エリック君が語る ”人はどうやって転生するか”

広告

みんなこうやって生まれてきたのかと思うと、人生はすごいですね。

広告


※チャンネリング・エリックは、亡くなった20の青年エリックがアストラル界からお送りするスピリチュアル・学習番組です。

登場人物

  • 母: エリックのお母さん。この番組のMC。
  • エリック: アストラル界の住人。

・・・・・・・・・

ソウルコントラクトの作り方

母: 人はどうやってソウルコントラクトを結ぶの?

エリック: どうやって自分のブループリントを作るかってこと?

母: 紙と鉛筆があって、コンパスで角度を測って…って訳じゃないでしょ。

エリック: そんなじゃないけど、自分で作るよ。好きなようにデザインして。

母: ソウルファミリーとかガイドが手伝ってくれるんでしょ。

エリック: うん。もちろん。すごく大きいことだから、全部自分でやる訳じゃない。

母: ふーん。

(長い間)

母: え、それだけ?

エリック: そうだよ。

母: もう少し詳しく、何かないの?

エリック: うーん…。だから、自分の学びたいことをコントラクトにするんだよ。同時に起きてる全ての転生からの情報を、参考にしつつ。

母: ふむふむ。

エリック: 自分が向かう方角を考えて、コントラクトを考える。それから誰かに意見を聞くと「それはやりすぎだよ」とか、「もう少し頑張ろう」とか、「こういうのはどう?」とか、教えてくれる。カウンセラーみたいに。

母: そうね。

エリック: でも最終的には自分の人生だから、最後は自分で決めるんだ。ゴーサインは自分で出すんだよ。

母: コントラクトを作ったら、すぐに地球に行かなきゃいけないの?

エリック: すぐでもいいし、後ででもいい。時代も選べる。時間は直線上じゃないから、その辺は自由なんだよ。

・・・・・・

人はどうやって転生してくるか

母: じゃあ、どうやって転生するの?

エリック: まず雲の上に立つ。そして空からダイブする。

母: えっ?

エリック: って言うのは冗談で。それは人によるんだ。

母: なんでも人によるのね。

エリック: うん。どうやって肉体に転生するかは、子宮の中でどんな暮らしをするかによっても違うし、そこからすでにレッスンは始まってるんだ。でも転生前に必ずみんなやることがあって、自分が生まれる両親を決めると、母親か父親、どちらかのガイドになって、しばらく彼らをフォローするんだ。彼らをよく知るためにね。

母: それは知らなかった。

エリック: でお母さんが妊娠すると、ここで初めて君はエネルギーボディを縮め、子宮の中に入る。最初はお母さんの体に取り憑いたスピリットみたいになって、君自身の肉体には入らない。細胞が分裂して、胎児として生命を支えられるようになって、ようやく肉体に入る。24~28週目くらいかな。細胞の一部になって、細胞分裂から体験するスピリットもいる。それはすごい強烈な経験だ。生まれるまで肉体に入らないスピリットもいる。

母: どれが簡単なの?

エリック: 一般的なのってこと?簡単とか大変とかは、僕らの感覚だとないな。

母: でも細胞分裂するのは、大変そうだけど。

エリック: そうだね。細胞分裂は大変だね。一番よくあるのが、3か月目に入るまでお母さんに”取り憑いて”いて、そこから肉体に入る方法かな。でもそうするとエネルギーコードをつなげる時間が短いから、自分の体と完全に統合できないこともあるんだよ。

母: 痛いの?

エリック: ううん。すごい小さいしね。

母: 密度が違うから、大変そう。バイブレーションを下げなくちゃいけないんでしょ。

エリック: うん。肉体に入るためにバイブレーションは下げなくちゃいけないけど、でも肉体として成長するためには、エネルギーを拡大させなくちゃいけない。性格も感情も最初から既にあって、子宮の中で学ぶ訳じゃない。

Reincarnation 101 in Channeling Erik

広告


映画「かみさまとのやくそく」で、子どもたちが話していたこととと、微妙に似てるのが興味深いです。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。