引き寄せの法則がうまくいかない?7つの原因

よし!引き寄せるぞって思っても、なんかうまくいかない…。そんな時は、この記事をチェック。


引き寄せの法則は、常に働いています。宇宙は、あなたがエネルギーとして放出したものを、常に現実に届けています。今、手にしているものに満足できなくても、それはあなたの思考を忠実に再現した結果なのです。

あなたの思考とエネルギーを変えれば、まさに望んだ通りのものが手に入ります。望んでいるものを、きちんと望むことが大事なのですが、簡単に聞こえますが、心理的なブロックがあって、きちんと望むこと自体が難しい場合が多くあります。

さあ次のことをチェックしてみましょう。うまくいかない原因を解決する手掛かりにしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.自分のことをよく知らない

「今からこれに挑戦しよう、何が起きるかな?」曖昧なスタンスは、曖昧な思考につながり、結果、法則はきちんと発動しません。「私は神の一部であり、宇宙の一部。パワフルな現実の創造者だ。」力強く、曇りなく、こう言い切れるようになったとき、はじめて宇宙が思い通りに動き出します。

 

2.法則をきちんと理解していない

思考が現実をつくるということは、多くの人が理解している法則でしょう。しかし思考は、感情や思い込みと密接につながっているので、そこがクリアになっていないと、思うようにエネルギーも流れません。「私は神の一部である!」と考えたときに、そんな風に考えるのは馬鹿げていて、恥ずかしいという感情や、そんなことあるはずがないという否定の思い込みが心のどこかにあると、法則は一切発動しないだろう。

こうした感情と信念をクリアにするには、瞑想やセラピーが効果的です。やり方は数多くありますから、自分にあった方法を探しましょう。

 

3.見た目にこだわり過ぎている

手に入れたいものは、細かいディテールまで思い描かないと、法則はきちんと発動しないという説もあります。しかし実際は、特定の個人や状況を想定して、逆に執着を強めるだけだったりします。

大切なのは、それを手に入れたとき、どんな気分になるか体中で感じること。そこで生まれたエネルギーが、同質のエネルギーを引き寄せるのだ。詳細は宇宙におまかせしよう。

 

4.悪いことにばかりエネルギーを注いでる

「素晴らしい人生がほしい」。でも実際、自分の欠点や、失敗への恐ればかりが気になるということはありませんか。

夢を現実にするには、「できない」「どうせ」「だって」「でも」の4Dワードを、ボキャブラリーから取り除きましょう。どうしても考えてしまうなら、なぜポジティブになれないか、理由を探って、きちんと解消すること。

 

5.夢にきちんとコミットしてない

夢を描くだけなら誰でもできますが、それに全力でコミットしている人は少ないものです。現実を100パーセント自分が作ってると思えるか、否か。もし思えないようなら、その思い込みを変えましょう。夢がすでに叶ったかのように行動しましょう。これもゲームの一種だと思って、楽しむ気持ちでやることが大事です。

 

6.忍耐がない

自分の望みを現実化させるには、自分のエネルギーを現実に共鳴させなければなりません。それができているか確認できるサインが、シンクロニシティです。慣れてくれば現実化までにかかる時間はどんどん短くなりますが、最初は忍耐が必要です。身の回りでシンクロニシティが起き始めたら、法則がうまく働いている証拠です。でもシンクロニシティにも執着しすぎないこと。「果報は寝て待て」ですよ。

 

7.サポートを認めない

夢を現実化するために、自分だけで頑張る必要はありません。助けを求めましょう。サポートはいくらでもある。もし自分に助けは必要ないと感じたり、人の手を煩わすことは理に反すると考えているようなら、それはあなたの思い込みです。宇宙に助けをお願いすることは、いろんなものを巻き込むことだ。巻き込まれることで、エネルギーは増幅していきます。どんどん誰かに助けてもらいましょう。特に気を使わなくても、次は、あなたが助ける番になればよいのですから。

 

7 Reasons The Law of Attraction Doesn’t Work (And How To Get It To Work) / Live The Life You Love