ソウルメイトが見つかった時の全然ロマンチックじゃない15のサイン

ソウルメイトであるかどうか確認する項目を、チェックした経験がある人は多いと思います。ソウルメイトという響きはとても魅力的ですが、リアルなソウルメイトと出会った時には、思っていたより全然ロマンチックじゃないサインが見つかることがあります。

以下のようなものがあなたとパートナーとの間に見つかったら、二人はソウルメイトである可能性が高いでしょう。

1.二人でドレスアップして素敵なレストランに行くより、ソファに寝そべってジャンクフードを食べる方がしっくり来る。

2.ぼろぼろのパンツを履いているのを見られても、特に恥ずかしくない。

3.いびきがうるさくて眠れない時に、むしろ愛しさが増す。

4.寝顔を見られても、全然気にならない。

5.なんとなく言った一言が、すごくためになるアドバイスになっている。

6.好きな時に気兼ねなく、いつでも電話やメールができる。

7.上品に食べているところを見せようと、気を遣う必要がない。

8.一緒にいて退屈な時もあるけど、それもまた愛せる。

9.自分の体の変化について、恥ずかしく感じることなく話せる。

10.嫌いなことは、嫌いと言える

11.きれいな花よりも、好みにぴったりの美味しい食べ物をくれる。

12.一緒にいて何も話すことがない時でも、ただ沈黙を楽しむことができる。

13.笑う気力がない時でさえ、一緒にいると笑ってしまう。

14.体の調子が悪い時に、介抱するのは自然なことに思える。

15.自分だけ先に新しい映画やテレビシリーズを観ようとは思わなくなる。一緒に見た方が、ずっと楽しいことが分かっているから。

15 Unromantic Signs Which Tell Whether You Found Your Soulmate by Conscious Mind


こういうのは別にロマンチックな間柄だけではなく、友達でも家族でもあると思うのですが、改めて考えてみると、やっぱりそこに深い絆を感じますね。

You may also like...

2
Leave a Reply

2 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2 Comment authors
新しい順 古い順
ritamyu

子どもとはこれかな。

あと、親友も。

そう思える人が2人もいるだけで満たされるなんて、若い頃の自分に教えてあげたい。

mamiso

家族全員に当てはまります@ ‘ェ’ @

ただし、夫はいびきが激しすぎて、もはや別々の部屋になりました笑。

%d bloggers like this: