ヒーリングマニアの私がこれまで受けたヒーリングについて語る その1 ヒーリング概論

他人を癒すために、私たちはまず自分を癒さなければならない。そして自分を癒すには、自分をどう扱うべきか知らなければならない。         ― ティク・ナット・ハン


ヒーリングの重要性

スピリチュアルの世界では、私たちの本質は愛であり、全ての生命、創造主や宇宙と一つにつながっていると考えます。私たちは本来的には、なんの歪みもない、完全で健全な存在です。ですから、もしネガティブな考えを持つなら、そこにはあなたの健全さを阻む心の傷があると考えます。

たとえば「こんな自分は愛されない」と考える時、「不十分だから愛されない」と言うのは、自分以外の誰かによって教え込まれた固定観念です。その固定観念は、愛されたかったけど、愛されなかったという心の傷に基づいています。

また自分では傷だと認識していない場合も、多くあります。たとえば「自分には無理だ」、「お金がないと幸せになれない」など、自分を苦しめ、可能性を制限する考えは、全てその根っこに思い込みと心の傷があると考えることが出来ます。

私たちは、自分で意識する以上に、傷だらけです。

・・・・

エネルギー的に説明する心の傷とヒーリング

心の傷とヒーリングの仕組みについては、様々な角度から説明が可能ですが、ここではエネルギー的な仕組みをご説明します。

まず起きる全ての出来事は、ニュートラルです。それをネガティブに感じるのは、あなたがネガティブに受け止めるからです。

たとえば誰かに批判されたとして、全然気にしない人もいれば、「やっぱり自分が悪いんだ」と思う人もいます。物事の性質は、受け止める人の見方で変わります。

ネガティブに受け止めた場合、そのエネルギーは感情体やメンタル体などのオーラにブロックとして残ります。ブロックを外さない限り、その部分にエネルギーはフロウしません。

感情の傷をヒーリングするということは、オーラの中にあるブロックを外すことです。そのブロックを留めていたネガティブな感情や思い込みを突き止め、そこに関わる自分と相手を許すことでブロックを解放します。

ブロックが外れた後は、穴が開いたように感じることもありますから、エネルギー的な手当をすると尚よいです。

・・・・

 ヒーリングアプローチの各種

ヒーリングには大まかに分けて、ボディワーク系、感情解放系、エネルギーワーク系の3種類があります。ヒーリング=癒し、セラピー=科学的な根拠を持つ治療と分けて考えることもありますが、ここではその違いは問わず、主として、どこにアプローチをかけるかの違いで区分します。

ボディ・マインド・スピリットは、切り離して考えられるものではありません。それぞれの系も独立して存在するのではなく、一つのメソッドが複数の系に効果を持つとされます。

 

・・・・

ボディワーク系

ヒーラーの手を通じるため、ハンズオンヒーリングと呼ばれることもあります。肉体のバランスを整えることで、感情のバランスを整えます。

メリット: 心身にかかる無駄な力を抜きますから、リラックスと言う点では、分かりやすい効果があります。

デメリット: 肉体のバランスを整えることで、心のバランスもじわじわ取り戻します。感情の傷に直接働きかけることはないため、残ったままであれば、問題は解決しません。

・・・・・

感情解放系

感情のブロックに直接働きかけるメソッドです。ブロックとなっている心の傷を見つけ、解放するストレートなアプローチです。

メリット: 感情のブロックを直接解放できるので、心のヒーリングとしては一番効果的なアプローチです。

デメリット: 自分の傷に直面するのを無意識で恐れ、オープンになれない場合、効果が感じられないかもしれません。

・・・・

エネルギーワーク系

エネルギーのバランスを整えることで、感情と肉体のバランスを整えるアプローチです。エネルギーを整えることで、感情のブロックが浮上し、除去しやすくなります。

メリット: エネルギーの性質や働く仕組みについて、理解が深まります。スピリチュアルなことに興味のある人にとっては、魅力的だと思います。

デメリット: 肉体や感情にダイレクトなアプローチをかける訳ではなく、サトルレベルでのヒーリングになりますので、効果が分かりにくいことがあります。

・・・・

ヒーリングに関する心構え

ヒーリングは、どれか一つで完全無欠の効果が出ることはなく、様々なアプローチを繰り返すうちに、じわじわと全体が好転するものです。

また私たちはボディ・マインド・スピリットで出来ていますから、それぞれにアプローチをかけることが必要だと思ってください。

またヒーリングを受ける上で、ヒーラーの良し悪しや能力を見分けることが大切だとよく言われますが、自分の身を任す訳ですから、自分が共鳴し、心を開けることが重要です。ヒーリングは、ヒーラーと受け手の共同作業だからです。

また、いくつかのメソッドを組み合わせて施術をしてくれるサロンが多いので、調べてみるとわくわくしますよ。

・・・・・

ヒーリングには効果があるの?

数々のヒーリングを経験した中で、確実に言えるのは、心の傷を見つけ、それを癒そうと決意するなら、必ずポジティブな変化が起きるということです。

両親や家庭環境から何らかのトラウマを受けていない人は存在しないと、個人的には思います。成長の過程で、何らかの思い込みや固定観念を植え付けられていない人も、同様に存在しません。人生とは、そうした傷や思い込みを癒し、自分を自由にし、本来の自分に還るための旅路であると思います。

次項では、私が経験した各種ヒーリングメソッドについて、その方法論や効果について言及していきます。