次元ジャンプの方法 2つのグラスを使うテクニック


次元ジャンプ

次元ジャンプ dimensional jumpingとは、その名の通り、別の次元に移動することが出来ると言われるテクニックで、最近、話題のようです。日本だと異世界に行く方法と呼ばれるみたいですね。

方法はいくつかありますが、中でも最も簡単で効果があると話題なのが、次の「2つのグラスを使うテクニック two cup method」です。

海外掲示板レディットを見ると、今のところ成功した人と、うまく行かない人が半々くらいです。次元を移動するというよりは、引き寄せに近い感じもありますから、気になる人は、ぜひやってみてください。

・・・・・・・・

 2つのグラスを使うテクニック

用意するもの

2つのグラス、2枚の紙(大きめのふせん紙など)、ペン、水

やり方
1.今の人生で、自分が変えたい状況を思い浮かべ、どのように変えたいのか明確にイメージします。(なるべく身近な分野から選んだ方が、やりやすい)

2.2つのグラスのうち、片方のグラスに水をそそぎます。

3.1枚の紙に、現状の様子を簡単にまとめ書きし、水の入ったグラスに貼ります。

4.もう1枚の紙に、望む変化が起きた後の状況をまとめ書きし、空いているグラスに貼ります。

5.ここからがポイントです。2つのグラスを目の前に置きます。今ある人生が、紙に書いた状況でいっぱいになっていて、望む人生が、まだ満たされていないことを考えます。

6.準備ができたら、現状を表すグラスの水を、望む状況を表すグラスに移し替えます。この時、水が流れ落ちる音やヴィジュアルに意識を向け、古い状況から新しい状況にシフトするという感覚を強くイメージしてください。

7.望む状況が満たされたというイメージをしながら、2番目のグラスを眺め、満足と充実感を味わいながら、水を飲み干します。

8.グラスは片付け、紙も捨ててOK。そのまま人生を続けましょう。あまり執着しないで済む状況から始めた方がうまくいきます。当初、現実の見た目は変わらないのですが、ふとした時に、次元ジャンプしていることに気付きます。

https://ja.scribd.com/document/307930063/2-Glass-Exercise



職場のごはんはバイキング形式なのですが、つい先日のお昼、何を食べるか迷いながら、自分のお皿にカボチャとラザニアを取ったのですが、テーブルに戻ってよく見ると、カボチャと焼きいもになっていました。ジャンプしたんでしょうか。


18
Leave a Reply

6 Comment threads
12 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
8 Comment authors
新しい順 古い順

子供のころ、おまじないとかが好きだったんですけど、その感覚を思い出してわくわくしました!
魔法を信じる気持ち、忘れちゃダメですね(^-^)。

私もまさに、おまじないを思い出しました。

お水に意識の波長を移して、飲んで体に同調させることなのでしょうか‥?これをはじめになさった方はユニークで、すごいですね。

意識のこめ方によって、お水を飲むというシンプルなこともジャンプの儀式になるとしたら、

いろんなアイディアが生まれて、
先日のアンケート、バイブレーションをあげるためのアイディアにも一つ項目が加えられそうですね!

hanahana

メタさんのコメントが面白すぎます!!!
ラザニアが焼き芋に??
私もアポーツ現象とか起きたりしますが、宇宙は人間をめっちゃ楽しませてくれるユーモリストだなあと思います。

しましま

きっとジャンプですね 笑

karo

こんにちわ。いつも楽しく拝見させていただいてます。
いま、この記事を、かぼちゃとさつまいも(のサラダ)を食べながら読んでいたので、最後のメタさんのコメントを見て、ちょっとしたシンクロにウケました。

pippop

いも類+いも類=水ください。
メタさんは、お水欲しくて引き寄せたとも考えられます。なんつて。

この方法でジャンプしてみます。
行ってきまーす。

mar

あははははははっ♪
かぼちゃと焼き芋だとおならに注意ですね。

%d bloggers like this: