10年後に後悔する10の行動

Spread the love

後悔しない人生を送ろうと決意するなら、こんな行動に気を付けましょう。

1.他人によい印象を与えるため、自分を偽る

他の人にどう見られていて、どうふるまうべきかにばかり気を使っていたら、本当の自分がなくなってしまいます。完全である必要なんてないですから、よいところも、そうでないところも、ありのままの自分を示すことが、最大の武器であり防御であり、信頼を築く近道です。

 

2.他の誰かの夢を自分のものだと思う

人生の中で最大の喜びであり、最大のチャレンジとも言えるのが、本当の自分を発見し、自分が望む未来を作ること。

あなたの周りに、あなたの夢に反対する人はいますか。いるなら、OK。それはあなたが自分の足できちんと立っている証拠。

人が何を言おうと、自分の心が本当にわくわくで躍ることを選びましょう。

3.ネガティブな仲間と一緒にいる

ネガティブな仲間と一緒にいるのは、義務でも優しさでもありません。あなたはどうするか選ぶことができるのです。怒りや嫉妬や不安に囲まれるか、正直と優しさと楽しさに囲まれるか。

 

4.自分勝手で独善的である

自分のエゴのためにしたことは、あなたが死んだらあなたと一緒に消えてなくなります。でも愛や喜びを誰かと分かち合って生きるなら、あなたの死後も、彼らの心に残るでしょう。

人生とは分かち合うことでなかったら、他の何でしょう?

 

5.成長と変化を拒み、否定する

未来がどうなるか知りたかったら、現在どう過ごしているかに注目しましょう。古いエネルギーは捨てて、新しい可能性のために心のスペースを空けましょう。

この仕組みを理解し、実行できるようになると、永久に続く成功はあなたのものです。

 

6.困難にぶつかると、あきらめる

失敗なんて、本当はこの世界にありません。ただの結果であり、大きな目で見れば過程です。

思うように行かないことがあったとしても、落ち込まないで。必要なレッスンを学んだら、前を見て歩き続けましょう。

 

7.すべてにおいて細かく管理しようとする

自分で意識していようと、していまいと、どんな人生も、パーフェクトです。あなたの期待が現実化すればパーフェクトなのではないことに、注意しましょう。

散らばる点と線が繋がり、全体像が見えるまで時間がかかるんです。リラックスして、人生の流れに任せましょう。

 

8.自分を低く見積もり、必要以上に謙遜する

あなたにふさわしいものを、受け取りましょう。自分を低く考えてはだめですよ。あなたには価値があります。

 

9.明日が来るまで、永遠に待ち続ける

自分が思っているより、実際は時間に余裕がなかったなんてことは、よくあります。

今、行動に移してしまえば、繰り返し思い悩むことも、何故できないかの言い訳リストを作ることも、すっきりしない気分を抱え続けることも、全部必要なくなります。

するべきことは、とてもシンプル。まずは踏み出しましょう。

 

10.なまけ者で優柔不断

夢を見続けるのはやめて、夢を実現させましょう。人生に100パーセントの責任を負いましょう。

“いつか”とは、まだ見ぬ未来ではなく、今日のこと。世界が必要なのは、他の誰でもない、あなたです。

10 Choices You Will Regret in 10 Years,

 


こういうリストは、いつ見ても、何か気づきがあるからいいですよね。

これもおすすめ:自分を愛するようになると起きる10のこと

「10年後に後悔する10の行動」への1件のフィードバック

  1. いくつもブックマークしているメタさん記事のなかのひとつ、今日なんとなくこちらの記事を久しぶりに読んでみました。
    …あ~読んでよかった、ブックマークしといてよかった。
    「”いつか”とは今日のこと」
    唸っちゃいます…。
    いつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です