45年前のアセンション本を買ってみた

Spread the love

どうしても気になってしまって、つい買ってしまいました。まさかの50セントでした。


45年前のアセンション本

ブラッド・スタイガー著『水瓶座時代の啓示と預言(The Aquarian Revelation)』という本を、先週買いました。1971年初版ですから、今からなんと45年前です。数人の宇宙人コンタクティーによるチャネリングメッセージのアンソロジーになっています。

カバー自体もかなり香ばしいですが、タイトル上に書いてあるキャッチコピーが、

「ピースとラブにチャンスを!スペースブラザーズからのメッセージ」

ですからね。マニアにはたまりません。


Aquarian Revelations: Channeling Higher Intelligence

・・・・・・・・・

アセンションと呼ばれる以前のアセンション

本書には、地球と人類にとって大きな変化が進行中であるとしています。その変化とは、本書のタイトルにもある「水瓶座」の時代に入るというものです。

この時代、アセンションという言葉はまだなかったようですが、「バイブレーションが上昇する」、「高次元に移行する」という概念はありました。それが惑星の変容をもたらすという意味では、表現の違いこそあれ、今、アセンションムーブメントの中で言われていることと同じです。

本書の中には、こんな風な記述もあります。

水瓶座の時代の始まりに際し、地理的、社会的な変化が起こりつつあります。それはスペース・インテリジェンスとコミュニケーションする時代であり、黄金時代とも呼ばれます。

ちょっとSFっぽいですね。

・・・・・・

地理的な変化

本書には、予言的なことも書いてあります。

イタリアは沈降の危機に瀕しています。それは私たち(スペースブラザーズ)が救おうとしている都市の一つです。あなたたち地球人が理解しようとしまいと、イタリアは世界の中心だからです。

エトナ山の噴火と断層による災害が起きるでしょう。その結果、イタリア半島は沈み、地中海の海底は隆起します。これによって船の通行が困難となります。

う~ん、イタリア、まだ全然無事ですね。エトナ山は何度か噴火したみたいですけどね。

・・・・

経済的な変化

イタリアが沈むと、経済が混乱するそうです。

イタリアが沈むことで、経済にも影響があります。イタリアにある宗教が沢山の富を有しているからです。物質をあきらめて、神のために生きる準備をしてください。

45年経っても、まだイタリアはありますけどね。

世界が本質的な部分で変わりつつあり、起きることを知りたいと思い、その予測・予言をする(けど、ほぼ当たらない)っていうのは、人類の中にほぼ生物学的に備わる性質なのではないかと思うほど、昔から脈々と受け継が得れているんですね。

・・・・・・・・

戦後、UFO目撃情報が急増した理由

さて本書はなにしろスペースブラザースと呼ばれる存在をチャネリングして得たメッセージですから、UFO関連の話は多くなります。

そもそもアメリカでUFO目撃情報が相次ぐようになるのは、1950年代のこと。あのロズウェルUFO墜落事件が1947年で、ほぼ戦後なんですよね。その理由を、本書から抜粋しましょう。

原爆の最初の投下から、数えきれないほどのUFO目撃が増加しています。宇宙から来た人々は、地球の置かれている状況を、とても心配しています。

自由意志は神と宇宙の法則ですが、人間が生命の本質(つまり原子)をもて遊ぶなら、ソーラー・ヒエラルキーはそれに干渉出来るという法律があるのです。

地球を守る法律なり、契約なりがあるっていうのは、ETチャネラー的な人はみんな言いますね。

ソーラー・ヒエラルキーは、今でいう銀河連邦みたいなものでしょうか。本書の中では銀河国家同盟(the Galactic Confederation)という存在も出てきます。
・・・・・・・

宇宙人とコンタクトを取るための準備

かつてオレゴンにあったソーラー・ライト・センターというUFO同好会の会長が語る、「宇宙人とコンタクトを取るための準備」をご紹介して、本稿を終えましょう。

1.スピリチュアルなことに自分を捧げている。または自覚がなくても、捧げる覚悟が出来ている。

2.勇気があり、強がらず、穏やかで、常に冷静でいられる。

3.自分の心の内側と外側、良い部分も悪い部分もよく知っている。

4.劣等感や権力への欲求がない。

準備がまだ出来てないと思う人は、自分を知ることから始めてください。エゴのバランスを整え、内面の静けさを得られるようにしましょう。自分自身を本当に知ることで、他の存在から送られる知識にも気付くようになります。


この本、とっておこうかどうしようか迷ったんですけど、あまりにボロボロなので、読んでるうちに背表紙が破けて分解してしまいました。さらば、スペースブラザーズ。