メタフィジックス通信管理人が頂いたご質問に答えるコーナー その2.


1.アセンションは、個人のものと言う人と、地球全体のものと言う人がいます。どっちですか。

アセンションは個人レベルで起きるのか、地球・宇宙レベルで一斉に起きるのかについては、スピリチュアル界でも考え方のシフトが度々起こります。長年、スピリチュアルシーンを見てきた人はご存知の通り、「何月何日、地球規模の天変地異/戦争/UFO着陸があります」などと、一斉アセンションを促すような予言が外れると、「実は地球規模ではなく、個人的なレベルで内面の変化が進むのでした!」と、テーマが変わるのです。

ベテラン勢の人たちはこの手の予言が出る度に、またかと思いつつ、そして、ちょっとだけ期待しつつ、自分の内面を見つめ直すきっかけに使ったりするのだと思います。

しかし、スピリチュアルでは、内的宇宙と外的宇宙は呼応すると考えます。進化した個人が増えれば、それは地球的規模の進化へと広がるでしょう。そう考えると、個人のアセンション・地球のアセンションは、まるで別々のものではないんですよね。ついに一斉に大きな来事が起きるのも、時間の問題かも知れません。でも何かが起きるのを待ち続けなくても、自分から現実は変えられるというのが、今のアセンションの潮流です。

2.アセンションは、今、起きてるんですか。これから起きるんですか。

アセンションを地球規模で同時に起きるイベントと考えれば、まだ起きていませんが、人類の進化と考えるなら、もう既に始まっているでしょうね。

アセンションが面白いのは、スピリチュアルと現実が大きくシンクロするところです。あらゆるレベルで進行中なので、スピリチュアルの話を持ち出さなくても説明できる現象なのです。

現代は、経済構造・社会構造が大きく変化する時代であり、これまで主流だったビジネスモデルや社会保障モデルが、どんどん成り立たなくなっています。それによって私たちは、自分の足で立つ人生の意味や、個としての価値を見つめ直す機会を、半ば否応なく与えらています。スピリチュアルで言われる「古いパラダイムを捨て、本来の自分で生きる新しい黄金時代へ」と言うアセンションのセオリーが、まんまそこにある訳です。

ただし明確なゴールがあることではありませんから、その意味で、アセンションは常に進行中なのです。

3.アセンションにはカルマの浄化が必要だと言われますが、宇宙のサポートが得られますか。

カルマとは、「同じものを引き寄せる」、「自分がしたことは自分に帰って来る」と言うエネルギーの基本的な性質を表します。バッドカルマだけではなく、グッドカルマもあります。ピンチはチャンスにつながることもありますから、何がバッドで何がグッドかを決めるのは、実は本人の判断だったりします。

一般的に言われるカルマは、被害者意識や無力感、自分の殻を破ることへの抵抗感と恐れなどから出来ているエネルギーです。このエネルギーが自分の中にあると、人生の中で形を変えて、何度も同じパターンを繰り返しますよね。

カルマを浄化するとは、これらのエネルギーを変容させることです。「傷を癒す」「自分のためにならない思考パターンを手放す」「自分と相手を許す」などと言い換えることも出来ます。

アセンションはあらゆるレベルで起きていますから、カルマの浄化もスピリチュアルレベルで説明することも出来れば、物理次元での話にすることもできます。また内面の宇宙と大きな宇宙は呼応しますから、自分の働きかけも大事ですし、なんなら自力でもカルマは浄化できます。

4. 自分が死んだら、他のパラレルの自分はどうなってしまうのでしょうか。

時間とは、過去・現在・未来と続くものだという考えを直線的時間、常に今だけが存在し、今の中に過去・未来も存在するという考えを量子的時間と呼ぶとします。現在では量子的時間のセオリーが一般化していますから、パラレルタイムラインの自分も、今、この瞬間に同時に沢山存在すると考えます。

今の自分が死んだとしましょう。でも肉体は魂の現れに過ぎませんから、今の自分が、今いるタイムラインから消えても、自分の大本である魂の本質は無くなりません。よって、他のパラレルの自分も無くならないです。肉体の自分とは、むしろ、自分全体のほんの一部に過ぎないんです。

直線的時間で考えると、前世でマスターしなかったレッスンは、”宿題”として、今世に引き継ぎます。けれども、量子的時間で考えると、今の自分が学んでいるレッスンは、他のパラレルの自分も、同時に別の形で学んでいるのです。今の自分がなくなっても、他のパラレルの自分は残りますから、彼らの学びは続きます。

あらゆる次元に同時に存在するということは、もちろん、既にすべてをマスターしている自分もいます。魂とはエネルギーであり、形を持たないグラデーションのようなものだと言うことも出来ます。マスターしている自分もいれば、学んでいる最中の自分もいます。

5.地球における大災害や大地震というものは、スピリチュアル的にはなぜ起こるのでしょうか。

地球で起きる自然災害については、カルマで説明する考え方と、エネルギーで説明する考え方があります。カルマで説明する場合、自然災害は、人々によって蓄積されたネガティブなカルマを浄化するために起きると言われます。これに対して、エネルギーで説明する場合、人間の肉体における不調や病気がエネルギー調整のために起きるのと同様、地球における災害も、エネルギー調整と循環のために起きると考えます。

どちらの場合も、それが起きるから良い・悪いということではありません。

おすすめ記事: アストラル界から見た東日本大震災と福島原発事故

6.災害を事前に知らされている方は、宇宙的にはどのような仕組みなのでしょうか。

災害を事前に知らされている人と言うのは、本人がそのアラートシステム/ガイダンスシステムを、どのように捉えているかによって、「仕組み」が異なると思います。神からのお告げという人もいますし、ハイヤーセルフまたは指導霊の導きと言う人もいますし、虫の知らせと考えたり、予知夢として見る人もいるでしょう。私個人の意見としては、ミクロコスモスとマクロコスモスは共鳴すると考えれば、それらの「仕組み」は本質的な部分で同じです。でも、「いやいや、全然違う!」って言う人もいると思います。

関連記事:  ETソウル/スターシードについての映画 おすすめ5選

また、天変地異や地震、戦争などについて、世界規模で見ると、数えきれないほどのサイキックがそれぞれ違う予言をしています。当たる時もあれば、外れる時もあると思います。どこまでを「知らされているシステム」と考えるのかは、人によると思います。

7.悟らないとアセンションできないんでしょうか。

この話は、また別の機会に記事として取り上げようと思ったのですが、先に結論から言えば、悟りとアセンションは、思想的には別のシステムです。悟りとは、直接的には仏教に由来する言葉で、世界の真理と一体化することです。「世界の真理」とは何かと言う以前に、そもそも何を持って「悟り」と呼ぶかについては、非常に様々な定義があって、実際、人によって言ってることが全然違うじゃないか!と思うくらいです。

またアセンションとはキリスト教に由来する言葉で、元々はイエスが昇天し、肉体を離れ、天の王国に入ることを意味します。それがスピリチュアルでは、3次元から4次元/5次元への次元上昇を表す言葉として使われるようになりました。何を持ってアセンションと呼ぶかについては、これまた非常に様々な定義があります。

それぞれの定義を提唱する人は、だいたいの場合、自分の定義こそ真理だと言うと思います。それでいいんだと思います。自分の人生ですからね。誰かの意見を参考にする場合は、”正しい”定義を探すのではなく、一番しっくり来る意見を、自分の人生にアレンジして取り入れたらいいんじゃないかと思いますよ。

おすすめ記事: 【海外の反応】アウェイクニングって、何から目覚めるの?

8.いるだけでいい使命というのもあるんですか。

スピリチュアルの世界で使命と言うと、たとえばヒーリングやリーディングなど、スピリチュアルを仕事にすることや、人の役に立つことが思いつくかも知れませんが、これだけ様々な魂がいるんですから、使命もバリエーション豊かです。特別な何かをしなくても、その場所にいることで、エネルギーのアンテナや空気清浄機の役割を果たす人は多いです。これは植物や動物も同様、ライトワーカーやエンパスの大事な役割です。一緒にいるだけで雰囲気をやわらげたり、優しい気持ちや笑顔にしてくれます。彼らの貢献は、どれほど強調してもしきれないほどです。彼らは世界中のあちこちにいて、エネルギーグリッドを保っています。たぶん、本人も分かっててやってる場合も多いと思います。

エネルギーワークには、エネルギーを下すとか、エネルギーヒーリング、クリアリングをするだけでなく、ただエネルギーを感じる仕事というのもあって、旅行好きやパワースポット巡り好きの人に多いです。そうやってエネルギーを感じに出かけることで、グリッドを作ることに協力しています。人生で引っ越しが多い人も、同様のミッションを持つ場合があります。

おすすめ記事: スターシードに与えられた5つのミッション

9.米海軍のUFO映像認定について、海外の反応はどうですか。

UFOコミュニティ的には「この日を待ってた!」って感じですし、そうじゃない人も「前からいると思ってた」という好意的な反応が多いです。アメリカ人は、なんだかんだUFO好きですからね。シリアスになるほどリアルな話じゃないという言い方も出来ます。

「未確認だからと言って、宇宙人とは限らない」という意見も、もちろんあります。実際、映像のUFOは、実態を特定出来ないだけで、地球外文明と断定した訳ではありませんから、肝心のかゆいところに手が届かない状態です。

ただ、やっぱり、”軍部が認めざるを得ない状況になっている”というインパクトは大きいですよ。以前、ヒラリー・クリントンも大統領に当選したら、UFOの機密情報を公表すると公言したことがありましたが、政府がアクセスできる機密は少ないと言われています。情報を握って(隠ぺいして)いるのは、ミリタリーなんですよ。

また一般の人は、かつて一世を風靡したバンド、ブリンク182のボーカルが、UFO映像のリーク主導したことにびっくりしているようです。日本で言えば、たとえば河村隆一がUFOリサーチ会社を作るみたいなものですからね。

10.以前、メタさんは瞑想の時に音叉を使うと言ってましたが、どんなふうに使うんですか。

瞑想中に音を聴くと言うよりは、瞑想前のエネルギーチューニングとして音叉の音をオーラに当てます。いろんな効果がありますが、オーラのマッサージみたいなものですから、単純に気持ちよいです。心地よさ・気持ちよさ・のびのび・すくすく、みたいな感覚は、自分的には何をやるにもすごく大事です。

おすすめ記事: クリスタルチューナーがエネルギーを浄化する仕組みと使い方


スーパーの自動レジで量り売りの野菜を買う時は、スクリーンで野菜の名前をクリックして重さを測ると、値段が計算されます。この前、レジの前に立った瞬間、急に頭が真っ白になり、握りしめた野菜の名前を忘れてしまいました。「なんだっけ、このキュウリみたいなやつ…」と思ったんですけど、全然分かりません。その名前のアルファベット頭文字が、丸っこいかギザギザしてるかで考えてみて、ようやく、「Zで始まるズッキーニだ!」と思い出しました。


家に帰ってから、「もう私、頭がぼけちゃって、このまま英語も忘れちゃうんだ!うわーん!!」と騒いだら、「でも僕の名前は忘れないでね」とCCが言うので、急にセンチメンタルになって二人で泣きました。

11
Leave a Reply

9 Comment threads
2 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
10 Comment authors
新しい順 古い順
ムッチと仙人

私も泣きました。でも心ほっこりです。

mamiso

そんなに質問が来るんですね!
その3、その4もありそうですねー(笑)

アッス

最後の2人のやりとりが可愛すぎる(о´∀`о)

dtr

『その1』がない世界にいます。
1はどこ?

kayoko

メタフィジックス通信管理人が、頂いたご質問に答えるコーナー

これですかね~?
通りすがり失礼しました(^^)

dtr

ありがとうございます。
前のやつ見つけました。

miko

8のメタさんの質問の答えに、心がウキウキしてきました。。。

何度も読み返そうとプリントアウトしました。

ヽ(o・ω・o)ノ ランラン ♪♪♪

Jalopy

全て自分の内にある、全て自分が創り出している、とは言え、「他者」の意識の存在すら、明確に捉えられるこの次元、神話で語られるような「創造主」が自分ながら、それが唯一ではないとリアルに体感・認知できるこの地球は、本当に、あらゆる高次存在にとっての、最先端の実験場なのかもしれませんね。

ポトス

ごめんなさいっ…!
最後、吹き出してしまいました。
でも素敵な涙ですね。

Ritmo

きゃはっは!メタさんとCCさんの会話がピュアでラブリーで
もーーー大好きです!!

Noriko

一般的に言われるカルマは、被害者意識や無力感、自分の殻を破ることへの抵抗感と恐れなどから出来ているエネルギー

カルマを浄化するとは、これらのエネルギーを変容させることです。「傷を癒す」「自分のためにならない思考パターンを手放す」「自分と相手を許す」などと言い換えることも出来ます。

めっちゃ簡潔にありがとうございます
これが全てな気がします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。