エリック君が語る ”世界の終わり(End Of Times)について”

英語では、「世界の終わり」を「End Of Times」と表現することがあります。現在、巷で言われているエンドオブタイムズについて、エリックのメッセージを聞いてみましょう。


※エリックチームの霊媒の一人であるキムが、今回は自分のチャンネルにエリックを招いて、共に話をしています。

・・・・

キム: みなさん、こんにちは。今日は、とても重要な話題について、エリックから聞いた話をみなさんとシェアしたいと思います。

いつもなら私はスピリットたちからプッシュを受けて、みなさんにお伝える内容を決めるのですが、今回のテーマに関しては、スピリットではなく、みなさんの方からエネルギー的なプッシュを受けているように感じ、それだけ重要な話題だと考えています。

今回のテーマは、世界の終わり(End Of Times)についてです。みなさんもどこかで耳にしているのではないかと思いますが、この話題には大きな誤解が付いて回っているようです。

エリックはここにいますので、彼と会話しつつ、彼からのメッセージをお伝えしたいと思います。

・・・・

エリック: 世界の終わりが近づいているとどこかで聞いた時、君は一体、どう感じる?もしそこに恐れを感じるなら、どうして自分は恐れるのか理由を考えてみよう。それは誰か別の人の恐れなのか、もしくはそう反応するよう誰かに教わってきたことなのか?もしそうならば、そこから自由になる時だ。

世界の終わりについて考えた時、多くの人は、何もかもが失われると考える。トラウマになるような大惨事を考える人もいるだろう。

実際、世界の終わりは近付いている。何か恐ろしいことが起きると考える人もいるだろう。でも全く反対だ。

 

世界が終わるということ。それは時間という概念を持たず、自分に対する気付きを持って、自分の現実の中に生きることだ。

植物も動物も、既にそのように生きている。人間は、そこに加わる最後のグループだ。時間に縛られて生きることをやめる。それは既に起きている。それが世界の終わり(End Of Times)だ。

僕らは時間に大きな支配とパワーを与えすぎている。

君の魂は時間に縛られないものなのに、君が自分で縛られに行ってる。

 

自分の幸せを、時間と言う概念で規定するなら、僕らは野蛮になるし、不幸を作り出すし、自分の幸せがなんであれ、それを損なってしまう。

これが叶ったら幸せになるとか、あれが成功したらほっとするとか、そういう感覚について、僕は話してる。結婚したら幸せになるとか、時は金なりみたいな野蛮な生き方は、クソくらえだよ。

それがまさに、自分の存在や幸福を時間で規定するってことなんだ。君がそんなふうに考える時、君の幸せは時間という箱の中に囚われてしまう。

 

もちろん誰でも時間には追われるよ。そして確かにマインドと時間は、順序というものを作り出すツールだ。でもそれは、君のアイデンティティじゃない。

自分のアイデンティティを時間で規定する時、僕らは本来の自分、本来の自分の幸福、本来の自分の神聖さを貶めることになる。魂の不死性についてもそうだ。

明日なんてないんだよ。明日は明日経験すれば、それは「今日」だ。リアルに経験できるのは、常に、今この時だけだ。

明日はいい日になる。そういう希望を持つのは悪くない。でもあくまで君は、自分の存在を今に置かなくてはいけない。

 

世界の終わりと聞いたとき、99%の人は恐れを感じる。彼らは、その言葉の本当の意味を知らない。自分でコントロールできない何かが起きると思っている。

でもそれは、絶対で純粋な存在になるということだ。

その状態は、マインドの認識すらも超える。そこでは考える必要もない。意識が拡大すると、ただ知ることが出来るからだ。現在に留まることで、意識は拡大して、その外側と融合する。より大きな喜びと、より大きな平和を感じることが出来る。

純粋な意識であることは、自分は不死の存在だという気付きの中に生きることであり、時間に君を定義させないということ。君のエネルギーを、何にも制限させないことなんだ。

世界の終わりとは、僕らが物理世界を越えて、自分の中に地上の天国を体現する時だ。だから次にこの話題を耳にしたら、どうか喜んでほしい。美しい体験が待っている。

via YouTube

Erik Medhus on “END OF TIMES” Channeled by Kim Babcock on YouTube


私たちは知らず知らずのうちに、時間の枠組みで自分を(他人のことも)縛っています。でもそれって、自分のアイデンティティとは全く関係ないのに、人が考えた基準を自分で自分に課して、ぐえーとか言って苦しんでるみたいな。そういうことはよくありますね。

本当は幻想に過ぎない時間というものに力を与え、支配させているなんて、スピリットからすれば、とんでもなく寝ぼけてるように見えるのかも知れません。