hamburg-1593802_960_720

アストラル界のヒッピーコミューン?光の都市について

いわゆるシャンバラの話と光の都市

※エリックたちが「光の都市」と呼ばれる場所について話していました。いわゆるシャンバラってやつでしょうか。

シャンバラとは地名なのですが、文脈によって用例がいくつかあります。

  1. チベット仏教にある伝説の理想郷
  2. 実在するチベット自治州の地名
  3. 実在すると言われる地底王国アガルタの首都(中に誰が住んでるかは諸説あり)
  4. 高次元にある光の都市。魂の故郷という別名もあり。

エリックは以前、地球空洞説は事実じゃないという話をしていましたが、シャンバラというのは、物理的に地下にあるわけじゃなく、高次元に存在すると言われれば、納得できます。

ちなみにヒッピーコミューンとは、その昔、50年前くらいのこと、アメリカにヒッピーと呼ばれる反体制ラブ&ピースの若者が生まれ、気が合う仲間と暮らした共同体のこと。50年後の今も、まだ存続してるのもあります。

・・・・・・・

母: 光の都市について本で読んだんだけど、(何の本だったか忘れちゃったけど)、人類の意識の貯蔵庫みたいな場所があるんでしょ。本当?

エリック: あるよ。でも見たことはない。行ってみたいけど、今はこうしてみんなの手伝いをしてる方に興味があるからね。

母: 光の都市は何のためにあるの?

エリック: 全部について知ってるわけじゃないよ。でも言ってみれば、ヒッピーコミューンみたいなものかな。ヒッピーがたくさんいるんだ。

母: どういうこと?

エリック: 魂はそこに行くと、ピュアでシンプルになる。だからみんな集まって一緒に暮らしてるんだ。

母: どうやってそこに行くの?

エリック: エネルギーは層になって存在する。

母: 水と油が層になるみたいに、密度の違いが出来るから?

エリック: ちょっと違うけど、だいたいそういうこと。僕は自分のスピリチュアルの進化や、バイブレーション密度とマッチするレイヤーには入ることが出来る。同じ密度であれば、そのレイヤーをどこまでも移動できるよ。でも上のレイヤーには、バイブレーションを高くしないと入れない。光の都市は、上のレイヤーにあるんだよ。でもそれは密度の話であって、いわゆるヒエラルキーとか優劣の話じゃないよ。性質の違いってだけ。

Hippie Communes


シャンバラというものがあるらしいと言うのは聞いたことがあるのですが、もはや私の理解を超えているので、詳しいサイトをご紹介しましょう。すごいリサーチです。

地下シャンバラの世界

 

Pocket