本物のオーブは形が違う

オーブの研究も、欧米の方が相当に進んでいるというか、あっちの人のオカルト・パラノーマル好きというのは、一体何なのかと思います。ゴーストハンター協会みたいのも、結構あるんですよ。


形が大切なのはなぜ?

どうやってオーブが心霊現象だと知ることが出来るのでしょうか。スピリットの世界のことですから、確かな説明や定義というものはありません。オーブが何らかの心霊現象に由来していると信じる人たちは、スピリットが形を持ち、動き回っているのがオーブだと考えます。彼らの説をまとめると、以下のようになります。

  • オーブと呼ばれる球状の物体は、スピリットである。
  • 一個のオーブに、一体もしくはそれ以上のスピリットが入っている。
  • 球状の形態をしているのは、動き回るのに便利な形だからだ。
  • 球状の形態は、月や太陽など、自然の中によく見られる最も抵抗の少ない形である。
  • 円は永遠の象徴であり、魂の永遠性を意味している。

こうして見ると、形がいかに大切かよく分かりますが、実際は出回っているオーブ写真の中で、球状以外の形をしている方が珍しいかも知れません。撮影した人は、自分がオーブを撮ったと信じて疑いません。しかしこれらの写真が本物である場合は、極めて少数です。
 


 

偽物の写真を撮ってみよう

本物を知るには、偽物を熟知しておく必要があります。オーブハントに出かける前に、カメラの状態を必ずチェックし、いくつかテストフォトを撮っておきましょう。塵やホコリはもちろん、雨や雪などの水の粒、虫なども、写真の中ではオーブのように見えることが非常に多くあります。そこであなたの撮ったものが本物のオーブか偽物かを見分けるには、まず偽物はどのように写るかを、自分で試してみるとよいでしょう。

  • 床に敷いてある絨毯やラグをはたいてホコリを出し、写真に撮ってみる。
  • 雨や雪が降っているときに、写真を撮ってみよう。
  • 撮影時間を変えたり、フラッシュをたいたり、同じ対象を違う条件で撮って、違いを知ろう。
  • オーブハントの途中でカメラを変えるときは、新しいカメラでも上記のフェイクフォトを試そう。
  • オーブハンターがよく使うのは、35ミリのデジタルカメラである。

このように偽物オーブを見分けられるようになると、テレビやインターネットで上がっているオーブの写真が、いかに誤解されているか気づくことができるでしょう。

これが本物の特徴だ!

さあ偽物のオーブにすっかり詳しくなったら、いよいよ本物のオーブについて知るときがきました。

  • 単独で飛んでいるオーブ:  空気中の雨やホコリなら、複数で写真に写り込むはずです。また形や大きさも、一定しないでしょう。もしオーブが単独で現れたら、それは本物と考えてよいでしょう。
  • 脈打つオーブ: 動画で撮影されたオーブのうち、脈打つように収縮・拡大しているものは、スピリットです。このようなオーブに出会ったら、動画で記録しましょう。写真で撮ると、静止画になってしまいます。
  • 軌道を持つオーブ:  通った道筋に従って、飛行機雲のような軌道が現れていたら、それは本物です。

Ghost Orb : Love To Know


んー。どうなのか。そうなのか。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村