2018年アセンション予報 5月24日付 天王星が移行し、84年に一度の革命の時代が幕を開ける?


天王星の牡牛座通過

5月16日に、天王星が牡牛座の位置に入りました。天王星の公転周期は約84年ですから、約84年ぶりに牡牛座の位置に回ってきて、ここからゆっくり7年かけて移行していきます。

水瓶座の守護星である天王星は、革命の星とも言われます。近代に入ってから発見されたことと、それが独立革命の時代だったことと関係しています。

「水瓶座の時代」とは、意識の革命の代名詞であることはよく知られています。改革や刷新、覚醒や直感、自由と博愛などを象徴します。まさにニューエイジ(新時代)のエネルギーです。

一方、その天王星の通過を受けている牡牛座は、所有や安定を表す星です。

新しい時代を切り開きたい天王星と、古いやり方に留まりたい牡牛座では、当然のようにエネルギーがぶつかり、様々な軋轢が生まれます。

・・・・・・・

これまでの歴史を振り返る

過去に、天王星が牡牛座に入った年を振り返ってみましょう。

  • 1934年6月7日~1942年5月16日
  • 1850年6月8日~1859年3月14日
  • 1767年5月3日~1775年4月8日

URANUS MOVING THROUGH THE SIGNS CALENDAR by Dr. Standley Astrology.com

歴史の好きな人でしたら、これは大した時代だと、すぐにピンと来るかも知れません。

直近の年代は、第二次世界大戦(1939~1945)とぶつかります。

また、1700年代半ばから1800年代にかけては、市民革命の嵐が世界中で吹き荒れた時代です。アメリカ独立革命、フランス革命はもちろん、市民革命としては異論がありますが、日本では幕末維新もこの間に起きています。

これは激動のエネルギーを感じますね。

・・・・・・・・・・

可能性のある変化について

牡牛座のエネルギーが表す物質的な豊かさや安定が、天王星のエネルギーによって揺さぶられることになるでしょう。革命の時代にはつきものですね。

これは大きなところでは、経済や金融システムの変容にも影響を与えるでしょうし、物質を所有することの意義も、大きく変わっていくはずです。こうした変化はすでに進行中と言えますが、ここからアクセルを踏み込むようなタイミングです。

個人的な面で言えば、牡牛座的な執着やこだわり、頑固さなどは、確実にかき回されることになるエネルギーです。逆に言えば、少々テコ入れしたいと思っていた頑固さやこだわりは、この時期に、ちょうどよく宇宙がつついてくれると言っていいでしょう。ちょうどよくで済めばいいですけど、ガツンと来る可能性もあります。

しかし、どんな変化も、究極的には、今の自分にマッチしなくなったものは、形を変えていくというだけのことです。アセンション症状と同じですね。

その意味で、どんな変化もナチュラルに、起こるべくして起きてますから、自分を責めたり、逆に気張る必要もありません。適当に遊んでやるかくらいで、丁度いいんですよ。

このエネルギーは2026年まで続き、私たちみんなに影響を与えます。社会的にも、人生にも、革命の嵐が吹き荒れるのか、楽しみですね。愛と光は、常に私たちと共にあります。



なお、天王星の別名ウラヌスは、ギリシア神話で全宇宙を最初に統べた原初の神々の王だそうです。

さらに天王星を発見したイギリスの天文学者ハーシェは、太陽とすべての惑星には生命体があり、文明を持つと主張したとのこと。

どちらも、さすが天王星って感じのエピソードですね笑。

年を取ると7年が長いのか短いのかも、よく分からなくなりますから、結局、なんでもどんと来いですよ。


23
Leave a Reply

10 Comment threads
13 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
11 Comment authors
新しい順 古い順

最後の「どんと来い」最高です

たろー

同感です⭐

prelude

ワクワク((((*゜▽゜*))))

個人的には、自分のネイタルチャートと、進行している天王星を照らし合わせたとき、天王星が滞在しているハウスのテーマが、その時々の自分にとっての、人生のメインテーマみたいになっているような気がします。
それだけ、天王星って刺激的で、吸引力(?)があるんだろうなぁと思います。

たろー

>吸引力
球引力って見えちゃいました。(^^ゞ

たろーさま。

磁石みたいに、タマ(シイ)を引っぱり出してくれてるのかもしれないですね(^-^)。

たろー

>太陽とすべての惑星には生命体があり、文明を持つと主張したとのこと。

今までの私たちにとっての生命体は…
体を持って生まれて、その体の維持が出来ているもの?的な感じ。

もしかしたら…
この概念も変わるのかも⭐

地球には…
酸素がなかった(あまりなかった?)時期に…
酸素が猛毒になってしまう生命(いのち)があった。
どこかの海底火山の噴気口辺りに、その時代の生命体と思われる嫌酸性の微生物がいると、以前何かの記事で見かけました。
私たちは、酸素をエネルギーにしているけど、その生命は噴気口のガスが溶け込んだ物質をエネルギーにしているらしいです。
(私のimageでは、熱をエネルギーにしている感じ。)
鳥は恐竜の子孫だとの説もあります。

私たちの惑星、地球は…
絶滅したとされる種族もありますが…
時代の主流から退いたようにみえる生命たちも、未だ大切に育んでいる。
その地球を育む宇宙は、どれだけの多様さがあるのでしょう。

これから…私たち、みんな…
どんな螺旋を描くのでしょう
どんなマーブルを描くのでしょう
どんなコラボレーションが待っているのでしょう

楽しみですね⭐

たろー

改めてimageしたら…
微生物さんたち、まとまって色々な模様描いたり、微炭酸みたいにシュワシュワしてて、楽しそう⭐

さっき、私たちが主流として書いちゃいましたけど…
それぞれ、みんな主流なんですね。

だりあ

変化のためには、既存の停滞したモノの破壊が必要。
自分はこの時の、そのための星を持っている、と言われたことがあり。
自分の守護星ですが、持病や被爆症状で寝込んでいて、ホンマかいな?
と思っていたら。
昨晩、夢の中で「おめでとう」と書かれたケーキを頂きました。
何か始まると面白いですね☆

mar

そう言えば、メーさんおうし座♉なんですよね?

物質的に豊かになり過ぎると、心が当たり前に慣れ過ぎて、感謝も感動も無くなりがちな感じがします。
心の豊かさを取り戻すために宇宙(神様)が仕掛けてくれているんでしょうか?
「Viva la revolution」DoragonAshのアルバムタイトルを思い出します。

※私はしし座♌です←しし座の女性は傲慢に見えるので言葉使いに気を付けよう!と中学生の時に見た星座占いに書いてあったので「~してあげる」ではなく「~しましょうか?」といった感じにずーっと気を付けています!By小心者?(笑)

Jyro

その開き直りが常に欲しいですw

Shiki

きました どーんとした展開が昨日。 これかーってなりました。 記事読んでてよかったです。 びっくりしなかったです。

amira

記事読んでいたにも関わらずすっかり忘れてました。
なぜなんだろって思っている自分自身の行動にテコ入れし始めている自分がいるじゃありませんか!
読み返しててあら~と思いました。流れに乗ってみたいです。
改めてお礼申し上げます。ありがとうメタ様!

maron

初めてコメントさせていただきます。

また来たかと思う事件があり

7年ごと 変化

で検索し、こちらのブログに出会い
毎日読ませていただき勇気をいただいております。

26歳から7年ごとに4回目
すぐに分かりました。

また来た、次の新しい世界へ行け
もう元の世界には戻れない
辛くても進まなければ

という感覚。

いろいろ勉強させていただきます。
このブログに出会えたことに感謝します。

%d bloggers like this: