エンパスが人に見せない10のこと

エンパスは、普段は人に見せたりしませんが、実は多くのことを知っています。


1.繊細さ

エンパスは、自分が敏感であるという事実を隠すかも知れません。エンパスは、周りの人に嫌な思いをさせたくないと思っていますし、重荷になりたくないのです。

2.人から吸収してしまった感情

エンパスは幸せな人のそばに行くと幸せになり、落ち込んだ人のそばにいくと落ち込みます。彼らは感情に感応しやすいので、他人の感情を自分のもののように受け取ってしまいます。

3.内気さ

エンパスは他の人の感情に敏感なので、自分の内側に閉じこもりがちです。とは言え大人ですから、表面上オープンにすることは出来ても、やっぱり根は内気な部分が見え隠れします。

4.不思議なつながり

エンパスは自然界やスピリットの世界と、不思議なつながりを持っている人が多いです。一人の時は何も気にせず楽しむことが出来ますが、誰かを前にすると、ちょっと隠したくなります。

5.他人の本音

エンパスにとって、相手が自分で気付いていない本音を探るのは、とても簡単なことです。でもそれをわざわざ、相手に伝えると失礼にあたりますから、ただ黙って聞いています。

6.なんでもあげてしまうところ

ンパスは、相手が何を求めているかが分かりますから、喜ばせたい一心で張り切り過ぎて、要らぬ面倒に巻き込まれることがあります。長年エンパスをやっていると、その辺の加減が分かるようになります。

7.直感

エンパスは自分が直感から得た知識でも、そうとは言わずに、適当にお茶を濁します。

8.ストレス

エンパスは、自分の周りの刺激に敏感ですから、それだけストレスも受けやすいです。人に心配をかけたらいけないと思い、頑張ってしまいますが、一人になってようやく、自分が非常に消耗しているのに気付きます

9.人のよさ

エンパスの人は、自分では非常にしっかり者だと思っていても、実際、どこか抜けています。だまされやすいタイプだから気を付けようなんて思っても、人のよさは全く隠せてないです。

10.深い愛情

エンパスが経験する感情の中で最も強いのは、愛情です。エンパスの強く深い愛情は、他では見られません。その愛が誰に向けられようと、相手のありのままを愛し、あらゆる側面を評価し、いつくしみます。

Every Empath Will Try To Hide These 10 Things From You by Higher Perspective



人に見せないつもりで、実は、そのどれも隠せてないっていうのが、エンパスのいいところだと思います。健気で、正直なんですね。