【海外の反応】自分がスターシードだと、どうして気づいたか?

広告

インターナショナル・スターシード掲示板からの意見です。

広告

【質問】自分がスターシードだって、みんなはどうやって気付いたの?

 

―― 私は最初、何も知らなかったけど、ある時、インディゴの友達がスターシードについて教えてくれたの。彼女と私はパラノーマルファンで、特にUFOに興味があったから、私たちがスターシードじゃないかって思ったみたい。パラノーマルサイトの情報は、どれも半信半疑で見てるけど、スターシードについては、いろいろ調べるにつれ、本当としか思えなくなった。自分の性格や能力、興味のある分野が、本当にぴったりはまるんだよね。

 

―― 私は子どもの頃から直感的で、ゴブリンとか妖精みたいな生き物を見ることが出来た(今ではマインドの目でしか見えなくなっちゃったけど)。ハイヤーセルフとも会話をすることが出来た。自分の人生には、何か特別の目的があるんじゃないかとずっと考えていた。最近まで別のスピリチュアルコミュニティーに所属していたんだけど、何か自分と合わないと思っていたところ、たまたま友達からスターシードについて聞いて、それがものすごく自分の心にフィットしたんだ。「まさに自分がそうだ!」って思ったよ。

 

―― 昔行ったサイキックフェアでエンジェルカードリーディングをしてもらったんだけど、3枚引きのカードが「インディゴ」、「ライトワーカー」、「大天使ミカエル」だった。それでカードリーダーの人が、私がライトワーカーだって教えてくれて興味を持つようになったんだ。

 

―― 物心ついたときから、自分は人と違うって思ってて、同じように悩んでいる人たちを助けたいって言う気持ちがあったの。10年位前から、自分の人生は何かに導かれてるっていう強い感覚を持つようになって、それまでの自分の常識から考えるとすごい変なことでも、すごいやってみたくなる衝動に駆られるようになって、そこから私の旅路が始まるんだけどね。

 

―― 自分は、みんなからよくオールドソウルだって言われる。友達の数はいつも少ない。普通の人は、どうやって私に反応していいか困るように見えるんだよね。同い年くらいの人とは、特に話が合わないんだよね。年上の人との方が合う。ウォークインとも言われたことがあったけど、自分的にはスターシードの方がピンと来るし、特徴もあてはまってると思う。

 

―― 私はインディゴでスターシードだけど、どちらの特徴もかなり似通ったところがあって、結局、あんまり変わらないんじゃないかと思う。

 

―― スターシードのことは、最初まったく知らなかったけど、自分の肉体的な症状(低血圧、低体温、光に敏感、ケガが治るのが早いなど)について調べてて見つけた。スターシードの代表的特徴である直感的でエンパス的っていうのを見て、「これ、自分じゃん」って思った。

What made you realize you might be a starseed? on International Starseeds Net

関連記事:  スターシードの特徴とDNA 4.オリオン

このスレッドは結構ボリュームが多くて、スターシードである人たちが、いかに悩みながら、自分を発見してきたかということを考えさせられます。

ちなみにスターシード、インディゴ、ライトワーカーの違いは同じものの別の角度なのですが、スターシードは魂の種類、インディゴは年齢別区分、ライトワーカーは役割と関係しています。たとえて言えば、日本人、10代~20代、学生みたいな違いと似ています。全部に当てはまる人もいれば、スターシードでインディゴであっても、ライトワーカーにならない人もいます。

でも私から見るとライトワーカーの人って、自分では認識してなかったり、認めてない人でも、ほぼ100%ライトワーカー属性が出てますけどね。

広告

周りから浮いちゃって、自分でも収集がついてない人を見ると、あ、スターシードだって思います。

広告

Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。