サンフランシスコ・ベイエリアの一大スピリチュアルイベント ニューリヴィング万博に行ってきた! 前編

4月27日~4月30日までの4日間、New Living Expoというスピリチュアルの大きなイベントに行ってきたので、その模様をご紹介します。

ニューリヴィング万博/New Living Expo

ニューリヴィング万博は、アメリカでも最大規模のスピリチュアルイベントです。4日間に渡る開催期間で、延べ100人以上のスピーカーたちがワークショップやレクチャー、パネルディスカッションを繰り広げ、約160軒ものブースが物販やデモンストレーションを行います。

New Living Expo 2018

・・・・・・・・・・・・

会場の様子

こうしたスピリチュアルイベントは、ヨガ寄り、健康寄り、UFO寄りなど、若干テーマをずらしながら、全米各地で行われるのですが、やはりNYやロサンゼルスなどの大都市では、大規模に行われます。

今回、会場となったのは、サンフランシスコの南、シリコンバレーに位置するサンマテオです。

イベントホールの外観は、こんな感じです。

会場の外には、フードコートがあります。この手のイベントはベジタリアンも多いので、カレーとファラフェルが定番屋台になります。

ファラフェルは、屋台のお好み焼きみたいなもので、どこで食べても、だいたい同じ味です。特に美味くもないけど、まずくもない。
カレー屋さんのテント。サモサ1個3ドル、チャイは2ドルでした。

・・・・・・・・・・・

物販ブースの様子

よく考えたら、私は日本のスピリチュアルイベントに行ったことがないのですが、アメリカでは何度か見に行っています。

物販ブースは、日本だとクリスタルのブレスレットなんかが人気になるんでしょうが、アメリカだと、サプリや謎のマシンがよく出ます。

まずは定番のクリスタル屋から覗いてみましょう。

アメリカ人は、ソルトランプが大好き。
セレナイトのスパイラルは、浄化に抜群の効果があると言われています。

それから今回、目についたのは、カンナビノイド製品です。カンナビノイドは、鎮痛効果があると言われる大麻由来の薬効成分です。

これはマラカイトとカンナビノイドの、エキス的なものでしょうか。
こちらは、カンナビノイド入りの鎮痛クリームです。他のブランドのを使ったことがありますけど、効果はそんなでもなかったです。

そして、アメリカのスピリチュアルピープルに愛されるのが、チベット系グッズです。

でもチベットでは、シンギングボールやティンシャはほとんど使われず、普通のベルが一般的。

スピリチュアル向けファッションにも、定番があります。

透かし編みで、だらっとした感じの衣服。

・・・・・・・・・・・

ユニークなスピリチュアルグッズの数々

アメリカならではの、グッズを見てみましょう。

このクリスタルボール屋は、いろんなイベントで見かけます。

銅製の水筒は、1つ45ドルくらいでした。

ジェムウォーターを自分で作れる水筒。ガラス製のボトルの中に、クリスタルが入っています。
ワイルドなパンツたち。
カラーセラピーができるという色眼鏡。
ピラミッドパワー。私も体験しましたが、まあ普通にエネルギー装置って感じでした。
スーパーマリオ風のおじさんが気になるサウナ。
ストーブのように見えて違う、謎マシン。

スペシャルゲストトークとして、デイヴィッド・ウィルコックとコーリー・グッドのレクチャ―を聞きに行った話と、サイキック手術の実演を見た話は、後編で書きます。

プレゼントのお知らせも、次回一緒にやりますね。

お楽しみに。



万博を見に行くにあたって、家からはちょっと遠かったので、airbnbで探した安い部屋に泊まりました。ゲストハウスではなく、一人暮らしのおじいちゃん宅の空き部屋です。

Wi-Fiは入っていたのですが、部屋はベッドのみで机がなく、パソコンを使う場所がなかったんですよ。しかも、久しぶりにバスタブに入ったら、ほっこりしてすぐ眠くなってしまい、この数日間、誰とも音信不通状態になってしまいました笑。でもちゃんと生きてますから、大丈夫です☆

・・・・・・・

改めて、みなさんコメントありがとうございます。お誕生日のお祝いコメントも、本当にありがとうございます。なんという幸せ者でしょうね。

コメント欄を読んでいて、この話題、参加したい!と思うのが結構あるんですけど、なかなか時間が取れないので、ここにまとめて書くことにします。

そもそも9時5時の仕事が、思ってたより大変でした。って、自分、昔やってただろと思いますが、年を取ったんでしょうかね。

・・・・・・

ジャッジメントの話は、やっぱりすごく面白いですね。でも私、ジャッジメントが悪いとか、してはいけないとは全然言ってないですよ。あらゆるすべては、それをしようがしまいが、何でも自分の好みでいいんです。私たち全員、創造主ですから。

むしろ私がああしろこうしろとか、これはダメだとか言いだしたら、メタさんもついにヤキが回ったなと思ってください笑。

とは言え、この話題、最終的にやっぱり相当大きいところまで行きます。傷とアセンションというテーマで、そのうち書きます。うまく書ければいいけどな。

・・・・・・・

カニエ・ウエストについて、他の場所でも話題になってますね。

前提として、彼はものすごい変人扱いされていて、ファンの人も真正面から心酔しているというよりは、ちょっと天才キモカワキャラ扱いしているところもあって、その距離感が生み出した見方が「カニエ覚醒か?」ってなってるだけで、本当に覚醒していると思っている人は、あんまりいないと思います笑。

おいおい、あいつ大丈夫かよ的な笑。

・・・・・

日本はゴールデンウィークですね。

カリフォルニアではタンクトップに短パンでローラースケートしているイメージがありますが、それはたぶん南の方で、サンフランシスコは、えっ?って思うくらい寒いです。まだ薄手のダウンを着る日もあります。さ、さむいっちゅーの。


11
Leave a Reply

10 Comment threads
1 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
10 Comment authors
新しい順 古い順
ゴミ袋

デイヴィッド・ウィルコックの話し楽しみです

たろー

素敵なお名前ですね!

毎回、ゴミを捨てる時に切なさがあるのですが…
ある時、ゴミは53だって気づいて ネットで調べてみたら…
ありました!エンジェルナンバー53。
私が読んだのは変革を意味すると書いてありました。
うまいこと名付けなさったんだなぁ。と昔の人たちに感心しました。

変革がいっぱいつまった袋…
どんなふうに変わるんでしょ?

素敵なお名前です!

prelude

短パンでローラースケート!
♪夢はフリーダムフリーダム シャボンのように~ ですか(笑)

そういうイベントがあるのも知らずにいましたが、楽しそうですね
ヾ(o´∀`o)ノ
後編も楽しみです❤

mani

スピリチュアル万博というパワーワードを残して更新途絶えたので、異様に気になってしまいました。
おかえりなさいませ。

日本とはまるで違う光景にわくわくしますね!素敵です。
日本だとおおっぴらにスピリチュアル好き!と言えない空気感ですが、さすが自由の国アメリカです。

ところで今更なんですが…
「メタさん」
でいいのでしょうか!?管理人ネームとか存在してませんでしたか!?

定着し過ぎていて突っ込みにくかったのですが、書いてみました。

どうか私生活優先でご自愛下さいね。(返信不要です)

たろー

イベント、楽しそうです!
個人的に惹かれるのは、セレナイトと塩のライトです。

>ジャッジメントが悪いとか、してはいけないとは全然言ってないですよ。

他でそのような書き方に見える記事が多いのと…
あとは、私たちの持つ禁止の呪縛ですかね…。

感じ方は人それぞれですけど、多分…
同じ時代に生きている人たち共通の何かもあるのかも?
とかも思ったりします。

まぁ、大切なのは どう感じたか? そこから見えるもの、気付くものは何か?だと思います。

なんだか…
こうしたコメント欄って、同じ時代を生きる様々な人たちのコメントが読めたり、時には返信欄を使わせてもらったり…
私が思っていたより、楽しいです!

metaさん、ありがとう⭐

pumpkin

サムネイルの写真みて思い出しました。
私が20代のころ、山頂で悟りを得たときの光景と同じです。両手を合わせて高く掲げ、その両手の間に真理があると悟りました。あれから30年近くなりますが、私の原点ですね。ナマステ

mar

無事にお帰りなさい!
ピラミッドパワーの中の人はメーさんですか?
ワイルドなパンツに目が行ってしまいました(花魁?)
あとサイキック手術って、昔日本でも一時TVで取り上げられた心霊手術とかいう奴ですか?手でほじくって、内臓みたいなのを取り出していたような記憶があります。楽しみにしています♪
それと、最後「パイレーツ」ですね?(笑)

第3リアタイ

サウナが土管に見えてきました。

謎マシンいいですね。
この画像自体、いつの時代のものか分からなくなってくるかんじもいいです。謎です。

RIE

傷だらけで瀕死だったことに気づいたわたしは『傷とアセンション』読みたすぎます(〃ω〃)

さすがサンフランシスコのスピリチュアルイベント、年齢層が広そうです♡

dtr

水筒ですっ。
水筒が氣になります。
調べます。

amira

お疲れ様でした。
日本でもあるみたいですね、スピリチュアルな大きめイベント。
確かにメタ様、ジャッジメントを悪いとかしてはいけないとはおっしゃってませんね。読み返してみました。良い悪い、するしない、もうすでにジャッジメント。私自身そういう風に捉えてしまうの習慣になってるんですかねぇ。ナチュラルにいきたいですよ。

私も「傷とアセンション」読みたいです。アセンションと入れようとすると「アセンション島」というのが出てきます。と共に。そんな島があるのでしょうか。
楽しい話題をありがとうございます。