色でわかるオーブの性質


オーブとは、時々、写真に写る光の球です。 オーブの写真を撮ったことがある人なら、一体、どのような存在なのか気になりますよね。

オーブの”正体”については、単なるホコリから霊魂まで、その人が何を信じるかによって様々な意見があります。しかしスピリチュアルの世界では、それは 地球に降りてきたスピリット、またはエネルギー体であると考えられています。形を持たないスピリット/エネルギーが光として地球上に現れることで、人間の領域と何らかのコミュニケーションをすることが出来るのです。

私たちのオーラの色が、気分、経験、健康状態、精神状態などによって変わるのと同様、オーブの色も、その性質によって異なると考えられています。その各色が一般的に意味やメッセージについてご紹介しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

透明のオーブ

透明のオーブは、スピリットがあなたとコミュニケーションしようとしていることを表します。オーブが目撃されたその場所で何らかの出来事があり、そこから移動する手伝いをしてほしいと伝えています。

白、または銀のオーブ

白または銀はスピリチュアルな領域と関係しており、高次元の存在とつながっていると考えられます。白か銀のオーブは、それが目撃された場所に高いエネルギーがあることを示しています。またその場所で、人々を守る役割をしているスピリットであることも表します。白はたいへんにポジティブな性質があるオーブです。

黒、または茶色のオーブ

スピリチュアル的に黒や茶色は、低いバイブレーションやエネルギーを表すことが多いです。邪悪なエネルギーとまでは言いませんが、黒や茶色のオーブが表れた時、その場所は危険であると考えてもよい。そうした場所にはよく注意しましょう。もし気分が悪くなったら、すぐに立ち去ること。

赤、またはオレンジのオーブ

赤やオレンジは、安全や安定、所属と結びつく色です。これらの色はしばしば怒りや情熱などの強い感情を表すこともありますが、オーブの場合はそうではありません。赤やオレンジのオーブは、保護者の役割を持つスピリットを意味します。あなたの守護霊やガイドがこうした色で現れるケースがあります。

緑のオーブ

スピリチュアルの世界では一般的に、緑はハートチャクラを表す色であり、自然とのつながりも意味します。同様に、緑のオーブは愛や自然との一体感を表します。

青のオーブ

青はサイキックエネルギーや真実を表す色で、スピリチュアルガイダンスを表す色と考えられることも多いです。青のオーブは穏やかなスピリットやエネルギーの存在を示し、あなたのスピリットガイドであるか、それが現れた場所に存在する高次のスピリットであるとも考えらます。

The Different Colors of Ghost Orbs and Their Meaing by Paranormal Love To Know

関連記事:  厳選 マンデラエフェクトの12の事例

・・・・・・・・・・・・・



私も昔撮ったことがありますけど、銀色でした。いいスピリットだったんですね。

Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。