シリウス意識アドロニスが語る ”インディゴチルドレンという現象”


インディゴより、チルドレンの部分が大事っていうのは、なるほど、そうかって感じです。


宇宙人から見たインディゴチルドレン

今日はインディゴチルドレンと言われる現象について、お話ししたいと思います。

彼らは新しい人類の集団で、この惑星の、それ以前の世代の人々と同じ領域や機能で作動していません。

1960年代から1970年代に、この惑星にやって来たと言われます。その頃は、彼らより古いウェイショウワーと呼ばれる世代が、いかにして人は古代の智慧に還るかと言う、初期のスピリチュアル・ムーブメントを作り出していた時代です。

1960年代から1970年代には、あなたたちの惑星が持つエネルギーが、月や他の惑星エネルギーとの関係において、一定のレベルに達しました。これらの新しい形のエネルギーは、新しい遺伝子的構造の人間を作るために、ちょうど蛹のような機能を果たしました。インディゴチルドレンは、地球外生命体によって操作された遺伝子を持ち、それは旧世代のものとは異なります。

インディゴレイは、神聖なインスピレーションや、智慧と知識を表します。サードアイチャクラの色と同じです。1960年代から70年代にやって来た世代は、これらの進化した遺伝子を受け継いでいます。彼らの遺伝子は、簡単に言えばアップデートされたソフトウェアにも似て、人間の新しい能力を示します。

・・・

宇宙人から見たクリスタルチルドレン

1980年代から90年代、2000年代に生まれた人たちは、彼らよりさらに進化した存在です。彼らはバイオレットの光のスペクトラムを持ち、インディゴの遺伝子構造を、さらに補完しています。

彼らの特徴はADD、ADHD、自閉症、特定の精神病と診断されることが多いのですが、実際のところ、彼らはそのような不調の状態にはは全くありません。彼らの知覚方法は高次の周波数に適したものであり、それが従来の方法とは異なるのです。

この惑星の人々は、規則正しく組織的なふるまいに取り憑かれており、これらの子どもたちにも同様のことを求めます。しかし彼らは集団として、遺伝子的に新しい人類を作るためにやって来た存在であり、そのエネルギーや考え方は、旧世代のものとは大きく異なります。機能不全ということでは、決してありません。

彼らのコミュニケーション方法は、非直線的なものであり、多次元的でもあります。彼らはそこで得た情報を、イメージや音楽などの表現を通じて人々とシェアします。

インディゴチルドレンたちも、そのレベルにまで進化を進めています。

・・・・・

あなたたちは共に新しい世代を作ります

インディゴ、クリスタル、レインボーの光の子どもたちは、この惑星に調和と統一をもたらすためにやって来た、同じウェーブの一部です。

2014年から2024年までの間に、あなたたちは、互いに対する尊敬や評価、心のオープンさなどで、大きな変化を見るようになります。それはあなたたちの文化を、再形成することになるでしょう。

関連記事:  バシャール最新2016年12月2日LAセッションより 変化の現状について

2034年から2044年の間には、新しい教育システムが立ち上がるようになります。私たちが呼ぶところの、「フラクタル・グループ・シンキング・コレクティブ」の考えに基づいた新しい大学が出来るでしょう。

光の子どもたちは、新しい教育システムとはどんなものであるべきかと言う考えを広めるために貢献するでしょう。”新しい教育システム”と簡単に言いましたがが、教育をシステムとして扱う考え方に反対する、新しいやり方と言うべきものです。

私たちは、現在の時点では、この情報は一部の選ばれた人たちにしか伝えていません。フラクタル・グループ・シンキングのアイデアを、より理解できる人たちのことです。

彼らは共に協力し合って、全体として機能します。

・・・・

チルドレンと呼ばれる理由

インディゴチルドレンは、肉体的には大人になっていますが、年齢、形状に関わらず、彼らは”子ども”のままです。

彼らの特徴は、インディゴと言う言葉よりも、むしろチルドレンという言葉にあります。”子ども”として、彼らにとって遊びの要素はとても重要です。

子どもの持つ最も素晴らしい特徴の一つは、彼らは常に今、ここに生きる集団であり、表現、拡大、感情において無限大なのです。どうか子どもとしての自分に目を向けてください。そこにあなたたちの周波数があります。美しい智慧、深い知識、スピリチュアルなつながりや調和を表す周波数です。

あなたの中の子どもの部分が、最も拡大する可能性がある部分です。なぜなら彼らはこの世界をエキサイティングンする想像の世界に暮らしているからです。


よく考えたら、私たち、テレパシーが使えると思うんですよ。集合を通じて。


今、あなたが考えている新しい世界のアイデアは、ひょっとして既に誰かと共有してるのかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。