将来への不安をなくし楽観的になるための3ステップ

Spread the love

将来について考えたときに、目の前がぱーっと明るくなる人って、そんなにいないと思います。前向きな人でも、不安が皆無ってことはないと思うんですよね。。潜在意識を利用する上で、明るいヴィジョンを持つことはとても大切なのですが、どうしたら将来への不安をなくし、楽観的になれるでしょうか。その名もサクセスマガジンというYouTubeチャンネルによるアドバイスをご紹介しましょう。


将来に対して楽観的になるための3ステップ

ある調査では、ストレスを抱えて生きる人たちの方が、ストレスの少ない人たちよりも、よい未来を思い描く傾向があると分かったそうです。「今はタイミングが悪くても、歯を食いしばって、いつかここを抜け出してやる!」という思いがあるからかも知れませんね。脳生理学や免疫学の研究では、未来に対して楽観的な人たちは、免疫系も強くなるのだと言います。これには、もともとの性格的が楽観的・悲観的かどうかは関係ありません。シンプルかつ無邪気に、明るい未来を思い描くだけで効果があるのです。そこで簡単に楽観的になれるたった3つのステップをご紹介しましょう。

・・・・

1.分析する:

将来の自分について、考えてみましょう。ここでは心をオープンにして、自分の心の動きに注目してください。何にフォーカスするとどんな気持ちになるか、注意深く観察するのです。

「将来について考えてください」と言われた時、みんなが同じことを考えるのではありません。仕事について考える人もいれば、お金について考える人もいるでしょうし、家庭や家族について考える人もいます。つまりここでは、あなたが自分の未来に何を必要だと思っているのか、その要素を知ることができます。

・・・

2.改善する:

先ほど考えた自分の未来像を、もう一度分析しましょう。あなたがなりたい未来像があり、それと同時に不安要素や不確定要素がありますよね。たとえば仕事の分野であなたの未来を思い描く場合、どういう仕事ができて、どれくらいの報酬がもらえたら明るい気持ちになれるでしょうか。ここでのポイントは、実際にどうするべきかは、まったく関係ありません。ここで練習してほしいのは、自分の気持ちをどう切り替えれば、楽観的な方向にシフトし、目の前が開けるような感覚になるかを知ることです。実際のことは、気にしなくて大丈夫です。

・・・

3.パターン化する:

誰にでも、不安になるポイントがあります。将来のことを考えて不安になる時、そのトリガーはどこにあるのか、言い換えれば、何を考えたときに不安になるのか、注意深く観察しましょう。この分析が、非常に重要です。あなたが不安を感じるのは、それがあなたにとって重要な価値だからです。

だからと言って、深刻に考えるほど状況が好転するかと言うと、決してそうではありませんよね。不安な気持ちばかりが堂々巡りし、どこにもたどり着けないことがほとんどです。そしてその不安を、自分以外の誰かや何かのせいにします。将来に対して不安になる人の多くが、不安のとりこになって、あたかもそれが役に立つように思っていますが、実際に未来を変えることができるのは、意志ある行動のみです。不安の効能が、どこかに見つかるでしょうか。

不安のトリガーを引きそうになったら、意識的にステップ2で考えた楽観的な未来像に自分をシフトするようにしてください。

3 Ways to Be More Optimistic About the Future by Success Magazine on YouTube


世の中には、不安にならない人と不安になる人がいて、後者の中にも、不安でいるのが好きな人と、全然好きじゃないし役にも立たないけど、つい考えてしまう人がいると思うんですよね。

気分がモヤモヤするようだったら、しばらく考えない方向で生きてみて、何かが変わるか実験してみると面白いと思います。不安にならないようにするには、不安になることを極力考えないということで、それは今に生きるということでもあります。古今東西、多くのスピリチュアルグルが今に生きることの重要性を説いていますから、チャレンジする価値はありますよ。人生は壮大な実験です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です