趣味のチャネリング 6.上達のための15のコツ

Spread the love


1.メッセージやコネクションは、あなたにベストな形で起こります。初めてチャネリングをする場合、まずはメッセージにこだわらず、エネルギーの特徴を教えてもらいましょう。

2.エネルギーとつながって、それに身を任せた上で、頭の中で自問自答してみましょう。そんな感じがチャネリングです。最初は、自分、何やってるんだw?と思っても、そのうち段々分かって来ます。

3.もらった答えに自信を持つのには、ある程度の期間、練習が必要です。答えに自信が持てないようなら、質問を変えてみましょう。「私の成長に必要なメッセージとサポートをください」なんかが、最初は一般的です。

4.たくさん質問がある場合、ノートにリストアップしておきましょう。その場で答えが得られなくても、後から振り返ってみると、ほとんどに答えは出ると思いますから大丈夫です。
 

5.特定のメッセージを期待すると、それが得られなかったときにがっくりします。実際は、別の形で別のタイミングに受けとることになりますから、特に気にしないように。あなたに能力がないからとかではありません。

6.スピリチュアルワークの最中はアルコール、ドラッグ類は控えましょう。というのは一般論で、やりたい人はどうぞご自由にと思いますけど、本当に面白いことはシラフの時に起きるから面白いのであって、薬物とか全然要りません。

7.基本的にエンティティは呼べば来ますが、強く感じられる日と、よく分からない日があります。そういう時でも無意識のチャネリングやサポートは常に24時間体制で行ってくれてますので、心配無用です。

8.スピリットたちにあなたのサイキックなギフト(才能)を発達させてもらえるようお願いしてもいいでしょう。松果体をアクティベートしてくれとか、サードアイを開けてくれとか、チャクラを開けてくれとか、お願いすればいろいろやってくれます。基本的にチャクラは開くと、その部分がなんだかリラックスします。松果体やサードアイはしびれたり、熱くなったりします。

9.練習を積むほど、いろいろなメッセージが分かるようになります。意識的にエネルギーをチャネリングして質問しても、答えは無意識のチャネリングとしてやって来ることがよくあります。とにかく一つの形にこだわらないようにしましょう。

10.チャネリングの最中に怖いイメージを見た場合、ほとんどの場合、自分の中の恐怖が反映しただけであって、怖い霊が来たとかではありません。自分が作ったイメージなのでフォーカスをそらしたり、目を開けたりするだけで大丈夫です。ただし私はそういう霊感がないので、正直よく分かりません。心配な人は、やめておきましょう。

11.夢でメッセージを受け取る場合があります。夜、寝る前、夢を覚えているよう、しっかり決意しましょう。またチャネリングしているエンティティに、夢でメッセージをくれるようお願いしてもよいでしょう。

12.見た夢は、必ず夢日記につけておくこと。たいした夢じゃないと思っても、ノージャッジで記録しておきましょう。後で読み返すと、印象が変わることがあります。

13.夢日記と一緒に、チャネリング日記もつけましょう。同じノートで構いません。夢もチャネリングも、似たようなものだからです。

14.キャンドル、お香を焚くなど、環境はお好みでセッティングしましょう。私はエネルギーが分からなくなってしまうので、どちらも使いませんが、天使とか、ある程度特徴が分かっていて、お香の匂いが邪魔にならないエンティティならいいと思います。

15.宇宙に正しい間違ってるはないですから、軽い気持ちでやってみましょう。よく分からないけど、まいっか、くらいでちょうどいいと思います。期待や抵抗があると、うまくいきません。


本当に面白いですから、みんなやってみたらいいと思います。