冬休みに観たい! UFO/宇宙人についてのおすすめ映画7選 

27 コメント

1.未知との遭遇(1977)

ストーリー

インディアナポリスで続発する謎の停電事故。調査のため派遣されたロイは、そこで信じられないような出来事を目撃する。だが、彼の驚くべき体験を誰も信じようとはせず、調査は政治的圧力によって妨害されてしまう。

しかしロイは何かに導かれるように、真実の探求を始めた。そして彼が辿り着いた場所とは…。

 

いわずと知れたファーストタクト映画の金字塔。制作チームにはUFO研究家が加わっていたそうですが、もはや監督のスティーブン・スピルバーグがチャネリングで作ったとしか思えないほどリアル。

主人公たちがUFOにインスピレーションで導かれていく様子に、「あるある!」と力強く頷いてしまう人も多いでしょう。

人類の至宝級の名作です。

Image result for close encounter of the third kind
ありがとう、スピルバーグ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2.インターステラー(2014)

ストーリー

地球の寿命は尽きかけていた。居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか?

 

「宇宙戦艦ヤマト」と「アルマゲドン」を足して2で割って、アップデートさせたようなストーリー。個人的には、本編の半分以上を占める絶望的なギリギリ緊迫ムードとシビア過ぎる人間ドラマに、一体、誰がお金を払ってこんな思いをしたいのかと疑問を抱くほど。

しかし終盤に差し掛かり、残り時間3、40分くらいから、いきなりビッグバン的にドカンと面白くなります。

ブラックホールとは何か?その底にある4次元世界とは何か?誰が作ったのか?私たちは、それを超えられるのか?

ホーキング博士なら見向きもしないトンデモ理論だと言われようと、宇宙人映画的には21世紀のクラシックになりそうな予感です。

あと、お父さん大好きっ子は、ティッシュとハンカチ用意!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3.メッセージ(2017)

ストーリー

突如地上に降り立った巨大な宇宙船。謎の知的生命体と意思の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズは、物理学者イアンとともに、“彼ら”が人類に何を伝えようとしているのかを探っていく。

そして、その言語の謎が解けたとき、彼らが地球にやってきた驚くべき真相と、人類に向けた美しくもせつないラストメッセージが明らかになる――

 

この映画がロードショーになった時、私の周りにも観に行った人がいて、すごくよかったと話題になりました。でも実は、私はそうでもなかったんですよね。

感動したと口々に話す上司や同僚を前に、「この程度のメッセージなんか、みんな知ってるし、そもそも宇宙人って物理的なだけじゃなく、意識的存在だから!」とつい力説し、ランチタイムを冷えつかせた苦い経験があります。

とは言うものの、本作の中で宇宙人が伝えるメッセージの内容そのものよりも、全体のストーリー展開がよいと言う人は多いと思います。そしてファーストコンタクトが、ますます楽しみになると思います。

Image result for arrival movie
あれだけスタイリッシュな宇宙船に乗りながら、文字という、かなりアナログな方法でメッセージを伝えてくる宇宙人。他に方法はなかったのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4.宇宙人ポール(2011)

ストーリー

アメリカのUFOスポット巡りの旅に出たSFオタクのグレアムとクライブは、ひょんなことから生意気な宇宙人・ポールと遭遇し、彼を故郷の星へと返す手助けをすることに。

こうして始まった銀河を股にかけた3人の珍道中の行方は?!

 

UFOオタクによる、UFOオタクのための映画。よくこんなハチャメチャで面白いストーリーを思いつくものだと、感心します。

アメリカ/イギリスのオタクって、過去の作品をいかに情報収集・消化吸収するかが大事みたいなところがあって、本作にも名作映画のオマージュが沢山出てきます。またエリア51のように、UFOオタクなら、ぜひ一度は訪れたい名所が出てくるのも楽しいです。

さらに宇宙人映画的には、ポールのサイキック能力が見どころです。人類の進化の歴史を集合意識からダウンロードし、相手の脳に直接見せるシーンは、まさにこれ!って感じです。一瞬のフラッシュに、知識や情報がぎゅっとつまってるのが、むしろリアルです。

集合意識の情報を、一瞬でトランスファー。

難点としては、宇宙人ポールが下品なギャグばっかり言うので、全然うけつけない人もいると思います。クマのtedに近いです。

Image result for ted bear
なんてったって、R指定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5.プレデター(1987)

ストーリー

シュワルツェネッガー主演、ジャングルの奥で展開する、肉食エイリアンとコマンド部隊との死闘!

 

いかにもエイリアン面したエイリアンなんて、むしろファンタジー。実際はこうに違いない、と思わせるのがプレデター。光学迷彩になっていて、姿を消したり現わしたりできるんです。

米映画史上に残る人気?キャラクターで、沢山の続編やリメイクがあります。なにしろ、強すぎて怖いんですよ。しかも見えない。

こんなやつに襲われたら、シュワルツェネッガーを呼ぶしか勝ち目がないです。

姿を現せば現わしたで、落ち武者系のルックが最悪に怖い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6.ゼイリブ(1988)

ストーリー

あなたはもう、誰も信じられない―。エイリアンによる地球侵略は誰にも知られず進行していた!

エイリアンたちの正体を判別できる特殊なサングラスを偶然手に入れた主人公は、レジスタンス運動に参加する事になるのだった。

 

宇宙人がやって来る!ではなく、すでに地球が侵略されていた場合のエイリアン映画。

主人公がたまたま手に入れたサングラスをかけると、なんとそこには、裸眼の時とは全く異なる世界が広がって見えるのでした。

秘密に気付いてしまった主人公の、渾身の「なん…だと?」顔。

いわゆるエイリアン映画というよりも、資本主義やメディアによってコントロールされた現代社会への皮肉がこめられた社会派映画。アンチ体制ヒーローである主人公の、浜省に似た暑苦しいファッションやヘアスタイルもチャーミング。

なお本作は、ストリートアーティストのシェパード・フェアリーによるアイコニックなロゴ、オベイ・ジャイアントの元ネタにもなっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7.コンタクト(1997)

ストーリー

はるか彼方からのメッセージ。第一歩を踏み出すのは誰つか?宇宙の深奥へと向かう旅。

 

SETI(地球外知的生命体探索)に携わる主人公が、恋に揺れながら、己の信じる夢と情熱を証明するという、いわばスピリチュアル女子のド真ん中サクセスストーリー。

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズでおなじみの、ロバート・ゼメキス監督作品。そして原作は、惑星探査機ボイジャーに搭載した宇宙人向けレコード制作に携わったことでも有名な、作家・研究家のカール・セーガンが手掛けています。

しかし個人的には、主人公がたどり着く宇宙の、丹波哲郎の大霊界にも似たヴィジュアルがありきたりでつまらなく、完全に「インターステラー」の方がツボ。でも「コンタクト」の、この王道な感じが好きっていう人もいると思います。

 


みなさんの好きな作品は、入っていたでしょうか。

なお「ET」は、長嶋終身名誉監督的な感じで、ここには挙げませんでした。小学生の頃、ETにハマっていた私が、ET人形を大切にしているというより、半ば崇拝しており笑、学校に行っている間に生き返るかも知れないと思って、毎朝エサを与えていた話は、自分の中では鉄板のすべらない話となっています。

27
Leave a Reply

12 Comment threads
15 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
12 Comment authors
新しい順 古い順
Chie

メタさんこんにちわ☺
私の大好きなプレデターが入っていて嬉しかったです。ランクインに無かったですが、エイリアン1と、MIB3の特に時間軸の話しが大好きです。
うちには、ETの50cm位のヌイグルミがあります(手を押すと喋るやつ)。昨日、寒くなってきたので、映画みたいに体温下がっちゃいそうで、ついセーター着せちゃいました。

ゆきもり

『宇宙人ポール』を選ばれるとは、メタさんさすがですね!
私はニック・フロストが好きなので、宇宙人ポールは大好きな映画のひとつです。

Tanaka

小学生メタさん可愛いw。゚(ノ∀`*)゚。
私も昔、初めてETを授業で見た時(中3にもかかわらず)気持ち悪い程大号泣して周りが引いてたっけな( ´,_ゝ`)

内容あんまり覚えてませんがニコラスケイジのノウイングがアセンション的な映画でしたよね。
宇宙人さんがなんかリアルだなあって思った覚えがあります。

ぽむぞう

エサやりの逸話に笑いが止まりません(*´∀`)( ´∀`)!

22階の一番奥

メタさん、昨日突き動かされる様にTOWERで買ったDVDが!
今日二回見ても何か泣いてしまうETが、お話に上がったので、思わずコメントしました!

毎晩、拝見しています!
素敵な夜をいつも有難うございます!

Gab

『ブラック・パンサー』はやっぱり買っちゃいましたネ。
30年前の映画ですが『キン・ザ・ザ』はアナログで笑えますー。

anemu

こんにちは!
私はインターステラーの「愛は観察可能な力よ」っていうセリフで、頭がパッカーンしました。

kazuyuki

とってもクリスマスな感じのテーマで嬉しくなってしまいました。
個人的には、「メッセージ(原題アライバル)」は原作も読んだくらい好きです。後半の映画だけのストーリーで中国の開戦を回避するくだりで、あの文字を習得すると、人が本来持ってる能力も覚醒する感じで、時間が関係ない感じとか好きでした。
宇宙に時間がないのを実感しました。

あの辺には、ワンネス感を感じてましたねー。

あと、「宇宙人ポール」は大好きです。

記事を読んで自分が好きな宇宙人映画を考えたら、「第9地区」と「スターマン」が浮かびました。
自分は、共生してる感じがあるのが好きみたいです。

みなと

私は、断然、『 メン・イン・ブラック 2 』が、好きでした。

それと、UFOと宇宙人とは関係ないけど、歴史の謎というか、ミステリーで、『 天使と悪魔 』が好きでした。

Elf

メタさんこんにちは♪
私は昔『アビス』のラストシーンが強烈で感動し、自分のファーストコンタクトのような気がして、未だに思い出してはお風呂に顔を沈めて練習します♪できそーな気がするんでが、よく死にそうになります

ゆきもり

ゆきもり

金木犀

METAちゃん、時差コメント失礼します。
誰も見ないだろうし、メタちゃんもスル~してOKです!
気が楽です。(*^_^*)

未知との遭遇、メッセージ、宇宙人ポール、コンタクトは見ていますが、内容はまだらに記憶しています。
「美しき緑の星」はメタフィジックスで一回紹介しましたよね?

メタちゃんのコメントが気になりました。
【浜省に似た暑苦しいファッションやヘアスタイルもチャーミング。】
これは褒めているのか、イジラレテいるのか?
どっちでもいいですが、この記事の2日後に浜田省吾のコンサートに行きました。シンクロ~~~。一人で盛り上がりました。
今はグレイヘアで、スタイリストさんが選んだであろうおしゃれな感じでダンディーに決めている、ストール巻いちゃってる、歌の上手い66歳のおじいちゃんです。元気にがんばってます。♡

映画でもどんどんディスクロジャーして欲しいですね。