あなたの人生に変化が必要な10のサイン


1.週末が終わるのが怖い

週末が終わるのが最高の幸せだという人もあまりいませんが、週末が終わると思う時が重くなったり、それどころか、夜寝て朝になるのが怖いと感じてしまうなら、人生に変化が必要です。

2.楽しかった過去や、未来のことばかり考えている

過去や未来に、今より楽しいことを求めてしまうのは、逃避のサインです。それを考えることで心の慰めにしたり、自分のモチベーションにするのはよいことですが、過去や未来が、現在を支配してしまうようなら問題です。

3.もっとのんびり構えた方がいいと、みんなに言われる

別々の人から同じことを言われるのは、偶然ではありません。あなたが決してのんびり構えることなく、何かにこだわっている証拠です。

4.他の人の成功が妬ましい

人は、自分自身や自分の人生に満足できていないと、嫉妬を感じます。一見、嫉妬としては表面化せず、ただの否定や批判の感情として出て来ることもあります。自分の嫉妬に敏感になると、自分の抱える不満も分かります。

5.朝起きると、疲れている

朝起きて、いきなり疲れているのは、全くヘルシーではありません。睡眠から十分な休息が取れていないのは、過労やストレスなど、様々な問題が背後にありますが、いずれにしても、人生のどこかに改善点があることを教えてくれます。

6.不安だ

不安というのは人間に共通の感情ですが、365日不安な人というのもなかなかいませんから、つまり、それは考え方次第では改善できるということです。

7.ゴシップに時間を使っている

ゴシップは、自分の課題に目を向けたくない時の、恰好の逃げ場となります。ゴシップに気を紛らわせてしまう時は、自分が何を避けようとしているのか、よく問いかけてみましょう。

8.誰を見ても、イライラする

イライラしている時は、何を見ても、誰と話しても、イライラが募るものです。でも、そういう時は、誰も悪くないですから(もちろん、あなたも)、とりあえず休憩するのが一番です。

9.やりたいことが出来ていない

自分の行動を、誰かや何かに制限されていると感じる時、実際に制限しているのは、自分です。相手の期待に沿おうとしたり、自分に大きすぎる責任や理想を課さないで、お茶でも飲んで落ち着きましょう。自分で思うよりも、結構できているものです。

10.もっとよい何かがあると考えている

ここではないどこかに、もっとよいものがあり、それがもうすぐやって来ると待ち望んでいるなら、今すぐ自分で始められることから考えましょう。未来とはやって来るものではなく、自分から作るものです。

10 Signs It’s Time to Change Your Life by Power of Positivity



別に無理矢理変化を起こす必要なんてないと思うんですけど、表面化していない不満や恐れに気付いたら、早めに変化させた方が、早めのパブロンというか、後々楽なのかも知れません。

でもタイミングが来たら、人生なんて勝手に変わりますから、まずはリラックスして、今できるやりたいことをやっていけばいいと思います。

 

Leave a Reply

コメントをどうぞ!