自分の心は自分で守る!人に許してはいけない15のこと

自分は相手の人生と価値に対するリスペクトを忘れないつもりでも、向こうはまったく考えてない。そんなことが、よくあります。


1.あなたがどう生きるべきか、誰かに決めさせるのはやめよう

何を着なさいとか、何を食べろ、何を食べるな。これはいい、あれは悪い。それらは全て、その人が信じればいい価値です。あなたの人生は、あなたが決めましょう。
・・・

2.あなたのエネルギーを、誰かに消耗させるのはやめよう

話したり、一緒にいるだけでエネルギーが消耗するような人たちとは、距離を置いて正解です。彼らの抱えるネガティブさを、あなたの人生に引き込まないこと。

・・・

3.あなたのプライベートを、誰かに詮索させるのはやめよう

あなたの人生は、あなたが幸せに生きるためのもので、誰かの興味やゴシップとして消費されるためにあるのではありません。

・・・

4.あなたの夢を、誰かにばかにさせるのはやめよう

小さなマインドは、小さなアイデアを語るのが好きで、自分に見えないものは、否定します。大きな夢を見たいなら、あなたの夢を信じてくれる人や、同じように夢を実現させた人たちと一緒に過ごしましょう。

・・・

5.チャンスをあげるのは、1度までにしよう

もし誰かが自分は変わったと言って、あなたがそれを信じられないなら、チャンスは1度までしかあげないこと。傷つくのはあなたです。

・・・

6.言う本人ができないようなアドバイスは聞かない

自分で出来ないようなアドバイスを、誰かが偉そうにあなたに言っても、それに耳を傾ける必要はありません。彼らはただ言うことで、自己満足を得ているのですから、受け流しましょう。

・・・

7.自分の欠点を、誰かに指摘させるのはやめよう

他人を見下し、否定する人は、自分より価値のない人を他に作ることで、自分の欠点を無視し、優越感や自己満足を得ています。そんな人とは、もう永久に会わなくても大丈夫です。

・・・

8.自分が愛すべき存在でないと、誰かに思わされるのはやめよう

あなたは偏屈で、とにかく変わった人だと、誰かが言ったとしましょう。でも、あなたという作品の完成はいつだって進行中です。あなたの欠点を認めて、それでも愛してくれる人を大切にしましょう。

・・・

9.あなたの優しさを、誰かに利用させるのはやめよう

よい友達でいるのはいいけれど、あなたの親切を当然の権利と思わせてはいけません。

・・・

10.あなたの情熱に、水を差させるのはやめよう

クレイジーだとか、非現実的だとか、ださいとか、もうからないとか。そんなことを言う人に、あなたの情熱を干渉させないで。

・・・

11.時間的なプレッシャーをかけさせるのはやめよう

人々は、タイムラインと締め切りが大好きです。でもあなたは違います。全力を尽くしたら、あとは宇宙に面倒を見てもらいましょう。

・・・

12.レッテルを、誰かに貼らせるのはやめよう

感情的、変わり者、頑固。誰かがあなたにレッテルを貼ったとしても、そんなものは要りません。剥がしてしまいなさい。

・・・

13.あなたのアイデアを、誰かに否定させるのはやめよう

あなたはリスクを負って、自分の人生を生きているのです。理解しない人にアイデアを全て話す必要はありません。

・・・

14.自分の人生がうまくいかないことを、あなたのせいにさせない

人生は選択が作り、自分の幸せに責任を持ち、人生を変えることが出来るのは、自分しかいません。

・・・

15.分け前以上を与えない

誰かが自分の考えを押し付けようとしてきても、それに従う必要はありません。人にはそれぞれ価値があり、それに従って人生を生きればいいのです。共感を強いられる必要も、強いる必要もないのです。

http://thoughtcatalog.com/rania-naim/2016/03/15-things-you-should-stop-letting-people-do-to-you/


ここに書かれていることは、誰かに許してはならないことであると同時に、自分にもしないようにしましょう。

 

コメントをどうぞ(お名前はあだ名で構いません)