2018年アセンション予報 米国サイキック シェリル・リン氏の2018年予言が既に当たってる


シェリル・リン氏の予言

Image result for 2018 PREDICTIONS PSYCHIC TAROT READING BY CHERYL LYNN

2018 PREDICTIONS PSYCHIC TAROT READING BY CHERYL LYNN on YouTube

サイキックでありフューチャリスト、スピリチュアルティーチャーのシェリル・リン氏は、YouTubeで主に毎月の星占いおよびタロットリーディングをアップしていますが、毎年の予言も制作しています。

彼女による2018年の予言動画は、なんと2017年3月の時点で既にアップロードされていて、しかも昨年内に実現しているものが多いため、YouTubeのコメント欄でも話題になっています。

あくまでも2018年の予言としてリストアップされていますから、今後実現する可能性もあるのでしょうが、2017年に既に何らかの形で起きたことにはニュースソースをつけました。

・・・・・・・・・・・・・・

シェリル・リン氏の2018年予言と未来予言

現在、私たちはスピリチュアル・アセンションを経験していて、人類は進化しつつあります。ミレ二アル(※訳注:アメリカにおいて1980年代から1990年代に生まれた世代)、インディゴ、チェンジメイカーたちは、みなここに集まっています。変化は、既に起きています。

1.新しいものを育てるために、古いものが倒される

政府や宗教、古いシステムは、新しいものにスペースを開けるために揺さぶられる。これには痛みが伴うが、新しい木が育つには、古い木は切り倒されなければならない。今後、プロテストは恐れやエゴに基づくものよりも、知性に基づくものとなる。インディゴやミレ二アルは真実を求めるからだ。(4:49~)

2.トランプ大統領は陰に隠れて悪いことをする

今年を表すタロットカードはペンタクルの4であり(※訳注:YouTubeサムネイル参照)、自分の所有物に執着する人物が描かれている。トランプ大統領は自分のたくらみを表に出さないようになり、ツイッターの更新頻度も減る。(6:57~)

3.イヴァンカ・トランプが女性問題の解決を主導する

トランプ氏の娘であるイヴァンカの尽力で、多くの女性権利問題が解決される。(9:16~)

4.米軍隊は強くなる

トランプ大統領は大量の資金をつぎ込み、軍隊を増強する。(11:16~)

5.銀行業界再編につながるスキャンダル

このスキャンダルは間もなく明らかになる。(11:35~)

6.メキシコ国境との壁が建つ

実際に壁が建築されるのではなく、警備の壁が厚くなる。しかしテロリストはカナダとの国境からやって来るので、あまり意味がない。(12:02~)

7.健康状態が悪化するセレブリティ

バーニー・サンダース、ジム・キャリー、ヒラリー・クリントンの健康状態が悪化する。いずれも大事には至らない。ジム・キャリーは自殺した元ガールフレンドのポルターガイストに悩まされて、精神的にバランスを崩す。

※2017/9/14 ジム・キャリーが激やせ、レッドカーペットでは意味不明な発言も by ウーマンエキサイト

8.トランプを嫌っている指導者がいて、彼を困難な目に会わせる

トランプは彼らを爆撃したり、制裁を与えようとするが、お互いに譲らない。(17:15~)

※コメント欄では、これは金正恩のことだと言われています。

9.風による被害がある

トルネードのような強い風による被害がアメリカ国内にダメージを与える。(18:46~)

※2017/9/9 大型ハリケーン「イルマ」フロリダ直撃へ byウェザーニュース

10.南米で地震の恐れ

マザーアースが目を覚まし、体を伸ばしている。(18:46~)

※2017/9/20  メキシコでM7.1の大地震 死者200人以上 by BBCニュース

11.パワーグリッドがダメになる

太陽フレアの影響により、パワーグリッドが使い物にならなくなる。ただしパワーグリッドとは彼女が受けたインスピレーションであり、実際に何を意味するのかは不明とのこと。(19:20~)

※2017/9/21 プエルトリコ全土が停電 ハリケーン「マリア」 by BBCニュース

12.スナイパーが新しいテロリストとなる

スナイパーが高い場所から人々を狙撃しているヴィジョンが見える。テロリズムの形式が変化し、爆撃は減る。この変化は世界中で起こる。(21:03~)

※2017/10/3 ラスベガス、献血に長蛇の列 乱射現場は物々しい警戒 by 朝日新聞デジタル

13.少子化が問題となる

人類が進化するにつれ、不妊であることが一般化する。  (21:55~)

14.オバマ大統領が民主党のリーダーとなる

相談役として活躍し、党の再編を進める。インディゴやミレニアルの支持を集めるサンダースも民主党に復帰し、2019年に、彼らはより強力になってカムバックする。 (23:11~)

・・・・・・・・・・・

シェリル・リン氏の未来予言

ここからの項目は、いつ起こるかのタイムラインは不明ですが、これから来る未来のことして彼女が見たヴィジョンだそうです。とても興味深い内容になっていました。

1.オプラ・ウィンフリーがアセンデッドマスターになる

彼女のハイヤーセルフは古代の長老で、彼女自身も富や名声を得ることに価値を見出さない。現在、彼女は世界を飛び回り、人類と地球の助けとなる情報を集めている。向こう側に渡ったら、彼女は私たちの世代に実在する人物で、はじめてのアセンデッドマスターになる。(26:29~)

2.ハワイ諸島は、火山の噴火によって危険な場所となる。

もはや楽園ではなくなる。今のうちにハワイを楽しんだほうがいい。(28:30~)

3.フロリダでトカゲが大発生する

トカゲの海のようになり、外出できなくなる。トカゲの種類が何かは不明。(29:06~)

4.第三次大戦は回避される

トランプの行動を恐れている人も多いが、彼は第三次大戦を起こさない。実際、第三次大戦はサイバー戦争となる。(30:03~)

5.体外妊娠が可能となる

人類が進化することで不妊の症状が一般化し、プラスティックの子宮で体外妊娠を行うようになる。これは世界中に広まり、女性が飛躍するきっかけとなる。(30:25~)

6.携帯電話が進化し、コンピューターチップが手に埋め込まれているようになる

未来のヴィジョンの中では携帯電話やスマートフォンは存在せず、手のひらに埋め込まれた、もしくは手のひらに収まるサイズのチップのようなものに置き換わる。(31:13~)

7.VRが学習に大きな効果を発揮する

その場で過去・現在・未来を訪れることが出来る。物理的な移動をすることなく旅先を訪れ、道路を歩いているかのような体験ができる。(31:48~)

8.学習が高速化する

インディゴやミレニアルの直感的理解力の高さと、集中持続時間の短さが相まって、学習速度は飛躍的にスピードアップする。医者になるための課程であっても、すぐに習得する。(32:55~)

9.サイバーウォーやサイバーハッキングが新しい世界大戦となる

何でもハックされ、安全ではなくなるので、むしろ安全を守ろうと努力する必要がなくなる。(33:23~)

10.ドローンによる配達網が発達する

食品でも何でも、注文すれば1時間以内には手にすることが出来るようになる。(34:00~)

11.インドが隆盛を極める

未来のヴィジョンでは、どこの国も状況はよくならないが、インドだけは力が強くなる。ある商品作物が売り上げを伸ばし、中国を圧倒する唯一の国となる。(35:29~)

12.ドローンの発達により、犯罪が減る

ドローン技術の進化により、犯罪はすぐに明らかにされるため、激的に減少する。ただしプライバシーも、ほぼなくなる。 (36:17~)

13.サイバーハッキングが身近なコンピュータデバイスに起きる

小さな機械でペットの世話や部屋のライトをつけるなど何でもできるようになるが、ハッキングされやすい。(36:52~)

14.メキシコとアメリカは将来握手をする

他の勢力に対抗するために、両国は歩み寄る。(37:28~)

15.女性大統領が誕生

若くてスリムで、ダークヘアの女性がアメリカの指導者として誕生する。男性の指導者がいて、評議会があり、若者によって運営されている。大統領が一人という感じはしなかった。二大政党はなくなる。 (37:28~)

16.NFLをはじめとするスポーツが変化する

インディゴ第二世代はアテンションスパンが短く、試合に集中できなくなり、試合時間が短縮される。物事は何でも短く、早くなる。(28:44~)

17.女性医療のブレイクスルーがある

乳がんや更年期障害に関して、新たな医療技術が開発される。(39:45~)

18 VRの流行に伴って、片頭痛が流行る

現在はVRの発展の初期段階であり、今後ますます流行する。それに伴って片頭痛や脳へのダメージが問題となる。(40:47~)

19.新しい繊維が開発され、服装が変わる

低価格で、家庭での洗濯もできる新しい繊維が開発され、人々のファッションが変わる。(41:04~)

20.オレゴンで大きな地震が起きる

オレゴンで大きな地震と洪水がある。(41:43~)

21.動物のためのコンピュータデバイスが開発される

彼らは人間とコミュニケーションできるようになり、私たちは彼らがいかにスピリチュアル的に進化した存在か知ることとなる。(42:08~)



昨年の予言で、彼女はシルベスター・スタローンの健康不安について話していたのですが、6月に「ロッキー」の監督が亡くなった時は、ちょっとびっくりしました。

今回の予言も、どれも本当に面白いですね。「来るものは黙ってても来るから、焦る必要もなし!」みたいな人柄も、とても好きです。

パーソナルリーディングもやってみたいですが、電話連絡しか受け付けてないのが、いろんな意味ですごいです。

Psychic Cheryl Lynn Reading

さて、予言の中で私が特に気になったのは、VRでどこにでも行けるという話です。従来、タイムマシーンとは、人間を別のタイムラインに送る装置だと考えられていましたが、居ながら体験できるものになる可能性って、ありそうな気がします。

UFOのアブダクションなんかもそうですけど、あくまでも「行く」ことにこだわる必要が、なくなりそうな気がします。

フィジカルなものから、ノンフィジカルなものへと変わっていくのが、テクノロジーと意識の進化ですからね。オラ、わくわくすっぞ。

みなさんも気になる予言について、ぜひコメントをくださいね!と元気よく言い放ちたいところですが、せっかくつけたコメント欄の、何かが間違っているらしく、コメントできなくてすみません。

ここぞと言うときにずっこける新喜劇スタイルで、今年もはりきっていきます。

 

 

コメントをどうぞ