あなたがクリスタルヒューマンとして生まれ変わった11のサイン


いろんなエネルギーウェーブをくぐり抜けた結果、なんと私たちはクリスタル人間になってしまうんだそうです。あらら。


アセンションのこの時代、比較的穏やかな方法で移行していく人たちもいますが、この時に人生の危機を迎える人も多くいます。高次の次元にオープンになることを決意した人たちです。その選択とは、論理的な思考によって下されるものではなく、むしろ地球が移行しようとするエネルギーに本能的に反応する、魂の選択なのです。

その選択に従う人たちは、危機とブレイクスルーを通じてエネルギーが磨かれ、彼らのバイブレーションはクリスタルのようにクリアになります。

クリスタルヒューマンの誕生です。

・・・・・

あなたがクリスタルヒューマンとして生まれ変わった11のサイン
1.突然、周りの人々や環境に特に繊細になる

以前は社交的だった人も、突然人込みが苦手になります。

2. サイキック能力が増加する

サイキック能力は、自分の内面の声として感じたり、他人の感情が読めるようになることで発現するケースが多いようです。

3.特定の環境や人々の持つネガティブなエネルギーに繊細になる

以前は親しかった人でも、そばにいるのが耐えられなることがあります。パニック症候群や不安神経症として現れる場合もあるでしょう。思い当たる理由が考えられないとしたら、あなたがクリスタルヒューマン人なってしまったからかも知れません。

4.休息を必要とする

以前はとてもエネルギッシュだった人でも、ただ座って、何もしないでいることが好きになります。3次元の世界ではなく、高次の意識の中でゆっくり過ごしたいと思うようになるからです。以前より、睡眠時間が長く必要になる人もいます。

5.人類や地球が破壊されていくこと不安を感じる

あらゆるレベルの多次元意識にアクセスできるようになると、種の保存に向かう生存本能が刺激されます。自分の人生のサバイバルを気にするよりも、集合意識として、エネルギー形態形成フィールドに由来する不安を感じるようになります。

6.今、起きていることについて知りたいという強い欲求

意識が繊細になると、思考が過度に働き、燃え尽き症候群に陥ることがあります。自分がおかしくなるのではないかと不安に思ったり、将来が気になって毎日の生活が手につかなくなります。

7.理由もなく気分が落ち込んだり、危機的状況に陥る

これは、手放す必要がある古いエネルギーレイヤーを意識が浄化している時に起きる現象です。そのプロセスを緩和させる必要性はなく、体がエネルギーを感じるままにまかせましょう。じっと我慢して、時が過ぎるのを待つ方がよいのです。

8.睡眠パターンが不規則になる

夜中に何度も目が覚めたり、毎晩深夜3時ごろに決まって目が覚めたりします。意識が新しい活動のサイクルに適応するための現象です。高次の意識は、低次の意識が眠っている夜の間に活発になることが多いためです。体に奇妙なエネルギーウェイブを感じることもあります。クリスタルボディは非常に繊細で、太陽や月、宇宙のエネルギーウェイブを感知します。これらのエネルギーは、体が高次のエネルギーを保持できるよう、その構造を書き換えます。

9.デトックスにまつわるあらゆる肉体的症状を経験する

クリスタルボディには、毒素を入れておくことはできません。毒素は体を通過してしまうのです。クリスタルボディになるための最大の秘訣は、全てをあるがままにさせ、何事にもしがみつかないことです。究極の断捨離です。このステージでは、体は、そこに蓄積された毒素を排出しおうとします。毒素には、肉体レベル、感情レベル、マインドレベル、スピリチュアルレベルのものがありますが、それが排出されるのは、常に肉体からです。疲労、筋肉痛、頭痛、肩こりなどの症状が、これにあたります。

10.食欲が増加し、体重が増える

体が膨大な量のエネルギーを吸収するために起きる現象です。

11.ベールの向こう側を見る能力が現れる

つまりスピリットやディーバ、エイリアン、天使などを見る能力が発現し、彼らとコミュニケートできるようになるのです。多次元意識が発達していない人の場合、最初は恐怖に駆られることもあります。

・・・・・・

あなたの移行をお祝いしましょう。あなたはギャラクテッィクヒューマンになりつつあるのです。そうなることは人類のネクストステップであり、私たちが生まれ持つ権利です。

Becoming a Crystal Human, Do You Have These 11 Symptoms? on Gostica


クリスタル人間になると割と大変そうに見えますけど、いいことあるんでしょうか。でも半分なりかけの人とか、もう変身し終わってる人もいると思います。人類のネクストステップですね。

Follow me in social media: