キリスト意識とは何か

かなりいろんな話があります。


キリスト意識とは

キリスト意識とは、なにか素晴らしそうな状態を表す言葉ですが、これと言う定義がある訳ではなく、使う人の文化的背景によってニュアンスが異なります。

一般的に言ってキリスト教側は、キリスト意識という言葉があまり好きではないようです。イエス・キリストの名前が、聖書以外に使われるのは困ると考えるようです。

・・・・・・・・

キリスト意識センターが説明するキリスト意識

調べてみたら、その名もキリスト意識センターという、そのものずばりな団体がありました。

キリスト意識センターでは、全ての人の中に神の火花が宿り、その命の中に神聖な目的が含まれると信じます。私たちが神の子ども、宇宙の市民として、創造主とのつながりを知り、自分の高次の目的に気付くことは、生まれ持って備わる神聖な権利です。

私たちは、自分の中に備わる真実や善良さ、美しさを達成したいという願いを見出します。(中略)

キリスト意識は、人間の意識の拡大であり、エゴのマインドと神聖なマインドの融合体であり、人類の幸福と充実の源です。

Welcome to the Center for Christ Consciousness

途中、はしょったので、分かったような分からないような話になってしまいましたが、要するに、キリストが神の子であったように、私たちも神の子だと。そして内面の神と一体化した善良で美しい状態を、キリスト意識と呼ぶようです。

なんだかありがたいですねー。


・・・・・・・・・

東洋思想に見るキリスト意識

キリスト意識センターの話もそうですけど、キリスト意識というのは、キリスト教はあまり関係ないようで、ヨガのグルなんかにもこの言葉を使う人がいます。

東洋思想になると、悟りとか、サマディ(瞑想の最高潮で自分を忘れる状態)の要素が入ってきます。

(キリスト意識を)ブラフマンや神の認識、サマディの状態と関連付けて考える人もいます。クンダリーニエネルギーがクラウンチャクラに達し、悟りの境地に入った状態です。この悟りの境地ではハートチャクラが開きますが、閉じてしまうと悟りも永続しません。

What is Christ Consciousness? by Golden Age of Gaia

ブラフマンて、聞いただけで恰好いい用語ですが、インド哲学でいう宇宙の根源真理を表します。

・・・・・・・・・・・

エドガー・ケイシーが語るキリスト意識

エドガー・ケイシーは、キリスト意識という言葉を直接使ってはいなかったようですが、ヒントになりそうなことを語っていました。

質問:ジーザス、キリストという言葉が持つ意味と重要性は?

ケイシー: ジーザスは人間だ。行動であり、マインドであり、他者との関係がある。彼は良き友人であり、社交的で、愛すべき人物で、親切で優しい。彼は弱い立場として育ったが、世界を満たし、克服することで、約束されたキリストとなる強さを得た。肉体もマインドも、魂も目的も、強くなったのだ。その力において、彼はキリストだ。その力こそが、キリストの力だ。そしてそれは、ジーザスの中にも存在する。

EDGAR CAYCE ON CHRIST CONSCIOUSNESS by Edgar Cayce Association fro Research and Enlightment

世界を満たし、克服することで、ジーザスパワーが身につくんでしょうね。



あとアセンション的には、アセンションするとキリスト意識に達するんだそうです。さらに、キリスト教系ハードコア保守みたいな人の話だと、もちろんキリスト意識が再臨する日が来ると世界が終わります。

しかし結局のところ、キリスト意識が何だかは、分かるようで分からないというか、もっとコアな説明をしているサイトもあるんですけどね。

でも、ジーザスとどんな関係を築いているかは非常にパーソナルなものであり、キリスト意識の意味合いも人によって違うんだと思います。

逆に定義を一つに決めようとすると、ややこしくなるんだと思います。

いろんな人に愛されて、まさにジーザス・クライスト・スーパースターなんですよ。

 

Leave a Reply

コメントをどうぞ!