スピリットの見え方

スピリットがわかるっていう人も少なくないかと思いますけど、どのように見えるかには、いくつか共通のパターンがあります。


スピリットが見える?

この記事を見てるあなたは、ひょっとしてスピリットが見えるのかも知れませんね。この”ギフト”は、クレアボヤンスと呼ばれ、自分で気付く前から、すでに備わっていることが多いです。

目には見えなくても、”感じる”ことが出来るという人もいます。そういう人は、スピリットが来ると、何らかの予兆や、ノイズ、動きなどを感じます。

スピリットには寝ている間に会うこともありますが、今日は起きている間に会うときの、ちょっとしたサインについてご紹介しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

スピリットが来るときのよくあるパターン5つ
1.熱を感じる

スピリットの持つエネルギーは、三次元のものとは全く異なります。彼らが現れるときは、まず空気の密度や手触り・肌触りに変化が現れ、なにか温かいものを感じるというのが、一番よくあるサインです。

人によっては、スピリットが現れる場所の空気が、ゆがんで見えることもあります。ちょうど暑い夏の日中、アスファルトから立ち上る熱気のような見え方です。その熱気が、モヤモヤした固まりになって、移動することもあります。これはスピリットが3次元に自分の姿を投影しようとしている途中なのです。

このモヤモヤとしたエネルギー体は、明かりを暗くすると、さらによく見えます。微細なエネルギーは、暗い方が感知しやすいからです。

・・・・

2.マインドの目に見える

私たちは肉体を持つ魂ですから、肉体に五感があるのと同様、魂にも五感があります。眉間の真ん中から、肉体的な目の背後には、サードアイと呼ばれるチャクラがあります。あなたの直感を司る”目”です。

サードアイのエネルギー的な”視野”は、360°広がっていて、イメージがフラッシュを焚いたように一瞬だけ見えることがあります。脳内に浮かぶのか、サードアイから見えるのか、心で感じるのか、人によって感覚が異なりますが、共通するのは、ほんの一瞬しか見えないということです。ここにスピリットが現れることがあります。

私たちも、肉体をもってこの地球にやって来る前、元々の姿はスピリットでした。ですから、子どものころ、多かれ少なかれスピリットを見たり感じた経験があるのは、人間として過ごした時間のまだ浅い私たちが、コンタクトの方法を覚えていたからなのではないかと思います。

大人になるにつれ、スピリットなんていないと思わされるようになり、肉体の目で彼らを見ることは出来なくなりますが、マインドの目でなら、見ることができるのです。

・・・・

3.きらきらする光

エンジェルやスピリットガイド、亡くなった人が現れる場合に、よく経験されるサインです。ちょうど水面や鏡に光が反射した時のような、あのきらきらした感じです。

あなたの元に誰が来ているかによって、色合いも変わります。銀色、金色、白などのバリエーションがあります。目の前でずっと輝いて見えるというよりも、目の端でちらっと見える感じです。

こうした光は何らかのよいスピリットであり、それ以外のケースはないと言っても過言ではありません。また光が見えるというのは、あなたのサードアイが開いた証拠でもあります。

・・・・

4.影

一般的に、影というと悪いスピリットのように感じるかもしれませんが、優しく愛に満ちたスピリットも、この形で現れることがあります。私の知る限り、亡くなった人やスピリットガイドは、この形でやって来ることも多いです。別に怖がらせたい訳ではないのですが、この方法は比較的やりやすいらしいのです。

あなたの部屋でシャドウを見かけたら、亡くなった家族や親せきの誰か(特に仲が良かった人)か、あなたのスピリットガイドです。来てくれたことに、お礼を言いましょう。

愛を感じるエネルギーは、よいスピリットです。でも、もし低いエネルギーに感じたら、気を付けてください。

・・・・

5.全体的、または部分的に現れる

これはレアケースですが、このように見える場合もあります。亡くなった家族やエンジェルは、この形でやって来ることができます。

全体的/部分的に現れる場合は、見た目が白っぽく、グレーになることが多いですが、フルカラーで現れたり、ホログラムのように透けて見える場合もあります。いずれにしても、この形で見ることができるのは、長くても15秒以下のようです。使うエネルギーの量がたくさんいるからです。

また来てくれるようにお願いしておくと、彼らは練習を積んで、もっと長い時間、姿を見せてくれるようになります。見る側も、見られる側も、練習がいることなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スピリットが現れる目的

いずれにしても、スピリットがあなたの前に現れるということは、あなたを怖がらせるのが目的ではありません。あなたにハローを言いたいだけのこともありますが、あなたを守っていることを知らせたいのかもしれませんし、何か他のことを伝えたいのかもしれません。

あなたが慣れるまでは、サインを送るなどして、カジュアルなコンタクトを取ってくれるでしょう。でもこれからは、ここでご紹介したようなものが見えるか、注意してみてください。

もしスピリットガイドが来ているとあなたが感じたら、彼らは実際に来ています。エンジェルたちも、亡くなった大切な人もそうです。それは気のせいではありませんよ。

http://www.amandalinettemeder.com/blog/2013/7/15/how-can-you-see-spirits


小さいおじさんとか妖精は、全身で現れるみたいですけど、彼らは何なんでしょうか。