時には、以下のような感覚や感情があります。

グラウンディングができていると…

  • 集中力が上がる
  • 自分自身でいることに落ち着く
  • 自分のいる場所を、自分の居場所だと感じ、安心することが出来る
  • 気分が安定していて、現在に生きることが出来る
  • 夜、ぐっすり眠れる

グラウンディングができていないと…

  • そわそわしていて、何をやっても中途半端になってしまう
  • 忘れっぽくなったり、仕事上の小さなミスが多くなる
  • 集中力や持久力がなくなる
  • どこにいても落ち着かず、安心できる居場所がないと感じる
  • 特に問題がないのに、ぼんやりとした不安を常に感じる
  • 夜、眠れない

 

身近にできるグラウンディングの11のテクニック

グラウンディングとは、無条件の安定と落ち着きを取り戻すことです。しかし、世の中も人生も、無条件で安心できないような仕組みになっていますよね。グラウンディングとは、マインドよりも、むしろ体の働きです。ですから、マインドよりも、体の感覚にフォーカスしてください。私たちの仕組みは非常にうまくできていて、身体がのびのびしたり、心地よい感覚があると、緊張がほぐれ、自然とグラウンディングできるようになっているのです。

ここでご紹介するもののうち、どれが一番効果的というのは、人によって違います。ですから、自分のための処方箋として、いくつか方法をストックしておくのがよいと思います。

 

1.深呼吸する

深呼吸があれば何でも出来そうな気がしますが、実際、深呼吸はどんなスピリチュアルプラクティスでも基本です。意識を体に向け、散乱していたエネルギーを自分の中に引き戻すことが出来ます。体に感じる変化に注意しながら、ゆっくり息を吐き出し、ゆっくり吸い込みましょう。最低3回以上、十分心が落ち着くまで行います。

イメージエクササイズをプラスするなら、あなたの体の中心からネガティブな感情を吐き出し、ポジティブな光のエネルギーを吸い込むようにするとよいでしょう。

 

2.運動

ヨガでもジョギングでも、ストレッチでも、なんでもOKです。運動は、今に生きる感覚を養ってくれるので、グラウンディングに最適です。軽く汗ばむくらいまでやると、さらに効果が上がります。

 

3.瞑想

定番のグラウンディングテクニックです。瞑想をやる人はやるでしょうから、特にこれ以上説明も要らないでしょう。

 

4.食べたり飲んだりする

食べたり飲んだりすると、気分がリセットされて落ち着きますよね。それがまさにグラウンディングの感覚です。しかし大盛カツカレーとか、ビール飲み放題などでは、逆にぐったりしますから、やっぱりこういう時は、ほっとする食べ物や飲み物がいいでしょう。

 

5.笑う

笑うことも、非常に効果のあるグラウンディングとなります。笑う時にお腹の筋肉を使うので、それがソーラープレクサスやセイクラルの低い位置のチャクラを活性化させるからです。どうせ笑う時は、思いっきり声を出して笑えるような環境を作っておくと、さらにグラウンディングの効果が上がります。

 

6.自然の中に出かける

草花に触れたり、木をハグしたり、植物の傍にいる時の独特の空気を肌に感じ、匂いを嗅ぎながら深呼吸することで、とてもどっしりした気分になりますよね。それがグラウンディングです。

自然の中に出かけても、他のことを考えていると意味がないですから、感覚をオープンにして、思う存分自然を味わう時間にしましょう。

 

7.動植物の世話をする

自然の中に出かけるのと同じで、動植物の世話をし、彼らに触れることでもグラウンディングになります。彼らに注意を向け、彼らのエネルギーとコミュニケーションすることで、マインドを静め、ハートを開くことも出来ます。

 

8.裸足で歩く

地球とつながるので、アーシングと言われることもありますね。芝生や砂浜、それが近くにない人はウッドデッキでも構いませんから、裸足のまま大地を感じることは、とてもよいグラウンディングになります。

イメージエクササイズをプラスするなら、あなたの左の裏から大地のエネルギーを受け取り、体の中心をとおってエネルギーを循環させ、右足の裏から抜けていくイメージをするととよいでしょう。

 

9.スマッジスティックやエッセンシャルオイルを使う

お香の匂いを嗅ぐと、なぜかほっとしたり、落ち着くという人は多いと思います。それがグラウンディングの感覚です。

エッセンシャルオイルを使いたいなら、ルートチャクラに効果のあるものがいいとされています。しかしルートチャクラ用のオイルは、ヴェチバ―やパチュリ、ジンジャーなど、あんまりかわいくない匂いのものが多いので、他の香りとブレンドしてもいいと思います。

 

10.クリスタルを使う

グラウンディングクリスタルにもいろいろありますが、私が個人的に鉄板で効果があると感じるのは、ヘマタイト、スモーキークォーツ、ブラックトルマリン、オブシディアン、タイガーアイなど、黒色・褐色系のものです。

ネガティブなエネルギーをミュートさせる効果もあるので、エンパスの人が持ち歩くのにもいいと思います。

Crystals for Grounding — Hematite, Smoky Quartz, and Black Tourmaline help to ground your energies and connect you to Mother Earth (also known as Earthing) when you feel spacey, scattered, or unfocused. Hold your preferred crystal(s) in your receptive/non-dominant hand. Take a few deep breaths to help you center and ground your body into the present moment.
via Pinterest

11.肌触りのよいものや、お気に入りのものに触れる

スヌーピーに登場するキャラクター、ライナスのいわゆるセキュリティブランケットというやつです。落ち着く肌触りのぬいぐるみやタオルを持ち歩いて、不安になりそうな時にすかさずギュッとするといいと思います。「この年になって、ぬいぐるみなんて持ち歩けるかよ!」と、グレてはいけません。スピリチュアルに年齢は関係ありません。

これもおすすめ:サードアイキスの6つの効能

 


要するに、グラウンディングとは特別スピリチュアルなプラクティスではなく、普通に生きてると、誰でもグラウンディングできるようになっているというのがキモです。