もう疲れちゃったよって言うライトワーカーへのアドバイス

ライトワーカーが疲れちゃう原因と、その対処法です。


2012年以来、もうすっかり記憶の彼方に葬り去っていたアセンションが、今年もやって来ると知って、すっかりわくわくしていたあなた。これまでの人生を振り返り、常につきまとうこの奇妙な違和感は、おそらく自分がライトワーカーだったからなのかと合点がいき、活躍の時を今か今かと心待ちにしていました。スピリチュアルの情報を読み漁り、ひょっとしたらいろんなワークショップやセミナーに参加し、気合も十分なのに、なんかいまいち盛り上がらない。UFOも来るんだか分かんないし。もういい加減、疲れたよーって時に、読みましょう。

・・・・・・・・・・

1.とにかく疲れ果てた人

全ライトワーカーにとって本当に大事なのことなのですが、私たちにとっては、自分のケアが最優先です。なぜなら光はハートでチャンネルしていますので、ハートが疲れちゃうと光も使えなくなるからです。疲れる理由は人それぞれで、疲れの質も、肉体的、精神的、感情的な面で複合的だと思いますが、自分の疲れには敏感になりましょう。て言うか、敏感になっていいんです。ハートの疲れを癒すには、大好きな場所に行ったり、大好きなことをして過ごすのが一番ですから、そのための時間を、毎日少しでも持てるといいと思います。

ただし注意しなくてはならないのは、ハートの疲れは、エゴの防衛本能をアクティベートしやすいことです。エゴが満たされないと、いつまで経っても満足しません。このため夜遅くまでスマホで情報検索とかし出すと、それがいくら大好きな物事に関する情報だとしても、結局いつまで経っても満足できないまま時間が過ぎてしまいます。そんなときは、体をいたわることでハートを満たす方向に切り替えた方が健全です。

 

2.ミッションが分からない

自分がライトワーカーだと気付いて、地球のために頑張りたいと思っても、何をしていいか分からない場合は、焦りばかり募りますよね。でもライトワーカーのミッションは、基本的に、ただここにいることです。ただここにいて、あなたの周りを光で照らすことが、私たちの最大にして最優先のミッションです。そんなのつまんないって言うかもしれませんが、基本的に太陽と同じだと思ってください。日光を発電に利用することは出来ますが、特に利用しなくても、太陽は絶対的に必要ですよね。それと同じです。特別な何かになろうとしなくていいんです。ただあなたでいてください。この点を理解するのが、ある意味、ライトワーカーに共通のレッスンであると思います。私たちは、自分が異質だという思いを抱いて育ってますから、ただ自分であるということに自信がないですし、異質ということで自分を特別視してしまう傾向もあります。でも全然そんなの関係ないんです。あなたはあなたになるために生まれてきました。それが祝福であり、光です。

 

3.環境が変えられない

まず今いる環境が虐待的なものであれば、そんな場所にこれ以上いる必要はありませんので、専門家に助けを求め、ただちに脱出を図りましょう。

不満があるけど変えられない環境の場合、解決パターンは2つあります。思い切って変えてしまうか、そこで学べるレッスンを探すかです。まず前者の場合、自分の夢に従って生きろと、多くのスピリチュアルティーチャは言いますが、わかっちゃいるけど難しいと言うのが本音です。でもなんでみんなが同じこと言うかというと、そうすると本当に道が開けるからです。もちろん仕事を辞めた途端、いきなり運命の輪がぐるんぐるん回りだして、超ハッピーで金持ちとかいうことはないですよ。でも少なくとも自分にとって必要なものとそうでないものが分かり、悩みがぐんと減ります。それが夢に従って生きた人のご褒美だと思っています。金銭的な問題で、急には無理って言う人は、可能な範囲で少しずつでもいいからやってみましょう。これもみんな言うことですけどね。そういう人はラッキーだっただけで、自分は違うって思いたければ思っていいんですけど、みんなそういうステップを踏んで、えぐい辛酸もなめて、苦労の末たどり着く楽園ですから。どっちがいいかは、自分次第です。

責任が大きくてどうしても環境が変えられない場合、おそらくそこで学ぶべきレッスンが山のようにあります。レッスンって言うと、大変そうに聞こえますけど、すべてのレッスンはあなたが幸せになるためのステップです。あなたを苦しめるためにあるわけではありません。だから一つ一つ問題に向き合って、あなたが変えられることを探しましょう。誰かを変えるのではなく。あなたがライトワーカーであるなら、どこかへ行ったり、誰かを必要とせず、ただあなたでいるだけで十分なんだと気付くことが究極のレッスンです。ですから、本当は環境を変える必要もないのかも知れないですよ。

 

4.思うように現実化できない

ぶっちゃけ、引き寄せの法則というツール自体が、エゴを最強にアクティベートするシステムだと思ってください。引き寄せの法則自体が悪い訳じゃないですよ。そのシステムが、エゴのトリガーになりやすいって話です。こんなものが叶った、あんなものが手に入った、あなたにもできるよって言うのは、このダイエット茶でマイナス10キロとかのトラップと同じです。

引き寄せを学ぶことで、自分のマインドの仕組みを学ぶのは、とても面白いと思いますが、あなたがライトワーカーなら、本領発揮できたときに必要なものはほっといても寄ってきますから、まずは自分を大切に、自分を愛し、ハートをいたわり、光の使い方を練習しましょう。

 

5.理解し合える人がいない

究極的には自分が自分を理解していれば、他の誰にも承認してもらわなくていいと思いますが、それだと極論すぎてちょっと…って人は、ネットでもなんでも使ってスピルチュアルコミュニティを探しましょう。ライトワーカーなんかごろごろいます。みんな分かり合える人を探しています。

しかし職場や家庭に分かり合える人が欲しいってなると、これは話がまた別です。そんな人、いない場合がほとんどです。自分に身近な環境は、ライトワーカー属性を共有する場ではなく、光の使い方を学び、実践する場所だからです。あなたの光を通じて、相手の魂のよい部分を照らし出すことが出来れば、そこからコミュニケーションが生まれていきます。そのとき、あなたは自分がライトワーカーであることに自信を持つでしょうし、人と人との本当のコミュニケーションや心の結びつきにおいて、特定のスピルチュアルな知識を共有している必要はないんだと分かるでしょう。

 

5.早くアセンションしたい

まあまあ、焦らず。きっとその日は来ますから、それまで自分の魂を磨いて備えておきましょう。たぶん来年も、再来年も、アセンションが来るって言ってるでしょうから、急がなくても大丈夫だと思います笑。


自分はエンパスで、敏感過ぎて困るって人は、こちらの記事をどうぞ。

エンパスとして日常をサバイブするために必要な5つの理解